bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

30代が転職で失敗しないためには準備が重要

30代が転職で失敗しないために

30代は社会人としての経験を積んできてこれから戦力として芽が出る時期でもあり、転職適齢期でもあります。30代で転職を考える人も多く、上手くいけばキャリアアップ、年収アップも夢ではありません。

ですが、みんなが転職に成功するわけではなく、中には転職に失敗し年収が下がってしまう人や、ブラック企業に転職してしまいすぐに辞めてしまう人もいます。

転職で成功する人と失敗する人は何が違うのでしょうか?

転職で成功する人と失敗する人の差は事前準備にあります。この記事では30代で転職に失敗しないための事前準備について紹介します。

 

 

転職活動を始める前にやるべきこと

転職先を探し始める前に自己分析や経歴の棚卸など、やるべきことはたくさんあります。

自己分析をする

就活をするとき自己分析をした人も多いのではないでしょうか。自己分析は自分のことを把握して面接で自分の強みをアピールするためにとても効果的な方法、自分の強みと弱みを知ることで履歴書にも記入することができます。

ところが、残念なことに転職となると自己分析をやらない人がほとんど。偉そうに書いていますが、ぼく自身も転職をするときにやっていませんでした。

転職で自己分析を怠ってしまうのは、自分のことは自分が一番よく知っていると考えてしまうから。

でも考えてみてください。

20代だった新卒のころからもう10年も過ぎているのです。色々なことを経験し、学び、成長したと思いませんか?

30歳を過ぎてから自己分析を行うと、自分が理解していない強みに気が付くことがあります。それは面接でもきっとアピールできるはずです。

面倒くさがらずに自己分析は必ず行いま周夫。

簡単に自己分析を行う方法としてリクナビNEXTのグットポイント診断 があります。会員登録が必要ですが、費用は無料なので活用してください。

グットポイント診断はこちら⇒グッドポイント診断

キャリアの棚卸を行う

今の会社や業界では当たり前として行っていることも、業界や会社が変われば貴重な経験になることがあります。キャリアの棚卸は自分の経験を確認し効果的に売り込むために必ず必要になることです。

仕事を辞めてからキャリアの棚卸を行うと、記憶が曖昧になっている部分を調べることが出来なくなりますから、必ず在職中に行い記録として残しておきましょう。

棚卸する項目は次の7つ。

  • 経験してきた業務、プロジェクト
  • 社内での立場
  • 業務やプロジェクト、社内での立場で出せた成果
  • 成果を出すまでのプロセス
  • 仕事で学んだこと
  • スキルとして身に付いたこと
  • 部下がいるのなら、マネジメント経験

キャリアの棚卸を行うときは、横軸に時間(2000年~2003年とか)縦軸に項目を記入するときれいにまとまります。まずは思い出せるところから順に記入してください。

また、キャリアの棚卸と一緒に保有している資格の棚卸も行っておきましょう。

ここで作成したキャリアの表は、求人を探すときや職務経歴書を作成するときに使います。

転職で譲れること譲れないことをまとめておく

30代だと結婚や出産、マイホームの購入など人生において大きな節目を迎えることが多くなります。なので、転職で譲れることと譲れないことを明確に分けておくことが大切です。

例えば…

  • 給与は年収400万円までなら譲ってもいい
  • 休日は土日祝日休みじゃなければだめ

と言った具合です。待遇に関する選択は突然迫られることが多いですから、事前にきちんと決めておくことがとても大切です。

 

企業研究をする際のチェックポイント

出来る限り良い会社に転職するためのチェックポイントを紹介します。

求人企業を面接前に見に行く

納得のいく職場で働くために、求人企業を事前に見に行くようにしてください。

チェックするポイントは2つ。

  • 駐車場の使い方
  • 夜、事務所に電気がついているかどうか

駐車場に乱雑に車が止まっていたり、派手な改造をしている車が多かったり、あるいはごみが散乱しているようならその会社は規律が乱れている可能性があります。

また、軽自動車が多い場合は給与が少なく独身者が多いともいえるでしょう。

事務所の電気が何時までついているのかを確認しておくことも大切です。22時23時まで電気がついているようなら長時間労働が当たり前になっていると言えますよね。

ホームページをチェックする

ホームページが存在しない、更新頻度が低い会社は人手が不足している可能性がありますから、避けた方が無難かもしれません。

また、トップページにしようしている会社の外観と実際の外観が違っているケースも良くあります。ホームページの見た目だけを整えている会社も注意が必要です。

面接で会社をチェックする

面接は面接者だけが合否を検討されるわけではなく、面接者も求人企業の合否を検討していいのです。

面接でチェックするポイントは次の6つ。

  • トイレ
  • 机の配置、整頓されているかどうか
  • 社員の表情
  • 電話応対
  • 活気があるかどうか
  • 喫煙所があるかどうか

順番に説明します。

トイレ

トイレはその会社を見るバロメーター、常にきれいなら教育が行き届いている証拠とも言えます。会社によってはトイレ掃除は重要なお客さんが来る時だけと言うこともありますから、必ずチェックしましょう。

机の配置、整頓されているかどうか

机の配置を見るとその会社の働き方がある程度分かります。いくつかの机がまとまっていればチームで仕事をする会社。パーテーションで区切られていれば個人を尊重する会社だと言えます。

社員の表情、電話応対

社員の表情は必ず見てください。すれ違ったのに挨拶が無かったり、表情が暗かったりする場合は注意が必要です。同様に、電話応対の様子も見ておきましょう。電話の取次ぎで「ふざけんな!今おれは忙しいんだよ、電話してきたのはどこのどいつだ!」と言っているのを聞いたことがあります。会社の内情が垣間見えますからチェックしておくべきです。

活気があるかどうか

また、事務所に活気があるかどうかも大切なチェックポイント。電話が1回もならず社員同士の会話もなく、常に静かな職場は将来が少し不安です。

喫煙所があるかどうか

社員の健康に気を使っているかどうかが分かります。喫煙所もない会社だと事務所がたばこの煙にまみれていることもありますから注意が必要です。

 

面接で大切なこと

面接で押さえたいポイントです。

会う人すべてを面接官だと思う

面接は会場に入る前から始まっています。通路ですれ違う人、受付で話す人、トイレであった人、全てを面接官だと思ってください。

面接の間だけ立ち振る舞いを変えるのはNGです。従業員は何時から面接があるのかを知っていますし、どんな人が来るのか興味を持っています。周りの人に与える印象が悪いと面接で上手く行っても不採用になることもあるのです。

会う人すべてを面接官だと思い、緊張感をもって臨みましょう。

身だしなみに注意する

当たり前のことですが、面接は清潔感のある身だしなみで望んでください。

チェックするポイント

  • 服のしわ・ボタン
  • ワイシャツの襟・袖口
  • ひげ
  • メイク

しわの多いシャツやスーツは疲れた印象を与えますし、エリヤ袖口が汚れているとすごく不潔に見えます。ひげは剃り、髪形を整えるのは当たり前のことです。

女性はメイクが濃くなり過ぎないように注意しましょう。また、爪や靴にも注意が必要です。

意外と見落としがちなのがスーツや時計などの金額。あまり高級品を身に着けて行くとマイナスのイメージを与えることがありますから、注意してください。

相手のニーズを意識する

面接では職務経歴書をベースにこれまでの経験や身に着けたスキルを確認するための質疑応答があります。

この時に大切なのは相手のニーズを意識すること。自分の得意分野を押し付けるような回答は避けてください。

経験内容を誇張したり、自慢話に終始したり、専門用語を多用するのはNG。あくまでも相手のニーズを意識して適度に売り込むことが大切です。

 

転職エージェントに相談する

転職エージェントは数多くの転職をサポートしてきた転職のプロです。そのサービスは面接のスケジュール管理から履歴書・職務経歴書の添削、面接対策まで、転職に関わるほぼすべてのことをサポートしてくれます。

転職で失敗しないためにはプロの力を借りることも大切。求職企業のことを良く知っていますから、適切なアピールポイントを学ぶことも出来るのです。

転職エージェント最大手のリクルートエージェントは、求人の量が多く質も高いことで評判です。

担当になるキャリアコンサルタントにより対応に差が出てしまうのが玉に瑕ですが、大手ならではの経験と実績からくるアドバイスは、すごく参考になるので、利用者の多くが「満足した」と感じているようです。

また、求職者の経歴をしっかりと考え未経験の職種でも求人を紹介してくれるので、迷っている方には選択肢が広がって嬉しいですよね。

求人の質だけを考えても登録する価値がある転職エージェントです。

登録はこちら⇒リクルートエージェント

 

自分の強みを確認するために、必ず面談を希望して事前に作成したキャリアの表を持って行くようにしてください。

 

最後に

30代が転職で失敗しないために大切なことを書いてきました。

特に大切なのは「事前準備」と「企業調査」です。キャリアの棚卸しをしてから転職エージェントに相談すれば、希望する企業に対しての強みを教えてもらえます。

企業調査をきちんと行うことで、ブラック企業に就職するリスクを減らすことも出来るのです。

この記事が転職を考えている方の参考になれば幸いです。

 

関連記事

※「30代の転職で未経験の仕事を目指す方法

※「30代で仕事を辞める前に考えてほしいこと

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi