読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

派遣社員は使い捨て? 派遣社員を辞めて正社員を目指すべき理由

派遣から正社員

派遣社員は使い捨て?

派遣社員は忙しい時期の人手不足を埋めるために採用されます。

なので、使い捨てと言われても仕方がない部分は確かにあります。

派遣社員は使い捨てと言われると、派遣社員として働いている人にとっては面白くありませんよね。

この記事では、派遣社員とは派遣先の会社から見たときにどういう立場なのか。

派遣社員で働き続けることにメリットはあるのかを考えていきます。

 

派遣社員は便利な人材

派遣社員は派遣先の会社からみると、とても便利な存在です。

忙しい時期には働きに来てくれるし、期間が満了すれば辞めてもらうこともできます。

時給は新入社員と比べれば高いかもしれませんが、何年もかけて仕事を教えることを考えれば、安いものです。

なにより基本的な業務を教えるだけで、戦力として働いてくれるのですから、これほど便利なものはありません。

 

ぼくの務め先でも派遣社員が数人働いていますが、派遣社員を採用する理由は、社員を採用するほどでもなく、パートを募集しても集まらないとき。

そして今は仕事の量があって忙しいけれど、将来を見たときにこの忙しさは続かないだろうと考えられるときです。

 

そのため仕事の量が減れば、派遣社員は真っ先に辞めることになりますし、逆に仕事量が増え続ければ派遣社員の代わりに正社員を採用するでしょう。

結局一時的に忙しいときにしか、派遣社員を採用する理由がないのです。

 

派遣社員は忙しいときに働きに来てくれて、暇になると辞めてもらうことができる。派遣先の会社にとって、とても便利な存在です。

 

仕事は誰でもできる簡単な内容

派遣社員に任せる仕事は基本とても簡単な内容です。

派遣社員でスキルを磨いて正社員を目指す方がいますが、あまり現実的ではない理由が、任せてもらえる仕事の内容にあります。

派遣社員の仕事が簡単なものになるのには次のような理由があります。

 

一つは人が代わっても業務に支障が出ないようにするためです。

派遣社員は臨時として採用することが多いので、退職したら業務に支障が出るような仕事を任せられないのです。

忙しい時期の補充人員として採用している派遣社員が、業務の中心になってしまっては、契約期間が切れた後が困ってしまいますよね。

なので、誰でもできる簡単な仕事しか任せられないのです。

 

もう一つの理由は、営業情報の漏洩を防ぐためです。

会社によっては業容のパソコンにセキュリティーを設け、与えられるパスワードでアクセスできる範囲を制限しているところもあります。

現場で行われる作業の中にも、会社独自のノウハウがある、こともあるのです。

そのため、いつかやめてしまう派遣社員に、ノウハウや営業情報にかかわる部分を任せることはありません。

 

こういった理由から、派遣社員に任せる仕事は基本的にとても簡単な内容になるのです。

 

スキルアップは望めない

派遣社員が任せられる仕事は、基本的に簡単な内容がほとんどだといいました。

そのため、派遣社員で経験を積んでスキルアップをはかるのは限界があります。

例えば、経理をやりたいと思っている未経験者が、派遣社員として経理部に配属され業務を行うのは、スキルアップとして有効でしょう。

なぜなら経理はどの会社に行っても行う内容は似ているか、まったく同じだからです。

 

現場作業でも、資格に結び付く内容であればスキルアップすることができます。溶接やフォークリフト、工作機械の取り扱いなどですね。

ですがそれ以外の仕事で、スキルアップを望むのはなかなか難しいものがあります。

 

その理由は先に書いたように、任せられる仕事の内容が、誰でも少し教わればできるような簡単な内容だからです。

もちろん、専門職として派遣で働いている方もいますが、それはほんの一握り。

未経験の職種に転職を考えているか、もしくは正社員を目指すための基本的なスキルを身に着けるのなら、一時的に派遣社員になるのはわかりますが、派遣社員でスキルアップを望むのは限界があると、考えるべきです。

 

派遣社員でいるメリット

派遣社員でいるメリットはたくさんあります。

  • 仕事を派遣会社が探してくれる
  • 働きたいときだけ働ける
  • プライベートと仕事を両立させやすい
  • ストレスが少ない
  • 会社都合での移動や転勤、職種変更がない
  • スキルや経験を生かすことができる
  • 正社員では採用されにくい会社で働ける

など。

こうやってみると、派遣社員でいるのも悪くないかなと思えますよね。

確かにスキルや経験に自信があり転勤や職種変更をしたくない人、プライベートと仕事を両立させたい人には最適な働き方かもしれません。

正社員では採用されないような、大企業で働ける可能性もありますし、働きたいときだけ働けるのも魅力的です。

 

ですが派遣社員には最大のデメリットがあります。

それはこの会社で働き続けたいと思っても、働き続けることができないこと。続けたいと思っても、契約期間が決まっている以上いつかは辞めないといけないことです。

また、任される仕事は簡単な内容ばかりですから、年齢を重ねれば重ねるほど働き口が減っていく可能性もあります。

そのため出来ることなら、なるべく早い段階で正社員を目指してほしいのです。

 

年齢を重ねるほど転職が厳しくなる

派遣社員から正社員になるには、若ければ若いほど有利になります。

若ければ若いほどポテンシャル採用される可能性があるからです。

 

なので、出来るだけ若いうちに正社員を目指して転職活動をしてほしいのですが、悪いことに派遣社員の給与は若ければ若いほど、同年代と比べたときに高くなっているのです。

これは正社員として人を採用した場合、教育する期間が必要なので給与を低めにしていることと、派遣社員は即戦力として採用されるので、若くても意外と高い給与がもらえるためです。

とはいえ派遣社員の給与が同年代と比べて高いのも20代のうちだけ、30代にもなれば正社員の給与が高くなってきます。

会社としても戦力として働いてもらうために新入社員を教育していますから、この結果は当然といえば当然です。

 

ただ派遣社員として働いている人にとっては、苦しい内容です。

20代のうちは同年代よりも高い給与がもらえるので、派遣社員として働いてしまい。

30代になって同年代より給与が低いことに気が付き、転職を考えても正社員として採用してもらえない。

ということになりかねないのです。

 

採用する側としても、派遣社員として長く過ごしてきた人よりは、正社員経験のある人を好むでしょう。

同じ未経験なら、30代よりも20代を好むはずです。

 

結果として、派遣社員から正社員を目指す場合、年を取ればとるほど厳しくなっていくのです。

 

1日でも早く正社員を目指すべき

派遣社員で素晴らしく稼いでいる人がいるようですが、それはほんの一部の人。

ほとんどの人は正社員より稼げることはないはずです。

そして一度派遣社員になると抜け出すのが難しくなります。

 

その理由はいろいろありますが、恐らく「仕事があるという安心感」があることと、毎日出勤しているうちに「今の仕事をずっと続けられると勘違いしてしまう」からではないでしょうか。

 

派遣社員は人手不足を補うために、一時的に採用されることがほとんどです。

人手不足以外で採用されたとしても、期間が決まっていますから同じ職場でずっと働き続けることはできません。

いつか仕事がなくなるかもしれないと不安を感じながら働くよりも、なるべく早い段階で正社員になるために活動してください。

 

転職活動は、ハローワークに相談するのはもちろんですが、転職サイトや転職エージェントを並行して利用すると効果的です。

 

転職サイトでお勧めしたいのがピタジョブです。

自分の要望にどのくらいマッチしているかピッタリ度を自動判定。その結果が一目でわかる画面はとても使いやすいです。

企業個別サイトにしか掲載されなかった求人も掲載されていますし、大手転職サービス「type」「DODA」「マイナビエージェント」の求人も表示されるので、案件がとにかく豊富。

しかも! 登録は「生年月日・性別・メールアドレス・パスワード」の4項目だけ!

自分にぴったりの仕事を探すなら、迷わず登録すべきサイトです。

登録はこちらから⇒【 ピタジョブ

 

転職エージェントでお勧めしたいのはtype転職エージェントです。

1994年から転職ビジネスを行っている、長い歴史のある企業。

なぜか転職エージェントの知名度が低いのですが、その分求職者一人一人がとてもきめ細かいサポートを受けることができます。また老舗企業だからこそ、求人企業の人事部とのパイプが太く、type独占求人や非公開求人を豊富に持っているのです。

ただし拠点は「東京・埼玉・神奈川・千葉」に限られます。

利益ではなく人材重視で転職支援をしてくれると評判のtype転職エージェント。

「東京・埼玉・神奈川・千葉」での転職は、絶対に利用するべきです。

登録はこちら⇒【 type転職エージェント 】

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi