bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

介護職から異業種への転職!アピールポイントはこれだ!

介護職から異業種への転職

介護職から異業種へ転職する人も多く、介護職の人材不足は深刻です。

高齢化社会が加速するのに伴い今後ますます必要となってくる職業なのですが、一般的にもよく知られているように介護現場の現状・仕事内容のハードさに対して待遇面が追い付かず、介護職から異業種へ転職する人が後を断ちません。

 

介護職の現状。責任が重く、休みも少ない、そして忙しい

介護職は高齢者の命を預かるとともに、生活を支える大切な仕事です。

仕事に対する情熱、高齢者への優しい目線、専門的な知識、そして気力・体力と非常に多くのものが求められます。

しかしそれらに対して支払われる給与は少なく、家庭を持つ男性では家族を養うことすら十分にはできないという話も聞かれます。

給与がすべてではないとはいっても、お金は生活していく糧であり、労働に対して支払われる対価なのですから、労働:対価が見合わなければ仕事へのモチベーションが薄れていくのも致し方ないといえるでしょう。

 

また、年間休日も一般の企業等に比べると少なく、土曜日曜はもちろん、お盆やお正月も関係ないのが現状です。

施設の形態によっては夜勤もあります。家族や友人との時間を作ることもままならないという人もいるのではないでしょうか。

 

その上仕事の内容は大変に煩雑で、高齢者の安全な療養生活の維持から、身の回りのお世話全般に加え、利用者のご家族との良好な人間関係を築く努力なども求められます。

また、スタッフ間で密な連携、コミュニケーションがとれていないと人命に関わることもありますから、確実な報告・連絡・相談が必要となります。

気配り目配りも欠かせませんし、心も身体も休まる暇はありません。

大変ハードな職種であるにも関わらず、休日も不十分であり、疲れがとれない人も多いのではないでしょうか。身体を壊して退職を余儀なくされる方もいるでしょう。

「好き」だけでは続けていけないのが現実です。

 

将来への不安を抱えている人も多い

そしてこの仕事に従事する人に大きな影を落とすもうひとつの要素。それは「将来への不安」ではないでしょうか。

待遇面の改善も望めない、体力的にはどんどんきつくなる、このままこの仕事を続けていて大丈夫なのだろうか・・これは非常に切実な問題だといえます。先の見通しが立たないということは、仕事を継続する上でのモチベーションに大きく関与します。

社会的にも必要とされる職業であることは間違いないのですが、残念ながら上記のような理由から離職率が非常に高いのが現状です。

現在介護職に就かれている方の中にも、様々な事情で転職を考えている方がいるのではないでしょうか。しかし専門職であるがゆえ、異業種へ転職したいとなると難しいのではないか、と不安になり消極的になってしまっているということもあるかもしれません。

 

そこで今回は介護の専門職から全くの未経験で異業種への転職をする際に、アピールできるポイントや、どのような業種が転職しやすいのか考えてみたいと思います。

 

介護職から異業種への転職でアピールできるポイント

コミュニケーションスキル

介護の仕事に従事している方が転職に際して最も自信をもってアピールできるのは、コミュニケーションスキルではないでしょうか。

多くの業種で、基本的なコミュニケーションスキルは必須です。

その点介護の仕事に就かれていた方は大変有利だといえるでしょう。

直接的に人と関わり、常に相手がなにを望んでいるのか考えながら業務を行う、ということを日常的に自然にこなしてきたということは、自分でも想像以上のコミュニケーションスキルが身についているということであると考えてください。

コミュニケーションは双方向のもので、決して一方通行では成り立ちません。

つまり単に喋りが上手いということだけではコミュニケーションスキルが高いとはいえません。

コミュニケーションは相手との相互作用があって初めて成立するものであり、相手の立場や気持ちを思いやることが求められます。

さらに高齢者だけでなくそのご家族や、スタッフ間とも密な連携やコミュニケーションをとってきたという経験、これは立場が違う人たちとの間に良好な人間関係を築くということであり、非常にレベルの高いコミュニケーションスキルです。

それらのことを、これまで日常業務の中でやってきたということは、大きなアピールポイントになります。

 

ただ単に人と接するのが好きだから、とか喋ることが得意だからというのではなく、相手の要求に心を向けながら話をすることができるということ、また様々な立場・関係性の人たちとコミュニケーションがとれるということ、この点は自信を持ってアピールしてよいポイントだといえます。

そしてこれらの高いコミュニケーションスキルが活かせる具体的な職種となると、サービス業ということになるでしょう。

人と接する仕事であり、相手の立場で物事を考えることも求められます。

介護の現場で必要とされたこと、考え方がそのまま活かせます。

サービス業にもいろいろありますが、例えば介護用品の販売やレンタルなどを行っているところであれば、コミュニケーションスキルに加え、これまでに培った専門知識や、現場経験があるからこそわかる商品の必要性や活用方法などの提案も行えます。

 

飲食業もおすすめです。

扱う食品にもよりますが、様々な年齢層の方が利用する店舗であれば、車椅子や高齢のお客様もいることでしょう。

そのような方々への対応、例えばどのようにテーブルをセッティングすれば快適か、車椅子の扱いなどはまさに専門職に就いていたからこそ考えられることであり、強みです。

目線を車椅子の方に合わせることや、高齢の方が理解できるような言葉選び、声のトーンの調整などは、実際に介護の経験がないとなかなかできないことですから、その点ができるということも大きなアピールポイントとなるでしょう。

 

介護で培われた体力とストレス耐性もアピールできる

そしてさらに、介護の仕事に就かれている方が転職の際にアピールできることとして、体力がある、そしてストレス耐性が高いということがあります。

自分で身体を動かすことができない高齢者を、抱きかかえたり、ベッドから車椅子へ移乗させたり、入浴の介助まで、とにかく体力がなければできることではありません。

それらを行ってきた実績は、体力をアピールするのに大いなる強みとなります。

さらに体力だけではないストレス耐性、つまり心の強さも持ち合わせているとなれば、鬼に金棒ではないでしょうか。

労働:対価の見合わなさ、一瞬も気を抜けない中で利用者の健康と生活を守る責任と義務、さらにはご家族やスタッフ同士の人間関係も構築しなければならないという介護の現場で、知らず知らず培われているストレスへの耐性は少なからずあるでしょう。

それらも、どの業種へ転職するとしても有利になりこそすれ不利になることはありません。

 

介護の仕事で身についている、非常に高いコミュニケーションスキル、体力、そしてストレスへの耐性。

これらは転職の際に大いなるアピールポイントとなり得ますし、特にサービス業ではその傾向が強いといえるでしょう。

 

コミュニケーション能力は大きな強みになる

介護職から異業種への転職

現在の仕事と全く違う職種でも、コミュニケーションがしっかりとれれば次第に仕事そのものには慣れていきます。

たいていの場合、職場や職業に慣れていくことができないケースの根底には、コミュニケーションがうまくとれないという問題が潜んでいるものです。

向き不向きはもちろんどんな職業にもありますが、それ以前に問題となるのはやはり基本的なコミュニケーションがとれるかどうかです。

それはつまり相手あっての自分、協調・協働への理解ができているかどうか、ということでもあります。

 

面接でアピールするコツ

採用試験にはほとんどの場合面接があり、その時が自己アピールの最大のチャンスとなります。

その際にはぜひ、介護の仕事の中で身につけた自身の強みを最大限アピールしてください。

単にコミュニケーションが得意であるとか、体力には自信があるとかにとどめず、具体的に自身の経験や事例を入れて話すと、先方の記憶に残りやすくなるかもしれません。

例えば自分がどんな思いで高齢者と向き合ってきたのか、だからこそ本当の意味でのコミュニケーションとはどういうことなのか学ぶことができた、または高齢者の安全を本当の意味で守るためにまず自分が健康で体力がなければならないと考え、自己管理をするとはどういうことか学べた、など少し解釈を広げた話を盛り込めると、より好印象となるでしょう。

 

どんな職業でもそうですが、創意工夫ができることや、考える力があること、また経験から学ぶ力があること、が社会人として大切な要素となります。

自己アピールの際には、そういった力があるということも同時に伝えられるような話し方や考えを述べられると、全く違う職種への転職であっても成功率は上がるのではないでしょうか。

最終的には人間力は大きな武器となります。

 

介護の仕事から何を学んだのか、自分が身につけたことはなにか・・それらを得る上でもとになった体験や出来事、根拠や理由、思いなどがあるはずです。

そこをどのようにとらえているのか、どのような経験や考えの上で学びとし、スキルとして体得しているのか、これは重要なポイントです。

 

特に全く畑違いの職種へ飛び込もうとするならなおさら、人間性がにじみ出るような自己アピールが強みとなります。

なぜなら、過去にその業種の経験のある人に対して、まったく初心者の人間が競えるのは人間力のみといっても過言ではないからです。

 

その人間力は「伸びしろ」と言い換えてもいいかもしれません。経験としてはゼロである、しかし吸収する力や学ぶ力がある、「伸びしろ」がある、そう先方にみてもらえれば、その転職の成功率はアップするでしょう。

 

職業としての経験があるか否かは、確かに転職の際には大きなポイントになります。

その意味で、全く経験のない職種への転は決して有利ではありません。

しかし、これまで述べたような点を踏まえて自分をアピールすることができれば経験のない職種への転職は不可能ではないうえ、大いに人間性を評価してもらえたのだと自信もつくのではないでしょうか。

 

転職を考えるこの機会に、これまで介護の仕事に従事してきた中で、どんな経験をし、なにを思い、考え、糧としてきたのか・・あらためて振り返るのもまた今後社会人生活を送るうえでプラスになるでしょう。

あえて違う業種へ転職しようと思うからこそ、今現在従事している仕事に対して深く考察する機会を得られるともいえます。

 

面接でやる気を見せるために関連する資格を勉強する

介護職から異業種に転職をするとき、コミュニケーション能力やストレスに強いことをアピールするだけでは弱いこともあります。

そんな時は、希望する職種に関連した資格の勉強をするようにしましょう。

営業職を希望するのなら、「簿記」の資格は効果的。

損益計算書や貸借対照表などの決算書類が読めるようになりますし、何より企業分析にも使うことが出来ます。

それに「簿記」のスキルはどの企業でも共通して使えるものです。

簿記3級であれば比較的簡単に取得することもできますので、アピールする材料として転職先を探しながら勉強しても良いはず。

もし3級にあっさり合格してしまったら、2級取得を目指して勉強しても良いかもしれません。

簿記2級があれば経理として採用されることもありますから、チャレンジする価値はあります。

面接官も前向きに学ぼうとする姿勢を評価してくれることは多いものです。

 

大切なのは「資格に頼る」ことではなく「前向きな姿勢を見せる」こと。

そのために、隙間時間を利用して資格の勉強を本気でやるのです。

 

「介護の仕事にはいつでも戻ってこられる」と言う安心感

そして最後につけ加えたいのは、介護の仕事にはいつでも戻ってくることができるということです。

今後も高齢者は増え続け、介護施設の需要は高まる一方です。マンパワーも今以上に必要となるでしょう。

これまで真摯に介護の仕事と向き合い身につけたスキルは、一生の宝です。

今は様々な事情から介護の職を離れる選択をするしかないとしても、またいつかどこかで縁が巡ることもありえます。

他の業種での経験がまた違った形で活かせることもあるかもしれません。

他の業種へ転職することで、心や身体、そして時間に余裕ができ、資格をとることもできるようになる可能性もあります。

例えば、ケアマネージャーなどの資格は介護の現場で働いた経験を最大限活かせます。

さらにこれまでの経験やケアマネージャーの資格取得をした実績を活かして、介護の仕事やケアマネージャーを目指す人材の育成に携わるという選択肢もあります。

講習会や専門学校などで、教育するという仕事もあるわけです。

 

最後に

違う業種への転職は勇気のいることですし、いろいろ不安もあるでしょう。

しかしぜひ気楽な気持ちで、思いっきり挑戦してみてほしいと思います。

今の仕事も、これからする仕事も、すべてが未来の自分への糧になります。

経験は宝だとよく言われますが、まさのその通り。様々な経験を積むことは必ず自分に良い形として還ってきます。

数ある職業の中でも過酷と言われる介護の現場で、これまで懸命に働いてきたのですから、働きぬいた自分を誇り、前向きに新しい世界へのチャレンジをされることを、そしてその成功を願っています。

 

介護という厳しい現場の中だからこそ培えた、本当の意味でのコミュニケーションのスキル、自己管理をきちんとした結果の体力・頑健さ、そして過酷な労働条件や、様々な立場の人々が織りなす人間関係の中で、自分の役割を遂行するということの中で得たストレスへの耐性。

これらを自己アピールの最大ポイントとして、転職への挑戦をしてみてください。その際には、それらを得る上での経験や学び、思いなどもぜひ織り交ぜて人間性もアピールしていきましょう。

 

転職を少しでも考えたらリクナビNEXTに登録

国内№1転職サイトリクナビNEXT は「転職を少しでも考えたらリクナビNEXT に登録する」と言う流れが出来ているほど、知名度の高い転職サイトです。

国内№1サイトと言われるだけあり、案件数や求人の質、スカウト機能が充実。

最初の登録の段階でレジュメ(職務経歴書)を入力して、スカウト機能を有効にするのがコツ。

スカウト機能を有効にすることで、あなたの経歴や年齢などを見て興味を持った企業からスカウトメールが届き、書類選考が免除されることも。

転職を少しでも考えたらリクナビNEXT に登録しましょう。

 

<関連記事>

※「働き方はライフスタイルで選ぼう。派遣社員と正社員、パート・アルバイト、契約社員の違い

※「仕事を辞めたいと思ったら読む記事。円満退職するには?

※「何も考えず勢いだけで退職。転職を繰り返して感じた良かった事、悪かった事。

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi