bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

「上司が嫌い」は退職理由になる。でも直接言ってはいけない。

嫌いな上司がいるから退職

嫌いな上司がいることによるマイナス面って意外と多いのです。

たとえば意思の疎通がうまくできず、仕事が思うように進まなかったり、「何であんな奴に評価されないといけないんだ!」と思うことで、人事評価に納得がいかなかったりします。

実際に転職を希望する人の約13%が「上司との関係が悪いこと」を理由にあげているほど、嫌いな上司がいるのは深刻な問題。

でも「嫌いだから辞めます」とは言えませんよね。

 

この記事では「上司が嫌い」「嫌な上司がいる」は退職理由になるのか。退職するときはどう話せばいいのかについて書いています。

嫌いな上司がいることで「退職したい」と思ったときに、参考にしていただければ嬉しいです。

 

「上司が嫌い」は退職理由になるの?

先に答えだけ言いますと、退職を考えるきっかけにはなりますが、退職理由にはしない方が無難です。

もちろん、後先考えなければ退職理由にできますよ。

たとえば・・・。

 

胸ポケットに退職届けを忍ばせて「お話があります」と上司を会議室に呼び出します。

「何の話だろう」

そう思いながら会議室に表れた上司。

待ち構えていたあなたは、上司のの顔面めがけて退職届けを投げつけ。

 

「あんたが嫌いだから今日で会社を辞めます!」

 

と啖呵を切って会議室から出ていきます。

 

こんなことが出来たらさぞかし胸がスカ―っとするでしょうね。
でも現実にはとても無理です。ドラマでもこんなシーンはありません。 

 

子供のころを思い出してください。

周りにいる友達は皆気の合う人だったでしょうか?

学生の頃は? 気の合わない人、嫌いな人は一人もいませんでしたか?

 

今まで出会ってきた友達でさえ好きな人と嫌いな人がいたのに、社会に出たら好きな人だけになるはずがありませんよね。

なので嫌いな上司がいても何の不思議もないのです。

 

でもだからと言って、退職するときに「あんたが嫌いだから」とは言わないようにしましょう。

退職すれば上司と会うことはまずありません。

それなのに「あんたが嫌いだ!」と宣言してまで関係を悪化させる必要があるでしょうか。

 

「上司が嫌い」は退職を考えるきっかけにはなりますが、退職理由にはしないのが一番です。

退職する前にやってみること

覚えておいてほしいのが、どの会社に転職しても好きな人がいれば嫌いな人がいる、気の合う人がいれば合わない人もいる、ということ。

人間関係が嫌で退職する人は次の会社に行っても、同じように嫌な人間関係でつまずく可能性が高いです。

 

なので退職届けを提出する前に試してほしいことがあります。

  • 目の前の仕事に集中する
  • 上司に完璧を求めない
  • 上司を好きになる努力をしてみる
  • 「ホウレンソウ」を徹底して行う
  • 別の部署への異動を希望する

目の前の仕事に集中すれば、一生懸命働く姿に好感を持ってくれるかもしれません。報告・連絡・相談をこまめに行う部下はかわいいものです。

上司が目をかけてくれるようになれば、尊敬できる上司だと思えるかもしれません。

 

できることをやってみて、それでもだめなら異動願いを出しましょう。

部署が変われば上司も変わりますから、今までのような「嫌い」という感情が消えるはずです。

それでもダメなときは、諦めて退職を考えましょう。

ホンネとタテマエは使い分けて

「上司が嫌い」は退職理由にしない方がいいと書きました。

あるアンケートによると、退職理由として会社に伝えた内容は「家庭の都合」が一番多かったそうです。

ところが本当の退職理由を尋ねるアンケートでは、「職場の人間関係」が一位でした。

 

この結果からわかることは、円満退職を望んでいる人が多いということ。

その証拠として、会社に本当の退職理由を言えなかった理由は「円満退職したかったから」が一番多かったのです。

 

「あんたと一緒に仕事なんて出来るか! 辞めてやるわ!」

 

そう言って退職できれば、気持ちはスッキリするかもしれません。

 

でも冷静になって考えてみてください。

 

次の職場に行ったら、今の上司がお客になるかもしれません。

子供が進学した時に、上司のお子さんと出会ってしまうかもしれません。

 

出会う可能性が低いとはいっても、人の縁はどこでつながるかわからないもの。

ムダに関係をこじらせるよりは、家庭の都合という人事も踏み込めない理由で退職するのが無難です。

嫌いな上司でも「ご相談があります」とアポを取る

実際に退職届けを提出するとき、上司が嫌いだからという理由で、上司の上司に話をしたくなるかもしれません。

 

ですがこの行為は上司の顔を潰しているようなもの。

下手をすると、退職日までに色々な嫌がらせを受けるかもしれません。

 

退職届けは直属の上司に手渡しで提出しましょう。

 

いきなり机の前に立って、「これお願いします」と渡さないでくださいね。

まずは「〇〇課長、ご相談したいことがあります。近々お時間を頂けないでしょうか?」とアポを取ってください。

 

このとき「ご報告があります」はNGです。

 

退職の意思がダイヤモンドよりも堅く固まっていたとしても、「報告」ではなく「相談」にする方が、相手への敬意を表現することができます。

 

あとは退職届を提出し、理由を上司に話すだけ。

間違っても「あんたが嫌いだから辞めます」とは言わないでください。

「上司が嫌いだから」と言って辞めた人はいる

ぼくは「上司が嫌いだから」と言って辞めた人を何人か知っています。

みんな「上司と一緒には働けない」と言って辞めていきました。

 

確か当時の社長からその話を聞いたのかな。

退職の原因となった上司は営業部長です。
当時は営業として入社した人が全員「上司が嫌い」で退職した伝説を持っています。

 

営業部長が転勤してくるのなら辞めます。

あの人とはとても一緒に働けません。

などなど・・・。

 

話を聞くとものすごい嫌がらせ(部長は嫌がらせとしている自覚がない)を受けていたようで、我慢ができなかったのでしょう。

 

言いたいことはここから。

 

「あの人とは一緒に働けない」と複数の人に言われた人でも、定年まで処罰なしで勤めあげています。

 


退職するときに、「あいつが嫌いだから!」と爆弾をおとしても、癇癪玉ほどの威力もないのです。

 
せめて最後に一矢報いる、という気持ちもあるかもしれません。

ですが相手にあたる前に風にあおられて落ちるだけですから、「立つ鳥跡を濁さず」を基本に円満退職をしましょう。

退職前に次の仕事を見つけることが大切

「上司が嫌い」で退職するのは構いませんが、次の仕事が見つかっていないのは大問題です。

また「上司が嫌い」で退職した場合、転職先の志望動機を考えるのも一苦労ですよね。

 

「上司が嫌いで退職しました。御社では今までの経験を生かして頑張ります」

 

そんな志望動機で採用してくる会社はまずありません。

今までのスキルや経験を生かして転職をするには、転職エージェントを利用するのが一番早い。

転職エージェントは転職に関わるほぼすべてのことをサポートしてくれますし、何より面接対策を一緒にやってくれるのが心強い。

 

「上司が嫌いで退職するんだけど、退職理由を聞かれたらなんて答えればいいんだろう」

 

そんな悩みにも的確なサポートが期待できます。

オススメはリクルートエージェント。
 

転職エージェント最大手のリクルートエージェントは、大企業の関連会社など業績が安定していて待遇のいい求人も多く、質も高いことで評判です。

担当になるキャリアコンサルタントにより対応に差が出てしまうのが玉に瑕ですが、それはどこのエージェントでも同じ。

それよりも大手ならではの経験と実績からくるアドバイスは、すごく参考になると満足された方が多いのです。

 

「上司が嫌い」という退職理由でも、面接でうまいこと話す方法をきっと教えてくれます。

 

非公開求人の取扱数も「業界最大」と言えるほど豊富で、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

求人の質だけを考えても登録する価値がある転職エージェントです。

登録はこちら⇒【リクルートエージェント

 

まとめ

「上司が嫌いだから」は、退職を考えるきっかけにはなりますが、退職理由にはしない方が無難です。

退職理由は家庭の都合にして円満退職を目指しましょう。

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi