読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

Googleで検索上位に表示させるためのキーワード選定。月10万PVの収入を公開

ブログ運営 ブログ運営-キーワード

検索上位に表示させる

サラリーマンの月給を色々な会社と比較してみたときに、極端に多い会社や極端に少ない会社は確かにありますが、ほとんどの会社はほぼ同じだと気が付きました。

この事実に気が付いたのは、大手と呼ばれる会社からヘッドハンティングでやってきた部長の給料を聞いたとき。

大手で課長にまでなっていたのに、ぼくや周りの社員とそれほど差がなかったのです。

平均的なサラリーマンの収入で、子供の学費や親の介護費を捻出するのは本当にきつい。

そんなぼくと同じ境遇にいるサラリーマンのために、ブログで月10万PV、25万円の収入を得るために行ってきたことを全部教えます。

若干上から目線になっているかもしれませんが、そこはご容赦ください。

 

具体的な方法を教える理由

10万PVで25万円はかなりいいレベルだと、ぼくは勝手に自負しています。

なぜか?

生活が楽になるからです。

サラリーマンの給料以外に毎月25万円の収入がある生活を想像してください。

かなりゆとりのある生活ができると思いませんか?

子供を塾に通わせたり、スマホを持たせたり、おいしいものを食べたり。

そんな周りが当たり前だと思っていることを、当たり前のようにできるのです。

 

もう一つの理由は。

 

ブログで月10万PVにするのは、それほど難しくありません。

同じようにブログを運営していても、30万PVで10万円や、100万PVで80万円という人もいます。

その方々と比べても10万PVで25万円は効率がいいと思いませんか?

 

ただ、一つだけ言っておきます。

 

決して楽な方法ではありません。それどころか、成果が出ずにいやになるかもしれません。

また、同じようにやったからと言って、同じように稼げる保証はありませんし、保証もしません。

それでも、何も知らずにやみくもにやるよりは、はるかに稼ぎやすくなるはずです。

このことをご理解いただいた上で読み進めてください。

 

使うブログははてなPro、そして独自ドメイン

べつにぼくがはてなブログを使っているからじゃありませんよ。

はてなプProはSEOの面でも、記事の書きやすさの面でも、かなり具合がいいんです。

スマホ画面がPCと別でカスタマイズできるのもいいですね。

価格もそんなに高くありません。余計な広告が表示されることもありません。

はてなProについてはこちらを参考にしてください。

独自ドメインについてはこちらをどうぞ。

はてなブログに独自ドメインを使う方法は、こちらの記事を参考にしてください。

ブログが準備できたらASPに登録します。

最初はブログも持っていないでしょうからA8.netに登録してください。

ほかにもたくさんASPはありますが、最初のうちは考えなくていいです。またWordpressを進めている記事もありますが、初心者のうちは考えなくていいです。

(ちなみに、月25万円でも全然初心者のレベルらしいです)

準備ができたら、本題の稼ぐ方法に入ります。

 

ブログで稼ぐために最低限必要なこと

ブログで稼ぐためには、最低限これだけは持っていてほしいというものがあります。

それは

  • 読み手に伝わる文章が書ける
  • ブラインドタッチができる

ことです。

ブラインドタッチは練習すればだれでもできるようになりますので、タイピングソフトを使って練習してください。

問題は文書です。

例えば、

今日蔦谷に行きました。同じ建物にあるコーヒーショップで、アメリカンを飲みながら「コンビニ人間」を読みました。

コンビニと店員の関係が読みやすく書かれていて、とても面白かったです。

ぜひ読んでみてください。

適当に書いた例文ですが、このレベルの文章しか書けないようなら、ブログで稼ぐのは難しいと思ってください。

ブログで稼ぐには、書いた文章で人を動かす必要があります。上の例のような文章しか書けないようだと、ブログで稼ぐのは無理があります。

文章力を鍛えるには本をたくさん読んで、殴り書きでもいいからとにかく感想をたくさん書いてください。

そして書いた感想文が読んだ人に伝わるように文章を書くにはどうすればいいのかを考え、勉強してください。

ブログで稼ぐには、どうしても文章力が必要になります。

 

ブログは一つの分野に特化する

ブログで短期間で稼ごうと思った場合、一つの分野に特化したほうが早いです。

雑多ブログのように、いろいろな分野の記事を書くことを推奨してくる人もいますが、基本は一つの分野に特化します。

 

なぜか。

 

Googleは複数の分野にまたがって、いろいろなことを書いているブログよりも、一つの分野に特化しているブログを、専門性があると評価します。

この専門という評価がほしいのです。

 

確かに雑多ブログは書いていて楽しいですし、書くこともたくさんあるので運営が楽かもしれません。

記事をうまく書ければ、アクセスも増えファンも増えるでしょう。

それだけに初心者の人には運営しやすく、入っていきやすい気がします。

ただ雑多ブログは、Google Adsenseのようなクリック型広告か楽天アフィリエイトやAmazonアソシエイトといった広告で稼ぐのが中心になります。

これらの広告でも問題なく稼げますが、残念なことに単価が低い。

 

少ないPVで大きく稼ぐには、単価の高い広告を狙っていく必要があるのです。

 

ブログに書く分野は広告ありきで考える

A8.netの広告をすべて確認して、知識のある分野、興味のある分野を探します。

発毛・ダイエット・水・FX・クレジットなどなど、本当にたくさんの分野があるはずです。

ブログに書く分野は広告ありきです。

広告が存在しない分野の記事を書いても、広告を掲載することができません。

広告が掲載できなければ、稼ぐこともできません。

また、知識も興味もない分野を選んでしまうと、記事を書くのが大変になります。

少しでも知識か興味のある分野を選んでください。

 

ブログ記事はキーワードを先に選定する

ブログの記事を書くとき、思いついたことを適当に書いてしまいがちですが、これはNGです。

記事を書く前にキーワードを選定することから始めます。

 

理由は一つ。

 

WEBで何かを調べようと思ったとき、皆検索窓に文字(キーワード)を入力して調べるからです。

ダイエットのことが知りたければ、検索窓に「ダイエット」と入力します。

釣りのことが知りたければ「クロダイ 釣り」や「アジ 仕掛け」といった文字(キーワード)を入力するはずです。

 

逆に言えば、記事タイトルや本文に書かれているキーワードと、検索するときに入力される文字(キーワード)が一致しなければ、せっかく書いた記事も読まれることはない、ということです。

 

ブログの記事を書くときは、まずキーワードの選定からスタートします。

 

キーワード選定の方法

キーワードには、

  1. 知りたいことを調べるために入力するもの
  2. 特定のサイトに行くために入力するもの
  3. 商品やサービスを購入したくて入力するもの

の3種類があります。

ブログで稼ぐためには1の「知りたいことを調べるため」のキーワードを多く集めます。

本当は3のキーワードでアクセスを集められれば、すぐ収益につながるのですが、記事に広告をはりスポンサーのサイトに誘導する方法をとることになるので、3のキーワードを狙う意味合いは薄いのです。

スポンサーのサイトに誘導するには、1の「知りたいことを調べる」キーワードを集めます。

 

Googleキーワードプランナーを使ってキーワードを見つける

キーワードプランナーはGoogleアドワーズという広告を出稿する広告主に提供しているプログラム内にある、検索キーワード調査ツールです。

まだブログに1記事も書いていないときは、このツールを使って調査することが基本になります。

キーワードプランナーを使うには、Googleアカウントが必要になりますので、取得しておいてください。

Googleアカウントを取得したら、Googleアドワーズにログインします。

最初に広告を調べたときに見つけた分野でキーワードを調べます。

やり方は「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」を選択し、「宣伝する商品やサービス」の欄に見つけた分野の名前を入力します。

f:id:ranmaru-24mensou:20161002193413j:plain

f:id:ranmaru-24mensou:20161002193601j:plain

入力したら、「候補を取得」をクリックしてキーワードを取得します。

f:id:ranmaru-24mensou:20161002193810j:plain

例では「ダイエット」でキーワードを調べました。

「候補を取得」をクリックすることで、Googleが関連性の高いキーワードを表示してくれます。

f:id:ranmaru-24mensou:20161002194141j:plain

上の画面が表示されたら、キーワード候補を選択し、ダウンロードをクリックします。

PCの画面ではキーワードをすべて確認するのが難しいので、CSVファイルでダウンロードしてください。

ダウンロードしたCSVファイルをエクセルで開くと、下のように表示されます。

f:id:ranmaru-24mensou:20161002203419j:plain

この中からキーワードを選んで記事を書いていきますが、最初のうちは赤枠で囲った部分の数字が、なるべく少ないキーワードを選んでください。

理由は、赤枠部分の数値が少ないほど、ライバルも少ないので検索結果で上位表示されやすいからです。

 

キーワードはタイトルにも本文にも入れる

選んだキーワードは必ずタイトルに入れること、記事のなるべく早い段階でもう一度キーワードを書くことを心がけてください。

SEO対策で大切なのは、キーワード選定とタイトルにキーワードを入れること、キーワードと記事の内容が一致していることです。

タイトルが「ダイエット」なのに、サイクリングの話が書かれていたらおかしいですよね。

 

せっかく調べたキーワードです、タイトルにも本文にもいれて、何のことについて書かれている記事なのか、Googleにアピールしましょう。

 

ここで注意点が一つ。

キーワードを本文に入れるといっても、たくさん入れすぎないこと。

不自然にキーワードばかりはいっていると、逆効果になります。

 

ブログの書き始めにGoogleアナリティクスとサーチコンソールに登録しておく

ブログを書き進めていくと、Googleアナリティクスやサーチコンソールはとても重要な役割を果たしてくれます。

登録しないと、数値や履歴が残りませんし、履歴がないと何の役にも立ちませんので、ブログを書き始めたところで必ず登録してください。

 

 

しばらくはキーワードプランナーで調べたキーワードをもとに記事を書いていく

キーワードプランナーでキーワードを調べれば、300個や700個くらいは簡単に見つかるはずです。

そのキーワードを使って記事を書いていけば、当分の間はネタに困ることはないはず。

ただキーワードだけでは何を書いていいのかわからないこともあるでしょう。

そんな時は、記事を書こうと思っているキーワードで実際に検索してみてください。

そして上位に表示されている記事を、端から端までしっかり読んでください。

 

狙っているキーワードで上位表示されている記事は、そのキーワードに合った内容が書いてあります。

ということは、その記事で書かれている内容を網羅したうえで、さらに不足している情報を追加すれば、上位に表示されることも夢ではない。ということです。

もちろん、記事の内容を移したり、パクったりしちゃだめですよ。

せこい方法で記事を書くと、Googleに必ず見抜かれます。

 

あくまでも参考にしながら、記事を書いていくのです。

不足している情報は、WEBで検索したり、本を読んだり、人に聞いたりしながら調べていきます。

この情報を集めるのがなかなか大変で、つらいのですが・・・。必要なことなので頑張ってやってください。

 

分野を選ぶときに知識があるか興味がある分野にするのは、この情報集めを効率よく進めるためでもあります。

知識があれば調べなくても記事が書けますし、興味があれば調べることも苦にならないはずですから。

 

具体的な記事の構成はこちらを参考にしてくださいね。

 

広告をクリックしてもらうための記事の書き方

ただ読んでもらうだけなら「たった1記事で8万人に読まれる文章を書けるようになるライティング術」の書き方で問題ありませんが、ブログで稼ぐには、最終的に広告に誘導するの必要があります。

なので誘導したい広告のリンクを張りながら、記事の最後に「~するためには~しましょう」という書き方をします。

bunoshiで多いのは「転職を成功させるには転職サイトに登録しましょう」ですね。そのあとに、「おすすめなのは・・・。」と続けています。

この時に遠回しな書き方、「個人的には」とか「かもしれません」では効果がありません。

 

何をしてほしいのかをはっきり書き、言い切ることが大切です。

 

そして自信をもって言い切るには、広告をクリックした人にとってプラスになる、利益になることがあると確信していないといけません。

使ったこともないものを、「効果があります」とは言えませんよね。

 

広告をクリックしてもらうには、何をしてほしいのかをはっきり書き、言い切ること。

 

これが大切です。

 

記事数が増えたら改めてキーワードを選定する

記事数が増えることで初めてできるようになるキーワード選定があります。

その方法は「Googleアナリティクス」と「サーチコンソール」を使う方法です。

具体的に説明していきます。

 

Google アナリティクスで新規率の高いキーワードを見つける

Googleアナリティクスの画面で「集客」⇒「キャンペーン」⇒「オーガニック検索」をクリックします。

次に「新規セッション率」をクリックして、新規セッション率の多い順に並べ替えます。

f:id:ranmaru-24mensou:20161002210723j:plain

この新規セッション率で表示されるキーワードは、実際にブログ記事にアクセスしたときに使われたキーワードです。

もっと言えば、新規にアクセスしてくるキーワードは、検索エンジンから誘導しやすいキーワードとも言えます。

特に新規セッション率が高くセッション数も多いキーワードで、自分でも予想もしていなかったキーワードがあれば、絶対に狙って記事を書くべきです。

そのキーワードにブログがマッチしているということですから。

 

ランディングページからキーワードを見つけ出す

ランディングページとは、検索結果や参照先のWEBサイトから最初にたどり着いたページのことです。

このランディングページを使って、アクセスされやすいキーワードを探すこともできます。

まずはGoogle アナリティクスでランディングページを調べます。

f:id:ranmaru-24mensou:20161002211436j:plain

「行動」⇒「サイトコンテンツ」⇒「ランディングページ」を選べば、セッションの多い順にランディングページのURLが表示されます。

このURLを使って、サーチコンソールでキーワードを調べます。

f:id:ranmaru-24mensou:20161002211748j:plain

サーチコンソールを開き、「検索トラフィック」⇒「検索アンリティクス」を選びます。

表示された画面で「ページ」⇒「フィルタ」をクリックして「ページをフィルタ」を選択します。

f:id:ranmaru-24mensou:20161002212119j:plain

表示された枠に、Google アナリティクスで調べたランディングページのURLを入力し、「URLが一致」を選びフィルタをクリックします。

すると画面に、検索結果でそのURLが該当したキーワードが一覧で表示されます。

サーチコンソールで調べたときの利点は、アクセスがない検索キーワードでも表示してくれるところです。

つまり、どんなキーワードでその記事が評価されているのかが簡単にわかるのです。

表示回数は多いけど、クリックされていないのなら、記事の内容を見直すか別の記事を書く。

表示順位は低いけど表示回数が多いキーワードがあれば、新たに記事を書くことができますよね。

 

ライバルサイトのページからキーワードを探す

ぼくはこの方法を結構使います。

自分のブログだけでは見つけられないキーワードがわかりますし、中には成約率の高いキーワードが隠れていることもあります。

探し方は簡単です。

f:id:ranmaru-24mensou:20161002212907j:plain

キーワードプランナーのツールから、「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」を選び、その中の「ランディングページ」に調べたいサイトのランディングページのURLを入力して「候補を取得」をクリックするだけです。

人のサイトを除き見るようで、何となく後ろめたさを感じるかもしれませんが、気にしないでください。

市場調査のようなものです。

キーワードを調べるとき、どうしても先入観があって思いつけない部分が出てきます。

どんなツールを使っても、もとになるキーワードが思いつかないので、たどり着くことができないのです。

 

そんな、自分ひとりでは不足しがちなキーワードが、ライバルサイトを調査することで見つけることができますから、やらない手はないはずです。

 

まとめ

まとめます。

ブログで稼ぐために必要なのは、キーワード選定をする力と記事を書く力です。

この二つがあれば、上位表示もできますし、アクセスを集めることもできます。

少ないアクセスで収益を大きく伸ばすこともできるのです。

 

ぼくは実際に、ニッチなキーワードでアクセスを集め収益を上げています。

全体的なアクセス数は少なくても、購買意欲の高いキーワードを見つけることができれば、収益は大きく伸ばすことができます。

 

SEO対策として、リンクや内部・外部対策などいろいろと言われていますが、大切なのはキーワードです。

そして、そのキーワードで検索した人の意図に沿った、質の高い記事を書くことです。

質の高い記事といわれると、「何それ?」そう思うかもしれません。

 

こう考えてください。

「キーワード」=「質問」

「記事」=「キーワードに対する答え」

 

検索した人の意図を考えるとは、そのキーワードで何を知りたかったのかを想像することです。

よくわからなければ、実際にキーワードで検索し表示された記事を読めば、何となくつかめるはずです。

 

記事の書き方はいろいろなサイトやブログでかなり丁寧に紹介されていますが、キーワード選定については詳しく解説している記事がなかなかありません。

 

ぼくが10万PVで月25万円の収益を上げるためにやったことは、キーワードを探して記事を書き、その効果を調査してまたキーワードを探す、そしてキーワードに沿った記事を書く。

この繰り返しです。

 

この記事は給料だけでは厳しくて、少しでも収入を増やしたいと思っている。

ブログを始める前のぼくと、同じ思いをしているサラリーマンの方に向けて書きました。

少しでも参考になれば幸いです。

 


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi