bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

30代ニートが社会復帰するにはいきなり正社員を狙うべき

いきなり正社員を狙う

ニートでいた期間が長く、職歴のない人が社会復帰するのに、アルバイトから正社員になることを勧める人がいます。

働いた事のない人がアルバイトで働き始めると言うことは、間違いなく一歩前進したと言えるでしょう。 
でも実際にはアルバイトになることが、正社員になるよりもきついことがあります。


ニートから脱却するために、まずアルバイトをやってみる。間違いではありませんが、正解とも言えません。

 

この記事では30代のニートが社会復帰を目指すのなら、アルバイトよりも正社員を狙うべきだ! と言う理由を説明します。

 

30代でアルバイトは精神的にきつい

30歳すぎでアルバイトを始めるには、それなりの覚悟が必要です。

コンビニやホームセンター、飲食店といった比較的見つけやすいアルバイトは、高校生や大学生と言った学生がほとんどです。

 

そんな職場に30代のニートが入っていったとしたら?

 

まず年齢のギャップを感じるはずです。

興味を持っているものや余暇の過ごし方、服装や趣味、話題がかみ合わない可能性があります。

話題がかみ合わないと話の輪に入っていくことができず、コミュニケーションをとることが難しくなります。

ましてやニートでいた期間が長いと、何となく気後れしてしまう人もいるでしょう。

30歳を過ぎてもアルバイトしかできない自分に、嫌気がさしてしまう可能性もあります。

下手をすると、店長よりも年上になってしまうことさえあるのです。

 

そんなきつい環境に、30歳まで何も仕事をしてこなかった人が耐えられるとは、とても思えません。

 

アルバイトを始めるなら、年上が多いバイトを探そう

短期・単発のアルバイトで、できるだけ年上が多いアルバイトを探しましょう。

年上が多いアルバイトは、草刈りや掃除、交通整理、警備などがあります。

同じアルバイトでも、自分より若い人に囲まれるより、年上に囲まれた方が安心感があるはずです。

アルバイト先で人生の先輩でもある年長者に、いままで苦労した話でも聞けば、とても参考になりますよね。


また、短期・単発のアルバイトをお勧めするのは、「明日もいかなけいといけない」と言うプレッシャーを防ぐためです。

ニートをやっていた方がアルバイトを始めるのは、社会に復帰しなければいけいないと言う気持ちの表れ。

いくら正社員を目指した方が良いと言われても、毎日決まった時間に出社して8時間も拘束される。

しかもそれが毎日続くとなれば、なかなか頑張ろうと思えないかもしれません。

 

でもアルバイトなら、それも日雇いの短期アルバイトなら。

 

「今日だけだから行ってみるか」

 

そう思えるかもしれませんよね。

アルバイトからゆっくり復帰していくのなら、精神的な負担にならないように、なるべく年上が多く、短期・単発のアルバイトを探してください。

 

アルバイトから正社員を目指す時間はない

アルバイトでゆっくり社会復帰するといっても、そんなにゆっくりしている時間はありません。

残念ですが正社員で働いていた人でさえ、35歳をこえると転職先がかなり限られてくると言われているのに、社会人経験のないニートがゆっくりアルバイトをしていたら、就職先はそれこそゼロに近くなってしまいます。

 

気持と身体を慣らすと言う意味で、短期間アルバイトをやってみるのは全然構いません。

かまいませんが、並行して就職するための活動も考えるべきです。

 

ニートでも採用されやすい仕事はある

営業職やビルの掃除など、30代から正社員を目指しても比較的採用されやすい仕事はあります。

今なら介護職は人手不足のところが多く、正社員を目指せば採用される可能性が高いでしょう。

 

転職エージェントは20代を対象としているところもありますが、多くは30代や40代でも対応してくれます。

断られると落ち込むかもしれませんが、断られて当然くらいの覚悟で挑んでください

 

行くべき場所は「職業訓練」

就職するために仕事を探しても、なかなか未経験可の仕事は見つからないはずです。

30歳をこえるとなおさら見つからないでしょう

仕事を探す方法はハローワークや転職サイト、転職エージェントや就職支援など色々ありますが、どの方法でも30歳を超えると難しくなってきます。

 

そんな厳しい状況を打破する方法が、資格を取ること。

ただ資格を取るのではなく、就職支援が受けられる「職業訓練校」に通って資格を取ることです。

職業訓練は、ハローワークに相談することで受けることができます。少し勇気がいるかもしれませんが、思い切って相談してください。

 

職業訓練校に通うことで、就職に必要な技術や資格を身につけることができます。

また一緒に職業訓練校に通う仲間がいることで、友達も出来るかもしれません。

 

※「ハロートレーニング(就職に向けてスキルを身につけたい方へ) |厚生労働省

 

まとめ

30代ニートが社会復帰するには、アルバイトではなく正社員を狙う。

正社員を狙うために、ハローワークに行き、職業訓練を受ける。

それでも正社員になるのが難しければ、就職支援や転職エージェントに相談してみる

この段階を踏めば正社員になるのも夢ではないはずです。

 

転職を少しでも考えたらリクナビNEXTに登録

国内№1転職サイトリクナビNEXT は「転職を少しでも考えたらリクナビNEXT に登録する」と言う流れが出来ているほど、知名度の高い転職サイトです。

国内№1サイトと言われるだけあり、案件数や求人の質、スカウト機能が充実。

最初の登録の段階でレジュメ(職務経歴書)を入力して、スカウト機能を有効にするのがコツ。

スカウト機能を有効にすることで、あなたの経歴や年齢などを見て興味を持った企業からスカウトメールが届き、書類選考が免除されることも。

転職を少しでも考えたらリクナビNEXT に登録しましょう。

 

<関連記事>

※「フリーター・ニートから正社員になりたい人必見!脱ニートしたいと思ったら読む記事 

※「「30代・社員未経験・フリーター」は正社員に転職出来るのか。

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi