読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

転職年齢限界説とは。年齢で転職が厳しくなる理由

転職年齢限界説とは

「年齢と共に転職が厳しくなる」

これは昔から言われていることです。

今では25歳、27歳、35歳と転職の限界だと言われる年齢が都市伝説のように語られています。

なぜ、27歳という中途半端な年齢で転職が厳しくなるのか。なぜ、35歳を超えると転職が出来ないと言われるようになるのか。

その理由を説明します。

 

 

既卒就活が厳しい理由

今は人手不足もあり、新卒だけでは募集した人員が集まらない企業も沢山あります。景気も回復に向かっているので採用に積極的な企業も多いのです。

こんな時は、既卒の採用が活発になる傾向があります。

転職希望の優秀な人材はすぐにほかの企業に採用されるので、「社会人として経験がなくてもいいから、既卒を採用しよう」と考える企業が多いのです。

と言ってもこれは景気が良い時だけの話。

景気が悪くなると既卒の就活は突然厳しくなります。

景気が悪くなると新卒だけで人員をまかなえてしまう企業が増えてきますし、即戦力がほしければ経験豊富な人材を中途採用すればよいのです。

となると、新卒でもなく経験もない既卒の就活はどんどん厳しくなっていきます。

既卒の就活が厳しい理由は「即戦力は中途採用」「若手は新卒」と言うくくりが出来てしまうからです。

 

27歳を超えると転職が厳しくなる理由

ある企業が工場を閉鎖することになった時、そこで働いていた従業員にはITのエンジニアとして働き続けてもらおうとある研修を行いました。その研修で実施された確認テストの結果、27歳は26歳に比べて著しく点数が悪かったのです。

このことから、未経験の分野に適応できる目安として27歳が限界だと言う説が採用の現場で広がったと言われています。

と言うことで、今までと同じ職種で転職するのであれば27歳と言う年齢は苦になりませんが、未経験の職種にチャレンジしようと思ったとき27歳が弊害となってきます。

未経験可の仕事が減ることから、27歳を超えると転職が厳しくなると言われているのです。

 

28歳転職限界説

人材価値を決定付ける30代前半に実績を残すには、30歳までに最低2年はその仕事を経験し覚える必要がある。と言う考え方から28歳転職限界説が出来たようです。

30代は専門性を確立する「確定期」だと言う考え方があり、確定させるためには20代のうちに転職して、自分に合った仕事を探しておこうという意味合いですね。

28歳で転職できなくなることはありませんが、専門性を身に着けるという意味では確かに28歳前後が1つの節目になります。

 

30歳を超えると転職が厳しくなる理由

30代になると、仕事の専門性を求められるようになります。同時にリーダーとして後輩の育成も期待される年齢になってくるのです。

そういった理由からか、30代を対象とした「未経験可」の求人はかなり少なくなります。

30歳を超えても今まで積み上げてきた実績と経験を生かせる職種であれば、転職はそれほど難しくありませんが、今まで営業だったけれどやっぱり経理がやりたいとか、別の職種を目指すのがかなり厳しくなる年齢でもあります。

求人の数が減り、新しいことへチャレンジすることが難しくなるから、30歳を超えると転職が厳しくなると言われています。

 

35歳転職限界説

「35歳の壁」と言われるものです。

35歳を超えると転職がほぼ出来なくなると言われていたのは、新卒や第二新卒の需要が高く35歳以上の求人が少なかったことが理由です。

実際には転職者の4人に1人が35歳以上と言われるほど、転職に成功している人がいます。

また、最近はベンチャー企業が増えていることもあり、35歳以上の管理職経験者をほしがる企業も沢山あります。

35歳の壁は時代と需要の変化で完全に崩壊したと考えられます。

 

40歳を超えると転職が厳しくなる理由

40歳を超えた転職は、転職希望者と企業とで内容が合わないことが多くなります。

40歳まで勤め上げれば、誰でも自分の経験に自信を持っているものです。

その自信をそのままに面接に向かっていくのですが、多くの場合企業が求めている人材像と合わないことがあります。

自分では「経験豊富」だと思っていても、企業側から見れば「ただ年数を重ねただけ」ととらえられることもあるのです。

自分で考えている市場価値と、世間から見たときの市場価値がかけ離れているケースですね。

企業と求職者のミスマッチが多く転職に失敗する人がいることから、40歳を超えると転職が厳しいと言われています。

 

大切なのは経験とスキル

年齢を重ねるにつれ社会人としての経験も増えていきますから、当然転職で求められるものも変わってきます。

新卒のころは大学やアルバイトで経験したこと、将来への夢で採用されましたが、中途採用ともなれば「スキル」や「経験」「貢献度」を重視されるのです。

大切なのは年齢を気にするよりも、専門的なスキルを身に着けながら、提案力やリーダーシップ、マネジメントスキルなどを磨いていくことです。

未経験の職種に転職する場合、若年層では経験を求められますが部長職以上の求人では経験よりもマネジメントスキルを求められます。部長職になれば職種の壁は無くなると言われているほどです。

転職を考えたとき自分の限界を年齢が決めることの無いように、スキルと経験を身に着けて行くことが大切です。

 

<関連記事>

※「未経験で経理に転職するには

※「自分に合った仕事の探し方

※「何も考えず勢いだけで退職。転職を繰り返して感じた良かった事、悪かった事。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi