読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

仕事でミスをした。もう辞めたい!?辞める前に考えてほしいこと。

働き方コラム 働き方コラム-仕事の悩み

f:id:ranmaru-24mensou:20160718101242j:plain

「仕事でミスをした。もう辞めたい」

会社に入社したての新人のころも、中堅と呼ばれる年齢になってからも、ミスはあります。

ときにはミスばかりが続いて、会社にも迷惑をかけてしまって、「もう本当に嫌だ」とか「死にたい」とか、思い詰めてしまう時もありました。

取引先の人と話をしていても、「実は失敗してしまって、損害が数千万円で・・・。あーあ、始末書書かなきゃ」なんて話を聞くこともあります。

 

「組み付ける部品の品番を間違えました。申し訳ありません。全部作り直しになります。」

「見積りの桁を一ケタ間違えました。」

「明日の納期なんですが、今日一日で作れませんか? いえ、手配するのをすっかり忘れていて・・・。」

「材質を間違えました。申し訳ありません。納品が1カ月遅れます。」

 

ちょっと思い出してみただけでも、結構洒落にならないミスってあちらこちらに転がっているんです。

つまり、ミスをしているのはぼくだけじゃないし、あなただけでもない。

だから「ミスをしたから辞めたい!」なんて思わないでください。

 

失敗したから辞めるんですか?

ミスした人皆が皆、会社を辞めていくかと言えばそんな事は無いはずです。

会社にミスを戒めるための、始末書やら懲戒処分やらがあるのもその証拠でしょう。

ミスするたびに辞めていたら、成長することなんてできませんし、会社としてもその度に人を採用することは出来ません。

ほとんどの場合、ミスがあれば周りの人が助けてくれます。

足りない部品の手配だったり、日程の調整だったり、頼れる上司は一緒にお詫びにも言ってくれるでしょう。

なのに辞めたいと思う。

きっと「ミスをしたから」辞めたいわけじゃありませんよね。

ミスをして「周りに甘やかされる自分が嫌」で辞めたいんじゃありませんか?

 

辞めたくなる本当の理由

ストレートに言えば、プライドが許さない。つまり自尊心から辞めたくなるんですよね。

 

仕事でミスをした自分が許せない

周りに助けられている自分が許せない

ミスしないように上手く対策がとれない自分が許せない

 

誰しも1度はミスをしますから、きちんと謝って対応すれば色々言われることは滅多にありません。

もし影口や後々まで何か言われるとすれば、態度が悪かったり対応が出来ていなかったからでしょう。

となれば、次はミスをしない! と強く思いきちんと働けば会社に居づらくなることも無いはず。

それでも辞めたいと思うのは、自尊心が傷つくのが嫌だからです。

 

ぼく自身、ミスをした時は逃げたくなるし辞めたくもなります。

それは、やっぱり傷つくのが嫌だから。

ミスをしたのに会社にいる自分が、許せないし恥ずかしいと思うからでした。

本当は分かっていました。

辞めても何の解決にもならないことも。

ミスを繰り返さないように対策をとるべきだと言うことも。

ミスをして仕事を辞めたいと思うあなたも、きっと分かっているはずです。

辞めても何の意味も無いってことを。

 

反省よりも対策が大切

仕事を辞める前に、まずミスをしてしまったことを反省しましょう。

そして、同じミスを繰り返さないために対策を考えます。

うだうだと悩み反省し続けるのは、意味のない事です。

何日も何日もミスを引きずって反省し続ける姿は、周りから見ていてもうざい。

一度反省したら次は対策です。

 

「なぜ?なぜ?なぜ?」で理由を突き止める

失敗した理由を「なぜ?」を繰り返すことで原因まで掘り下げるのが、「なぜなぜ分析」です。

5回は「なぜ」を繰り返してください。

ぼくはこの「なぜなぜ」分析って苦手なんですよ。理由は、しっかり考えないと原因にたどり着けないから、です。

この方法を知ったのはやっぱりミスが起こった時。

原因追求と対策を考えるように指示を受けた時の報告書に、このなぜなぜ分析がありました。もちろん最終のお客様は日本トップのあの会社です。

5回「なぜ?」を考えれば大抵根本にある理由にたどり着けます。

必ず紙に書きながら行ってください。

もし、理由にたどり着けない時は、「これを言ったら怒られる」とか「これじゃバカみたいだ」と言ったプライドや自尊心は捨てること。

事実を事実のままに書きださないと、何の意味もありません。

 

理由が分かったら対策を考える

なぜなぜ分析で原因にたどり着いたら、次は繰り返さないための対策を考えます。

 

「2人以上で対応する」

「チェックリストを作って、作業後にチェックを入れる」

「メモをきちんと取る」

「作業後、上司に報告をする」

 

ミスが起こる原因は本当に些細なことです。

当然対策も、基本的なことが多くなってきます。

なので「こんな基本的な対策は恥ずかしい」なんて思わないでくださいね。

「なぜなぜ分析」と「対策」がまとまったら、必ず上司に報告してチェックをお願いしてください。

自己完結すると、間違った部分に目を向けているかもしれませんから。

 

理由が分からない時は、作業をリスト化する

もし、もしもですよ。

「なぜなぜ分析」をしてもミスの理由が分からない時は。

(そんな事があるとは思えませんんが・・・。)

ミスをした作業を1から順番に全部書き出しましょう。出来れば、社内にある手順書と比べるのが良いですね。

もし手順書がなければ、上司に間違いがないか確認を依頼しましょう。

こうすることで、作業にもれや間違いがないかを確認できます。

ミスをするということは、何かが抜けているか間違っている可能性が高いはず。

作業を確認することで、もれや間違いを見つけることができます。

見つかったもれや間違いは、やっぱり「なぜなぜ分析」でなぜもれていたのか、何故間違っていたのかを追求します。

そして対策を考えて、上司に報告して・・・。大変ですが、ミスをなくすためには1つずつ問題を潰していきましょう。

 

仕事をミスをしても、すぐに辞めないこと

仕事でのミスはすぐに辞める理由にはなりません。

それはただの逃げです。

自分のプライドが自尊心が傷つくことから逃げているだけです。

ここで逃げてしまうと、逃げ癖が付いてしまいます。

今の仕事を辞めて、新しい仕事についたとしても、ミスをしたらまた辞めようと考えるようになってしまいます。

 

「転職したらもうミスしなければいい!」

 

そう思うかもしれません。

でも残念ですが、ミスから逃げる人は必ずまたミスをします。

対策がとれないんですから、どんなに注意したとしても、似たようなミスを何十回何百回と繰り返すでしょう。

まずは反省。そして対策を考えましょう。

 

辞めるのはどうしようもないとき、本当につらい時、最後の最後に使う手段です。

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi