bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

30代を過ぎたのに成長していないと感じる理由

f:id:ranmaru-24mensou:20170127195508j:plain

30代を過ぎ40代に突入しましたが、今一仕事で成長したという実感がありません。

入社したばかりを思い出してみれば、仕事への知識は深まっていますし、滞りなく作業を進めるスキルも身についています。

であれば、きっと成長したと言えるのでしょうね。

ただ、不思議なことに一向に成長したという実感がわかないのです。

この記事では、仕事が出来るようになっても成長したと感じられない理由を考えています。

 

会社の体制が原因で成長が実感できない

新卒を採用しないので、いつまでたっても同じ顔触れ

売上が多く利益も出ている会社なら、新卒を採用しないということはないのかもしれません。

でも、中小企業や零細企業だと、コスト増を恐れて新卒を採用しないことが多くあります。

もちろん中途採用もしません。

人手が不足したらアルバイトやパート、派遣社員で補います。

 

そのせいもあって、入社して10年近く経ちますが顔ぶれがほとんど変わらない。

毎日同じ人に会い、同じ席に座り、同じ仕事をして、同じような会話をする。

そんな日々が長いこと続いているのです。

 

周りから見ても、ぼくから見ても、AさんはAさん。

何年たとうとAさんはAさんのまま、特に変化することもないのですよ。当たり前ですが。

 

そして任される仕事も、やるべき仕事も全然変わらない。

入社した当時と比べて仕事に慣れた分、作業量は多くなっていますが、ほかは変わっていません。

 

周りが全く変わらないからでしょうか、成長したという実感がわかないのは。

 

上司が辞めないと席が空かないという弊害

仕事を頑張っても昇進しないというのも問題です。

部長や課長はすでにいるし、係長や主任になっても今と大して変わらない。

会社はピラミッド構造になっていることがほとんどですから、部長や課長が昇進するか退職しない限りポストがあかないのです。

下手をすると10年以上も。

 

これも成長を実感できない原因になりますよね。

10年前も担当者、10年経っても担当者。

 

仕事は出来るようになったけど、変わったのは年を取ったことだけ?

なんて、思ってしまうかもしれません。

 

何年たっても担当者のまま、仕事内容も変わらない

そして、昇進できないと仕事内容も変わらない。

上司から指示される仕事で変わったことと言えば、新規のお客様が増えたことくらい。

その分、既存のお客様が減っているから全体で見れば何も変わっていない。

 

「企画書作っといて」

「プレゼンの資料を印刷して持ってくるように」

 

確か入社した当時も同じことをやっていたな。

なんて、感慨深くなるよりも「おれって10年勤めているのに何も変わっていないんじゃ・・・」と、不安になってしまいます。

 

変わらない役職に変わらない環境。

本当に仕事で成長できているのか、考えてしまいますよね。

 

仕事で成長するには「責任」を持たせないとダメ

仕事で成長するには「責任」を持たせないとダメなのです。

「責任」とは、仕事を任せることはもちろんですが、経験やスキルに見合った役職に昇進させること。

昇進もしない給与も増えない、いつまでたっても同じことばかりやらされる。

これでは、どんなにやる気のある人でも何時か嫌になってしまいます。

 

それに、頑張っても昇進できない環境は、会社全体に悪影響を及ぼします。

頑張ってもダメなのですから、頑張る必要が無くなりますよね。

会社を健全に保つためにも、昇進が止まることのないようにしてほしいものです。

 

自分が原因で成長が実感できない

仕事での成長は昇進だけではない

仕事での成長は昇進することだけではありません。

去年は2件しか開拓できなかった新規顧客を、翌年は10件まで増やした。

売上を前年比1.5倍にした。

生産工程でボトルネックとなっていた部分を、改善し生産効率を飛躍的に上げた。

など、結果を出すことで成長を実感できることもあります。

 

言われたことだけを淡々とこなし、「いつまでたっても認めてもらえない」と嘆くよりは、主体性をもって行動して結果を出した方が、より成長を実感できるはずです。

 

語学や資格取得でも成長を実感できる

また、仕事で結果を出すことだけが成長とは言えません。

退社後の時間を利用して英語を学んでみる。

数字に強くなるために、簿記の勉強をする。

自分で成長しようと思えば、学ぼうという力になるはずです。

 

例えば、英語と無縁の仕事をしていたとしても、展示会に出展すれば勉強してきた英語力を活かすことが出来ます。

地方の小さな展示会ならいざ知らず、国際展示場に出展すれば、外国の来場者も多数いるからです。

ボイラーの資格を取得したことで、工場で使用できる設備の幅が広がることもあります。

危険物の資格を取得したことで、新規製品の開発に貢献できることもあるのです。

 

成長を実感できるのは、昇進だけじゃないということです。

 

プロになるか淡々とこなすか、結局自分次第

30代を過ぎ40代に突入したのに、成長したと実感できない。

これは会社の体制に原因があるとも言えますが、結局は自分次第です。

 

管理職のポストが空かないのに「昇進できないから成長できない」と嘆いても意味がありませんよね。

 

言われた仕事を淡々とこなす日々では、成長が実感できなくても仕方がない。

現に、パート・アルバイトが1日の研修で出来るような作業を、50代になった正社員が行っているのも珍しい話ではありません。

 

プロ意識をもって、その仕事を極めようとするか。

働ければいいと割り切って、言われたことだけを淡々とこなすか。

 

成長が実感できるかどうかは、仕事に対する向き合い方で180度違ってくる気がします。

 

転職を少しでも考えたらリクナビNEXTに登録

国内№1転職サイトリクナビNEXT は「転職を少しでも考えたらリクナビNEXT に登録する」と言う流れが出来ているほど、知名度の高い転職サイトです。

国内№1サイトと言われるだけあり、案件数や求人の質、スカウト機能が充実。

最初の登録の段階でレジュメ(職務経歴書)を入力して、スカウト機能を有効にするのがコツ。

スカウト機能を有効にすることで、あなたの経歴や年齢などを見て興味を持った企業からスカウトメールが届き、場合によっては書類選考が免除されることも。

転職を少しでも考えたらリクナビNEXT に登録しましょう。

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi