bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

泣くほど仕事がつらい人へ。本当につらいときは耐えずに逃げてください。

泣くほど仕事がつらい人

会社に行くのがつらい、仕事に行くのがつらくて仕方がない。

入口までは行けるけど中に入るのが怖い、本当に仕事がつらい。

家に帰るとひとりで泣いている。

 

ぼくは初めて転職した会社になじむことができず、最後には仕事もやらせてもらえなくなり、ひとり帰りの車の中で泣いていました。

毎朝仕事に行くのが嫌で嫌で仕方がなかった。仕事が本当につらくて仕方がなかったのです。

この記事は当時の自分を振り返りながら、つらい状況から抜け出すにはどうすればよいのかを紹介しています。

 

つらくて涙が止まらないのなら、今の仕事を続ける必要はないのかもしれない

  • つらくて仕事中でも泣きたくなる。
  • 家に帰ると布団の中で1人泣いている。
  • 帰りの車の中で涙が止まらなくなる。

本当に仕事がつらいと、自然と涙が流れてきます。とくに意識しているわけでもないのに「仕事がつらい。行きたくない」と考えてしまうものです。

 

それでも生活のため家族のためには会社に行くしかない。でも頑張って出社しても、待っているのはつらい現実。

 

「もういやだ」

 

叫びたいくらいの気持ちを抱えているのに、状況が変わることはない。

そんな毎日を過ごし、しかも車の中や家の布団でひとり泣いていたら、心もおかしくなってきますよね。

 

実際ぼくは毎日帰りの車の中で泣いていました。

家族の前で泣く訳にはいかないから、ひとり車の中で泣いていたのです。

 

次の日の朝、一応は出勤するのですが...。

会社に行くのがつらくて、会社の中に入っていくのが怖くて、何度も入口を通り過ぎました。

何度も何度も、遅刻寸前まで会社の前を車で往復して...。

そんな日々を過ごせば仕事がどんどん嫌になり、涙が止まらなくなるのも仕方がない気がします。

 

職場にいる時間は長いから、仕事がつらいと暗くなっていく

週休2日だとしても、週40時間は会社にいます。実に1日8時間。

 

「当たり前だろ!」

 

と、思うかもしれませんが、1日8時間ってかなり長い。ましてや「つらい」と思っていればなおさら長いのです。

仕事の時間が長くて、そしてつらいからどんどん心が病んでいく。

 

「どうやったら辞められるだろう。何をしたら辞められるんだろう。」

 

とくに意識するわけでもなくそんな事を考え始めます。そして気分が暗くなっていくんですよね。

 

こうなるともう悪循環でしかありません。負のスパイラルと言ってもいいでしょう。

周りはそれほど意識していないとしても、本人は本当にささいなことでさえ敏感に反応してしまう。

小声で話をされると悪口を言われている気がするし。誰もいなくなると、のけものにされている気がします。

心が病んでどんどん暗くなっていくんです。

 

休みにストレスを解消しても、月曜日は必ず来る

泣くほど仕事がつらい人

ストレスを発散する方法はたくさんあります。

空気のおいしい場所に出かけたり、カラオケに行って大声で歌ったり。買い物に出かけるのもいいですし、友達と笑いあうのもいいですよね。

家族と穏やかに過ごすだけでも幸せが感じられ、ストレスは減っていくもの。

でも月曜日は必ずやってきます。望んでいなくても月曜日はやってくるのです。

 

週末は楽しかった。

家族で出かけて笑いあって、本当に幸せだった。でも明日からはまた嫌な日々が始まる。

あと何日、あと何時間我慢すればいい?どのくらい我慢すれば休みになる?

 

サザエさん症候群とか、ブルーマンデー症候群なんて言いますが、週末にストレスを発散しても月曜日からはまたストレスの渦に自ら入っていかないといけないんです。

つまり。

 

ストレスから逃れる術がない。
 

心の底から「嫌だ」と思った空間は、どんな対策をとっても「嫌」です。

たとえたまったストレスが発散できたとしても、会社という「場所」に行くことが耐えがたいストレスですから。

 

相談出来る上司がいればいいけど・・・。現実は誰にも相談できない

つらくて仕事を辞めた

考えてみてください。

相談できて親身になって対応してくれる上司がもしいるのなら、職場がそこまでストレスを感じる場所になると思いますか?

仲のいい同僚が職場に居たら逃げたいとまで思いますか?

 

もう行きたくない。職場に足を踏み入れるのでさえつらい。できればすぐにでも辞めたい。

そこまで思いつめるのには、いろいろな理由があります。

でももし上司が親身になって対応してくれるような職場なら、そこまで思いつめることはなかなかない。

一緒に愚痴をこぼせる仲間がいるだけでも安心感を得られますよね。

 

思い詰めてしまうのは相談できる人がいないし、相談しても無駄だと分かっているから。

同僚も上司も、誰も頼れないと思ってしまうから。

 

本当に追い詰められたとき、現実には職場の誰にも相談ができない。ただただつらい。それだけです。

 

退職を理不尽な理由で止められた

入社して3カ月もたたないうちに辞めたいと思ったので、妻に言うのもかなりためらいました。

上司にも言えず、家族にも言えない。

この状態がさらに自分を追い詰めた気もします。

 

結局最後には耐えられなくなって、妻に「辞めさせてほしい」と泣いて頼みました。

たった3カ月という短い期間でまた退職するのですから、当然のように妻には止められましたが、さすがに大人の男が大粒の涙を流しながら「辞めたい」と言う姿を見て、ただ事ではないと思ったのでしょう。

最後には辞めることを許してもらえました。

 

その次の日「やっと辞められる」という安心感と、「会社に行って辞めると言う」という耐えがたいストレスを感じながら、出勤したのを覚えています。

 

「辞めたい」と、伝えるまでがとても大変でした。

 

「何を言われるかわからない」という恐怖でなかなか言い出せなかった。

それでもと意を決して社長に辞めたいことを伝えたら、あろうことか「会社の評判が下がる」という意味が不明な内容で引きとめられたのです。

 

「辞めることも許されないのか…。」

 

ボロボロになっていた心を上からハンマーでたたかれ砕かれ、この先はどうすればいいのかわからなくなる。

そんな絶望にも似た感情になったことを覚えています。

目の前が本当に真っ暗になりました。

 

それでも2日後に、もう一度勇気を出して「辞めたい」と伝えたら、怒声と罵声が混じる大声でののしられながらも、何とか辞めることを認めてもらえたのです。

 

会社から帰る時に毎日涙を流すのはかなり危険な状態です。緊急事態だと言ってもいいでしょう。

その状態から抜け出すには転職し、職場を変えるしかありません。

 

どうしても会社に行けないのなら、退職届を内容証明郵便で送付する方法もあります。

仕事は退職することを会社に伝えてから2週間で、退職することが出来るのです。

※「退職時期のルール。退職の意思表示から最短2週間で退職出来る

 

退職理由は「自己都合」?「会社都合」?どっち?

離職票の退職理由が「自己都合」になっているケースがあります。

たしかに「辞めたい」と伝えたのはぼくですが、泣くほどつらい目にあって、どうにもできなくて退職したのに「自己都合」は納得がいきませんよね。

 

ぼくは失業給付の手続きをするためにハローワークに行ったところ、短期間で退職したので職員に退職理由を確認されました。

そこで職場での待遇をそのまま話したところ、自己都合を会社都合に変えてくれたのです。

なので泣くほど仕事がつらかったのに「自己都合での退職」となっていたら、相談してみてください。

内容によっては「会社都合」にしてくれるケースもあります。

 

転職活動の進め方

希望の光

仕事がつらくて退職していますから、当然次の仕事が見つかっていません。

前回の転職で失業給付金を受け取っていませんでしたから、しばらくは安心でしたが、それでも数カ月しか受給期間がないのです。

仕事で傷ついた直後だったので、できれば休みたいとも思いました。でも生活していくためには、我慢してすぐにでも働くしかないのです。

 

退職してからの転職活動は「ハローワーク」「転職サイト」「転職エージェント」を同時に利用してください。間口が大きいほど仕事は見つかりやすくなります。

 

ハローワークを利用するコツ

ハローワークには転職サイトや転職エージェントに登録しない中小企業の求人が掲載されていますので、就職活動をするときには必須のサービスです。

欠点としては求職者から積極的に働きかけないと、求人を紹介するだけの機関になってしまいます。

職務相談や職業適性検査、履歴書の書き方と面接対策、それに職業訓練などさまざまなサービスを実施していますので、職員に積極的に相談してください。

 

ハローワークに登録するときは必ず「求職公開」をして、自分の情報を公開します。(電話番号、氏名、住所は公開されません)

求職公開をすることで、経歴に興味を持った企業から「面接を受けてみないか」という案内がハローワーク経由で来るようになります。

 

転職サイトを利用するコツ

転職サイトのメリットは、職務経歴をしっかりと入力することで利用できるスカウトサービスです。

これは、登録された職務経歴を求人企業が見て興味を持った場合にメールが送られてくるサービス。

つまりスカウトサービスを利用することで、自分のキャリアに対する転職市場のリアクションを見ることができ、市場価値をはかることが出来るのです。

 

登録は転職サイト大手のリクナビNEXT か、経験とキャリアに自信のある方は転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】が最適です。

スカウトメールだけを待っていてはダメですが、経歴をきちんと入力することでチャンスは確実に広がります。

 

転職エージェントを利用するコツ

転職エージェントは、ハローワークや転職サイトに掲載されていない非公開求人を扱っているのが魅力で、自分では想像もしていなかった選択肢に出会えることがあります。

また面接日時の調整や、給与・待遇と言った個人では調整がしづらい、聞きづらいことも代わりにやってくれますし、一緒に転職活動をしてくれるパートナーがいると心強いですよね。

転職エージェントに登録すると次のことをサポートしてくれます。

  • キャリア相談
  • 求人の紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接のセッティング
  • 給料交渉

登録も利用も『無料』なので、悩むよりは利用することがオススメ。

利用してみて合わないようなら断ればいいだけです。

ただし!

相手も仕事なので、うまい営業トークに乗せられてしまうことのないように注意してください。

転職エージェントを利用するときは、希望をはっきりと伝え相手のいうことを信じすぎないこと、自分の意見をもつことが大切です。

 

転職エージェントのオススメは、リクルートエージェント。

大企業の関連会社など業績が安定していて待遇のよい求人も多く、質も高いことで評判。

非公開求人の取扱数も「業界最大」と言えるほど豊富で、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることもあります。

 

「担当者で対応に差がある」という口コミを見ますが、それはどこのエージェントでも同じ。

それよりも実績と経験、求人の量が多いことが大きな魅力です。

よい担当者は、本当に親身になって転職相談に乗ってくれますよ。

登録はこちら⇒リクルートエージェント

 

当時を振り返って思うこと

退職してからかなりの時間がたちましたが、働くことが本当につらくなった職場をたまに思い出すことがあります。

妻には帰りの車の中で毎日泣いていたことを伝えていません。

恥ずかしいという思いもありますが、心配をかけたくなかったのだと思っています。そのわりに「辞めたい」と伝えるときは泣いてしまったのですが。

 

会社に行っても入っていくことができず、入口の前をうろうろする。そして帰りの車の中で毎日泣く。涙でゆがんだ信号機と、止まらない鼻水と涙をよく覚えています。

 

「なんで俺が・・・。」

 

そう思ったつらい気持ちは、忘れたくても忘れられません。

だからこそもし同じ思いをしている人がいるなら、今すぐにでも逃げてほしい。

あなたはダメな人間なんかじゃない、一時的につらい状況に置かれているだけなのです。

仕事がつらくて、耐えられなくて、心が壊れそうなら。壊れる前に、お願いだから逃げてください。

 

逃げるのは恥じゃない! もう一度やりなおすための準備なのですから。

  


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi