読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

転職を繰り返すと再就職が厳しくなる理由

転職を繰り返すと本当に就職できないのか

転職を繰り返すと再就職が難しくなるというのは、昔から当たり前のように言われてきたことです。

なぜ転職を繰り返すと再就職が厳しくなるのは、そこには「何年勤めたのか」と言う見えない要素があります。

ただ転職を繰り返しただけで再就職が厳しくなることは少なく、短い期間で転職を繰り返すから再就職が厳しくなるのです。

この記事では転職を繰り返すと再就職が厳しくなる理由について考えます。

 

 

転職の回数が少ないほうが良いという考え方

転職の回数が少ないに越したことはありません。

日本は終身雇用の時代の名残から「転職する人=我慢が足りない人」として見る傾向があります。

一度就職すれば、定年まで働き続けるのが当たり前だった時代。

それこそ転職する人は何か特別な事情があるか、問題を起こした人、もしくは我慢が足りない人が多かったのでしょう。

  • 会社に入ったら定年まで勤めるべき
  • 転職をすると社会的な信用がなくなる
  • 会社は辞めずに続けるもの

そんな考え方がまだ残っている会社も実際にあるのです。

だからこそ転職を何回か経験した人は「転職を繰り返すと就職できなくなるって本当ですか?」と聞いてきます。

人によっては親から「転職すると就職できなくなる」と言われることもあるようです。

確かにバブル全盛期のころは、一つの会社で頑張って働けばそれなりに給料も増えましたし、将来も約束されていました。

でももう時代は変わっています。

「転職の回数は少ないほうが良い」という考え方は、一昔前に終わったと言ってもいいのではないでしょうか。

 

転職回数よりも勤めた期間が重要

転職回数が問題になるのは、1つの会社に勤める期間が短い場合です。

例えば…

  • 1年で3回転職したAさn
  • 20年で3回転職したBさん

この2人の場合Aさんは間違いなく再就職に苦労しますが、Bさんは意外とすんなり次の仕事が決まるものです。

Aさんは1年で3回転職していますから、1番長く勤めた会社でも1年未満ですよね。逆にBさんは20年で3回の転職ですから、3で割っても6年は1つの会社に勤めていることになります。

1年未満で転職を繰り返す人は「こらえ性が無い」「飽きっぽい」と言う評価を受けますが、6年1つの会社に勤めていれば「何か事情があって退職した」と考えてもらえるのです。

再就職が厳しくなる理由は転職回数よりも、1つの会社に長く勤められないことにあります。

 

影響するかどうかは転職を繰り返す理由にもよる

例えばIT業界では、ベンチャー企業が多かったり、仕事の当たりはずれで売り上げの上下が激しくなることがあります。

1つゲームがヒットすれば莫大な利益が出るそうですが、ヒットに恵まれないと利益がほとんどなくなることも。

それだけに人の出入りが激しくなるのも特徴ですから、転職回数5回や6回、中には10回という人もいます。

転職=我慢のできない人という見方で考えれば、転職10回なんて論外もいいところですよね。

でも10回転職していても、ちゃんと次の仕事が見つかるのです。

 

なぜ10回も転職しているのに次の仕事が見つかるのか。

なぜ10回も転職しているのに次の仕事が見つかるのかと言うと、まずITと言う業界で働いていることが理由の1つですし、あとは転職理由がポジティブだからとも言えるでしょう。

IT業界では興味の持てる仕事、やりがいのある仕事を求めて転職することがある意味当たり前になっています。

例であげた10回転職した人も、自分が楽しめるやりがいのある仕事を求めているうちに転職回数が増えていったのです。

 

ポジティブかネガティブか

転職回数が就職に影響を及ぼすのは、理由がネガティブな場合です。

先ほどの10回転職をした人のように、仕事にやりがいを求めて転職を繰り返しているのならその理由はポジティブですよね。

次の仕事を探すための面接でも、明確な理由をはっきりと答えることができるでしょう。

人事担当者としても、明確な理由があって自分自身を成長させるための転職であれば、好意的に受け止めるはずです。

でも、もし転職理由がネガティブなものだったら。

就職するたびに「仕事が面白くない」「やりがいがない」「やりたくない」からと退職し転職を繰り返す。

新しい職場になじめず任された仕事も中途半端で、自分勝手な思いだけで辞めていってしまう人だと転職回数が足かせになります。

最初に書いた「転職=我慢のできない人」になってしまうからです。

ネガティブな理由で転職を繰り返す人は、採用してもすぐにやめてしまうのではないかと思われます。

仕事を教えても覚えないかもしれませんし、ちょっとしたことで退職してしまうかもしれません。

となると、採用は見送ろうと思うのが普通ですよね。

転職を繰り返すと就職できなくなるのは、その理由がネガティブな場合が多いのです。

 

最後に

転職を繰り返すと本当に就職に影響が出るのかを考えてきました。

今は昔ほど転職回数が問題になることはないといえます。でも、転職した理由がポジティブかネガティブかで変わってきますし、1つの会社に勤めた期間によっても変わってきます。

ポジティブな理由で転職をしたのなら、胸を張ってはっきりとその理由を話せばいい。

もしネガティブな理由で転職を繰り返してしまったのなら、反省をして真摯に仕事に取り組むようにすればいいのです。

ネガティブな理由に対して納得のできる対策が打てれば、転職で足かせとなることは少なくなるはずです。

 

<関連記事>

※「自分に合った仕事の探し方

※「仕事を辞めていい人・悪い人

※「何も考えず勢いだけで退職。転職を繰り返して感じた良かった事、悪かった事。

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi