読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

転職で仕事がもっと楽しくなった!アパレル関係で働く30代女性の転職体験!

転職 転職-体験談

転職したら仕事がもっと楽しくなった!30代女性の転職体験記!

転職前に働いていた業種はアパレルファッション関係の流通・小売業で、バイヤーとマーチャンダイザーという役割を担っていました。

ファッションが若い頃から大好きで、ファッション業界で働く事が私の長年の夢でしたから、入社時から一生懸命頑張って働きました。

 

仲間との対立から職場で孤立。ストレスで倒れてしまった。

初めの内は分からない事や出来ない事も沢山ありましたから、当然のように失敗もしましたが、何回も失敗を重ねるうちに段々と慣れていき、最終的には会社からもとても信頼してもらっていたと思います。

しかし、同じ立場の仲間と意見が合わず一度対立した事が切っ掛けとなり、今まで何の問題もなかった人間関係が途端に上手くいかなくなりました。

私が勝手に疎外感を感じていただけなのかもしれませんが、周りのスタッフから日に日に避けられるようになり、口も利いてもらえなくなってしまったのです。

 

最初は仕事に打ち込む事でそういった苛めの様な行為を無視するようにしていましたが、少しずつ会社に行く事すら嫌になっている自分がいることに気が付きました。

仲の良かった後輩達も話をしてくれないようになり、社内で一人ぼっちのような気持ちになっていたのです。

 

それでも頑張って仕事をしていましたが、周りのスタッフに協力してもらう事も出来なくなったことで、自分一人にかかる負担がどんどんと大きくなり、とうとう職場で倒れてしまったのです。

 

倒れたことがきっかけで転職を決意

気付いた時には勤務先近くの病院で、医師からは過度のストレスと疲労が原因だろうと言われ、良く休むようにと注意を受けました。

その時に「このままではいけない、今の職場で私はもう働けない」と強く感じ、勇気を出して転職をしようと決意しました。

 

会社の社長や上司・先輩達からは可愛がられていたので、この会社を離れるのはとても寂しく辛い思いでしたが、このまま体を壊してまで頑張り続ける意味はないと感じてもいました。

大好きなファッション関係の仕事をしているのに、最近はどうやったらこれ以上苛められないかばかりを気にしていて、仕事を全然楽しめていなかった自分に気が付いてしまったからです。

 

ファッションを通して沢山の人に嬉しい気持ちや楽しい気持ちを感じてもらいたいと思っていたはずなのに、ただただ黙々と仕事をして自分が感じている辛さや苦しさを隠す努力ばかりしていた。

私がこんな気持ちでいたのでは、楽しさや嬉しさを人に届けられるはずがない!と、そう思いました。

 

転職を相談したときの皆の反応

同棲している彼にその事を話すと、始めはとても驚かれましたが「君が一生懸命考えて決めた事なら、反対はしないよ」と言って背中を押してくれました。

上手くいくように協力するとも言ってくれたその言葉も、私の力になりました。

 

一応近くの実家に住む両親にも知らせておいた方が良いかなと思い話しをした所、両親には猛反対されてしまいました。

「せっかく学校卒業後から長く働き続けて、会社からもある程度能力を認めてもらっているのだから、苛めなんかに負けずもう少し頑張りなさい」というのが両親からの意見でした。

 

確かに両親がそう言うのも分かります。30代で仕事を変える事が難しいというのは世間でもよく言われていますし、私は社会人になってからずっと今の会社に勤め続けてきたので、それ以外の世界を知らないのですから無理もありません。

 

親しい友人たちからの意見も、賛成と反対で半々でした。

賛成派は「体が一番大切だから、無理して嫌な環境で働くことは無い」・「人を変える事は出来ないけれど、自分が変わる事は出来る。今の状態じゃまたいつ倒れてもおかしくない」と言ってくれましたし、反対派は「仕事を変えるという事は考えている程簡単じゃない」・「もう少し様子を見て、上司にも相談してみたら良い方向に進むかもしれない」と厳しい言葉やアドバイスをくれました。

 

しかし周りから賛成してもらおうが反対されようがどちらにしたって、私は仕事を変える気でいたので、その思いは変わりませんでした。

幼い頃から大好きなファッションの仕事を、ただ純粋に心から目一杯楽しみたかったのです。人間関係で悩みながらではなく、ファッションの事だけ考えて真っすぐな仕事がしたかったのです。

 

苦労した30代の転職

次の会社が決まるまでの道のりは、正直簡単ではなく、だいたい半年くらいの長い期間を要しました。

 

まずは30代の転職に強いサイトに片っ端から登録し、インターネットや求人情報誌などを使って資料を集めました。

自分はファッション関係の仕事以外はしないと決めていましたから、それ一本に絞ってとにかく気になったり良いなと感じた求人情報には印をつけ、履歴書を送るという事を繰り返しました。

 

しかしそれだけでは書類選考すら通らず、面接まで辿り着く事がなかなか出来ませんでしたから、彼に相談してエージェントサービスを利用しました。

 

その道のプロに手を貸してもらいながらの転職活動は、自分一人で闇雲に行うよりも確実に前進できていると感じることが出来ました。

彼も私と同じファッション関係の仕事をしていましたから、友達や自分の会社に掛け合ってもくれて、面接を受けることもできました。

ですが上手く条件がかみ合わず、受け入れてはもらえませんでした。

 

転職エージェントと相談し、工夫した面接対策

エージェントは本当に小まめに連絡をくれて、アドバイスや求人情報を提供してくれました。

相談にも乗ってくれましたから、悩みや問題点・改善点などを話し合いながら、履歴書だけでなくアピールポイントを纏めた資料を独自に作り、持ち込むように工夫もしました。

書類選考から面接へと、段階を進められる確率も徐々に上がっていき、面接のときには必ずその資料を持って行きました。すると、資料を持参する前よりも、私自身に興味を持ってもらえるようになったのです。

 

面接での面接官との会話も楽に行えるようになり、沢山話が出来る事でその会社がどのような会社なのかをこちらも知る事が出来るようになりました。

 

最後の最後で同時に申し込んでいたもう一人の方との比較検討により、今回は採用見送りという悔しい思いをした事もあり、さすがに物凄く落ち込みましたが、エージェントさんや彼が私の事を励ましてくれたので、すぐに次へと気持ちを切り替えることが出来ました。

 

落ちた時には「縁が無かっただけ、タイミングが合わなかっただけ」と思い、割り切るよう自分でも努力しました。

そうして何社も何社も受けて、最終的に今の勤務先に採用されました。内定の連絡が来た時は、その場で子供のように飛び跳ねて大喜びしてしまいました。

 

転職して良かったこと

今の業種は通信販売で、役割は以前と同じバイヤーとマーチャンダイザーです。前の職場と同じ役割を頂けて、本当に良かったと思っています。

 

仕事を変えて良かった点は、何よりもまず勤務先の皆がとても仲良しなので、人間関係のいざこざも全く無く、毎日ファッションの事を100%全力で考えられるという点です。

苛められていた時期のトラウマがあり、馴染めるかどうか少々心配していたのですが、今いる会社はとても居心地が良いですし、からっとした性格の人が多いので気楽に過ごせています。

 

上司との距離もとても近いので、自分が取り組んだ仕事に対する評価をすぐにもらう事が出来ますから、達成感を得られる事が多くなりました。

能力を正しく評価してくれる所も良いと感じていて、そのおかげでもっとレベルアップしたい・もっと会社の役に立ちたいという意欲が湧いてきます。

それに努力をしたらした分だけ周りの皆が認めてくれるので、仕事をしていてとても楽しいですし、自分の居るべき場所はここだ! という確かな自信も持つ事が出来ています。

 

勤務地が以前よりもずっと家から近くなったので、通勤が非常に楽になりました。

朝が早い時もバタバタと慌てて支度をして家を出るような事は無くなり、時間に余裕を持って出られるようになりましたし、残業して帰りが遅くなった日も、前の勤務先だったら急いで終電に乗り込み、途中からはタクシーを使って帰っていましたが、今ではそんな必要もなくなりました。

電車の乗り換えが無いので、終電に間に合えばタクシーに乗らなくても家に帰れるようになったのです。

前の会社では通勤だけで疲れていた部分もあったので、これは本当に嬉しかった。余力を残して次の日を迎えられるので、仕事の効率も上がりました。

 

社内がお洒落で綺麗だという所も良かった点です。

前の勤務先は古いビルに入っていましたからお世辞にもお洒落とは言えず、床や壁には染みがあって、居るだけで気持ちが落ち込むような日がありました。

梅雨時や湿気の多い日は、化粧室が臭うのも嫌でしたね。

 

しかし今の勤務先は、新しいビルに入っている事もあり、何処もかしこも綺麗で清潔感があります。室内のレイアウトもお洒落で、居るだけでワクワクして気分が上がります。

外からの光を多く取り入れるような作りになっていますから、晴れた日などは特に気持ちが良く、仕事も捗ります。化粧室もとても清潔で、臭う事はありません。

 

周りには飲食店も多く、お昼にはお洒落なランチを食べる事が出来るのも嬉しいです。

仕事の合間の良い気分転換になりますし、仲間とコミュニケーションを取るためにも多く利用しています。

仕事を変えて良かった所は、上げ始めればキリがありません。

 

転職して悪かったこと

それとは逆に仕事を変えて悪かった所は、お給料が前と比べてだいぶ少なくなってしまった点です。

これは仕事を変えて数ヶ月経って感じた事なのですが、前まで貰っていたお給料の感覚で一か月間生活を送っていると月末には苦しくなります。

お給料については具体的な条件を決めていなかったので仕方ありませんが、やはり同じ位は貰えていた方が良かったかなと思っています。

 

もう一つは、前の勤務先よりも若いスタッフが多いので、言っただけじゃ分からない事や伝わらない事が多々あるのです。

経験している量が違うのでこれも仕方のない事なのですが、仕事が溜まっている時などは少し面倒だなと感じてしまう事があります。

挨拶などがきちんと出来ないスタッフもいるので、そういう部分は今後の為にも注意もしなければいけないので、少し大変です。

 

最後に

私は転職するのに半年かかりましたが、今は転職して良かったと思っています。

私の傍にいて励まし協力してくれた彼と、転職の相談に乗ってくれたエージェントの方には本当に感謝しています。

30代の転職、特に女性は厳しいと言われていますが、諦めずに頑張り働きやすい職場に転職できて本当に良かった。

好きな仕事に100%全力で打ち込める今が、とても幸せです。

 

www.bunoshi.com

 

www.bunoshi.com

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi