bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

仕事を辞めてから転職活動をするメリット・デメリット

仕事を辞めてから転職活動をする方法

転職活動は仕事を辞めてから活動する方法と、仕事を続けながら活動する方法の2種類があります。

ぼくは勢いだけで仕事を辞めて転職活動をした事がありますが、次の仕事が見つかるまでに時間がかかり、生活費が無くなっていく怖さを味わいました。

仕事を辞める前に転職活動が出来ればよかったのですが、昔はハローワークしかなかったので仕事を辞めてから行うしかなかったのです。

今はインターネットが普及したことで仕事を辞めなくても転職活動が出来るようになりました。

この記事では、ぼく自身の経験を踏まえ仕事を辞めてから転職活動をするときのメリット・デメリットと注意点を紹介します。

 

 

仕事を辞めてから転職活動をするメリット

仕事を辞めてから転職活動をするメリットは、1日のほとんどを転職活動に使えること。

希望する業種・職種や企業の情報収集をしっかりと行えますし、転職活動を最優先にすることができるので面接時間の調整も取りやすい。1日で複数の面接を受けることも出来ます。

転職活動に使える時間がたっぷりあることが、仕事を辞めてから転職活動をする最大のメリットです。

 

仕事を辞めてから転職活動をするデメリット

仕事を辞めてから転職活動をする上で一番辛いのは収入が無くなることです。

当然給与はもらえなくなりますし、自己都合で退職した場合は失業給付金も3か月の待機期間が設けられ、すぐには支給されません。

退職しても生活費は変わりませんから、貯金を切り崩しながら生活していくことになります。

そして、転職活動が長引き金銭的に追い詰められてくると、生活のために妥協して就職してしまうのです。

不採用が続いたときのストレスも想像以上のものがあります。

仕事を辞めてから転職活動をするデメリットは、収入が無くなること妥協して就職してしまうことです。

 

仕事を辞めてから転職するための準備

仕事を辞めてから転職活動をする場合、生活費が無くなる恐怖から就職を妥協してしまうのは、本当に良くある話。

妥協して就職すると仕事に納得が出来なくてまた退職してしまうのも、良くある話なのです。

そうならないためにも、最低限の準備はしておきましょう。

 

貯金をしておく

仕事を辞めるまでに貯金をしてください。最低でも3ヶ月分の生活費はほしいところです。

3カ月と言うのは失業保険が貰えるまでの待機期間(90日)を生活していくための費用です。

(失業保険を貰うには、1年以上雇用保険に加入している必要があります。)

また転職活動は生活費のほかに、写真代や書類代交通費などの細かいお金がかかります。

その分も考えて、3カ月プラスアルファの貯金をしてから仕事を辞めることをお勧めします。

 

スキル・経験の棚卸をする

退職してからスキルや経験の棚卸を行うと、細かい数字が分からず苦労するか妥協することになります。

在職中に行っておけば細かい数字も調べるのが簡単なのです。なので、必ず在職中にスキル・経験の棚卸をしてください。

棚卸するのは概ね次の7つ、時系列でまとめておくと後が楽になります。

  1. 経験してきた業務、プロジェクト
  2. 社内での立場
  3. 業務やプロジェクト、社内での立場で出せた成果
  4. 成果を出すまでのプロセス
  5. 仕事で失敗したこと、学んだこと
  6. スキルとして身に付いたこと
  7. 部下がいるのなら、マネジメント経験

 

退職に望むことを書き出す

箇条書きで構いません、転職に望むことを書き出して、優先順位をつけておきましょう。

それが転職活動をするときの軸になります。

転職活動に望むことは概ね次の9つです。

  1. 勤務地
  2. 給与
  3. 勤務時間
  4. 休日
  5. 仕事内容
  6. 役割、ポジション
  7. 職場環境
  8. 評価、人事制度
  9. 福利厚生

給与や休日は最低限のラインと最高のラインを引いておいてください。

転職活動が上手くいかない理由の1つとして求人企業と求職者のミスマッチがありますが、合わない部分は「給与」「休日」「役職・ポジション」が多いのです。

どこまで妥協できるかを事前に考えておくことで、転職活動が進めやすくなります。

 

短期間で転職先を決めるコツ

貯金と失業保険を合わせて考えると、貯金が無くなる前(3カ月から半年以内)には次の仕事を決めたいところです。

初めて退職して転職活動をすると、履歴書の作成や職務経歴書の作成、面接のアポイントやスケジュール管理、面接の対策などなれない作業で戸惑ってしまいますよね。

ハローワークでも求人の紹介や面接依頼などの相談に乗ってくれますが、大勢の求職者がいる中での対応になりますからなかなか満足のいくサービスは受けられないかもしれません。

また最近は少しずつ規制されるようになりましたが、依然としてブラック企業の求人が出回っているので、条件が良いからと面接を受けてみたらあっさり採用されたけど「こんなはずじゃなかった」と言うケースもまだまだ多くあります。

 

転職エージェントを利用する

ブラック企業の求人は「必要以上に好条件」「長期間募集している」「簡単に採用される」など、見抜く方法がありますがなかなかそこまで気が回りませんよね。

なので、求人企業の情報を豊富に持っている転職エージェントも活用して転職活動を進めてください。

 

転職エージェント最大手のリクルートエージェントは、求人の量が多く質も高いことで評判です。

担当になるキャリアコンサルタントにより対応に差が出てしまうのが玉に瑕ですが、大手ならではの経験と実績からくるアドバイスは、すごく参考になるので、利用者の多くが「満足した」と感じているようです。

また、求職者の経歴をしっかりと考え未経験の職種でも求人を紹介してくれるので、迷っている方には選択肢が広がって嬉しいですよね。

求人の質だけを考えても登録する価値がある転職エージェントです。

登録はこちらから⇒【リクルートエージェント

 

気になった求人は全て申し込む

求人が出てから大体1・2週間で採用者が決まることがほとんどです。悩んでいる暇はあまりありません。

「もう少しいい求人が出てから申し込もう」「明日になればもっと好条件の求人があるかも」

そう思いたい気持ちも、なるべく希望に沿った求人を探したい気持ちもわかりますが、中途採用は基本早いもの勝ちです。

選考で不採用になるのと申し込みさえ出来ないのとでは、後悔の度合いが違ってきますよね。

もし採用になっても、気に入らなければ断ってもいいのです。

なので、気になった求人にはまず申し込んでみる、あとのことは申し込んでから考える、このくらいの気持ちで仕事を探さないと、短期間での就職は難しくなります。

 

自己管理をきちんとする

仕事を辞めた解放感から、しばらく休んでもいいだろうと、転職活動をせずにだらだらと過ごしてしまう人がいます。

確かに毎日忙しく仕事をしてきたでしょうし、まとまった休みがとれなかったかもしれません。

ゆっくり休みたくなる気持ちも分かります。

ですが、次の仕事を決めずに休んでしまうと無駄にお金と時間を消費していくことになります。

休むのなら次の仕事が決まってからにして、まずは転職活動に集中しましょう。

 

仕事を辞めてからの転職は短期決戦

短期決戦になるのは、収入がゼロになるからです。

収入がないって怖いですよ。

毎日貯金が少しずつ減っていくあの感覚は、出来れば二度と経験したくありません。

本当は在職中に転職活動するのがベストですが、色々な事情でそうも言っていられないこともあるでしょう。

仕事を辞めてから短期間で次の仕事を探すには、転職エージェントを利用してください。

登録もサービスも無料ですから、利用しない手はありません。

仕事を辞めてから転職活動をするときのコツは、利用できるものは何でも利用すること。

そして気になった求人には迷わず申し込むことです。

 

<関連記事>

※「働き方はライフスタイルで選ぼう。派遣社員と正社員、パート・アルバイト、契約社員の違い

※「仕事を辞めたいと思ったら読む記事。円満退職するには?

※「何も考えず勢いだけで退職。転職を繰り返して感じた良かった事、悪かった事。

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi