読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

仕事ができない人の4つの目立つ特徴。

働き方コラム 働き方コラム-仕事の悩み

仕事ができない人の特徴

仕事ができない人には共通する特徴があった!

身近にいる仕事ができない人に共通する特徴を4つ紹介します。

もしあてはまるものがあるのなら。

今からでも遅くはありません、改善しましょう!

 

挨拶が出来ない

f:id:ranmaru-24mensou:20160903181426j:plain

朝の「おはようございます」から始まって、「こんにちは」「お世話になります」「お疲れ様です」と、仕事を進める上で挨拶はとても大切。

家にかえっても「ただいま」「おやすみなさい」などなど。

生活する上でも、挨拶をしない日はないと言っていいくらい毎日何かしら挨拶をします。

 

挨拶は全ての基本。

 

この基本である挨拶が出来ない人は、例外なく仕事ができません。

 

挨拶と仕事の出来は関係ない?

仕事は多かれ少なかれ人と関わり合いながら進めていくものです。

 

挨拶が出来ない人は、職場での人間関係を築けない可能性があります。

誰でも積極的に挨拶をしてくれて、話しかけてくれる人に好感を持つもの。

挨拶もしない、挨拶をしても返さない人と誰が仲良くしようと思うでしょう。

 

職場での人間関係につまづくと、その先の仕事もスムーズに進めることができません。

誰かに手伝ってほしいと思っても、人間関係が出来ていなければお願い出来る人を探すのが難しいでしょう。

分からない事を聞きたくても、誰に聞いて良いのか分からなくなるかもしれません。

 

転職を考える人で、かなりの割合を占める悩みが人間関係です。

 

挨拶が出来ないと言うことは、大切な人間関係を築くためのスタートラインにすら立てていないということ。

このような人は、例外なく仕事ができません。

 

挨拶と仕事の出来は大きな関係があります。

仕事は個人で完結するものではなく、大勢の人と関わり合いながら進めるものだからです。

 

ホウレンソウが出来ない

f:id:ranmaru-24mensou:20160903181228j:plain

「報告」「連絡」「相談」ホウレンソウは仕事を進める上で非常に大切な事。

ホウレンソウをおろそかにする人は、やっぱり仕事の出来ない人が多いです。

 

「報告」がないと、仕事がどこまで進んでいるのか分かりませんし、今何をやっているのかも分かりません。

 

先日、スケジュールの作成を担当者に依頼したとき、報告が一切ない事がありました。

今どうなっているのかを聞いてみると、「2日前に終わってサーバーに保管しておきました」と言われたのです。

 

頼まれた仕事は終わったら報告するのが当たり前。やりっぱなしでは、きちんとできているのかどうかさえ分かりません。

 

「連絡」や「相談」も同じです。

「ホウレンソウ」が出来ない人に良くある勘違いが、上司と部下の間だけで行えば良いと言うもの。

確かに上下間での意思の疎通は大切ですが、同僚とのホウレンソウ、つまり横のつながりも仕事を進める上ではとても大切な事です。

 

休憩時間も人を巻き込んで仕事をする

f:id:ranmaru-24mensou:20160903181106j:plain

自己中と言えばいいでしょうか。

例えば自分は忙しいからと、お昼休憩中に食事をしている上司の元へ書類を持って行って、「今承認印を押してください」と言うタイプの人。

 

お昼休憩はほとんどの場合12時~13時です。

この時間はたとえ自分が忙しくても、周りを巻き込むような仕事はするべきじゃありません。

この時間帯に電話をかけるのも避けるべきです。

 

休憩時間も自分の都合で人を巻き込んで仕事をする人は、不思議と休日出勤や残業が多い。

あと面白いもので、このタイプの人は携帯電話で話をしながら別の事をやろうとします。

携帯電話で話をしながら歩きまわるのもこのタイプに多いです。

 

簡単に言えば、その仕事にどの程度時間がかかるのか把握できないのです。

時間が把握できないから、同時に色々なことをやろうとしてしまう。そして、無駄に時間だけが過ぎていく。

だから休憩だろうとなんだろうと、自分の都合で仕事を進めようとするのです。

 

机の上が汚い

机の上が汚いと仕事ができない。これは昔から言われています。

頭の中が机の上に現れる、と言われることもありますよね。

 

机の上が汚いと、書類を探すだけでも一苦労です。

片づけをするために、まとまった時間を取らないといけなくなります。

書類を書類の上で書く人もいますね。

机の上に物が置けなくなると、引き出しを引っ張り出してその上に置く人もいます。

さらに後ろの棚や机の下、椅子の背もたれと背中の隙間にまで書類を置く人もいます。

 

この隙間を探して書類を置く動作と、書類をさがす動作が無駄なのです。

 

また机の上を片づけられない人は、自宅の部屋も汚いですし、作業をした時も端から汚していきます。

皆で使う会議室のテーブルもホワイトボードも、使ったら使いっぱなし。

 

今までで一番面白かったのが、商品を開封するときの事。

まず会議室のテーブルの上で段ボール箱を開けます。

次に商品を1つとりだして、テーブルの空いているところで包装を開けます。

そして次の商品を取り出して、またテーブルの空いているところで包装を開けます。

それを30個ほど繰り返したのでしょうか。

会議室を使おうと扉を開けたらすごい光景が拡がっていました。

 

会議室の真ん中にふたの空いた段ボール箱が置かれ、そこから時計回りに包装が30個おいてあるのです。

f:id:ranmaru-24mensou:20160903175838j:plain

片付けが出来ない人は、どんな場所でも片付けられないものです。

 

最後に

仕事ができない人の特徴をまとめると。

 

  • 挨拶ができない
  • ホウレンソウが出来ない
  • 休憩時間でも人を巻き込んで仕事をする
  • 机の上が汚い

 

もし思い当たる節があるのなら、今からでも遅くはありません。

改善しましょう!

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi