bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

ブラック企業の求人を見破る方法

ブラック企業の求人を見破る

ブラック企業の求人を見破る方法です。

自分の身を守るためにも求人票は必ずチェックしましょう。

 

ブラック企業の求人が掲載される理由

ブラック企業の求人を見破る方法を考えるくらいなら、ハローワークや求人サイトでブラック企業の求人を扱わなければいい。

そう思いますよね。

ですが、ブラック企業の求人だけを扱わないようにするのは、ほぼ不可能なのです。

最近になってハローワークでは、求人票と実際の際(求人詐欺)をなくすための取り組みを始めました。

でもハローワークでは、原則「求人の申し込みはすべて受理しなければならない」となっています。求人に違法性がない限り、受理しないといけないのです。

 

では求人サイトはどうなのかと言うと、求人サイトの場合、求人を掲載してもらうことで報酬をもらっています。

この「求人を掲載することで報酬がもらえる」と言うのが曲者。

ご存知のように、ブラックと呼ばれる企業は人の入れ替わりが激しいのです。

長時間労働やパワハラ、未払いの残業代など、働くには厳しい環境なのがブラック企業、つまり人を採用したとしても、すぐに辞めてしまう可能性が高い。

と言うことは、誰かが辞めたらすぐに人を補充しないといけないわけです。

人を補充するには求人を出さないといけない、となると、年間を通して求人サイトに求人を出してくれます。

 

年中求人を掲載してくれる企業は求人サイトにとってお得意様、求人サイトからブラック企業を無くせというのは、利益を諦めろと言っているようなものなのです。

 

ブラック企業の求人を見破るコツ

ブラック企業の求人を掲載されないようにすることはなかなか難しい。

なので求職者が知識を身に付け、ブラック企業に引っかからないように注意するしかありません。

 

有名なブラック企業は調べればわかる

インターネットは怖さもありますが、それ以上に便利ですね。

有名なブラック企業はインターネットで検索をすればわかってしまうのです。

もし面接を申し込もうと思っている会社がブラックかどうか心配なら、インターネット検索で調べてください。

評判の検索も便利です。Googleで「社名+評判」で検索すれば、その会社の評判を見ることができます。

ただし、ある程度会社に知名度がないと検索しても何も出てこないかもしれません。

また、同名の会社がある場合は、探すのが結構大変です。

 

口コミや評判サイトを利用する

口コミサイトだとキャリコネ転職サービス が有名ですね。

元社員の体験が書かれていて、非常にリアリティがある評判や口コミを見ることができます。

より確かな情報が手に入りますから、転職を考えたらキャリコネ転職サービス を利用することをお勧めします。

ただし、口コミを見るには会員登録が必要です。

会員登録自体は無料なので、ブラック企業を避けたいのなら登録をお勧めします。

 

常に求人が出ている企業は怪しい

ブラック企業は離職率が高いため常に求人を出しています。

ブラック企業はセクハラやパワハラ、激務などで人の入れ替わりが激しく、人が定着しません。

そのため、年間を通して求人が出ているケースが多いのです。

ハローワークなら窓口で聞けば、どのくらいの期間求人が出ているのかを教えてくれます。

求人サイトの場合は、定期的にチェックして確認してください。

 

写真を見ればブラックかどうかがわかる

求人を紹介する写真が、やたらと美男美女がおおい、妙に笑顔の写真ばかりだったら疑った方がいいかもしれません。

あるいは会社の写真ではなく、真ん中に掌おいて「技術」とか「未来」とかなんとか書いている写真も怪しいです。

写真で会社を紹介できないから、会社とは違う写真を使うケースが良くあります。

これは企業側が意図しているわけではなくて、広告を作成するメーカーが、本当に社内の写真を掲載できない、あるいは掲載しても魅力が感じられない時に使われる手です。

美男美女が多い、社内の写真が少ないからと言って、必ずブラックだとは言えませんが、疑ってかかる必要はあります。

 

試用期間が長いなら注意が必要

試用期間が3か月を超えるようなら注意が必要です。

短期間で辞める人が多いために、試用期間を長く設定している可能性があるからです。

ブラック企業の中には、とにかく大勢人を集めて、その中の数人残れば良いと考えているところもあります。

試用期間は、人をふるいにかけるのに都合が良いのです。

 

残業代込の給与に注意

「月給30万円(定額払割増手当を含む)」

「月給30万円以上(実績)」

などと求人票に記載している企業は要注意、固定残業代を採用している可能性があります。

もし給与が残業代込だとしたら、月何時間分を見込んでいるのか確認してください。

そして見込んだ時間をオーバーした場合の残業代は支払われるのかも確認するべきです。

本来であれば、給与に含まれる残業代と残業時間は明記されるべきですが、説明もなく明記もされないとすれば、絶対に避けるべきです。

また、見込んだ残業時間をオーバーした分が支払われないとすれば、完全にブラック。

見込み時間が長すぎる場合も危険です。

 

求人票を信じすぎないこと

仕事を探すとき頼りにするのが求人票です。

求人票に書かれている内容を見て、面接を申し込むかどうかを判断しますよね。

でも求人票を信じすぎてはダメ。

例えば、

「年収300万~700万、頑張れば頑張っただけ稼げる仕事です。未経験者優遇。中途採用のハンデはありません。」

といった求人。

未経験でも申し込めますし、実力主義のように思えて魅力的ですよね。

でもこの手の求人は労働条件が過酷で、給料が少なく、人の入れ替わりが激しいことが多い。

まず年収に幅がありすぎますし、頑張れば頑張っただけと言うことは、歩合制かもしれません。

未経験者が優遇され、中途採用でもハンデがないというのは、人の入れ替わりが激しいからでしょう。

求人票は求人を出す企業が作るもの、だからこそ悪い面でも言い方ひとつで良い面として見えてしまうのです。

良いことばかり書いてある求人票は、疑ってかかる必要があります。

 

面接で離職率や有休消化率を確認する

面接で、

「 入社後1年以内の離職率はどのくらいですか?」

「有休の消化率はどのくらいですか?」

と、質問をするのも効果的。

この質問、中小企業だと把握していなくて答えられないこともあります。

ですは見るのはそこではありません。

見るべきなのは、質問したときの面接担当者の表情です。

面接担当者が暗い顔をしたり、口をつぐんだり、渋い顔をしたら要注意。

ブラック企業ほど長時間の残業が多く、有休をとらせてもらえない環境があります。

何かあるなと思った方が良いでしょう。

 

完全にホワイトな企業はほとんどない

最後に身も蓋もないことを言いますが、完全なホワイト企業は存在しないと思ってください。

ブラックと言われている企業も、人によっては働きやすい職場だったりします。

福利厚生が充実していて残業代もきっちり支払われるけど、求人出勤、残業がとても多い職場もあります。

一部上場している超有名な企業だって、ブラック企業と同じようなことをやっていることもあるのです。

 

薄給で人を使い倒すブラック企業を肯定する気はありませんが、仕事を探すときは自分の中で譲れないものをきちんと考えて探すことが大切です。

 

転職を少しでも考えたらリクナビNEXTに登録

国内№1転職サイトリクナビNEXT は「転職を少しでも考えたらリクナビNEXT に登録する」と言う流れが出来ているほど、知名度の高い転職サイトです。

国内№1サイトと言われるだけあり、案件数や求人の質、スカウト機能が充実。

最初の登録の段階でレジュメ(職務経歴書)を入力して、スカウト機能を有効にするのがコツ。

スカウト機能を有効にすることで、あなたの経歴や年齢などを見て興味を持った企業からスカウトメールが届き、場合によっては書類選考が免除されることも。

転職を少しでも考えたらリクナビNEXT に登録しましょう。

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi