読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

ハローワークでホワイト求人を探すコツ。ブラック求人に引っかからないために

仕事の選び方

f:id:ranmaru-24mensou:20170114221334j:plain

転職を考えたとき、相談先として真っ先に思い浮かぶのがハローワーク、職業安定所ではないでしょうか。

ブラック企業が話題になったとき、ハローワークの求人にも問題があると言われてきました。

その結果、残業代不払いなどの法令違反を過去1年に2回以上繰り返したり、セクハラで社名公表されたりした企業は求人を拒否できるようになりましたよね。

2016年はまだ新卒の求人だけですが、今後は中途採用やパートなど全ての求人に拡大されていく方針だそうです。

 

ブラック企業締め出しに一歩前進、でもまだ甘い

求人票の拒否が新卒向けの求人だけではなく、中途やパートにまで拡大されるのはとても良い事です。

とは言え、まだまだ対象となる企業のハードルがすごく高い。

法令違反を年に2回以上、セクハラで社名公表された企業となれば、中小企業が対象になることはほとんどなさそう。

確かに大手企業での違法な長時間労働が紙面に載ることもありますが、恐らく大手だけではなく中小企業こそサービス残業や長時間労働が蔓延しているはず。

それに、もし今長時間労働に悩んでいたとしても会社を退職することができなければ、告発することも難しい。

ましてや告発したことで会社が損害を被ってしまっては、自分自身の仕事がなくなる可能性さえありますよね。

 

何をどう調べどう正していくのか。

もう少し突っ込んだところまで議論してほしいものです。

 

ハローワークでホワイト企業の求人を探すコツ

と言うことで、ブラック企業が問題になり色々と対策が取られつつありますが、現状自分の身は自分で守るしかない。

今の日本で完全なホワイト企業を探すのは難しいのですが、それでも耐えられる程度のホワイトな企業を探す方法はあります。

 

求人が出される頻度を確認する

ハローワークでホワイト企業とブラック企業を選別する基準になるのが、求人を出す頻度。

頻度が短ければ短いほどブラック企業の可能性が高いのです。

 

理由は、求人が頻繁に出るということは、それだけ人が辞めているとも言える。

つまり、社内に人が定着しない何らかの問題があると言えるのです。

 

どのくらいの頻度で求人が出ているのかは、ハローワークの職員に聞けば教えてくれます。

あるいは、求人票を最後まで見ていけば、前に出した求人が残っていることもあります。

入口にたまっているおじさんに話を聞くもの、勇気がいりますが一つの手です。

 

新しく作られた営業所や工場を狙う

大手や中小企業に限らず、新たに営業所や工場を作る企業には、それだけ勢いがあります。

それに新たに営業所や工場を作れば、その分人が必要となりますよね。

核となる管理職は異動してくるでしょうが、作業員や事務員、営業は新たに募集をかける必要があります。

そして中小企業の場合、技術者のようにスキルが必要な場合を除いて、事務員や営業はハローワークに求人を出すことが多いのです。

 

技術者のようにスキルが必要な人材の求人は、ハローワークに出すこともありますが、ほとんどは求人サイトを利用します。

理由は、ハローワークの場合経験者だけを募集しても事務員が気を利かせて「未経験者でもいいですか?」と聞いてくることが頻繁にあるのです。

この対応が結構大変なので、スキルが必要な求人は転職サイトに流れる傾向があるようです。

 

話を戻しますが、新しくできた営業所や工場の求人は、早いもの勝ちになることが多く、倍率も低いのです。

もしそんな求人を見つけられたら、ホワイトな企業に就職できる可能性が上がるでしょう。

 

年間休日120日完全週休二日の企業を探す

年間120日は魅力的な休日数ですよね。しかも完全週休二日となれば、かなりホワイト企業の可能性が高いです。

年間120日の休日は、経験してみると分かりますが、ゴールデンウィークやお盆、年末年始と言った大型連休をカレンダー通りに休むことができます。

カレンダー通りと言うか、カレンダープラス数日で文字通り大型連休として休めるのです。

さらに週休二日が加われば、3連休もかなりの頻度であります。

1年の3分の1がやすみですから、当たり前と言えば当たりまえ。

ある意味年間120日が人並みの休日ラインともいえるのです。

 

また、賞与の欄も確認してください

2か月以上出るようならかなりホワイト、もし4か月ともなれば迷わず面接を申し込んだ方がいいです。

中小企業で4か月以上出る場合は、一部上場企業の子会社である可能性が高い。

一部上場企業の子会社の場合、給与や休日の基準が親会社になりますから、かなりの確率でホワイト企業です。

あるいはホワイトとまでは言えないけれど、周りの中小企業と比べると、かなり待遇が良くなる傾向があります。

 

ホームページで取引先を確認

就職先を探すときはホームページのチェックを忘れずにしましょう。

この時チェックするのは、取引先や特許です。

 

中には全く更新されていないホームページも沢山ありますが、一応チェックします。

もし特許を取得しているようなら、優良企業である可能性が高いです。

と言っても、特許も年数が過ぎれば意味がありませんので、出願日も確認できるといいですね。

更新されずにそのままになっていることも、すごくまれにありますので。

 

また、取引先に大手企業の名前が並んでいるようなら、財務状況は健全な可能性が高い。

大手企業と取引があるから健全とは言い切れませんが、可能性はかなり高いです。

 

ついでに役員に同名が並んでいないかもチェックしてください。

同じ苗字が並んでいると家族経営の可能性が高く、家族経営の会社はなじめないと最悪なので、避けるのが無難です。

 

最後は面接でチェック

ここまで見てきても、ホワイトかブラックかわからない場合は、面接でチェックしましょう。

最大のチェックポイントは面接官の顔です。

面接官は元気よくハツラツとしていますか?

もし疲れた顔や、目が死んだ魚のようになっていたら注意が必要です。

 

また、受付に入った時の対応もチェックしてください。

緊張してそれどころじゃないかもしれませんが、誰がどんな対応をしてくれたのかは大切なチェックポイントです。

 

声をかけても誰も返事をしてくれない、ホワイトボードに営業の実績がグラフで貼ってある、従業員に活気がないなど。

見るべきところは沢山あります。

 

もし社長一人だけが元気だとしたら、その会社はワンマン経営の可能性が高いです。

 

ハローワークでホワイトな求人を探すには忍耐が必要

ハローワークでホワイトな求人を探すコツを紹介しました。

実際活動をしてみるとわかることですが、ハローワークだけで求人を探すのはかなり大変です。

理由は色々あるのですが、担当者の当たり外れが大きすぎるのが一つの問題点でしょう。

 

もう一つは求人が整理されていない事。

これは仕方のないことなのですが、探す側にとっては整理されていない求人をチェックするのは結構大変です。

 

もう一つ言うと、ホワイトな求人がハローワークに出ると申し込みが殺到します。

これは大勢が同じ端末で同じ求人を見ているから起こることなので仕方がないことです。

 

申し込みが殺到するということは、たとえホワイトな求人があったとしても、気が付いたら申し込みを締め切っているということ。

ハローワークに長く残っている求人は、こう言っては失礼ですが、申し込みが少なかった可能性があるのです。

 

早く転職したいなら転職エージェントを利用しよう

1日でも早く良い求人を見つけたいのなら、ハローワークと並行して転職エージェントを利用しましょう。

 

転職エージェントでお勧めしたいのはマイナビエージェント です。

就活性の95%以上が登録するといわれていて、学生の知名度は抜群なのですが、転職エージェントとしては、リクルート・インテリジェンスに大きく離されての業界5番手と言ったところ。

5番手と聞くといまいち頼りない気がしますが、ほかのエージェントにはない魅力的な求人が多く、マイナビにしか求人を出さない独占求人も沢山あります。

しかも! 20代~30代の転職に強く、人事担当者とも太いパイプを持っているのです!

 

またリクルート・インテリジェンスと比べると、登録者数は少ないのですが、その分一人一人を大切にし、良い求人を親身なサービスで紹介してもらえることができます。

親身なサービスに触れることで転職活動の不安を払拭できるからか、利用者の満足度はとても高いのです。

関東エリアで転職を考えたら、マイナビを利用しない理由はありません。

登録はこちらから⇒【 マイナビエージェント 】

 


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi