読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

転職経験の少ない人が、転職を成功させるコツ

転職

転職を成功させるコツ

不思議なもので、スキルも年齢も経験も一緒なのに、転職で成功する人と失敗する人がいます。

その理由は簡単。

転職を成功させるために必要なことを、知っているか知らないかの違いです。

この記事では、転職を成功させるために大切な、ちょっとしたコツを紹介しています。

 

在職中に転職活動を行う

転職活動を経験した事の無い人は、会社を辞めてから次の仕事を探した方が、落ち着いて転職活動ができると思いがちです。

でも退職してから転職活動をすると、時間がたつにつれて金銭面でも精神面でもきつくなっていきます。

 

会社を辞めて無職になった人には失業給付金が支給されますが、退職理由が自己都合の場合、給付が始まるまで3カ月待たないといけません。

つまり、3カ月収入がゼロになると言う事。

さらに、給付期間が終われば当然収入はゼロになります。

 

転職活動は証明写真の撮影や履歴書の購入、交通費など意外とお金がかかるもの。

さらに毎日の食費や光熱費、国民健康保険などの費用を支払っていけば、どんどんお金は減っていきます。

 

退職して収入が無くなっても毎日の支払いは減るどころか増えるばかり。

収入が無いと言うのは、仕事を探すうえでものすごいプレッシャーになります。

 

その点働きながら仕事を探せば、収入の心配をする必要がありません。

仮に不採用になったとしても、収入があれば焦ることもありませんよね。

 

収入がゼロになる心配もなく、じっくりと希望の仕事を探すことができるのが、在職中に転職活動をする最大のメリットです。

 

思いつきで退職しない

ぼくは「俺はもっと出来る」と言う理由で次の仕事も決めずに退職しました。

言いかえれば思いつきで仕事を辞めたのです。

 

退職理由が「もっと出来る」ですから、次の仕事を探すのも大変でした。

「もっと出来る」って、一体何ができるのか? どんな仕事がやりたいのか? 全く明確になっていなかったのです。

 

思いつきで退職すると、次にやりたい仕事が何なのか分からず、思わぬ苦労をすることになります。

 

退職理由は次の仕事を決める上で、大切な判断基準となるのです。

 

例えば

給料が不満で退職した ⇒ 給料が今より多い仕事に就きたい

残業が多すぎる ⇒ 残業の少ない仕事がいい

など、退職理由が明確になることで、次の仕事で望むことも明確になります。

 

思いつきで退職せず、理由を明確にするのはとても大切なことです。

 

転職で譲れない条件を決めている

退職理由を明確にすることで、少なくとも同じ不満を感じる職場は選ばなくなります。

転職を成功させるには、不満を解消するだけではなく「こうなりたい」と言う条件を決めましょう。

 

例えば

  • 年収500万円以上
  • 完全週休二日
  • IT業界
  • 管理職で採用

などです。

 

一度決めた条件は絶対に譲ったり、妥協したりしてはいけません。

必ずこの条件に当てはまる職場を探す! と強く意識して望んでください。

 

転職で諦めても良いことを決めている

絶対に譲れない条件があるように、諦めても良い条件もあるはずです。

  • 年収600万円で採用されるなら、完全週休二日は諦めても良い。
  • 管理職で採用されるなら、一部上場企業じゃなくても良い。

とかです。

 

希望の全てを満たして採用されるのが一番ですが、実際にはなかなか難しい。

転職で叶えたい条件を、「必ず」と「出来れば」にわけておくと、選択を迫られたときに迷わずに済みます。

 

面接で前職の悪口を言わない

「なぜ前の職場を辞めたのか」

「なぜ今の職場を辞めようと思っているのか」

この質問にバカ正直に答えると、そんなつもりはなくても前職の悪口を言ってしまうことがあります。

 

ぼくは実際に「正直に話すことが良いことだ」と勘違いをしていて、そんなつもりはないのに、思い切り悪口を言ったことがあります。

当然、不採用になりました。

 

面接で前職の悪口を言ってしまわないように、ネガティブな内容になりやすい退職理由をポジティブに置き換えておきましょう。

 

例えば、

「人間関係の悪さに嫌気がさした」のなら「周りと連携を取りながら、チームワーク良く仕事を勧めたい」と言ってみる。

「残業が多くて嫌だった」のなら「効率的に仕事を進めて成果を出したい」など。

ネガティブな内容も言い方1つでポジティブに聞こえるものです。

 

退職理由は必ずと言っていいほど聞かれるので、なんて答えるべきか事前によく考えておきましょう。

 

複数の手段を利用する

一昔前ならハローワークだけに頼って転職活動を進める人がほとんどでした。

でも今は、転職サイトや転職エージェントと言った無料のサービスがあります。

 

転職に関する情報を1つでも多く集めるために、利用できるサービスは全て利用しましょう。

 

<関連記事> 

※「転職エージェントとは。転職サイトと転職エージェントの違い 

 

転職エージェントを利用すれば、転職に関するほぼ全てをサポートしてくれます。

それだけに、転職を考えている人全員に利用してほしいサービスですが、転職エージェントも仕事なので、付き合い方を間違えると逆に足手まといになることもあります。

 

付き合いのコツは、

  • 希望をきちんと伝える
  • 合わない求人はきっぱりと断る
  • 連絡をこまめに取る
  • 担当が合わなければ変えてもらう

です。もしエージェントの対応に違和感を感じたら、別のサイトを使うようにしましょう。

 

まとめ

 ぼくの転職経験を踏まえながら、こうすれば上手く行くと思うコツを紹介しました。

 難しいことは1つもありません。簡単に言えば、

  • 収入が途切れないようにする
  • 転職で叶えたいことを決めておく
  • 転職妥協してもいいことを決めておく
  • 面接で前職の悪口は言わない
  • 利用できるものは利用する

と言うことです。

これから転職を考えている人の参考になれば幸いです。

 

<関連記事>

※「働き方はライフスタイルで選ぼう。派遣社員と正社員、パート・アルバイト、契約社員の違い

※「仕事を辞めたいと思ったら読む記事。円満退職するには?

※「何も考えず勢いだけで退職。転職を繰り返して感じた良かった事、悪かった事。

 


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi