bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

1日でも早く転職したい時は、転職エージェントに相談しよう

早く転職したい

こんな職場もう嫌だ! 1日でも早く転職したい!

 

そんな風に考えながら、毎日同じ職場に通うのは本当に辛いものです。

 

どうしようも無く辛いのなら、今すぐ退職届けを提出れば、今すぐにでも仕事を辞めることは出来ます。

ただこの先の生活を考えると、やっぱり在職中に次の仕事を見つけてから辞めるべきでしょう。

 

働きながら1日でも早く転職先を見つけるにはどうしたらいいのか。

その方法はいたって簡単。

利用できるサービスをとことん利用する。それだけです。

 

転職エージェントは強い味方

転職エージェントは、在職中に仕事を探す時、とても強い味方になってくれます。

面接の日時や時間などのスケジュールを調整してくれたり、履歴書を書いたり提出を代わりにやってくれたりもします。

転職の不安や悩みの相談にも乗ってくれますし、内定獲得までの活動計画を一緒に考えてくれます。

そして、数多くの転職の手伝いをしている分、転職希望者の何十倍も経験を積んでいます。

 

そんなプロがサポートしてくれる転職エージェントに相談すれば、1人で活動するよりも早く転職先が見つかりますよね。

 

しかも! 登録は無料のところがほとんど。

 

1日も早く転職をしたいのなら転職エージェントを活用する。

転職が成功する確率もぐっと高くなります。

 

転職エージェントとはこまめに連絡取る

転職エージェントを活用して、転職を1日でも早く決めるには、お互いの信頼関係が大切になってきます。

また、転職エージェントに転職したいと言う強い意欲を伝えることも大切です。

転職エージェントを活用する上で大切なことは4つ。

  • 転職の意欲をきちんと伝える
  • 転職で重視することに優先順位をつけて伝える
  • 報告・連絡・相談はこまめに素早く行う
  • 面接の感想もすぐに伝える

転職エージェントも人間です。

こまめに連絡をくれる人には、親近感を覚えるものです。

 

また、転職エージェントの仕事は企業と求職者を結びつけることで成り立っています。

つまり、本気で転職を考えている人ほど転職エージェントの成果に結びつきやすくなる、と言うことはより親身になって対応してもらえるのです。

 

自分の成果になりそうな人ほど、優先して対応したくなりますよね。

 

面接の感想をすぐに伝えるのも、その会社で働きたいと言う意思を転職エージェントに伝えれば、転職エージェントから会社に働き掛けてくれる事があるから。

 

その結果、より採用されやくすくなるのです。

 

1日でも早い転職を考えるのなら、転職エージェントとはまめに連絡を取り、希望や結果を隠すことなく伝えましょう。

 

転職サイトに登録しておくだけでも違う

転職サイトは登録し、希望や経歴などの詳細を入力しておけば、興味を持った企業からオファーが来ることがあります。

 

何もしないよりは、登録しておくだけでも全然違います。

 

求人情報の収集にも使えますし、興味のある求人に面接を申し込む事も出来ます。

面接のコツや履歴書の書き方など、転職ノウハウを掲載しているところがほとんどなので、記事を読むだけでも役に立ちます。

もし、転職エージェントに相談するのをためらうのなら、転職サイトに登録して求人を探してみてはどうでしょう。

 

コツは複数のサイトに登録すること。

 

複数利用した人の方が、1つしか利用しなかった人より早く転職出来たと言うデータもあるくらいです。

最低3つは登録したいところ。

出来れば、転職エージェントと併用して利用すると、情報も集まりやすくてお勧めです。

 

転職サイトのリクナビNEXT は、転職を考えた方の8割が登録すると言われているほど実績のあるサイト。求人の量がすごく豊富で更新頻度も高く、情報を集めるだけでも登録する価値があります。

また、職務経歴をきちんと入力しておけば想像もしなかった業種や企業からオファーメールが届くこともあるのです。

登録はこちらから⇒リクナビNEXT

 

退職するときは、引き止められても迷わないこと

無事仕事が決まったら、上司に退職届けを提出します。

最短2週間で退職することも出来ますが、いきなり辞められたら会社も困ってしまいます。

退職は1カ月前には提出するようにしましょう。

 

会社を退職するときに、引きとめられる事があります。

上司に退職届けを提出すると、さらに上の上司に報告するまで待つように言われるケースもあります。

ときには家族に止められ、同僚に止められ、上司に止められ、人事に止められ・・・と、止められ過ぎて無駄に時間だけが過ぎていくこともあります。

 

今まで一緒に働いてきた、同僚やチームの仲間が気になることもあるかもしれません。

 

ですがそう言った事は一切忘れ、退職することに全力を注ぎましょう。

 

早く退職したいのなら、今の職場に未練を持ってはいけません。

辞めると言ったら辞める。

 

強い意志を持たないと、引き止められていつまでも退職出来なくなります。

 

焦ってする転職は失敗する

1日も早く転職を実現するための方法を書いてきましたが、注意点が1つ。

早く転職したい気持ちは分かりますが、焦って仕事を決めると大抵失敗します。

理由は簡単。

焦ると冷静な判断ができなくなるからです。

 

1日でも早く転職をしたいからと、転職に使う時間を増やすために、取りあえず会社を辞めた。

ところがいつまで経っても次の仕事が見つからない。

所持金も少なくなりどうしようも無いので、希望じゃ無い仕事の面接をして、取りあえず就職した。

 

そんなパターンで仕事を決め、後悔する人も少なからずいます。

 

1日でも早く転職したい気持ちは分かりますが、焦らないことです。

少なくとも退職届けは、次の仕事が決まるまで提出しない方が良いでしょう。

 

1日でも早く転職したければ、転職エージェントを利用しよう

最初に今の仕事に対する不満をきちんと考えましょう。

そして次の仕事で望むことをまとめ、自分の将来像をイメージします。

給料や仕事内容、業種や職種、希望がまとまったら、転職エージェントトに相談して、転職活動を始めましょう。

それだけでも、次の仕事が見つかるまでの時間は短くなるはず。

 

転職エージェントに登録するのが不安なら、転職サイトを利用して情報を集めることから始めましょう。

転職サイトでも転職エージェントの紹介をしています。

 

1人で悶々と求人情報をみて悩んでいるより、プロに相談した方が断然早く転職活動が進みます。

 

転職エージェント最大手のリクルートエージェントは、求人の量が多く質も高いことで評判です。

担当になるキャリアコンサルタントにより対応に差が出てしまうのが玉に瑕ですが、大手ならではの経験と実績からくるアドバイスは、すごく参考になるので、利用者の多くが「満足した」と感じているようです。

また、求職者の経歴をしっかりと考え未経験の職種でも求人を紹介してくれるので、迷っている方には選択肢が広がって嬉しいですよね。

求人の質だけを考えても登録する価値がある転職エージェントです。

登録はこちら⇒【リクルートエージェント

 

登録後、担当者からメールか電話で面談日程の連絡が入りますから、指示に従ってくださいね。

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi