bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

仕事で成長が実感できない理由。成長とは何か。

仕事で成長が実感できない

30代を過ぎたのに「あまり成長していないな」と感じることがありませんか?

20代の頃と比べれば、仕事への理解は深まっていますし、仕事を進めるスキルも身についています。
ですが成長したという実感がありません。

なぜ成長したと感じないのか。
仕事における成長とは何なのか。

この記事では成長したと感じられない理由と、仕事における成長について考えています。

成長を実感できない理由

職場の環境が変わらないことで、成長を実感できないことがあります。

顔ぶれが変わらない

毎年同じ時期に新卒の就職活動が始まった、というニュースが流れます。
ですが新卒の採用に、まったく無縁の企業も存在します。

数年間新卒どころか、中途採用すらしません。
入社してくるのは派遣かパート・アルバイトだけ。
今の会社に入社して10年近く経ちますが、顔ぶれがほとんど変わりません。

同じ人と毎日顔を合わせて仕事をしていれば、新鮮味が無くなりますよね。
そのため仕事は出来るようになっても、何も変わっていないと感じるのかもしれません。

出世しない

新卒や中途採用がなければ、当然従業員は増えません。
一番最後に入社した人には、永遠と後輩ができないわけです。

そんな状況だと出世することもありません。
少なくとも上司が退職するか、新人が入社しない限り役職が変わることは無いのです。

勤続年数は増えたけど役職は一般社員のまま。
これでは成長した実感を得られませんよね。

仕事内容が変わらない

顔ぶれも役職も変わらなければ仕事内容も変わりません。
入社した当時のまま、与えられた仕事を淡々とこなすだけでは、成長した実感がわきません。

変わったことと言えば、指示を仰がなくても仕事が進められるようになったこと。

仕事内容が変わらなければ、成長は実感できないものです。

成長とは

では仕事での成長とは何を指しているのでしょうか。
思いつく限り例をあげます。

  • 限界の幅が広がること
  • 知識や技術、経験に自信を持つこと
  • 物事を視野が広がること
  • 受動から能動になること
  • できなかった事ができるようになること
  • 自分の存在意義を実感すること
  • 経験を積み重ねること
  • 課題を解決する力が身につくこと

成長とは「自分自身が変わること」だとまとめることができます。
周りの環境が変わらなくても、自分を変えることで成長できる、ということです。

自分を成長させるには

仕事で自分を成長させるには、どうすればいいのでしょうか。
次に成長するための方法について考えます。

目標を高くしていく

仕事での成長は、昇進することだけではありません。

  • 新規顧客獲得を、昨年の2倍にした
  • 売上を前年比5倍にした
  • 生産工程のボトルネックを改善し、生産効率を飛躍的に上げた

など、結果を出すことで成長を実感できます。

言われたことだけを淡々とこなし、「いつまでたっても認めてもらえない」と嘆くよりは、主体性をもって行動することで、より成長を実感できるはずです。

資格の勉強をする

仕事で結果を出すだけが成長ではありません。

  • 退社後の時間を利用して英語を学んでみる
  • 数字に強くなるために、簿記の勉強をする

空き時間を使って勉強することで、豊富な知識を身につけることができます。

英語力を身につければ、仕事で生かすことができます。
ボイラーの資格を取得すれば、工場で使用できる設備の幅が広がります。
危険物の資格を取得すれば、新規製品の開発に貢献できることもあるのです。

勉強することでも、成長を実感できるはずです。

新しいことを始める

仕事と関係のないことを無視するのではなく、積極的に取り組んでください。

  • マネジメントの勉強をする
  • 新しいスポーツを始める
  • SNSを利用してみる

新しいことに取り組めば、幅広い知識を得ることができます。
話題も豊富になりますし、新しい友人もできるかもしれません。

なによりチャレンジすることは楽しいものです。
新しいことに取り組むことで、意外な成長を遂げるかもしれません。

仕事の責任者に立候補する

新しいプロジェクトの責任者に自ら立候補します。

経験上「責任」と「権限」を与えられると、飛躍的に成長するものです。
もちろんプレッシャーに負ける方もいますが…。

会社員は仕事に失敗したとしても、全ての責任を取らされることは滅多にありません。
ほとんどの場合、会社が責任を負ってくれます。

であれば、チャレンジしないほうが損です。

自ら責任のある仕事にチャレンジしてください。
きっと自分でも想像ができないほど、大きく成長できるはずです。

最後に

成長とは、自分自身を良い意味で変えていくことです。
そのために常に学び、チャレンジすることが大切。
今の環境に甘えて何もしなければ、成長が実感できることはありません。

年齢とともに気力を失わないためにも、チャレンジし続けたいですね。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi