bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

仕事が見つからない30代が良い仕事を見つけるには

仕事が見つからない30代が良い仕事を見つけるには

会社を辞め、転職するために就職活動をしているけれど次の仕事がなかなか見つからない。せっかく新しい仕事に就いたのにブラック企業だった。

と言うのは、ぼくが転職するときに経験した事です。

ハローワーク1本で進めた就職活動でしたが、なかなか採用にこぎつける事が出来ませんでした。

苦労して採用された会社も、今で言うブラック企業。そこでうつ病直前まで追い込まれました。

なぜなかなか採用してもらえないのか。なぜ、良い会社に巡り合えないのか。その理由と仕事を探す方法を紹介します。

 

企業が求人を出す理由

企業が求人をハローワークや転職雑誌、転職サイトに掲載する理由は主に次の2つです。

①退職者が出たので人員を補充したい

②事業の拡大に伴い人手が不足している

順番に説明します。

退職者が出たので人員補充をしたい求人

①のタイプの求人は注意が必要。誰かが退職すると言うことはその企業に問題があるかもしれないからです。

  • 福利厚生が充実していて給料も十分もらえている。
  • 残業もそれほど多くなく、サービス残業が行われることは絶対にない。
  • 年間の休日も多く、有給休暇も取りやすい。
  • 仕事もやりがいがあり、将来もきっと成長していくだろう。

と言うような、夢のような企業で働いている人が途中で退職なんてするでしょうか?

働きやすい良い会社であるほど退職を考える人はまずいないと思って良いでしょう。となれば、人員の補充が理由で出ている求人は、企業に何らかの問題があるかもしれません。

なので、どのくらいの期間、どのくらいの頻度で求人が出ているのかを調べることが大切。あまりにも頻繁に求人が出ている企業はブラック企業の可能性大です。

事前に企業のことを調べずに申し込みをすると、ブラック企業に当たってしまうことになります。

人手が不足した時に出る求人はあっという間に採用がきまる

②の事業が拡大するため人手が不足して人員を募集しているケースでは、急ぎで即戦力になる人を採用したいと考える企業が多いです。

その場合、ハローワークや求人雑誌のように、特定の場所に行かないと応募が出来ないような方法で募集をかけることはあまりありません。

どちらかと言えば転職サービスのように、リアルタイムで求職者に情報を届けられる方法を選択します。もちろんハローワーク等にも求人は出ますが、あっという間に締め切られてしまいます。

こういった求人はキャリアアップや年収アップが見込める良い求人であるケースが多いのですが、人より早く情報を集めないと面接を受けることすら難しくなります。

競争率は高くなりますが、転職サービスに登録して常に最新の情報を集めることが大切です。

 

仕事を探す5つの方法

仕事を探すときに大切なことは、考えられるすべての事をまずはやってみることです。

ハローワークに相談

ハローワークには必ず登録して、転職活動の進め方などを相談しましょう。

どんな仕事に就きたくて、どのくらいの収入が欲しいのか。その希望は適切なのか。自分の希望は全て伝え、現実はどうなのか意見を求めてください。

もし資格を取ることで少しでも有利に働くのなら、職業訓練校に行くことも考えましょう。

ハローワークは自分で求人票を調べ、企業の情報を聞き、自分で面接に行くかどうかを判断しないといけません。それだけに先入観があると、自分に合った仕事を探すのが難しいのです。

少しでも条件の良いところを探そう思いながら求人票を見れば、当然仕事は見つかりにくくなります。

自分の経歴をハローワークの担当にすべて話して、意見を求めながら仕事を探すようにしましょう。

転職サイトに登録

転職サイトにはハローワークに出ていない求人が掲載されることもあります。

情報量は豊富ですし、経歴に登録したあなたのスキルや資格が合致すれば、企業側から面接のオファーが来ることもあります。

登録は無料のサイトがほとんどですので、出来れば2~3サイトは登録しておきたいところ。

注意点はハローワークのときと同じです。

転職サイトも基本は、自分で求人を探し自分で面接を申し込みます。

この時、自分の市場価値を超えた求人に面接を申し込んだとしても、書類選考で落とされることが多くなるはずです。

出来れば家族や友人など、身近な人の意見も聞けると正確な判断ができるかもしれません。

転職エージェントに登録

転職エージェントは、転職をしたい方と人が欲しい企業とを結びつけることで収入を得ています。

企業側から見れば転職エージェントに求人を出せば、要望にマッチした人材を紹介してもらえると期待しています。

つまり転職エージェントは非公開の求人や転職に必要なスキルなどの情報を、豊富に持っていると言うことです。

知識や経験も豊富な転職エージェントに相談すれば、あなたの市場価値を考慮しながら希望に沿った求人を紹介してくれます。

考えの甘さも知ることができるので、ぜひ登録して相談してみてください。

 

※おすすめの転職エージェント

登録はこちら⇒リクルートエージェント

企業に直接電話をする

良い求人を1日でも早く見つけるのに一番手っ取り早い方法は、直接企業に電話をして、求人がないか確認することです。

インターネットが発達したおかげで、今はほとんどの企業がホームページを持っています。

Google Mapで検索すれば、近所にある企業が地図・住所・電話番号付きでほぼすべて表示されます。この電話番号に直接連絡を入れるのです。

求人はハローワークや転職サイトに出た時点で、大勢の人の目に触れることになります。そうなれば早い者勝ちです。

もし企業に直接電話して、公開前の求人を見つけることが出来たら。たまたま人手が足りなくて、募集をかけようとしているところだったら。

 同じように仕事を探している人の一歩先を行くことができます。

最初は勇気がいるかもしれませんが、企業に直接電話をすることで見つかる求人があることは、疑いようのない事実です。

友人知人に紹介をお願いする

仕事を見つけるのに一番確率が高いのは、友人知人・親兄弟に紹介をお願いすること。

よほど仕事が出来ない人でなければ、かなりの確率で採用が決まるでしょう。紹介してもらえる仕事があるのなら、ぜひお願いするべきです。

本当に効果のある「紹介」ですが、デメリットもあります。

それは、仕事で失敗すると紹介してくれた人の顔をつぶしかねないことと、途中で退職するのが難しくなることです。

紹介してくれた人にも立場がありますから、中途半端な気持ちで面接を受けるのなら受けない方が無難です。

でも、どうしても仕事が見つからないのなら、頼ってみてはどうでしょう。

 

仕事が見つからない本当の理由

仕事が見つからないのは「企業と求職者のミスマッチ」が原因のケースもあります。

企業側は経験がある人をやるべく安い賃金で雇いたいと思っていますし、求職者は経験がなくてもなるべく高く雇ってほしいと思うでしょう。

この時点ですでに考え方が違いますよね。

考え方の違いを、求人票から情報を得たり、面接で適性をみたりすることで埋めていき、どちらかが希望や要求を下げて歩み寄ることで採用が決まるのです。

ただし、企業側が歩み寄ってくれるのは、求職者に魅力的な経験やスキル、人脈がある場合です。

未経験なのに高い給料が欲しいと言っている求職者を採用する企業はありませんし、歩み寄ることもありません。

もし仕事が見つからなくて悩んでいるのなら、希望や要求が高すぎないか見直してください。

自分の経験やスキルに合わない要求をしていたら、仕事が見つかるわけがありません。

 

最後に

全て希望通りの転職先を見つけるのはかなり難しい。どうしても希望を通し避ければ、全てではなく何か1つに絞りこみましょう。そうすることで選択肢に入る会社はかなり多くなります。

選択肢が多ければその分面接も沢山受けることができますよね。

仕事が見つからないのは、今希望している内容であなたを必要としてくれる会社がないと言う事ですから、考え方や要望がずれていないか確認するために、ハローワークや転職エージェントに相談してもいいかもしれません。

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi