読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

失敗しないための30代の転職方法

30代の転職

30代で失敗しないための転職方法

30代は社会人としての経験を積んできて、これから戦力として芽が出る時期でもあり、転職適齢期でもあります。

とは言え誰でも転職に成功するわけではありません。

この記事では、30代で失敗しないための転職方法と心がけることを紹介します。

 

転職先を探す前の準備

転職先を探し始める前に自己分析や経歴の棚卸など、やるべきことはたくさんあります。

沢山ありますが注意点は一つだけ。

 

必ず在職中にやることです。

 

自己分析をする

就活をするとき自己分析をした人も多いのではないでしょうか。

これは自分のことを自分で把握し、面接で自分をアピールするためにとても効果的な方法です。

自分の強みと弱みを知ることで、履歴書にも記入することができます。

 

ところが、残念なことに転職となると自己分析をやらない人がほとんど。

偉そうに書いていますが、ぼく自身やっていませんでした。

 

転職で自己分析を怠ってしまうのは、自分のことは自分が一番よく知っていると考えてしまう子が大きな原因です。

でも考えてみてください。

20代だった新卒のころからもう10年も過ぎているのです。

色々なことを経験し、学び、成長したと思いませんか?

 

30歳を過ぎてから自己分析を行うと、自分では気が付くことなかった強みに気が付くことがあります。

それは面接でもきっとアピールできるはずです。

面倒くさがらずに、自己分析を行いましょう。

 

簡単に自己分析を行う方法として、リクナビNEXTのグットポイント診断 があります。

会員登録が必要ですが、費用は無料なので活用してください。

 

グットポイント診断はこちら⇒⇒【 グッドポイント診断 】

 

実績を棚卸する

会社員としての実績は会社を退職する前に棚卸します。

退職してからどんな実績があったか思い出すのは大変ですし、思い出せたとしても細かい数字を調べることができません。

ましてや社会人になってから10年ものキャリアがあると、その実績も膨大なものになります。

 

また即戦力を求められる30代にとって、実績は必ず面接でアピールすべきポイントです。

手間を惜しまず、必ず在職中に実績の棚卸を行いましょう。

 

資格の棚卸をする

資格は転職でとても分かりやすい「売り」になります。

資格の棚卸も在職中に行うべきです。

在職中に行う理由は、実績と資格を絡めて考えることができるからです。

例えば比較的取りやすい資格として、危険物乙種第4類があります。

この資格を持っていることで、危険物管理責任者として働いてきた期間や実績をアピールできれば、その分戦力として見てもらえるはず。

 

退職してから考えるとどうしても記憶があやふやになってきます。

何よりも、調べに行くことができないのです。

 

資格の棚卸も在職中に行うようにしましょう。 

 

納得のいく職務経歴書を作る

転職の際は履歴書だけではなく職務経歴書を提出するのが一般的です。

職務経歴書も退職してから書こうと思うと、記憶があやふやになることがあります。

なので経歴は在職中にまとめるのが鉄則です。

何年~何年まで、どの部署でどんな仕事を任され、どんな実績を上げたのか。

退職してから思い出そうとしても、正確には思い出せませんよね。

 

在職中であれば、同僚に聞いたり数字を調べることもできます。

また職務経歴書は一度作ってしまえば、経歴が増えたときに追記するだけでずっと使うことができます。

 

転職の目的をまとめておく

転職で目的は事前にまとめておきましょう。

例えば、給料UP・転勤なし・長期休暇の取得などです。

転職活動を行うとき、目的もなく漠然と行うと、失敗することが多いです。

 

また内定前に採用の条件を交渉しますが、目的がないまま交渉を始めると、結局何一つ叶わないまま転職することになりかねません。

 

目的はきちんと持つことも、転職を失敗しないために大切なことです。

 

在職中に納得のいく転職先を探す

転職先を探す前の準備が終わったら、いよいよ転職先を探し始めます。

30代の転職は、選ばなければあっと言う間に決まることもありますが、その分失敗することも多いです。

一度転職で失敗すると、まるで下り坂を転がり落ちるように落ちていくこともあります。

 

転職で失敗しないための鉄則は、在職中に納得のいく転職先を探すことです。

 

納得のいく転職先を探すには、相手先にも自分を効果的に売り込む必要があります。

 

即戦力をアピールする

30代を採用しようと考えている会社は、即戦力を必要としています。

 

ビジネスマナーを心得、社内における人間関係や上下関係、取引先とも良好な関係を継続して築ける。企画書や提案書、営業日報や報告書、入出金伝票など基本的な帳票は問題なく作成できる。

 

そういう当たり前のことが当たり前にできる人が欲しいのです。

もっと言えば、入社したその日から戦力として仕事ができる人を望んでいます。

 

なので自分が今まで経験してきたことや実績を、面接先の企業に置き換えて説明し、即戦力として働けることをアピールしましょう。

また履歴書や職務経歴書は完璧なものを用紙、必要であれば自分の実績をまとめた用紙を用意して渡すと効果的です。

 

長く勤めるられると思わせる

転職をする人はもし採用したとしてもまた辞めてしまうのでないか。

そう不安がる人事の人は大勢います。

人の定着率が人事の評価基準になっていることも多く、これは仕方のないことです。

 

なので、なぜ転職を考えたのか、今後どうしていきたいのかをきちんと話し、長く勤められることをアピールしましょう。

 

時には謙虚に、御社の業績アップに貢献したい、解らないことは一から学ばせていただきたいといった姿勢を見せることも大切です。

 

実績をアピールする

事前準備でまとめた実績を転職先の業務に置き換え、即戦力をアピールしましょう。

 

30代ともなれば、社会人としてのキャリアが10年近くあります。

今までの実績を生かして、即戦力として働ける人材なら、教育にかける手間もなくなりますし、成果も期待できます。 

 

中途採用に求められるのは即戦力です。

即戦力として働いてもらえそうだと思ってもらうことが、とても大切です。

 

資格をアピールする

資格はとても分かりやすい「売り」になります。

例えば危険物の資格なら、ガソリンスタンドや工場での転職に有利に働きます。

外資系の企業に転職するならTOEICがあると有利になりますよね。ボイラー技士もアピールしやすい資格かもしれません。

簿記2級も経理として転職するなら、実績と絡めてアピールすれば効果的です。

MOS(Microsoft Office Specialist)も、今はパソコンで書類を作るのが当たり前ですから、売りになりやすい資格です。

 

30代の転職は相手の希望に応えることが大切

30代の転職は即戦力を求められます。

つまり相手が望んでいる働き方ができるか、相手の希望に応えられるかが大切になってくるということです。

 

30代ともなれば、20代のころとは違い、リーダーとしての働きも求められます。

場合によっては、入社してすぐ部下が付くこともあるかもしれません。

 

即戦力としてどこまで期待に答えられるかが30代での転職では大切です。

 

<関連記事>

※「30代の転職。仕事を辞める前に考えるべきこと 
※「30代は仕事が無い?未経験の仕事に転職したいなら、職業訓練校に行くのも手だよ

 

転職エージェントの紹介

マイナビエージェント

f:id:ranmaru-24mensou:20161021204741j:plain

就活性の95%以上が登録するといわれている、知名度抜群の転職エージェント。

ほかのエージェントにはない魅力的な求人が多く、マイナビにしか求人を出さない独占求人が多数あります。

しかも!

一人一人の登録者を大切にし、良い求人を親身なサービスで紹介してもらえます。

関東エリアで転職を考えたら、マイナビを利用しない理由はありません。

↓↓マイナビエージェント公式サイト↓↓

【 マイナビエージェント 】

 

転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】

f:id:ranmaru-24mensou:20161029062031j:plain

高収入者向け転職エージェントです。新聞や広告にも多く掲載されているのでご存知の方も多いはず。その特徴は額面総額年収750万円以上に特化していること。

そのため求人の質はもちろんのこと、対応してくれるエージェントのレベルがとても高い。

会員登録は無料で、求人をみたりスカウトの確認もすることができます。また、詳細情報(職務経歴や希望条件)をすべて入力しないと、レベルの高いサポートを受けることができませんのでご注意を。

無料会員でもサポートは受けられますが、本気で転職するのなら有料のプレミアム会員がお勧めです。(月額制、年収により異なります)

↓↓ビズリーチ公式サイト↓↓

【 選ばれた人だけの会員制転職サイト BIZREACH 】

 


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi