読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

転職したいけど、何がしたいかわからない人へ

転職

f:id:ranmaru-24mensou:20160823211046j:plain

転職したい。でも何がしたいのか分からない。

この気持ち分かります。

ぼく自身「俺はもっと出来る!」と言う想いだけで退職したことがあります。

夢も希望も、やりたいことも無く、退職したんですよ。

 

転職したくなる時ってありますよね。

昇進の見込みが無くなったり、昇給が微々たるものだったり。

不満はないけど満足もしていなかったり。

 

と言うことで、何がしたいかわからないけど転職したいのなら、次の事を考えてみてはどうでしょう?

 

アルバイトや手伝い、今の仕事の中からやりたいことを探す

皆が皆、夢や目標をもって生活しているわけじゃありません。

何となく会社に行って、言われたことをこなしている。そんな毎日を過ごしている人も大勢います。

 

根拠のない自信を持って、「俺はビッグな男になる!」なんて言っている人も沢山いますよね。

ま、ぼくもそのうちの一人ですが。

 

でもこれだけは分かります。

漠然とした思いで転職しても、結局また転職したくなります。

 

理由はどうであれ新しい仕事に就いてやり直す、もしくは先に進みたいのなら、せめてやりたい事を見つけましょう。

 

楽しかったことを探してみる

ぼくはね。

ホームセンターで働いている時、売り場を作るのが好きでした。

どの商品をお店のどの場所にどういうディスプレイで陳列するのか。

価格は? まとめ買いで安くする? それとも価格差をつけてアピールする? POPは手書き? 印刷? 色は?

 

そんな事を1人ぶつぶつ考えながら、商品を手配して売り場を作るのです。

 

ここだけの話、売れるかどうかは正直どっちでもよかった。

かっこよく見栄えの良い売り場を作るのが本当に楽しかったのです。

 

何がしたいかわからなければ、今までの経験の中で楽しかったことを探してみましょう。

 

  • 人と話をするのが楽しい。
  • 計算している時が楽しい。
  • 企画を考えている時が楽しい。
  • 広告を作っているときが楽しい。
  • 文章を書いているときが楽しい。

 

何か1つくらい楽しかった事、ありますよね?

その楽しかったことを、少しだけ深く考えて見てください。

 

ぼんやりとかもしれませんが、やりたいことが見えてきませんか?

 

夢中になれた事を探してみる

ゲームにすごく熱中していた時期があります。

ウルティマオンラインからスタートして、オンラインゲームをとにかくやりまくりました。

ウルティマオンラインでは、リアルマーケットなんてものを利用して、ゲーム内の通貨やアイテムを現金化することもできたのですよ。

ゲームの内容もひたすら自由で決まりがなくて、とにかく楽しかった。

 

最近では販促物を作ることが好きです。

会社案内やホームページ、説明用のパンフレットなどなど。

営業が使っているツールは、全てぼくが作ったものです。

 

仕事を間違えたんじゃないの?

 

そう職場のみんなから言われるくらい販促物を作るのが好きですし、人よりも上手いみたいです。

一度作り出すと完成するまでほかの仕事が目に入らなくなります。

できた! と思っても、あそこを変えれば、こう表現してみたらなどと、より良くするための方法をずっと考えてしまいます。

それも無意識のうちに。

 

こんな風に夢中になれた事、ありませんか?

 

ぼくは今更販促物や広告を作る仕事に転職したいとは思いませんが、夢中になれる事ほど、人より上手く出来るものです。

 

それが仕事になったら、楽しそうでしょ?

 

自分の強みを調べる

職業適性検査もいいのですが、適性があるかどうかが分かるだけで、やりたいこととはなかなか結びつかないのですよね。

 

これも似たようなものかもしれませんが。

リクナビNEXT で出来るグットポイント診断。

この診断を受けて自分の強みを確認するのもいいかもしれません。

 

なかなか自分の強みを教えてくれる人はいませんし、自分でも知らなかったことを知る機会にもなります。

自信にもつながりますよ。

 

やりたいことは見つからないかもしれませんが、先に進む勇気は貰えるかも。

 

ブログを書いてみる?

無料ブログで思った事や感じた事、使ってみた物の感想などなど。

何がしたいかわからないのなら、取りあえず自分の考えを書きだしてみてはどうでしょうか。

 

毎日書き続けるのは大変ですけどね。

思いついたことを気の向くままに書き出す。

書くだけで、すっきりすることもあります。

 

ノートに書いてもいいのですが、せっかくだからブログに書いて世界に向けて発信しちゃいましょう。

面白いコメントが貰えるかもしれませんし、仲間ができるかもしれません。

 

転職したいけど何がしたいかわからない理由

「今の会社に不満があるけど辞めるほどではない。でもチャンスがあれば辞めてもいいかな。」

といった漠然とした思いや、「なんとなく不満なんだけど、そのなんとなくがわからない」といった、ふわっとした感じ。

 

何がしたいのかわからないのは、これと言ってやりたいことがない証拠でもあります。

ひょっとすると、不満はあってもそれほど大きくないのかもしれません。

 

でもね。

転職したいという気持ちがあるということは、仕事が面白くなかったり、人間関係が今一うまくいっていないこともあるのですよね。

何がしたいのかわからないという気持ちとは裏腹に、実は大きなストレスを抱えていることもあります。

 

自分の心と向き合う時間を、忙しいとは思いますがほんの少し、5分でもいいのでとってみてください。

その時は、何がしたいのか? じゃなくて、なんで転職したいのかをじっくり考えてくださいね。

転職したい理由の中に、何がしたいかの答えがあることも、ありますから。

 

転職したいのなら

転職するときは、退職する理由と次にやりたい仕事をはっきりさせてからにしましょう。

経験上漠然とした思いで退職すると、後悔することになります。

 

ただ、考えてばかりじゃつまらないので、何かしら行動に移してみましょう。

やった者勝ちと言う言葉もありますし。

 

資格を取得するために勉強を始めてもいいですよね。

釣りやサイクリングなど、趣味を増やしてみるのも面白いですね。

交流会に参加して人脈を増やすのはどうでしょうか。

ココナラ で知識や技術を販売してみるのも面白い。

 

やろうと思えば出来ることは本当に沢山ありますよ。

 

いろいろ考えてみたけど「やっぱり転職したい!」そう思うのなら転職活動を始めちゃいましょう!

まずは転職サイトに登録して情報収集から。

どんな仕事があって、どんな資格や経験が必要で、給料はどのくらいなのか、転職サイトを利用して調べましょう。

 

転職サイトでお勧めなのがピタジョブです。

自分の要望にどのくらいマッチしているかピッタリ度を自動判定。その結果が一目でわかる画面はとても使いやすいです。

企業個別サイトにしか掲載されなかった求人も掲載されていますし、大手転職サービス「type」「DODA」「マイナビエージェント」の求人も表示されるので、案件がとにかく豊富。

しかも! 登録は「生年月日・性別・メールアドレス・パスワード」の4項目だけ!

自分にぴったりの仕事を探すなら、迷わず登録すべきサイトです。

登録はこちらから⇒【 ピタジョブ

 

今すぐにでも転職したいのなら、転職エージェントに登録するのが一番です。

登録すると、数日以内に電話がかかってきます。

その電話で、希望や転職時期を話せば、サポートが始まります。

突然電話がかかってくるので、びっくりするかもしれませんが、ちゃんと応対してくださいね。

 

転職エージェントでお勧めしたいのはマイナビエージェント です。

就活性の95%以上が登録するといわれていて、学生の知名度は抜群なのですが、転職エージェントとしては、リクルート・インテリジェンスに大きく離されての業界5番手と言ったところ。

5番手と聞くといまいち頼りない気がしますが、ほかのエージェントにはない魅力的な求人が多く、マイナビにしか求人を出さない独占求人も沢山あります。

しかも! 20代~30代の転職に強く、人事担当者とも太いパイプを持っているのです!

 

またリクルート・インテリジェンスと比べると、登録者数は少ないのですが、その分一人一人を大切にし、良い求人を親身なサービスで紹介してもらえることができます。

親身なサービスに触れることで転職活動の不安を払拭できるからか、利用者の満足度はとても高いのです。

関東エリアで転職を考えたら、マイナビを利用しない理由はありません。

登録はこちらから⇒【 マイナビエージェント 】

 

最後に

何がしたいかわからないのは、何かしないといけないという気持ちの裏返し。

そんな時は、自分の気持ちを向き合う時間を作って、何がしたいのか、何が不満なのかをゆっくり考えてください。

内へ内へとため込むと、体にも心にもよくないですよ。

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi