読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

泣くほど仕事が辛い人へ。本当に辛いときは耐えずに逃げてください。

仕事を辞めたい

泣くほど仕事が辛い人

会社に行くのが辛い、仕事に行くのが辛くて仕方がない。

入口までは行けるけど中に入るのが怖い、本当に仕事が辛い。

家に帰ると1人で泣いている。

なんてことありませんか?

ぼくはありました。

初めて転職して入社した会社で辛いことがあり、1人帰りの車の中で泣いていました。

毎朝仕事に行くのが嫌で、仕事が辛くて仕方がなかったのです。

当時はうつ病なんて知りませんでしたが、ぼくの行動を思い返してみるとかなり危険なところまで来ていた気がします。

辛くて涙が止まらないのは、うつ病の手前かもしれない

  • 辛くて仕事中でも泣きたくなる。
  • 家に帰ると布団の中で1人泣いている。
  • 帰りの車の中で涙が止まらなくなる。

当時は自覚していませんでしたが、辛くて涙が止まらなくなるのは過度なストレスが体に負担をかけていることが原因だそうです。

分かりやすく言えばうつ病の一歩手前。

 

「仕事が辛い。行きたくない。」

 

そう思っても生活のため家族のために行くしかないという現実。

頑張って出社した会社で待っているのはいつもの辛い現実。

 

「もういやだ」

 

叫びたいくらいの気持ちを抱えているのに、状況が変わることはない。

そんな毎日を過ごしながら車の中や家の布団で1人泣いていたら、そりゃ心もおかしくなってきますよ。

 

実際ぼくは毎日帰りの車の中で泣いていました。

家に帰って家族の前で泣く訳にはいかないから、1人車の中で泣いていたんです。

 

朝一応は出勤するのですが...。

会社に行くのが辛くて、会社の中に入っていくのが怖くて、何度も入口を通り過ぎました。

何度も何度も。

遅刻ギリギリまで会社の前を車で往復して...。

そんな日々を過ごせば心が病気になるのも無理はない気がします。

 

職場にいる時間は長いから、仕事が辛いとどんどん暗くなっていく

週休2日だとしても、週40時間は会社にいることになります。

実に1日8時間。

「そんなの当たり前だろ!」

と、思うかもしれませんが、1日8時間ってかなり長いんですよ。

ましてや「辛い」と思っていればなおさらです。

仕事の時間が長くて、そして辛いからどんどん心が病んでいくんです。

 

「どうやったら辞められるだろう。何をしたら辞められるんだろう。」

 

特に意識するわけでもなくそんな事を考え始めます。

そして暗くなっていく。

気分が滅入ってくるんですよね。

こうなるともう悪循環でしかありません。負のスパイラルと言ってもいいでしょう。

 

周りはそれほど意識していないとしても、本人は本当に些細なことでさえ敏感に反応してしまう。

小声で話をされると悪口を言われている気がするし。

たまたま誰もいなくなると、のけものにされている気がします。

心が病んでどんどん暗くなっていくんです。

 

自分はダメなやつなのか?と言う思い

泣くほど仕事が辛い人

心が病んでくると、少し異常な精神状態になっていきます。

  • 自分はダメな人間なのか?
  • 自分人と仲良くすることが出来ないのか?
  • きっと自分は、何をやってもダメなんだ

周りにいる人に辛くなる原因を持っていければまだ楽なのですが、心が病んでくるとすべての原因を自分に持ってくるようになるのです。

そしてまた落ち込み暗くなっていく。

こうなると毎日が地獄の苦しみです。

 

周りの人の行動は自分に対する悪口やいじめだと思ってしまう。

そしていじめられるのは自分が悪いと思ってしまう。

 

心が病んでいく原因は外側にあるのに自分の内へ内へと気持ちが向いてしまう。

 

こんな状況になれば辛くて逃げたくなるのは当たり前。

誰だって同じ状況に追い込まれれば、同じように逃げたくなるのです。

 

ストレスを解放する方法は色々、でも月曜日は必ず来る

ストレスを解放する方法はたくさんあります。

週末に空気の美味しい場所に出かけたり、カラオケに行って大声で歌ったり。

買い物に出かけるのもいいですし、友達と笑いあうのも良いですよね。

家族と穏やかに過ごすだけでも幸せが感じられ、ストレスは減っていくもの。

 

でも月曜日は必ずやってくる。

望んでいなくても月曜日はやってくるのです。

 

週末は楽しかった。家族で出かけて笑いあって、本当に幸せだった。

でも明日からはまた嫌な日々が始まる。

あと何日、あと何時間我慢すればいい?どのくらい我慢すれば休みになる?

 

サザエさん症候群とか、ブルーマンデー症候群なんて言いますが、週末にストレスを発散しても月曜日からはまたストレスの渦に自ら入っていかないといけないんです。

つまり。

ストレスから逃れる術がない。

心の底から「嫌だ」と思った空間は、どんな対策をとっても「嫌」なんです。

 

相談出来る上司がいれば良いけど・・・。現実は誰にも相談できない

辛くて仕事を辞めた

考えてみてください。

相談出来て親身になって対応してくれる上司がもしいるなら。

職場がそこまでストレスを感じる場所になると思いますか?

仲の良い同僚が職場に居たら逃げたいとまで思いますか?

 

もう行きたくない。職場に足を踏み入れるのでさえ辛い。出来ればすぐにでも辞めたい。

 

そこまで思いつめるのには、色々な理由があります。

でももし上司が親身になって対応してくれるような職場なら、そこまで思いつめることはなかなか無い。

思い詰めてしまうのは相談がいないから、相談しても無駄だから。

誰も頼れないと思ってしまうから。

現実には職場の誰にも相談できないんです。

ただただ辛い。それだけです。

 

涙が出るほど辛いなら、さっさと転職するべき

泣くほど仕事が辛いと言う状況を解決するには転職するのが一番です。

ぼくはぎりぎりまで耐えました。

とにかく耐えて耐えて耐えました。

でも耐えられなくで一度社長に「辞めたい」と言ったことがありますが、「会社の評判が下がる」と意味不明な内容で引きとめられたのです。

 

「もう少し頑張ろう。」

 

そう思いましたが、やっぱり無理。

 

「どうあがいてもこの空間に居たくない。いるくらいなら死んだ方がましだ。」

 

と、ここまで思いましたね。

入社して3カ月も経たないうちに辞めたいと思ったので、妻に言うのもかなりためらいました。

上司にも言えない。

家族にも言えない。

この状態がさらに自分を追い詰めた気もします。

結局妻には辞めさせてほしいと泣いて頼みました。

たった3か月と言う短い期間でまた退職するのですから、当然のように妻には止められました。

でも、さすがに大人の男が大粒の涙を流しながら「辞めたい」と言う姿を見て、ただ事ではないと思ったのでしょう。

最後には辞めることを許してもらえました。

 

一度は止められた職場も、2回退職願いを提出したら何とか辞めることを認めてもらいました。

(退職願で前株と後株を間違えましたが...。)

 

会社から帰る時に毎日涙を流すのは異常です。緊急事態だと言ってもいいでしょう。

その状態から抜け出すには仕事の内容が180度変わるか、職場を変えるしかありません。

今、自分が置かれている状況が辛いんですから。

誰かに相談しても解決するものじゃないでしょう?

涙が出るほど辛いならさっさと転職しましょう。

 

「転職サイト」を利用して転職しよう

希望の光

転職活動を始めてから次の仕事が見つかるまでの期間は、ハローワークだけで活動するよりも、転職サイトや転職エージェントを利用したほうが短くなります。

転職をスムーズに進めるためにも無料で登録できるサイトには登録をして、情報を集めましょう。

 

また、転職サイトはただ登録しておくだけだと損をします。

せっかくなので登録を済ませたら職務経歴まで入力するようにしてください。

経歴を入力することで、スカウトメール(オファーメールともいう)が届くことがあります。

これは、転職サイトを見ていた企業の人事担当者が、あなたの経歴に興味を持った結果、「面接を受けてみませんか?」という意図で送ってくるメールです。

その面接を受けるか受けないかは自分で決められますので、せっかく登録するのなら空いている時間をつかって経歴も入力しましょう

 

転職サイトのお勧めはピタジョブ

自分の要望にどのくらいマッチしているかピッタリ度を自動判定。その結果が一目でわかる画面はとても使いやすく参考になります。

企業個別サイトにしか掲載されなかった求人も掲載されていますし、大手転職サービス「type」「DODA」「マイナビエージェント」の求人も表示されるので、案件がとにかく豊富。

しかも! 登録は「生年月日・性別・メールアドレス・パスワード」の4項目だけ!

自分にぴったりの仕事を探すなら、迷わず登録すべきサイトです。

登録はこちらから⇒【 ピタジョブ

 

短期間での転職を目指すなら、転職エージェントを利用する

転職エージェントは短期間で転職を考えている人ほど頼りになる存在です。

使い方によっては足手まといになることもありますが、まぁ、そんなことはめったにありません。

何十人と転職者を見てきた転職のプロが、転職に必要なほぼすべてのことをサポートしてくれます。

しかも完全無料。

 

転職エージェントのお勧めはリクルートエージェント

取り扱っている求人数転職決定実績№1で、名実共に転職業界のトップ。

ジャンルや職種を問わず幅広い転職支援を行えますし、豊富な求人を揃えているので、キャリアチェンジや年収アップ、キャリア相談などの将来を見据えた相談を行うことができます。
これまでの実績と経験を元にした転職アドバイスは、参考になること間違いなし。

ただ、転職への意欲が低いとサポートの質が下がることも。

初回の面談時は転職への意欲が高いことを示すのが、質の高いサービスを受けるためにも必要かもしれません。

登録はこちら⇒【リクルートエージェント】

登録は5分ほどで出来ます。

登録後、担当者からメールか電話で面談日程の連絡が入りますから、指示に従ってくださいね。

 

当時のことを振り返って思うこと

退職してからかなりの時間が経ちましたが、働くことが本当につらくなった職場をたまに思い出すことがあります。

妻には帰りの車の中で毎日泣いていたことを伝えていません。

恥ずかしいという思いもありますが、心配をかけたくなかったのだと思っています。

そのわりに、「辞めたい」と伝えるときは泣いてしまったのですが。

 

会社に行っても入っていくことができず、入口の前をうろうろする。

帰りの車の中で毎日泣く。

涙でゆがんだ信号機と、止まらない鼻水と涙をよく覚えています。

「なんで俺が・・・。」

そう思った辛い気持ちは、忘れたくても忘れられません。

 

今思い出してみてもやっぱり異常ですよね。

合わない職場は何をやっても合わないし、辛い環境は自分で努力してもなかなか変わりません。

むしろ努力していることが辛くなってくるのです。

 

誰かに相談すれば、

「自分にも悪いところがあるんじゃない?」

「努力が足りない」

「もっと積極的に話しかければいい」

「気にしすぎだよ」

そんなアドバイスをくれるはず。

 

でもね。

本当に追い詰められるとそんな余裕ないんですよ。

 

自分が悪くなくても自分が悪いと思ってしまうし。

拒絶されるのが怖くて話しかけることもできない。

気にするなと言われても気になってしまう。

 

誰かたすけて!

 

生まれて初めて本気でそう思いました。

 

でも誰も助けてはくれません。

だからこそ、もし同じ思いをしている人がいるなら今すぐにでも逃げてほしい。

あなたはダメな人間なんかじゃない、一時的に辛い状況に置かれているだけなのです。

だからこそ、仕事が辛くて、耐えられなくて、心が壊れそうなら。

壊れる前に、お願いだから、逃げてください。

逃げるのは恥じゃない! もう一度やり直すための準備なのですから。

 


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi