読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

仕事をしながら転職活動をする5つのメリット

転職

仕事をしながら転職活動

ぼくは「おれはもっと仕事ができる! 明るい未来のために転職だー!」と、後先考えずに退職し、生活が安定するまでかなり苦労しました。

生活が安定してしまえば、「やってみれば何とかなる」と思えるものですが。

転職で苦労した立場から言わせていただくと、次の仕事を決めずに退職することだけはお勧めできません。

 

「もうこんな仕事嫌だ! 辞めてやる!」

 

そう思ったとしても、仕事をしながら転職活動をするべきです。

その理由は5つ。

一番は収入が途絶えない事ですが、それ以外にもメリットがあります。

 

仕事をしながら転職活動をするメリット

収入が途絶えない

仕事をしながら転職活動をする一番の理由は収入が途絶えないこと。

退職すれば失業保険が出ますが、その期間は意外と短い。

ほとんどの人が90日になるはずです。(※雇用保険に加入した期間と年齢、会社都合が自己都合かにより異なります。)

それに会社都合ならすぐ貰うことができますが、自己都合で退職すると失業保険がもらえるまでに3カ月待たないといけません。

 

この3カ月が以外と長く辛い。

 

収入のない期間は不安ばかりが膨らんできて、とにかく気持ちが沈みがちになります。

また、転職活動はいつまでかかるのか分かりません。

 

希望の仕事が見つかり、採用されればあっという間に終わりますが、全く採用されない期間が続けば、1年でも2年でも、採用されるまで転職活動が続きます。

 

期間の見通しが付かないのが転職です。

 

それだけに収入が途切れないのは本当にありがたい。

 

仮に収入が途中で途絶えると、アルバイトをしながら転職活動をすることにもなります。

あるいは生活費が足りなくなり、取りあえず採用された会社に就職。

上手く行かずに結局短期間で退職。なんてことにもなりかねません。

 

ちなみにぼくは、生活費が足りないからと取りあえず採用された会社に就職して、とんでもない目に合っています。

 

収入が途切れるといきなり人生が狂うのですよ。

 

だからこそ、会社を辞めずに仕事をしながら転職活動をするのです。

 

条件の良い求人を待つことができる

仕事をしながら転職活動をしていると、心に余裕が持てます。

 

今仕事が嫌だと思っていても、転職活動が終われば退職出来ると言う安心感。

すぐに転職先がみつからなくても、まだ仕事があると言う安心感。

 

この二つの安心感から、希望に合った条件の良い求人が出るまで待つことも出来ます。

気持に余裕が持てるのです。

 

一度退職してしまうと、早く次の仕事を探さないといけないと思い、気持ちが焦ってきます。

すると、希望に合わない会社でも取りあえず面接を受けようと考え始めます。

 

転職先が見つからなければ見つからないほど、どんどん妥協していくのです。

 

ぼくもそうでした。

 

最初は求人票を見ながら、給料や福利厚生、休日などをじっくり見比べてから面接を申し込んでいました。

その余裕も、時間が経つにつれて無くなって行き、最後には片っ端から申し込むようになったのです。

 

その結果は。

当然上手く行くはずありませんよね。

 

希望に合った条件の良い求人を待つことができる。

これもかなり大きなメリットです。

 

不採用になっても安心感がある

無職の状態で不採用になると、気持ちが焦ってきます。

何社も何十社も不採用が続くと、本当に精神的に辛くなってくるのです。

 

明日が見えない。

転職活動がいつ終わるかわからない。

ここまで不採用が続くと、永遠に終わらないんじゃないか。

 

そんな事まで考えてしまいます。

 

そんな時。

 

まだ今の仕事があるから大丈夫。

 

そう思えたら、幾分気持ちが軽くなるでしょう。

 

年齢を重ねれば重ねるほど、転職活動は厳しくなってきます。

それこそ何十社不採用になるかわからないほどです。

 

まだ今の仕事がある。

この事が、大きな安心につながりますよ。

 

妥協して失敗することがない

もう生活費も無いし、何十社も面接を受けた。

採用してくれるならどこでもいい!

 

そう妥協して就職を決め、失敗した人を何人も知っています。

ぼくもそれで失敗しました。

 

妥協して就職すると、当たり前のように上手く行かないものです。

 

こんなはずじゃなかった。

 

そんな思いが毎日頭をよぎって、結局数カ月で退職してしまいます。

転職する人が増えてきたとは言え、日本はまだまだ転職社に厳しい。

とくに、何回も転職している人には、本当に厳しいのです。

 

妥協して就職し、結局また退職する。

 

いたずらに自分の経歴を傷つけているだけですよね。

 

なのになぜ妥協してしまうのか。

その理由は、生活が成り立たなくなってきて、追いつめられていくから。

 

生活が成り立たなくなってくると、「もうどこでもいい!」と考えるものですから。

仕事をしながら転職活動をすれば、妥協しなくても良くなります。

 

これは転職を成功させるためにも、大切な事です。

 

今の会社の良さに気が付くことがある

何度も「まだ仕事があるから大丈夫」だと思うことが、仕事をしながら転職活動をするメリットだと言いました。

このメリットに気が付くことで、転職しなくても済むことがあります。

 

今の会社の良さに転職活動をすることで改めて気が付くことがあるのです。

 

それは給料の額かもしれませんし、働きやすさかもしれません。

転職活動が厳しくて、やっぱりこの会社で頑張ろうと考え直したのかもしれません。

 

退職してから就職活動をすると「今の会社が良かった」と思っても、戻ることができません。

 

仕事をしながら転職活動をすれば、気がついた時に戻ってくることができます。

 

これ、かなり大きいですよ。

 

実際に転職活動を始めてみて「やっぱり今の会社が良い」と思う人は結構います。

仕事に慣れていると言うのもありますが、ま、どこも似たような物と言うこともあります。

 

仕事をしながら転職活動をするのは、今の会社と他の会社を比べてみる機会にもなるからです。

 

仕事をしながら転職活動をするときのデメリット

仕事をしながら転職活動をするときのデメリットも当然あります。

良くあるデメリットは「会社にばれる」ことと、「面接が平日の昼間」になること。

実際はどうなのかをまとめました。

 

会社にばれることがある

会社に転職活動がばれることは、気をつけていればまずありません。

会社にばれる一番の理由は、上司や同僚に相談をしたからです。

 

どんなに仲の良い同僚でも、どんなにアットホームな職場でも、仕事の関係者に転職を相談するのは辞めましょう。

ふとしたタイミングでばれてしまう可能性がものすごく高いです。

そこさえ気をつければ、転職活動が会社にばれることはほとんどありません。

 

転職活動が会社にばれる理由。注意すべきは「服装」と「行動」

 

面接は平日しかいけない

土日でも面接を受けることが出来ます。

ただし、考えてもらえばわかると思いますが、土日に面接をしてもらえると言うことは、土日が出勤である可能性が高いです。

どのような職場を希望するかにもよりますが、土日休みを希望するのなら、面接は平日になります。

 

会社員として働いていると、平日に面接を受けるのはかなり難しいはずです。

 

面接へ行くためには有給を取るしかない

相手先に在職中であることを伝えれば、18時や19時など遅い時間にしてくれることもあります。

相手に気を使って、希望の時間を伝えられなかったり、どうしても平日の昼間に面接をするしか無ければ、有給を取るしかありません。

自分で調整する自信がなければ、ワークポート のような転職エージェントを利用するのもが良いでしょう。

無料で登録出来る上転職の総合的なサポートをしてくれます。

履歴書や経歴書の作成、個人ではなかなか難しいスケジュールの調整などを代行してもらうこともできます。

 

仕事をしながら転職活動をするなら、転職サイトを上手く活用する

ハローワークで仕事をしながら転職活動をするのは、難しいものがあります。

ぼくが転職した頃とは時代が変わっているので、今は柔軟に対応してくれるかもしれません。

それでも面接を申し込むのにハローワークに行く必要がありますし、受付の時間も限られています。

 

ハローワークの近所にいるところをもし同僚に見られたら。

思いがけず転職活動をしていることがばれてしまうかもしれません。

 

仕事をしながら転職活動をするなら、転職サイトを上手く活用しましょう。

お勧めは転職希望者の8割が登録するとリクナビNEXT

要望に合った仕事が探しやすく、登録が「メール・性別・生年月日・パスワード」だけで出来るピタジョブ です。

 

今の自分の市場価値を知る意味では、MIIDAS(ミーダス) の無料市場価値診断を受けてみるのもいいですね。

 

転職活動で悩んだり、分からないことがあったらワークポート のような転職エージェントに相談するのもありです。

 

利用できるものは賢く利用して、仕事をしながら転職先を見つけましょう。

 

仕事をしながら転職活動をする上で「大切なこと」

仕事をしながら転職活動をしますが、今の仕事をおろそかにしないこと。

給料をもらうのですから、やるべきことは手を抜かずにきっちりとやりましょう。

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi