bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

30代で仕事が見つからないと嘆く前に。仕事を探す5つの方法

仕事が見つからない

「働きたいけど仕事が見つからない!」

そう言っている人が意外と大勢います。

一生懸命探しているのになかなか仕事が見つからない。

面接を受けても不合格ばかりで、もうどうしていいのか分からない。

30代・40代で突然のリストラ、突然の倒産で無職になる人もいるでしょう。

 

この記事では仕事を探す方法を5つ紹介します。

 

仕事を探す5つの方法

仕事を探すときにに大切なことは、考えられるすべての事をまずはやってみることです。

 

ハローワークに相談

ハローワークには必ず登録して、転職活動の進め方などを相談しましょう。

どんな仕事に就きたくて、どのくらいの収入が欲しいのか。その希望は適切なのか。

自分の希望は全て伝え、現実はどうなのか意見を求めてください。

 

もし資格を取ることで少しでも有利に働くのなら、職業訓練校に行くことも考えましょう。

 

ハローワークは自分で求人票を調べ、企業の情報を聞き、自分で面接に行くかどうかを判断しないといけません。

それだけに先入観があると、自分に合った仕事を探すのが難しいのです。

 

少しでも条件の良いところが良いと思いながら求人票を見れば、仕事は見つかりにくくなります。

自分の経歴をハローワークの担当にすべて話して、意見を求めながら仕事を探すようにしましょう。

 

転職サイトに登録

転職サイトにはハローワークに出ていない求人が掲載されることもあります。

情報量は豊富ですし経歴に登録したあなたのスキルや資格が合致すれば、企業側から面接のオファーが来ることもあります。

登録は無料のサイトがほとんどですので、出来れば2~3サイトは登録しておきたいところ。

 

注意点はハローワークのときと同じです。

転職サイトも基本は、自分で求人を探し自分で面接を申し込みます。

この時、自分の市場価値を超えた求人に面接を申し込んだとしても、書類選考で落とされることが多くなるはずです。

 

出来れば家族や友人など、身近な人の意見も聞けると正確な判断ができるかもしれません。

 

転職サイトのリクナビNEXT は、転職を考えた方の8割が登録すると言われているほど実績のあるサイト。求人の量がすごく豊富で更新頻度も高く、情報を集めるだけでも登録する価値があります。

また、職務経歴をきちんと入力しておけば想像もしなかった業種や企業からオファーメールが届くこともあるのです。

登録はこちらから⇒リクナビNEXT

 

転職エージェントに相談

転職エージェントは、転職をしたい方と人が欲しい企業とを結びつけることで収入を得ています。

企業側から見れば転職エージェントに求人を出せば、要望にマッチした人材を紹介してもらえると期待しています。

 

つまり転職エージェントは非公開の求人や転職に必要なスキルなどの情報を、豊富に持っていると言うことです。

 

知識や経験も豊富な転職エージェントに相談すれば、仕事が見つかる確率も高くなります。

一人で仕事を探すときとは違い、あなたの市場価値に合った求人を紹介してくれます。

考えの甘さも知ることができるので、ぜひ登録して相談してみてください。

 

転職エージェント最大手のリクルートエージェントは、求人の量が多く質も高いことで評判です。

担当になるキャリアコンサルタントにより対応に差が出てしまうのが玉に瑕ですが、大手ならではの経験と実績からくるアドバイスは、すごく参考になるので、利用者の多くが「満足した」と感じているようです。

また、求職者の経歴をしっかりと考え未経験の職種でも求人を紹介してくれるので、迷っている方には選択肢が広がって嬉しいですよね。

求人の質だけを考えても登録する価値がある転職エージェントです。

登録はこちら⇒リクルートエージェント

 

企業に直接電話をする

良い求人を1日でも早く見つけるのに一番手っ取り早い方法は、直接企業に電話をして、求人がないか確認することです。

 

インターネットが発達したおかげで、今はほとんどの企業がホームページを持っています。

Google Mapで検索すれば、近所にある企業がほぼすべて表示されます。しかも地図・住所・電話番号付きで。

この電話番号に直接連絡を入れるのです。

 

恥ずかしいとか、みっともないなんて考えている余裕はありません。

 

求人はハローワークや転職サイトに出た時点で、大勢の人の目に触れることになります。

そうなったら早い者勝ちです。

 

もし企業に直接電話して、公開前の求人を見つけることが出来たら。

たまたま人手が足りなくて、募集をかけようとしているところだったら。

 

同じように仕事を探している人の一歩先を行くことができます。

これだけでも、かなり優位に立てるのです。

 

最初は勇気がいるかもしれませんが、企業に直接電話をすることで見つかる求人があることは、疑いようのない事実です。

 

友人知人に紹介をお願いする

仕事を見つけるのに一番確率が高いのは、友人知人・親兄弟に紹介をお願いすること。

普段からの付き合いや信頼関係が必要になりますが、紹介ほど強いものはありません。

 

よっぽど仕事が出来なくて目立ったスキルがない人じゃ無ければ、かなりの確率で採用が決まるでしょう。

紹介してもらえる仕事があるのなら、ぜひ面接を受けるべきです。

 

本当に効果のある「紹介」ですが、デメリットもあります。

 

それは、仕事で失敗すると紹介してくれた人の顔をつぶしかねないこと。

仕事が合わないと思っても、途中で退職するのが難しくなることです。

 

紹介してくれた人にも立場がありますから、中途半端な気持ちで面接を受けるのなら、紹介は受けない方が無難です。

 

でも、どうしても仕事が見つからないのなら、頼ってみてはどうでしょう。

 

仕事が見つからない本当の理由

仕事が見つからないのには理由があります。

その理由を大きくまとめると「企業と求職者のミスマッチ」で完結する気がします。

 

企業側は経験がある人をやるべく安い賃金で雇いたいと思っています。

求職者は経験がなくてもなるべく高く雇ってほしいと思うでしょう。

 

この時点ですでに考え方が違いますよね。

 

考え方の違いを求人票を見たり面接をすることで埋めていき、どちらかが希望をや要求を下げて歩み寄ることで採用が決まるのです。

 

ここで少し考えてください。

 

企業側が歩み寄ってくれるのは、求職者に魅力的な経験やスキル、人脈がある場合です。

未経験なのに高い給料が欲しいと言っている求職者を採用する企業はありませんし、歩み寄ることもありません。

 

もし仕事が見つからなくて悩んでいるのなら、希望や要求が高すぎないか見直してください。

自分の経験やスキルに合わない要求をしていたら、仕事が見つかるわけがありません。

 

諦めなければ仕事はみつかる

全て希望通りの転職先を見つけるのは、至難の業です。

どうしても希望を通し避ければ、勤務地や、休日、給料、何か1つに絞りこみましょう。

そうすることで選択肢に入る会社はかなり多くなります。

選択肢が多ければその分面接も沢山受けることができますよね。

 

仕事がみつからない!

 

そう嘆いているのなら、なおさら希望を絞り込みましょう。

 

仕事が見つからないのは、今希望している内容であなたを必要としてくれる会社がないと言う事ですから。

 

考え方や要望がずれていないか確認するために、ハローワークや転職エージェントに相談してみてもいいかもしれません。

 

そして諦めず探し続け面接を受け続ければ、必ず仕事は見つかります。

 

関連記事

※「30代の転職で未経験の仕事を目指す方法

※「30代で仕事を辞める前に考えてほしいこと

※「30代が転職で失敗しないためには準備が重要

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi