読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

転職サイトと転職エージェントの違いとメリット・デメリット

転職エージェント 転職サイト

転職サイトと転職エージェントの違いとメリット・デメリット

転職をするときに利用したいサービスが転職エージェントと転職サイトです。

ハローワークや求人雑誌だけの情報に頼って転職をする人よりも、転職エージェントや転職サイトを利用した人の方が、早く転職をしています。

この記事では、転職エージェントと転職サイトの違いを説明します。

 

転職エージェントと転職サイトの違い

転職エージェントとは、完全無料で専任の担当者が転職希望者のサポートをしてくれるサービスです。

転職に必要なことをほぼすべてサポートしてくれるので、転職を考えている方は転職エージェントを利用すれば、上手く行く確率が高くなるでしょう。

 

転職サイトとは、求人情報や転職活動に関するノウハウを掲載しているサイトのこと。

転職エージェントのような担当者が付くことはないため、転職活動に必要なことは全て自分でやる必要があります。

 

利用するのであれば、転職サイトで情報を集め、面接の申し込みや対策は店辱エージェントに相談するのが効率的です。

 

転職エージェントがしてくれる事

 転職エージェントは転職に必要な事ほぼ全てをサポートしてくれます。

実際に転職エージェントがサポートしてくれる内容は

 

  • キャリア相談
  • 求人の紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接のセッティング
  • 給料交渉

 

です。

キャリアの相談をすることで、自分の転職市場での客観的な価値を知ることができます。

意外と自分の価値を勘違いしている人は多く、思っていたほど高くなかったり、想像以上に高い事もあります。

 

厄介なのは、自分が思っているよりも転職市場での価値が低い時。

知らずに個人で給料交渉をすると、思わぬ恥をかくこともあるかもしれません。

 

履歴書や職務経歴書の添削、面接対策も嬉しいサポート。

何十人、何百人と転職希望者を見てきた転職エージェントだからこそ、効果の見込める添削や対策をしてくれます。

 

給料交渉も個人でやるのはかなり大変な部分。

転職の経験が少ないと、どこまで言っていいのか悩む部分でもありますよね。

 

個人ではなかなか難しいところをサポートしてくるのが、転職エージェントです。

 

転職エージェントのメリット・デメリット

転職エージェントのサービスは無料で受けることができます。

無料で転職に関する全ての部分でサポートを受けられるのですから、とても心強い存在です。

でも当然ですが、メリットがあればデメリットもあるものです。

 

メリット

  • 客観的な視点で、自分に合った仕事を紹介してもらえる
  • 応募前に求人情報では分からない情報を教えてもらえる
  • 転職に必要なサポートを無料で受けられる
  • 自分のキャリアを客観的に見てもらえる
  • 面接後に人事に後押ししてもらえる
  • 非公開求人を探してもらえる

 

転職エージェントは人材を欲しがっている企業と、直接話をしていますので、どんな人材をどの企業が欲しがっているのかを把握しています。

もし人材を欲しがっている企業の要望にマッチしない人を紹介してしまうと、エージェントの信用を無くす事になります。

つまり、エージェントが紹介してくれる企業は、企業と求職者の要望がかなりの確率でマッチしているところになります。

 

またキャリアについても客観的な意見をもらう事が出来ます。

求職者が望んでいる年収や仕事内容が客観的に見て妥当かどうかも教えてくれるでしょう。

 

そして心強いのが、面接の後の後押しです。

先ほども言ったように、エージェントは企業がどんな人を欲しがっているのかを把握しています。

逆に言えば、把握できるほど企業に信頼されているとも言えます。

なので、面接後にエージェントから一押ししてもらうことで、採用になる事も多いのです。

 

関連記事

転職エージェントを使うメリット

 

デメリット

  • 営業トークに乗せられて、誤った転職をしてしまう可能性がある
  • 面談をする手間がかかる
  • 転職市場での価値が低いと登録出来ない事がある

 

転職エージェントは企業に人材を紹介し、採用されることで報酬をもらっています。

つまり、採用されなければ1円にもならないのです。

経験の浅いエージェントや、人数の少ないところでは、何とかして話をまとめようと何度も説得してくることがあります。

この説得に負けて就職を決めてしまうことで、希望とはちょっと違う会社に入社してしまうこともあります。

 

また、個人で進める転職と違い、転職エージェントに依頼すると基本二人三脚で転職活動を進めることになります。

登録をした後に面談を行ったり、面接の前に対策を一緒に考えたりと、個人で進めるよりは手間がかかります。

これは人によってはメリットになりますし、1人で動く事が好きな人にはデメリットに感じるかもしれません。

 

関連記事

転職エージェントを利用するデメリット 

 

転職エージェント使う時に注意すべき事

転職エージェントは人材を欲しがっている企業に求職者を紹介し、採用されることで報酬をもらっています。

忘れてほしくないのは、転職エージェントはボランティアではなくビジネスだと言うこと。

 

登録無料で様々なサービスを受けられる転職エージェントは、転職を考えている人全てに利用してほしいサービスです。

そして無料だからこそ、ボランティアと勘違いしがちな面もあります。

 

それを踏まえ、転職エージェントを活用するときに注意してほしい事。

 

  • 転職エージェントの話しを鵜呑みにしない

 

最終的に面接を受けるかどうか、入社するかどうかを判断するのはあなた自身です。

転職エージェントがどんなに勧めてきても、納得がいかなければ断るようにしましょう。

 

転職エージェントを活用するときに大切な事

転職エージェントとはこまめに連絡をとる

転職エージェントはビジネスとして求職者をサポートしています。なので、連絡をおろそかにすると、転職エージェントからの連絡も自然と減っていきます。

理由は 連絡がない = 就職が決まった と判断されるからです。

面接が決まるまでは出来るだけまめに連絡を入れ、面接後は面接の結果を転職エージェントに報告するようにします。

面接の結果を連絡することで、人事へ一押ししてくれたり、採用されなければ次の求人を探してくれたりします。

 

合わなければ担当者を変更してもらう

担当の転職エージェントとどうしても性格が合わない、何となく気に入らない事があります。

「担当を変えてもらうのはかわいそうかな?」

なんて情を移す必要はありません。

合わない担当者であれば、早めに他の人に変えてもらいましょう。

もし担当者の変更が言いだし憎かったり、変えてもらっても合わなければ、他の転職エージェントを利用することも考えてください。

 

経歴に嘘はつかない

当たり前ですが、嘘はダメです。

経歴に嘘をついたことがばれると、求人を紹介してもらえなくなります。

嘘をついたまま就職が決まって、もし会社にばれたら・・・?

あなた自身もその会社に居られなくなるかもしれません。

嘘はダメです。

 

要望は優先順位をつけてきちんと伝える

転職をするとき重視することは、要望として転職エージェントにきちんと伝えましょう。

何を重視するのかで、紹介する求人が変わることもあります。

また転職エージェントも、転職をスムーズに進めるため、なるべく要望にマッチした求人を探してくれます。

要望が間違って伝わると、望まない転職をすることにもなりかねません。

登録したときか、面談で聞かれますのできちんと伝えましょう。

 

転職サイトで出来ること

転職サイトは求人情報をいくつも見ることができ、転職に関するノウハウを提供してくれるサイトです。

スカウトやお勧めの求人、面接のオファーがメールで送られてくるのも特徴です。

転職サイトによっては、簡単な職業適性検査を受けることが出来たり、自分の強み診断を受けることも出来ます。

また気に入った求人には面接を申し込むことができます。

 

転職サイトのメリット・デメリット

様々なサービスのある転職サイト。

そのメリットとデメリットを紹介します。

 

メリット

  • 自分のペースで転職活動ができる
  • エージェントが付かないので、希望しない企業に応募させられる事がない
  • 一度に確認できる求人数が多い
  • 何社でも面接を申し込む事ができる

 

会員登録をすると、面接のオファーやスカウト、求人の案内と言ったメールが送られてくるようになります。

転職サイトによっては面接確約のオファーが届く事もあります。

最近は会員登録も簡単になっていますので、とてもお手軽に利用することができます。

 

関連記事「転職サイトを利用するメリット

 

デメリット

  • スケジュール管理や面接のアポイント、給与の交渉を自分でやる必要がある
  • 選考結果のフィードバックを受けられない
  • 面接対策を1人でやる必要がある
  • 面接後の後押しがない
  • 自分に適した仕事を探すのが難しい
  • 入社してから思っていたのと違ったと言うミスマッチが多い

 

様々なサービスがある転職サイトですが、実際の活動は自分でやる必要があります。

面接依頼から履歴書・職務経歴書の作成、面接時間の調整など。やることは沢山あります。

仕事をしながら転職活動をするばあい、面接時間の調整やアポイントはかなりの負担になることがあります。

 

関連記事

転職サイトを利用するデメリット 

 

転職サイトの活用方法

転職サイトに登録すると、オファーメールや面接確約のメールが届くようになります。

が、このメールをもらうためには職務経歴をしっかりと書き込む必要があります。

ほとんどの転職サイトは、簡単な情報入力だけで登録が完了し、職務経歴は必要があれば後で入力するようになっています。

 

実はここに落とし穴が。

 

職務経歴や希望欄は人材を募集している企業や転職エージェントが見て、どんな人なのかを判断する項目です。

つまりここに情報が入っていないと、どんな人なのか判断ができないため、オファーメールが届かないのです。

また、ちょろちょろっと書いただけでは、良いオファーメールが届く事はありません。

 

転職サイトを活用するには、職務経歴をきちんと書く。

希望欄もしっかり書く事が大切です。

 

転職エージェントと転職サイト、どちらを使うべきか

自分のペースで転職活動を進めたい、今すぐ転職するわけじゃないけど、取りあえず情報を集めたい。

と言う人は、まずは転職サイトに登録してみましょう。

興味のある業界の求人や給料、必要な資格などを情報を集めることができます。

そして本気で転職を考えた時は、2つか3つの転職サイトに登録することをお勧めします。

 

理由は転職サイトによって得意不得意があることと、企業や転職エージェントも全ての転職サイトを見ているわけではなく、どこか1つだけを見ていることがあるからです。

もちろん職務経歴や希望をきちんと書いておかないと、複数登録しても意味がありません。

 

転職サイトの場合、面接の申し込みを自分でやる必要があります。逆に言えば、面接を申し込まない限り情報収集に専念できるのです。

 

今すぐ転職したいのなら転職エージェントに登録しましょう。転職のプロがあなたの転職をサポートしてくれます。

 

転職エージェントはあなたの経歴や希望を聞いてから求人を紹介してくれます。逆に言えば、登録するとすぐ仕事探しが始まるということです。

 

面接のスケジュールから履歴書・職務経歴書の添削、面接後の後押しまで、それこそ転職に必要なこと全てをサポートしてくれますので安心できますが、情報を集めたい場合は、登録を少し待つべきかもしれません。

 

転職サイトの紹介

ピタジョブ

f:id:ranmaru-24mensou:20161021204711j:plain

 自分の要望にどのくらいマッチしているか、ピッタリ度を自動判定。その結果が一目でわかる画面は素晴らしいとしか言いようがない。

企業個別サイトにしか掲載されなかった求人も掲載されていて、転職エージェントの求人も表示されるので、案件がとにかく豊富。

社員の継続年数まで分かってしまう情報量はさすがとしか言いようがありません。

登録は「生年月日・性別・メールアドレス・パスワード」の4項目だけ!

自分にぴったりの仕事を探すなら、迷わず登録すべきサイトです。

↓↓ピタジョブ公式サイト↓↓

 ピタジョブ

 

MIIDAS(ミーダス)

f:id:ranmaru-24mensou:20161021204721j:plain

無料で自分の市場価値診断が出来るMIIDAS。200万人の年収データからあなたの市場価値を見出します。

最大の特徴は自分に似ている(学歴・年齢・経験など)人の転職実績や、興味のある業界、業種にはどんな人材がどのくらいの年収で転職出来たのかを検索、閲覧できる事。まさに自分の価値を見出すことが出来る転職サイトです。

登録は無料。オファーは面接が確約された物だけ。キャリアアップを目指すならMIIDASが最適です。

↓↓MIIDAS公式サイト↓↓

【 MIIDAS(ミーダス) 】

 

リクナビNEXT

f:id:ranmaru-24mensou:20161021204732j:plain

リクルートが運営する転職・中途採用・求人サイト。「転職を考えたらまずリクナビNEXTに登録する」と言う人が大勢いるほど有名なサイト。

最初の登録で「スカウト機能」を設定することで、「あなたを採用したい」と言う企業からメールが届きます。しかも興味が無いメールは無視してもOK。返信の必要もありません。

そして無料登録をすることで出来る「グッドポイント診断 」はかなりの優れ物。自分の5つの強みを20分ほどで診断してくれます。

登録は無料。電話連絡は一切なく、メール連絡のみ。転職を考えたら登録するべきサイトです。

↓↓リクナビNEXT公式サイト↓↓

【 リクナビNEXT

 

転職エージェントの紹介

マイナビエージェント

f:id:ranmaru-24mensou:20161021204741j:plain

就活性の95%以上が登録するといわれている、知名度抜群の転職エージェント。

ほかのエージェントにはない魅力的な求人が多く、マイナビにしか求人を出さない独占求人が多数あります。

しかも! 20代~30代の転職に強く、人事担当者とも太いパイプを持っています。

一人一人の登録者を大切にし、良い求人を親身なサービスで紹介してもらえるのも嬉しいところ。転職活動の不安を払拭できるかもしれません。

関東エリアで転職を考えたら、マイナビを利用しない理由はありません。

↓↓マイナビエージェント公式サイト↓↓

【 マイナビエージェント 】

 

リクルートエージェント

f:id:ranmaru-24mensou:20161106084603j:plain

「求人数」「転職決定実績」ともに業界ナンバー1の転職エージェント。

他社を圧倒する求人数と日本全国が網羅さているのが特徴。その知名度の高さから、企業側から「人材を紹介してほしい」と声がかかるほど。

業界ナンバー1企業だからこそ、多くの求人企業から信頼され、求職者に有利な交渉をすることができるのです。

↓↓リクルートエージェント公式サイト↓↓

リクルートエージェント

 

type転職エージェント

f:id:ranmaru-24mensou:20161106082925j:plain

1994年から転職ビジネスを行っている、長い歴史のある企業。

なぜか転職エージェントの知名度が低いのですが、その分求職者一人一人がとてもきめ細かいサポートを受けることができます。また老舗企業だからこそ、求人企業の人事部とのパイプが太く、type独占求人や非公開求人を豊富に持っているのです。

ただし拠点は「東京・埼玉・神奈川・千葉」に限られます。

利益ではなく人材重視で転職支援をしてくれると評判のtype転職エージェント。

「東京・埼玉・神奈川・千葉」での転職は、絶対に利用するべきです。

↓↓type転職エージェント公式サイト↓↓

【 type転職エージェント 】

 

転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】

f:id:ranmaru-24mensou:20161029062031j:plain

高収入者向け転職エージェントです。新聞や広告にも多く掲載されているのでご存知の方も多いはず。その特徴は額面総額年収750万円以上に特化していること。

そのため求人の質はもちろんのこと、対応してくれるエージェントのレベルがとても高い。

会員登録は無料で、求人をみたりスカウトの確認もすることができます。また、詳細情報(職務経歴や希望条件)をすべて入力しないと、レベルの高いサポートを受けることができませんのでご注意を。

無料会員でもサポートは受けられますが、本気で転職するのなら有料のプレミアム会員がお勧めです(月額制、年収により異なります)

↓↓ビズリーチ公式サイト↓↓

【 選ばれた人だけの会員制転職サイト BIZREACH 】

 

 

WORKPORT

f:id:ranmaru-24mensou:20161021204749j:plain

IT・インターネット業界専門の人材紹介会社。

IT・インターネット業界だけで2000社と取引実績があり、求人数は12000件!! これだけの求人情報をもっていますから当然非公開の情報も沢山もっています。

しかも転職支援サービスは一切無料。履歴書の添削、年収交渉、面接対策まで就職活動すべてにサポートが期待できます。

福岡、関西の求人に力を入れていて別カテゴリーで掲載されています。求人数だけで見ると関東、関西の求人がすごく多いのも特徴の一つ。

関東・関西・福岡で、IT・インターネット業界への転職・キャリアアップを考えたらワークポートが断然お勧めです。

↓↓WORKPORT公式サイト↓↓

【 WORKPORT 】


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi