読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

仕事を辞めてから転職活動をするメリット・デメリット

転職

仕事を辞めてから転職活動をする方法

転職活動は仕事を辞めてから活動する方法と、仕事を続けながら活動する方法の2種類があります。

ぼくは勢いだけで仕事を辞め転職活動をした事がありますが、その経験から仕事を辞めてからの転職活動は勧めていません。

 

でもぼくが転職をした頃と比べても、今は転職の方法も大きく変わりました。

 

何よりインターネットが普及したことで転職サイトや、転職エージェントと言うサービスが出来たこと。これがかなり大きい。

この記事では、仕事を辞めてから転職活動をするときのコツと注意点を紹介します。

 

仕事を辞めてから転職活動をするメリット

仕事を辞めてから転職活動をするメリットは、とにかく転職のために使える時間が多い事です。

時間があれば、希望する業種・職種や企業の情報収集をしっかりと行えます。

転職活動を最優先することができるので、面接時間の調整も取りやすいし、1日に複数の面接を受けることも出来ます。

 

転職活動に使える時間がたっぷりある

 

これが、仕事を辞めてから転職活動をする最大のメリットです。

 

仕事を辞めてから転職活動をするデメリット

仕事を辞めてから転職活動をする一番のデメリットは、収入が無くなること。

会社員でいた頃は、毎月同じ日に同じ額の収入がありましたが、退職するとそれが無くなります。

失業保険も自己都合で退職した場合は、3カ月待たないと給付されません。

貯金があればいいですが・・・。

何の準備もせずに退職したばあい、収入が無くなると言うのは、かなりのプレッシャーになります。

 

また、収入が無くなり金銭的に追い詰められてくると、希望条件に妥協が生まれやすくなります。

不採用になったときのストレスも想像以上です。

 

収入がゼロになる

 

これが、仕事を辞めてから転職活動をするときの最大のデメリットです。

 

仕事を辞めてから転職するための準備

仕事を辞めてから転職活動をする場合、収入がゼロになる大きなデメリットがあります。

生活をしていくには収入がなければいけませんし、転職活動が長引くと精神的にも肉体的にもストレスになります。

 

貯金をしておく

仕事を辞めるまでに最低でも3カ月は生活出来るよう貯金をしましょう。

3カ月と言うのは、自己都合で退職した場合、失業保険が貰えるまでに3カ月の待機期間があるからです。

(失業保険を貰うには、1年以上雇用保険に加入している必要があります。)

また転職活動は生活費のほかに、写真代や書類代交通費などの細かいお金がかかります。

その分も考えて、3カ月プラスアルファの貯金をもってから仕事を辞めることをお勧めします。

 

自己管理をきちんとする

仕事を辞めた解放感から、しばらく休んでもいいだろうと、転職活動をせずにだらだらと過ごしてしまう人がいます。

確かに毎日忙しく仕事をしてきたでしょうし、まとまった休みはなかなかとれなかったかもしれません。

ゆっくり休みたくなる気持ちも分かります。

ですが、次の仕事を決めずに休んでしまうと、無駄にお金と時間を消費していくことになります。

休むのなら次の仕事が決まってからにして、まずは転職活動に集中しましょう。

 

スキル・経験の棚卸をする

退職する前に、なぜ今の会社を辞めたいのか、その理由を書き出しておきましょう。

箇条書きで構いません、退職して変えたいことや希望も書き出しておきましょう。

それが転職活動をするときの軸になります。

 

また自分が取り組んできた仕事やスキル、経験や資格なども書き出しておくと、後々楽になります。

 

転職するときは今までの実績や経験を必ず聞かれます。

在職中であれば、実績を金額で細かく出すことができるはずです。

退職してから転職活動に集中するために、今のうちにやっておきましょう。

 

短期間で転職先を決めるコツ

退職してから転職先を探す場合、貯金と失業保険を合わせて考えると、お金が無くなる前、3カ月から半年以内には次の仕事を決めたいところです。

 

初めて退職して転職活動をすると、履歴書の作成や職務経歴書の作成、面接のアポイントやスケジュール管理、面接の対策など、なれない作業で戸惑ってしまいますよね。

ハローワークでも求人の紹介や面接依頼などの相談に乗ってくれますが、大勢の求職者がいる中での対応になりますから、なかなか満足のいくサービスは受けられないかもしれません。

 

また最近は少しずつ規制されるようになりましたが、依然としてブラック企業の求人が出回っています。

条件が良いからと面接を受けてみたら、あっさり採用され、入社してみて「こんなはずじゃなかった」と言うケースも、まだまだ多くあります。

ブラック企業の求人は、好条件すぎるすぎたり長期間掲載されているなど、見抜く方法がありますが、なかなかそこまで気が回りませんよね。

 

短期間で転職先を決めるには、意外とやることの多い転職。

 

お勧めなのは転職エージェントを活用して、転職のサポートをしもらうことです。

 

転職エージェントに転職をサポートしてもらう

転職エージェントは、転職に関わる事ほぼすべてを無料でサポートしれくれます。

利用は最初から最後まで無料です。

転職エージェントは人材を探している企業と求職者を結びつけることで、企業から報酬をもらっています。

なので、求職者は無料でサービスを受けることができるのです。

 

転職を考えている人全てにお勧め出来るサービスですが、初めてだと登録するだけでも不安がありますよね。

次にざっくりと転職エージェントを利用した時の流れを説明します。

 

転職エージェント利用の流れ

ホームページがら転職エージェントに登録すると、早ければ30分ほどで、遅くても数日以内に電話がかかってきます。

ここで経歴や希望など簡単なヒアリングがあり、後日転職エージェントと直接合って面談を行います。

面談ではキャリアの棚卸や職務経歴書の書き方、転職の要望などを話します。

その後、求人を紹介してもらい、応募する企業を決めます。

応募する企業を決めたら、履歴書や職務経歴書を作成して、エージェントに添削してもらいます。

職務経歴書が完成したら企業に面接を申し込み、エージェントと面接対策を行います。

次にいよいよ面接です。

日時や時間はエージェントが調整を行ってくれるので、面接に全力を注ぎましょう。

面接後にエージェントが人事に後押ししてくれることもあります。

首尾よく採用されたなら、初出勤の日までゆっくり休んでください。

 

転職エージェントでお勧めしたいのはマイナビエージェント です。

就活性の95%以上が登録するといわれていて、学生の知名度は抜群なのですが、転職エージェントとしては、リクルート・インテリジェンスに大きく離されての業界5番手と言ったところ。

5番手と聞くといまいち頼りない気がしますが、ほかのエージェントにはない魅力的な求人が多く、マイナビにしか求人を出さない独占求人も沢山あります。

しかも! 20代~30代の転職に強く、人事担当者とも太いパイプを持っているのです!

 

またリクルート・インテリジェンスと比べると、登録者数は少ないのですが、その分一人一人を大切にし、良い求人を親身なサービスで紹介してもらえることができます。

親身なサービスに触れることで転職活動の不安を払拭できるからか、利用者の満足度はとても高いのです。

関東エリアで転職を考えたら、マイナビを利用しない理由はありません。

登録はこちらから⇒【 マイナビエージェント 】

 

仕事を辞めてからの転職は短期決戦

短期決戦になのは、収入がゼロになるからです。

 

収入がないって怖いですよ。

毎日貯金が少しずつ減っていくあの感覚。出来れば二度と経験したくありません。

 

転職をするなら在職中に活動するのがベストですが、色々な事情でそうも言っていられないこともあるでしょう。

仕事を辞めてから短期間で次の仕事を探すには、転職エージェントを利用してください。

登録もサービスも無料ですから、利用しない手はありません。

 

仕事を辞めてから転職活動をするときのコツは、利用できるものは何でも利用すること。

転職サイトも登録は無料、お勧めなのがピタジョブです。

自分の要望にどのくらいマッチしているかピッタリ度を自動判定。その結果が一目でわかる画面はとても使いやすいです。

企業個別サイトにしか掲載されなかった求人も掲載されていますし、大手転職サービス「type」「DODA」「マイナビエージェント」の求人も表示されるので、案件がとにかく豊富。

しかも! 登録は「生年月日・性別・メールアドレス・パスワード」の4項目だけ!

自分にぴったりの仕事を探すなら、迷わず登録すべきサイトです。

登録はこちらから⇒【 ピタジョブ

 

情報を集めるのにも転職サイトは便利ですから、ぜひ活用してください。 

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi