bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

30代で仕事を辞める前に考えること。転職するか独立するか、それとも今の仕事を続けるか。

30代で仕事を辞める前に考えること

転職を決意する理由は人それぞれですが、安易な転職はその先のキャリアをすべて変えてしまう可能性があります。

この記事では、30代で転職をするとき、仕事を辞める前に考えてほしいことを書いています。

 

短絡的な理由で辞めたいと思っていないか

ぼくは勢いだけで仕事を辞めて、とても苦労しました。

その経験から、短絡的な理由で退職すると間違いなくドツボにはまると言い切れます。

下手をすると短期間で転職を繰り返す、転職癖がついてしまう可能性もあります。

それだけにどんな理由で退職するのかは、とても重要なこと。

まず仕事を辞めたい理由を書き出し、それが今の職場で解決できないかを考えてください

 

仕事を辞めたいと思う理由 

給料が少ない

仕事のやる気には給料の額が大きく影響します。

給料が月100万円ももらえるなら、もっと頑張るよ! という人は多いはず。偉そうに書いているぼくも、月100万円ももらえるなら、文句を言わずにもっと頑張ります!

でも現実はそんなに甘くなく、「月給を3割カットされた」「時給換算してみたらアルバイトと同じくらいだった」という人も少なくないのです。

 

「俺の働きならこんなものだろうな」

 

そう割り切れればいいのですが、そうもいきませんよね。

家賃や光熱費、食費等々、普通に生活していてもなにかとお金がかかるもの。

ましてや妻や子供、お父さんお母さんの老後、学費や仕送りなど、将来を考えると不安になることも多いはず。

 

給料が少ない、このままじゃ将来が不安。

 

そんな理由で転職を決意する人は、想像しているより多いのです。

今、30代は売り手市場です、即戦力になれるだけの実力があれば、給料UPは転職で比較的叶えやすくなっています。

ですが給料UPだけが目的だと、上手くいかないことが多いです。

 

人間関係がうまくいかない

上司が言ったことをすぐに忘れる。後輩に馬鹿にされている気がする。

尊敬できる上司がいない。パワハラ・セクハラが当たり前になっている。など。

人間関係は職場の雰囲気にも、やる気にも影響を及ぼすものです。

 

人が人を嫌いになるのにそれほど大きな理由は必要なく、挨拶をしてくれなかったとか、話しかけたのにそっけなくされたとか、そんな小さな理由が多いもの。

それだけに、一度ぎくしゃくするとなかなか修正が聞かないものです。

 

特に職場は、1日の半分以上を過ごす場所。

うまくいかない人間関係はストレスにしかなりません。

 

人間関係がうまくいかなくて退職する。

え? そんな理由で?

そう思うかもしれませんが、人間関係がうまくいっていない職場は、居づらいものです。

仕事を変えれば人間関係は一度リセットされます。ゼロからやり直すことは可能です。

 

ですが、入社してみないとその会社の人間関係は見えてきません。つまり博打のようなものなのです。

それよりも、今の職場で改善する方法がないか考えてみるのが現実的です。

 

仕事内容が気に入らない

毎日の仕事は書類のコピー。朝から晩までひたすらコピーを取っています。

「もっと売ってこい!」と言われるけれど、需要のないものはなかなか売れない。

等々。

仕事内容が合わなくて辞める人も大勢います。

そもそも仕事自体が好きじゃないと、貴重な時間を無駄にしているような気がして、何となく落ち着かないもの。

仕事と割り切れば良いという人もいるけれど、生活するためだけに働きたくはないですよね。

 

好きじゃない、興味の持てない仕事を続けていると、やりがいや満足度よりも「辞めたい」と思う気持ちが強くなってしまいます。

 

仕事内容が不満で退職を考える前に、部署を変えることで解決できないか考えてください。

退職してほかの仕事に就けは、確かに仕事内容は変わりますが、退職せずに異動するだけでも、仕事の内容は変えることができます。

 

労働時間が長い

長い労働時間は、身も心もむしばんでいくもの。

月曜から金曜は23時まで会社にいる。もう何か月も休んでいない。

社内で長時間労働を自慢する人がいるようなら、早めに逃げ出すことをお勧めします。

毎日仕事仕事だけで過ごしていると、友達も恋人も離れていってしまうもの。

一緒に過ごす時間がなければ、離れていって当たり前ですよね。

 

確かに忙しく仕事をしていれば、それなりにスキルや経験も身についていきます。

仕事が大好きな人にとっては、満足感や達成感が得られるかもしれません。

 

でもほとんどの人は長時間労働で心と体を壊してしまいます。

気持ちだけで毎日十数時間働いていたらいつかは体が壊れてしまうでしょう。

 

長時間労働がきつくて辞めたいと思う人は、体に異常ができるまで気が付かないことが多いようです。

 

労働時間が長く、身も心もぎりぎりなら我慢して勤め続ける必要はありません、すぐに退職しましょう。

 

社風が合わない

入社前には気が付かなかった社風。役員や社長が交代すると変わってしまうのも特徴です。

長く勤めることで、新人のころには気が付かなかった闇の部分が見えてきたり、財務諸表が読めるようになったことで、経営が危ういことに気が付いてしまったり。

社風や職場の雰囲気になじめないと「自分の居場所がない」そう感じてしまいますよね。

 

職場に居場所がないとすれば、辞めるしかないと考えても仕方がない気がします。

 

評価されない

一生懸命働いても年上から出世していく。

課長以上が詰まっているから、いくら頑張っても出世が望めない。

仕事の実績より、上手くゴマをすったやつが出世していく。

 

評価されない悔しさを感じている人は大勢います。

良くも悪くも年功序列が残っていて、実績より年齢、実力より甘え上手が出世する風習もまだまだあります。

 

仕事ができる人にとっては、納得がいきませんよね。

公平に評価されない会社では、仕事ができる人から辞めていくようです。

 

大失敗をした

一度大きな失敗をしたことがあります。

毎日上司に呼び出され、同じことを何度も何度も聞かれました。

 

周りの目も気になりますよね。

頭の中では、そこまで自分のことを気にしていないとわかっているのですが、どうしても周りの目が気になってしまう。

大きなミスであればあるほど、気になるものです。

 

このままこの会社にいてもいいのか、図々しいやつだと思われていないか。

 

そんなどうでもいいことが気になって仕方がない。

腹をくくってこのまま頑張るか、それとも退職するか。

 

ちょっとしたミスなら退職までする必要はありませんが、大きなミスの場合は退職も選択肢に入ってきます。

 

とにかく疲れた

毎週日曜日のサザエさんを見ると、ため息とともに体がだるくなる。

月曜日は休みたいと思っている。

等々。

毎日の激務とストレスから、とにかく休みが欲しいと考えている人は多いものです。

サザエさん症候群、ブルーマンデーなんて言葉があるくらい、仕事はつらいものなのでしょう。

とにかく休みたい。

この気持ちは痛いほどよくわかります。

 

でも働きたくない! からと言って本当に働かないのは違う気がします。

 

辞めてどうするのか?

f:id:ranmaru-24mensou:20161008185523j:plain

仕事を辞めた後の選択肢は大きく分けて2つあります。

独立するか、転職するかです。

脇道として、ひたすら休み! というのもありますが。

働かないと生活していけないのは間違いがないので、除外します。

 

独立する

独立も立派な選択肢の一つです。

ただハードルが高いですし、失敗したときのことを考えると怖いというのもあります。

 

苦手を克服するより得意なことを伸ばす

苦手なことを克服しようとする人は多いものです。

文章を書くのが苦手だと、文章を書く練習を始める。お金の管理が苦手だと、上手にならないといけないと思う。

20代30代に関係なく、苦手なことを自分で補おうとする人は、独立には向いていない気がします。

日本の勉強方法が、英語数学理科社会国語と、どの教科もまんべんなくできるように教えているから、ある意味仕方がない気もしますが。

独立を本気で考えるのなら、自分の得意なことに集中して能力を伸ばすべきです。

 

器用貧乏では生き残れません。苦手なことは得意な人に助けてもらえばいいのですから。

 

副業から始めて独立を目指す

仕事を辞めていきなり独立開業はお勧めできません。リスクが高すぎます。

ひと昔前ならいざ知らず、今はインターネットがあります。

集客も宣伝も、パソコンとインターネットがあれば簡単にできる時代になっているのです。

独立を目指すのであれば、本業の空き時間を使ってコツコツと進めていきましょう。

 

平日の夜にホームページやブログで宣伝をして、土日に活動する。

副業としてやる分には十分な時間が取れるはずです。

 

それに仕事を辞めていなければ、副業で失敗してもやり直しがききますよね。

まずは副業としてやってみることが、リスクを減らすには有効ではないでしょうか。

 

転職する

今30代は売り手市場です。

未経験の職種を目指さなければ、多くの場合うまくいくはずです。

とは言え誰でもうまくいくわけではありません。

実績と経験があって、即戦力として働けるなら、上手くいく確率は高いはずです。

 

30代に求められるのは即戦力

30代の中途採用に求められるのは即戦力です。

ビジネスマナーと心得、社内で良好な人間関係を築くことが出来て上下関係も理解している。

取引先とのやり取りもそつなくこなし、良好な関係を長期間にわたって築いていける。

企画提案書や入出金伝票、報告書などの帳票の作成は問題なくできる。

という社会人として当たり前のことが当たり前にできる人を望んでいます。

さらに言えば、中堅社員として20代の指導教育ができ、リーダーシップが発揮できるとなれば言うことはありません。

 

未経験より経験のある分野でキャリアアップを目指せ

即戦力が求められる30代ですから、未経験の分野を目指すのはなかなか大変です。

無理ではありませんが、キャリアアップや給料UPを望むのなら、経験のある分野で同じ職種を選ぶべきです。

営業であれば、今まで培ってきたスキルや経験、人脈もそのまま利用することができます。

それこそ即戦力として、いきなり実績を上げることも可能なのです。

30代の転職で失敗したくないのなら、経験のある分野でキャリアアップを目指すべきでしょう。

 

独立・転職に何を求めているのか?

f:id:ranmaru-24mensou:20160726213446j:plain

目的もなく短絡的な理由で仕事を辞めると、間違いなく失敗します。

それどころか、「こんなはずじゃなかった」という思いから、転職癖がついてしまうこともあります。

もしも、やりたいことも目的もなく独立したらどうなるか、想像しなくてもわかりますよね。

 

目的に優先順位をつける

転職や独立で成功するには、目的に優先順位をつけることが大切です。

全てを満足させるのは難しいかもしれませんが、目的もなく退職するよりはかなりましになります。

退職の目的として多いのは

  • 年収を増やしたい
  • 社会的な地位が欲しい
  • 勤務地を変えたくない
  • 残業を減らしたい
  • 安定した収入が欲しい
  • スキルアップしたい
  • プライベートを大切にしたい
  • どうしてもやりたいことがある

でしょうか。

なぜ退職したいのか。

独立、転職の目的は何なのか、時間を取ってじっくり考えてみてください。

 

自分は独立に向いているのか?

f:id:ranmaru-24mensou:20160717091827j:plain

ぼく自身が独立したことがありませんので、どんな人が向いていて、どんな人が向いていないのかはわかりません。

なのでここに書かれていることは、一般的によく言われることです。

 

向いていない人

独立に向いていない人は

  • 完璧を求めすぎる
  • 人のせいにする
  • 得意分野がない
  • ネガティブ
  • 飽きっぽい
  • こだわりを捨てられない

が多いようです。

もちろん、どれか一つが当てはまったからと言って、独立に向いていないわけではなく、複数の項目に当てはまる人は、向いていないと言われます。

よく見てみれば複数当てはまる人は、一緒に仕事をするとしても、面倒くさい人として見られやすいですよね。

 

向いている人

リーダシップ・コミュニケーション・ネゴシエーション といったパーソナルスキルを持っていること。

ネゴシエーションは交渉のことです。

この3つのスキルは会社の外に出ても通用するスキルです。

この3つのスキルに秀でている人は、独立しても成功しやすいと言われています。

会社員として働いていても、パーソナルスキルは磨くことができますし、パーソナルスキルに秀でている人は、どの業界に行っても通用するでしょう。

それだけに、独立するとき身に着けていると、成功しやすいと言われています。

 

それ以外に、メンタルが強いこと、リスクに対応できること、ほかの人に負けない何かを持っていること、といったことが良くあげられます。

 

また1回のチャレンジで失敗してもめげないことも大切です。

起業は10回やって1回成功できれば上出来です。

大切なのは、少ない資金で10回チャレンジできるアイディアを持っているかどうか、ではないでしょうか。

 

自分は転職に向いているのか?

f:id:ranmaru-24mensou:20161023061631j:plain

ポテンシャルで採用された20代のころと違い、30代は即戦力を求められるようになります。

なので「~がしたいから」と言う気持ちだけで転職をするのは年齢とともに難しくなり、今までにどれだけの実績を残せたかが大切になってきます。

 

転職に向いていない人

とりあえず違う業界に行きたい

隣の芝生が青く見えるのと似たような心理です。

違う業界で働いている友人が格好良く見えたとか、今の仕事に不満はないけれど、あっちの業界は面白そうだとか、そんな理由で転職を考えている人のことです。

今も昔もとりあえずで生き残っていけるほど甘くはありません。

こういう感情は、プライベートで新しいことにチャレンジするだけでも、満足できることが多くあります。

 

年収が増えれば何でもいい

今の年収よりどのくらいアップしたいのか、そのためにどんなことが出来るのかを考えてください。

実力も実績もない人が、転職して年収を増やすことはまず無理です。

年収を増やすためには、転職先の企業にどんな貢献ができるのかが大切になります。

今の勤め先で貢献できていないとしたら、転職しても年収は増えないでしょう。

どんな方法でどんな貢献の仕方で、どれだけの実績が出せるのか、冷静に考えてみてください。

 

性格が短気

転職をすると上司が年下になることがあります。

年下や異性の上司、同僚とうまく付き合っていくことができるか、ゼロからやり直すことで、素直に仕事を教わることが出来るのかを考えてみてください。

もし転職したい理由が、些細なもめごとによる売り言葉に買い言葉なら、転職は考え直すべきです。

昔から「短気は損気」と言われますが、転職も短気な人には向いていないかもしれません。

 

ただ仕事を辞めたい

今の仕事がとにかく嫌で、辞めたくて辞めたくて仕方がない。

辞めたい理由が、パワハラやセクハラ、長時間労働休みなしであれば、今すぐやめましょう。

我慢する必要はありません。

我慢して、心や体が壊れるほうが問題です。

 

でももし、ただ何となく辞めたいのであれば、冷静になって考えてください。

ただ辞めたいでは、新しく仕事に就けたとしても、上手くいかない気がします。

 

向いている人

転職したい業界が決まっている

漠然とした理由ではなく、どの業界で何がしたいのかが決まっている人は、転職しても早く仕事が見つかる傾向にあります。

目的が絞り込まれている分、行動も早いのでしょう。

ハローワークや転職エージェントを利用するにも、どの業界に行きたいのかはっきりしていれば、求人も絞り込みやすいようです。

 

スカウトされたことがある

営業先や同業他社からスカウトされる人は、客観的にみてよい評価をされている証拠です。

そのままヘッドハンティングされ転職する人もいます。

評価されるだけの事績や実力があれば、転職もそう難しくはないでしょう。

 

収入が下がってもやりたい仕事がある

収入が下がってもやりたい仕事があるのは、目的が絞り込まれているということですから、転職も早く成功する確率が高いです。

もちろんアピールできる実績や実力は必要です。

 

効率の良い転職をするために求人媒体を活用する

f:id:ranmaru-24mensou:20161023061910j:plain

ぼくが転職活動をしたとき、求人を探すのに利用したのはハローワークや求人雑誌、新聞でした。

当時はインターネットがまだ普及していませんでしたので、今では当たり前になりつつある、企業のホームページや転職サイト、転職エージェントといったものが存在しなかったのです。

転職を有利に進めるには、転職サイトや転職エージェントの利用は必須です。

特に転職エージェントのサポートは大変強力です。

電話や面談でのヒアリングがありますので、登録してすぐに利用できる転職サイトに比べ手間がかかりますが、あなたの経歴や要望を考慮した求人を紹介してくれますし、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、面接後の後押しまでしてくれます。

転職に必要なほぼすべてのことを無料でサポートしてくれますから、利用しない手はありませんよね。

 

情報収集は転職サイト

登録が簡単でその日から利用できる転職サイトは、情報を集めるのに最適です。

また経歴をきちんと登録しておけば、あなたに興味を持った企業から、面接依頼のオファーメールが届くこともあります。

求人の検索も細かい条件を指定できるようにできていますので、転職を考えるのなら利用することをお勧めします。

 

転職サイトのリクナビNEXT は、転職を考えた方の8割が登録すると言われているほど実績のあるサイト。求人の量がすごく豊富で更新頻度も高く、情報を集めるだけでも登録する価値があります。

また、職務経歴をきちんと入力しておけば想像もしなかった業種や企業からオファーメールが届くこともあるのです。

登録はこちらから⇒リクナビNEXT

 

転職エージェントは強い味方

転職エージェントは最初に紹介したように、転職に必要なほぼすべてのことを無料でサポートしてくれる、心強いサービスです。

あなたの経歴や要望に合った求人を紹介しれくれるのはもちろん、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策や面接後の後押しまでしてくれます。

サポートを受けるまでに面談やヒヤリングなど、ちょっと面倒な面はありますが、利用した人は短期間で転職先が決まったというデータもあるほど、頼りになる存在です。

 

転職エージェント最大手のリクルートエージェントは、求人の量が多く質も高いことで評判です。

担当になるキャリアコンサルタントにより対応に差が出てしまうのが玉に瑕ですが、大手ならではの経験と実績からくるアドバイスは、すごく参考になるので、利用者の多くが「満足した」と感じているようです。

また、求職者の経歴をしっかりと考え未経験の職種でも求人を紹介してくれるので、迷っている方には選択肢が広がって嬉しいですよね。

求人の質だけを考えても登録する価値がある転職エージェントです。

登録はこちら⇒リクルートエージェント

 

ハローワークを利用する

職業相談と言えばハローワークを真っ先に思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

ハローワークは無料で求人を出せますし、無料で求人を探せますので、利用している企業や求職は大勢います。

ですが一つだけ覚えておいてほしいことがあります。

それは、ハローワークは基本受け身だということ。

条件の良い求人も探せばありますが、自分で探さないといけません。

中にはブラックと呼ばれる企業も混ざっていることがありますが、それも自分で気が付かないといけません。

企業の情報は求人票を見て、自分から聞きにいかないと教えてもらえません。

職業訓練を受けることもできますが、自分から言い出さないとだめです。

 

ハローワークの職員が不親切なわけではなく、聞かれないことにはどう説明していいのかわからないのです。それは実生活でも同じですよね。 

ハローワークを利用するときは、どんな仕事を探していて、どんなサポートをしてほしいのか。

必要なことは自分からお願いすることが大切です。

 

企業のホームページを調べる

企業のホームページを見るのは、求人が出ていないか確認するためだけではありません。

どの会社で自分が働いたときに、力を発揮できるかどうか判断するためでもあります。

もし、とても魅力を感じる企業でそこで働きたいと思うのなら、思い切って直接電話するのも良い求人を探すための手段です。

従業員が働きやすい企業ほど、求人を出すのに慣れていない傾向になります。

求人を出したとしても、ハローワークだけの場合も多々あります。

そんな埋もれている良い求人を見つけるには、直接企業に電話して聞いてみるのが一番です。

思い切って聞いてみることで、新たな道が生まれることもあります。

 

最後に

f:id:ranmaru-24mensou:20161023061939j:plain

30代で仕事を辞めたいと思ったときに、考えてほしいことを書いてきました。

最近は転職も身近なものになってきました。

とは言え、転職を繰り返す人は採用されにくくなることに変わりはありませんし、まだまだ一つの企業で定年まで勤めることが当たり前だという風習はあります。

 

30代という一番仕事が面白くなる時期に転職するのは、キャリアアップのチャンスでもありますが、失敗するともとに戻れなくなる可能性もあるのです。

 

安易な転職でさんざん苦労したぼくのようにならないためにも、転職をするのなら在職中に行うこと。

もし失敗しても、今の仕事があれば元に戻るだけで済みますから。

 

関連記事

※「30代の転職で未経験の仕事を目指す方法

※「30代が転職で失敗しないためには準備が重要

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi