読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

フリーターから正社員へ! 柔道整復師の資格を取得して正規雇用を実現!

f:id:ranmaru-24mensou:20161214203253j:plain

大学卒業後、遊びすぎてフリーターに。

病気で入院してから、将来を安定するために正社員を目指した男性の転職体験談です。

 

バイト代で遊びすぎた結果、留年することに

私はある程度の国立大に入学でき、その後の人生もある程度の安定した生活ができると思っていました。

大学時代は国立大に入学できた安堵と自由な生活に溺れて、授業なども真面目に出席せずに遊んでばかりいたのです。

親からの仕送りも十分に貰っており生活において不自由はなかったのですが遊ぶためにはお金が必要で、アルバイトに精を出す毎日でした。

様々なアルバイトを経験して有り余る時間全てをそれに費やしていた事もあり、普通の社会人よりもお金には余裕があったかもしれません。

しかし、貯蓄もせずに遊びに費やしていたため残るお金はごく僅かでした。

楽しい生活を謳歌していたのですがいつまでも学生でいる事もできずに、卒業までの期間も短くなり単位をしっかりと取得していなかった事に気づきます。

気づいた頃には遅く、人生で初めての挫折とも言える留年を経験したのです。

留年する事で順風満帆な人生のレールからはみ出し、やる気も何もかもなくなってしまいました。

それでも両親がせめて卒業しろと勧めてくれたためアルバイトを控えて、単位修得に全力を注ぐ事にしたのです。

頑張ったかいもあり無事卒業に必要な単位は取得できたのですが、就職活動をする余裕がなく卒業後の進路は未定の状態で卒業する事になりました。

 

卒業後実家で就職活動を始めるが、再び挫折

流石に生活もままならないので卒業後は実家に帰り、そこで就職活動を行う事にしたのです。

私の実家のある県は決して都会ではなく、仕事の求人も十分にあるとは言えません。

とはいえ、実家にいなければ生活も成り立たないため仕方なくその状況下で仕事を探しました。

何度も履歴書を書き何度も面接を受けましたが、なかなか採用されません。

当然仕事もなく無収入でしたので、遊ぶお金などもなく好きなものも購入する事ができませんでした。

そんな生活が嫌で、アルバイトでも働かないよりは良いと思い就職活動を中断したのです。

 

就職活動を辞めアルバイトをする日々

アルバイト探しにおいては多くのアルバイトを経験してきたためかすぐに決まり、かけもちなどをせずに一社で多くシフトに入れるような仕事を選びました。

観光地などで働く大手の企業でのアルバイトだったのですが、私の住む地方の平均時給よりも高くそれなりの収入を毎月稼ぐ事ができたと言えます。

仕事も楽しく行えていたため、就職活動などを忘れてその仕事に没頭するようになりました。

この仕事においては企業が全国展開しており、様々な観光地でサービス提供していたため、私も忙しい時期などは様々な地に応援として要請を請け行くようになったのです。

普通は正社員の方などがこのような事はするのですが、真面目に働いており評判も良かったため、アルバイトでありながら様々な地に応援に行っていました。

時給も順調に上がっていき、様々な地に旅行気分で働きに行ける事も気に入っていたのです。

 

正社員での採用を上司に相談してみたけど

そのためこの仕事で将来的にも収入を得ていきたいと感じていた私は、正規雇用などはないのかと上司に相談してみました。

その結果、返答としてはアルバイトとしては優秀でも正規雇用となると話は別と断られてしまったのです。

正規雇用しなくても様々な地に気軽に行ってくれる私は、アルバイトで利用した方が会社負担も少なくて済む判断などもあったかもしれません。

そこで就職活動をまた始めると良かったのかもしれませんが、仕事は気にいっていたためそのままダラダラと会社の良いように利用されて働き続けました。

しかしその生活において私にとっては転機とも言える事態が発生したのです。

それは大病を患ってしまった事です。

 

病気が悪化したことで正社員になることを本気で考えるようになった

持病を昔から持っておりそれが悪化してしまい、入院してしまう事になりました。

入院する事でアルバイトなどができずにその期間は無収入で実家にいたとは言え、様々な支払いなどもあった私は早く病気を治して働かなければならないと焦っていたのです。

しかし、焦れば焦る程、病気は悪化していき完治するのに相当な時間を要しました。

治った後、会社には戻れたのですが、アルバイトでは何の保障もなく金銭的に辛い状況に陥ってしまったのです。

アルバイトではこのような状況に陥った時に金銭的に辛くなる事を実感した私は、その後の人生を初めて真剣に考えるようになりました。

そのため、アルバイト生活から脱却し正規雇用の道を模索すべく、転職を決意したのです。

 

本気で取り組んだ転職活動

アルバイトとしての仕事は日中ずっと拘束されるタイプでしたので、仕事が終わると職業安定所は営業時間外になっていました。

そのため、まずはインターネット上などにある求人サイトで信頼性の高い所をピックアップし、基本情報などを登録してお勧め求人が紹介されるような体制を整える事にしたのです。

観光地で働くアルバイトでしたので、休日は忙しいので休みが取れません。

なので、平日の休みに職業安定所に行き職を探すようにしていました。

求人誌などにも目をとおすようにしていたのですが、これらの努力はすぐに実を結ぶことはなく、面接までもたどり着けなかったのです。

もっと集中的に探した方が良いのかとも感じましたが、それでは生活がままならないため悪循環に陥っていました。

アルバイト経験が長く、社会人としての経験が乏しい私は不利な状況だったのかもしれません。

しかし、正社員になれず、ずっとアルバイトとして働いていては、病気になった時に困ります。

収入が安定していないとお金が足りなくなるかもしれないのです。

なので、何としても正社員になりたいと思っていました。

 

正社員になるために柔道整復師資格取得を考え始めた

解決できる方法の一つとして、資格取得ができる学校に通うことを考え始めました。

資格があれば、比較的就職しやすい業界があることに気が付いたのです。

柔道整復師の仕事は需要が多く、高齢者にもニーズがあるので、高齢化が進む日本では将来も安定して働ける可能性があります。

問題は学校に入学するための資金とその期間の生活費です。

仕事を辞めて勉強に専念するのは良いですが、生活費が稼げなくなるので今よりもっと苦しくなります。

そこで見つけた方法が、夜間の専門学校で柔道整復師の勉強をすること。

今の仕事を辞めなくても資格取得が目指せるのです。

 

専門学校に通い柔道整復師の資格を取得

入学するための資金は両親に借り、無事入学する事もできました。

日中はアルバイトとして働き、仕事が終わると勉強と言う生活は正直大変でしたが、それでも正社員になるために必死に頑張りました。

数年を耐えようやく資格試験までたどり着き、無事に資格が取得できてからすぐに就職する事ができました。

専門学校は就職率などで学生募集に対してのアピールを行うため、就職活動のサポートに手厚い場合もあるのです。

私が入学した専門学校もそのタイプで、真剣に職探しを手伝ってくれて、これまでの就職活動が嘘のように簡単に職を見つける事ができました。

ついにアルバイトとして長年働いていた会社を退職し、正社員としての生活をスタートさせる事ができたのです。

 

資格は強い

アルバイトの頃とは異なり、保険や福利厚生が充実していて、将来的の不安も解消されました。

また、アルバイトの頃にはなかったボーナスをもらうことができ、正規雇用の待遇の良さを改めて実感したのです。

転職は成功しましたが、結局すぐに退職しました。

正社員になることを目標に頑張ってきましたが、決して正社員で採用されることがゴールではありませんよね。

でも、柔道整復師の仕事は、資格を持っていることに強みがあるので、再就職は苦労しませんでした。

この経験から職場を選べる立場にいることに気が付き、もっと良い職場を探すようになったのです。

転職を繰り返したことで、こらえ性がない人だという印象を与えてしまうかもしれませんが、それでも資格を持っていると仕事は簡単に決まります。

なにしろ、何度か転職を繰り返した結果、常に今より良い職場に移ることができたのですから。

また、収入面も仕事のやりやすさにしても、より良い生活ができるようになったと言えます。

大学卒業の学歴は全く役立っていませんが、資格取得は正社員になるための武器になるといっても過言ではないかもしれません。

でも、どんな資格でもただ取得すれば良いと言うものでもなく、しっかりと需要のある資格を取得する必要があります。

 

私の場合は頭も良くなかったため、誰でも勉強すれば取得できる可能性のある資格を選びましたが、もしも頭に自信のある方であればより収入を得られる資格を目指してもいいですよね。

 

最後に

資格取得によって職歴の問題や年齢の問題などを解決できる事もあるため、もしも職探しに行き詰まり悩まれている方がいるのであれば資格取得を視野に入れてみると良いかもしれません。

私の場合はまず通信講座などでの資格取得を検討しましたが、独学では人の目がなく効率的な勉強ができないと感じた事と国家資格取得を目指した事もあり、学校への入学を決意しました。

年齢的にも周りの学生よりも年が離れているかもと心配しましたが、夜間開講の専門学校は私のような状況の方が多く、この点もスムーズな資格取得につながったのかもしれません。

私は無事正規雇用の道を勝ち取り、安定的な生活を手にしましたが、それまでにはそれなりの苦労もあったと感じています。

順調に人生を送っている方であれば、そのような苦労もなく正規雇用への道が見えているかもしれませんが、私のような立場の方が正規雇用を目指すのであれば、それなりの覚悟を持って行動するべきでしょう。

 

転職を少しでも考えたらリクナビNEXTに登録

国内№1転職サイトリクナビNEXT は「転職を少しでも考えたらリクナビNEXT に登録する」と言う流れが出来ているほど、知名度の高い転職サイトです。

国内№1サイトと言われるだけあり、案件数や求人の質、スカウト機能が充実。

最初の登録の段階でレジュメ(職務経歴書)を入力して、スカウト機能を有効にするのがコツ。

スカウト機能を有効にすることで、あなたの経歴や年齢などを見て興味を持った企業からスカウトメールが届き、場合によっては書類選考が免除されることも。

転職を少しでも考えたらリクナビNEXT に登録しましょう。

 

<関連記事>

※「フリーター・ニートから正社員になりたい人必見!脱ニートしたいと思ったら読む記事

※「「30代・社員未経験・フリーター」は正社員に転職出来るのか。

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi