bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

ノルマがきつくて営業を辞めたいなら、ノルマなしか他の職種に転職しよう

営業ノルマがキツイ。転職したい

ノルマがある営業は本当にきつい、辞めたいと思う気持ちはよくわかります。

一時期ノルマのある歩合制の営業をやっていましたが、本当に苦しい思いをしました。

ノルマを達成できれば給与も増えますが、未達成が続くと上司の叱責もきつくなり、仕事が怖くなることもあります。

そこで踏ん張って結果を出すまで頑張っても良いのですが、あまりに辛ければ、ノルマなしの営業が他業種に転職しましょう。

 

営業のノルマは違法?合法?

ノルマのある営業として働いていると、一度は考えるのが「違法じゃないのか?」ということ。

残念ですが営業のノルマは何の問題もありません。営業ですから売り上げや新規獲得件数はその人の貢献の度合いを見るのにとても重要な指標になります。

ただし、ノルマが達成できなかったことで減給や罰金などの罰則がある場合は違法になる可能性が高いです。ひどいケースでは、未達成分を補うために社員に商品を購入させることもあります。

でも、ノルマが達成できずに評価が下がるのは当然の事なので、違法にはなりません。

 

歩合制は違法なのか?

完全歩合制は売り上げがなければ給料ゼロになりますから違法です

法律では、利益が全く得られなかったとしても、働いた時間に相当する一定の給料を支払うように定めています。さらに最低賃金以上を保障する必要もあります。

なので、働いたのに給料ゼロは違法になります。

歩合制自体は「支払い総額÷労働時間が最低賃金」を下回るようなら問題ありです。最低賃金引上げのニュースが流れたら、自分の給与を確認することも大切です。

 

ノルマなしの営業はあるのか?

ノルマなしの営業は実際にありますが、売上目標が必ず存在します。

営業部の売上目標を立てたら、それを個人に落とし込んで個人の売上目標を立てますよね。

もしも、営業全員が売上目標を達成できなかったら、当然営業部の売上目標も達成できなくなりますし、下手をすると会社自体が赤字になってしまいます。

つまり、売上目標は「達成するべきもの」であって営業部に割り当てられた「仕事の基準」つまり「ノルマ」になるのです。

たとえ求人で「ノルマなし」と書いてあったとしても、目標は存在しますよね。そして「目標」は「仕事の基準」になりますから、結局はノルマと同じ意味なのです。

 

ノルマがきついのは過度に設定されているから

営業がきついと言われる理由の1つが「ノルマ」ですが、まったくノルマがない仕事は存在しません。それでもノルマの無い営業に転職したいと考える方が多いのは、適性をはるかに超えた過度なノルマを課す会社が多いからです。

もう1点辛いのは、今月は達成できたとしても月が替わればまたゼロからになることです。つまり、営業として働く以上、売上のノルマや目標から逃れることは出来ません。

ですが、適切な目標としてノルマを設定している会社を探すことは十分に可能です。

 

営業のスキルは万能になりやすい

営業は受注から出荷まで、業務の流れ全般を管理することができる立場です。

お客と最前線で接することで、コミュニケーション能力も自然と高くなります。また受注から出荷、売り上げの回収まで行えば、自然とお金に関する知識もついてきます。実績の面でも「売り上げ前年比105%達成」といった書き方ができ、アピールしやすいのです。

お金の流れを把握し、コミュニケーション能力に長けている営業は、経験を上手にアピールすれば経理や人事に転職することも十分可能です。

 

ほかの職種を目指すなら理由を考えておく

営業からほかの職種に転職したいことを伝えると、必ず理由を聞かれます。

「ノルマがきつい」「営業が嫌になった」などとネガティブな回答をすれば印象が悪くなりますから、事前に異職種を目指す理由を考えておきましょう。

  • サポートする側に回りたい
  • 別の職種を経験してキャリアを積みたい
  • 売上を管理するうちに、経理に興味を持った
  • コミュニケーション能力を人事部で人材育成に役立てたい

と言った理由であれば、相手も納得しやすいはずです。

 

仕事探しは転職サービスを利用する

ノルマなしの営業、あるいは営業以外の職種を目指すとしても、仕事を探すときは転職サービスを利用してください。

転職エージェントは求人企業に直接出入りして話を聞いていますから、企業の内情を良く知っています。これが大きな利点なのです。

さらに、求人の紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接のスケジュール管理、待遇の交渉と言った転職に関わるほぼすべてのことをサポートしてくれます。

利用することで、より希望に沿った求人を見つけやすくなるのです。

おすすめはリクルートエージェント。

転職エージェント最大手のリクルートエージェント。は、大企業の関連会社など業績が安定していて待遇の良い求人も多く、質も高いことで評判です。

担当により対応に差があると言われますが、それはどのエージェントでも同じこと。

それ以上に、大手ならではの経験と実績からくるアドバイスはすごく参考になるので、利用者の多くが「満足した」と感じているようです。

非公開求人の取扱数も「業界最大」と言えるほど豊富で、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

求人の質だけを考えても登録する価値がある転職エージェントです。

登録はこちら⇒リクルートエージェント

 

最後に

営業が辛くなるのは「とにかく売ってこい。売れない奴はいらない」と言う姿勢がいまだにあるからでしょうね。

そして「売ってこいと言う割に教育がない」ことも原因です。やり方が分からないのに売れと言われても売れるわけがありません。

営業にノルマを設けるのなら、せめて教育だけはきちんと行ってほしいものです。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi