bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

泣くほど仕事がつらい人へ。本当につらいときは耐えずに逃げてください。

泣くほど仕事がつらい人

会社に行くのがつらい、仕事に行くのがつらい、行きたくなくて朝泣いてしまうことさえある。

ぼくは初めて転職した会社に馴染むことができず、周りから完全に孤立していました。
「皆と仲良くしたい」
そう思いましたが、どうしても仲間に入れず、最後には仕事すらやらせてもらえなくなったのです。

当時は仕事に行くのがつらくて、嫌で仕方がありませんでした。
無理して出社しても机に座っているだけ、当然話し相手もいません。
「どうしてこうなったのだろう」
毎日会社帰りにそう自問し、自然と溢れてくる涙をこらえることができず、車の中でひとり泣いていました。

そういった経験をしたからこそ、いまつらいと感じている方に無理をしてほしくない。
本当につらいのであれば、無理をして働き続ける必要はありません。
いますぐにでも仕事をやめて、転職するべきです。

つらくて涙が止まらないのなら、今の仕事を続ける必要はない

つらくて涙が止まらないのなら、今の仕事を続ける必要はありません。

涙が止まらないのはストレスが限界を超えているから

  • 朝仕事に行きたくないと泣いてしまう
  • 家に帰ると布団の中で1人泣いている
  • 帰りの車の中で涙が止まらなくなる

本当に仕事がつらくてギリギリまで追い詰められていると、自然と涙が流れてきます。

不思議なことに仕事中に涙が流れることはありません。
仕事に行く前と帰るとき、そして帰った後に感情が溢れてきて、「仕事がつらい、行きたくない」と涙が止まらなくなります。

それでも生活のためには働かないといけませんよね。

ぼく自身「生活の為だ」と我慢して出社しましたが、あまりのつらさに会社に入っていくことができませんでした。
何度も何度も会社の前を通り過ぎ、遅刻ギリギリまで会社の前をウロウロしていたのです。
「嫌だ」という感情を無理やり抑え込み、なんとか出社しても仕事はありません。
8時間の勤務時間を机に座って過ごし、帰りは車の中でひとり泣いていました。

そんな生活を繰り返していれば、心がおかしくなっていきますよね。

つらくて涙が止まらないのに我慢して仕事を続ければ、いつか心が壊れてしまいます。
そうなる前に、できればほかの仕事を探してほしいのです。

つらい仕事は心を壊していく

1日8時間の勤務時間だとしても、つらいと感じている仕事はとても長く感じます。
ましてや「仕事が無い」「孤立している」「パワハラがある」という、精神的につらい環境だと、尚更長く感じるものです。
すると特に意識するわけでもなく、「どうやったら辞められる」「どうすれば楽になれる」と考え始めます。

ぼくは「どうすれば楽になれるのか」と、自然に考えるところまで追い込まれました。
正直な話「車で電柱に突っ込む」とか、よからぬことを考えたこともあります。
でも「楽になれるなら」と、不思議な衝動が襲ってくるのです。

ここまでくるとかなり危険な状態です。
そして同じ職場で働き続ける限り、心が病んでどんどん暗くなっていきます。

月曜日が来るという耐えがたいストレス

日曜日の夕方から月曜日の朝にかけて、仕事のことを思うと憂鬱になることを「サザエさん症候群」、あるいは「ブルーマンデー症候群」と言います。
たとえ日曜日を楽しく過ごしても、月曜日からつらいストレスの中に、自ら入っていく必要があります。

つまりつらいと感じている仕事を辞めない限り、ストレスから逃れる術がない。
心の底から「嫌だ」と思った仕事は、なにをしても「嫌」なのです。

たとえ溜まったストレスが発散できたとしても、会社という「場所」に行くことが、耐えがたいストレスになります。

誰にも相談できない

相談に親身になって対応してくれる上司がいるのなら、職場が「行きたくない」と思うほどストレスを感じる場所にはなりません。
相談できるほど仲のいい同僚が居たら、仕事から逃げたいとは思わないでしょう。

仕事がつらくて思い詰めてしまうのは、相談できる人が誰もいないことと、相談しても無駄だと分かっているからです。
同僚も上司も、誰も頼れないと思ってしまうからです。

本当に追い詰められたとき、現実には職場の誰にも相談できません。
あるのは、ただただつらいという思いだけです。

仕事を辞めるのも勇気が必要

仕事を辞めるのも勇気が必要

つらい仕事に耐えられなくなり、退職を決意しても、実際に退職するまでが大変です。

家族に言うのをためらう

入社して3カ月もたたないうちに辞めたいと思ったので、妻に言うのもかなりためらいました。
上司にも言えず、家族にも言えないという状態が、さらに自分を追い詰めた気もします。

結局最後には耐えられなくなって、妻に「辞めさせてほしい」と泣いて頼みました。
転職してたった3カ月。
こんな短い期間で退職したいと言い出しましたから、当然、妻には止められました。
ですがあまりのつらさに泣きながら「辞めたい」と伝えたら、ただ事ではないと思ったのでしょう。
最後には辞めることを許してもらえました。

仕事でつらい思いをしていると、家族が心配するかもしれないから言い出しにくい、と思ってしまいます。
また「恥ずかしい」「情けない」と、思うこともあるでしょう。
でも家族ですから、正直に伝えればきっとわかってくれます。

ためらう気持ちもあると思いますが、「つらい」ことは「つらい」と伝えましょう。
きっと理解してもらえるはずです。

会社に退職をとめられる

つらい仕事では、「会社に行って辞めると言う」ということが、耐えがたいストレスになります。

実際ぼくも、「辞めたい」と伝えるまでがとても大変でした。
「何を言われるかわからない」という恐怖でなかなか言い出せなかったのです。

それでもと意を決して退職の意思を伝えたところ、「会社の評判が下がる」という理由で引き留められました。
いまでこそ、この止め方はおかしいと理解できますが、当時は精神的にギリギリの状態だったので、

「辞めることも許されないのか…。」

と、ボロボロになっていた心を粉々にくだかれ、「この先どうすればいいのか」と目の前が本当に真っ暗になりました。

それでも2日後にもう一度勇気を出して「辞めたい」と伝えたら、怒声と罵声が混じる大声でののしられながらも、何とか辞めることを認めてもらえたのです。

本来であれば、会社に認めてもらわなくても、仕事を辞めることができます。
どうしても会社に行けないのなら、退職届を内容証明郵便で送付してもいいのです。

追い詰められていると、知っているはずのことでもわからなくなってしまいます。

※「退職時期のルール。退職の意思表示から最短2週間で退職出来る

つらい仕事からは辞めない限り抜け出せない

つらい仕事からは、辞めるしか抜け出す方法がありません。

  • 人間関係がつらければ人間関係を改善すればいい
  • 仕事ができないのなら努力すればいい

こういったアドバイスをもらうことがありますが、「つらい」と感じている時点で行動に移すことがかなり難しい。
なぜなら行動に移すことも「つらい」からです。

涙が自然と流れるほどつらい仕事からは、なるべく早い段階で辞めるべきです。

退職理由は「自己都合」?「会社都合」?どっち?

仕事がつらくて耐えられないから辞めたのに、離職票の退職理由が「自己都合」になっているケースがあります。

泣くほどつらい目にあって、どうにもできなくて退職したのに「自己都合」は納得がいきませんよね。

ぼくは失業給付の手続きをするためにハローワークに行ったところ、短期間で退職したので職員に退職理由を確認されました。
そこで職場での待遇をそのまま話したところ、会社と話をしてくださり、なんと自己都合を会社都合に変えてくれたのです。

もし泣くほど仕事がつらかったのに「自己都合での退職」となっていたら、ハローワークで相談してみてください。
内容によっては「会社都合」に変更してくれるケースもあります。

転職活動の進め方

転職活動の進め方

仕事がつらくて辞めているため、次の仕事が見つかっていませんよね。
生活していくためには、なるべく早く次の仕事を見つける必要があります。

そのためには「ハローワーク」「転職サイト」「転職エージェント」を同時に利用してください。
それぞれ取り扱っている求人が違うので、求人情報を集めやすくなります。

ハローワークを利用するコツ

ハローワークには転職サイトや転職エージェントに登録しない、中小企業の求人が掲載されています。

欠点としては求職者から積極的に働きかけないと、求人を紹介するだけの機関になってしまうこと。
職務相談や職業適性検査、履歴書の書き方と面接対策、それに職業訓練などさまざまなサービスを実施していますので、職員に積極的に相談してください。

またハローワークに登録するときは必ず「求職公開」をして、自分の情報を公開します。(電話番号、氏名、住所は公開されません)
求職公開をすることで、経歴に興味を持った企業から「面接を受けてみないか」という案内がハローワーク経由で来るようになります。

転職サイトを利用するコツ

転職サイトのメリットは、職務経歴をしっかりと入力することで利用できるスカウトサービスにあります。

これは、登録された職務経歴を求人企業が見て興味を持った場合に、「一次面接免除」などのメールが送られてくるサービス。
つまりスカウトサービスを利用することで、自分のキャリアに対する転職市場のリアクションを見ることができ、市場価値をはかることができるのです。

登録は転職サイト大手のリクナビNEXT か、経験とキャリアに自信のある方は転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】が最適です。

スカウトメールだけを待っていてはダメですが、経歴をきちんと入力することでチャンスは確実に広がります。

転職エージェントを利用するコツ

転職エージェントは、ハローワークや転職サイトに掲載されていない非公開求人を扱っていることが魅力です。

また専任のキャリアコンサルタントが、転職に関わるほぼすべてのことをサポートしてくれます。
主なサポート内容は次の6つです。

  • キャリア相談
  • 求人の紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接のセッティング
  • 給料交渉

登録も利用も『無料』なので、悩むよりは利用することがオススメ。
利用してみて合わないようなら断ればいいだけです。

ただし!

相手も仕事なので、うまい営業トークに乗せられてしまうことのないように注意してください。
転職エージェントを利用するときは、希望をはっきりと伝え相手のいうことを信じすぎないこと、自分の意見をもつことが大切です。

オススメの転職エージェント

◆リクルートエージェント
国内最大手の総合転職エージェントです。
担当者によって差があると言われますが、利用者からの評価はとても高く、幅広い多くのユーザーから支持されています。
業界や役職に関係なく、転職活動では必ず利用するべきエージェントです。
登録はこちら⇒リクルートエージェント

◆DODA
国内規模No.2の転職エージェントです。
案件数・決定数共に業界最大手の『リクルートエージェント』に匹敵する優良エージェントです。
面接対策や職務経歴書などの転職対策で、圧倒的に高い評価を得ています。
公式サイトはこちら⇒DODA

◆マイナビエージェント
20代からの評判が高い転職エージェントです。
2017年に体制強化を行い、評判が一気に高くなっています。
30代の転職にも力を入れているので、20代でなくとも相談する価値はあります。
公式サイトはこちら⇒マイナビエージェント

当時を振り返って思うこと

退職してからかなりの時間がたちましたが、働くことが本当につらくなった職場をたまに思い出すことがあります。

妻には帰りの車の中で毎日泣いていたことを伝えていません。
恥ずかしいという思いもありますが、心配をかけたくなかったのだと思っています。
そのわりに「辞めたい」と伝えるときは泣いてしまったのですが。

会社に行っても入っていくことができず、入口の前をうろうろする。
そして帰りの車の中で毎日泣く。
涙でゆがんだ信号機と、止まらない鼻水と涙をよく覚えています。

「なんで俺が・・・。」

そう思ったつらい気持ちは、忘れたくても忘れられません。

だからこそもし同じ思いをしている人がいるなら、今すぐにでも逃げてほしい。
あなたはダメな人間なんかじゃない、一時的につらい状況に置かれているだけなのです。
仕事がつらくて、耐えられなくて、心が壊れそうなら。壊れる前に、お願いだから逃げてください。

逃げるのは恥じゃない! もう一度やりなおすための準備なのですから。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi