読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

契約社員に転職するメリット・デメリット

転職

契約社員に転職するメリット・デメリット

転職活動をしていると、正社員ではなく契約社員にならないかと言われることがあります。

また長年勤めていた会社から、正社員から契約社員への転換を打診されることもあります。

この記事では正社員と契約社員の違い、契約社員に転職するメリットとデメリットを説明します。

 

正社員と契約社員の違い

正社員と契約社員の一番大きな違いは、雇用期間に定めがあるかどうかです。

 

正社員の場合は、雇用契約を結んだ時点では雇用期間を定めていません。つまり解雇されるか自ら退職しない限り、同じ会社でずっと働くことができます。

対して契約社員は一般的に、雇用契約で定められた期間だけを働き、期間が満了したら、別の会社に移ることが出来ます。この契約を「有期労働契約」と言います。

 

有期雇用契約は労働基準法第14条で、最長3年までと定められています。ただし、高度な専門職または60歳以上については、例外として5年まで労働契約を結ぶことができます。

 

そのほか正社員と違うところは

  • 勤務時間は契約内容による
  • 兼業が出来る
  • 昇進・昇給がない
  • 退職金がない
  • 福利厚生・各種手当は正社員より範囲が狭い

と言ったことがあげられます。

 

パート・アルバイト・嘱託社員・臨時社員・期間工なども契約社員

企業によりますが、パート・アルバイト、嘱託社員や期間工なども、契約期間を定めた有期労働契約を結んでいる点で契約社員に含まれることがあります。

業務内容により様々な呼び方があるので、求人内容や雇用契約の条件で示された就業形態の呼び方(パートや嘱託社員など)がどんな働き方を指すのかを、きちんと確認しましょう。

 

確認を忘れると「こんなはずじゃなかった」と言うことになりかねませんので、注意が必要です。

 

5年勤めると無期労働契約に切り替えられる

「契約社員でも5年勤めれば正社員になれる」と言う話をちらほら聞きますが、そのほとんどが「無期雇用契約への切り替え」を「正社員になる」ことと勘違いしています。

 

これは、有期契約社員が同じ会社で5年間働いた場合、会社に無期労働契約への切り替えを申し込めると言うもの。

しかも会社は拒否が認められていないため、有期契約者次第になります。

 

注意点は、雇用期間の定めがなくなるだけで、その他の条件は会社と取り決めが行われない限り変わらないと言う事です。

 

契約社員のメリット

時間の自由を得やすい

契約社員の仕事内容は雇用契約によって決まります。

労働時間や労働条件、仕事内容を会社との話し合いの上、契約社員の意思で決めることができます。

とは言え日本ではそこまで柔軟に対応してくれるとは思いませんが、どうしても受け入れられないことは、相談しながら調整することができます。

 

また、正社員のように仕事があればひたすら夜遅くまで働き、休日も返上で仕事と言うことは起こりにくい。

1つ1つの仕事に対する責任の重さも、正社員と比べれば軽くなります。

 

契約内容によっては残業無しで変えることも可能なので、当然自由に使える時間が増えますよね。

仕事が終わった後の時間で、趣味や勉強を楽しむことができるでしょう。

 

契約期間中は解雇されにくい

期間の定めがあると聞くと、どうしても雇用が不安定になりそうな気がしますが、少なくとも雇用契約の期間中、いきなり解雇されることはありません。

もちろん「やむを得ない事情」があれば解雇されることもあります。

ありますが、有期契約の労働者を解雇する場合の「やむを得ない事情」は、正社員を解雇するときよりも高度な内容を求められます。

 

簡単に言えば、正社員よりも解雇するのが難しいということです。

 

兼業・副業が出来る

契約内容によりますが、契約社員は副業の禁止が明記されていないことが多く、空いた時間で副業をする人が大勢います。

 

最近では、インターネットを使った副業が増えたことで、パソコン1台あればどこでも仕事ができます。

好きなことで収入を得られるようになったのは、何にも変え難いメリットではないでしょうか。

 

契約社員のデメリット

雇用が不安定

雇用契約の期間中はなかなか解雇されませんが、期間満期に契約が更新されなければ、仕事がなくなり、不安定であることには変わりがありません。

 

もちろん期間満了時に契約を更新することも出来ますし、労働者と企業双方が望めば、契約は何度でも更新出来ます。

 

また、契約期間が5年を超えれば無期労働契約に労働者の希望で切り替えることも出来ます。

出来ますが、5年になる前に契約の更新を拒否されることもあるでしょうから、やはり不安定ですよね。

 

社会的信用が薄い

大きな買い物をするとき、ローンをくんだりクレジットカードを使ったりすることがあります。

契約社員の場合、数年で契約がきれ収入が無くなる可能性があるため、ローンやクレジットカードの審査で不利になることがあります。

特に男性は、結婚で引っかかることもあるかもしれません。

 

雇用契約の途中解約が大変

有期契約を結んだ労働者から、雇用契約の途中解約つまり退職を申し出る場合も「やむを得ない事由」が無いと認められないので注意が必要です。

 

例えば、「あの上司が嫌だから辞める!」は通用しないのです。

 

例外として1年を超える有機雇用契約で初日から1年を超えた日以降は、やむを得ない事情がなくても会社に申し出ることで、退職することができます。

 

契約社員は不安定な雇用で自由な時間が作れる

雇用期間に定めがある分、雇用は不安定になりやすい。

また、退職するにしても制限があって面倒臭い。と言うのが率直な感想です。

 

契約を交わす時に残業無しとすれば、自由になる時間が作れます。

その時間を趣味につかったり、副業をしたりすれば、正社員で働くのとは違った満足感が得られるでしょう。

 

どちらかと言えば、副業を重視していて将来独立を考えている人が、独立の準備期間に契約社員として働くのがよさそうですね。

期間の定めがあるとは言え、ある程度安定した収入がえられ、さらにやりたい仕事(副業)にも時間が使えるのは、バランスとして良い気がします。

 

まとめ

正社員と契約社員の違い、契約社員に転職するメリットとデメリットを紹介してきました。

契約の内容で変わる部分も多くありますが、予備知識として知っているだけでも、働き方を考える時の参考になるはずです。

 

大切なのは、自分のライフスタイルにあった働き方を選ぶことです。

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi