読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

年齢で転職が厳しくなると言われる理由

仕事の選び方

年を取ればとるほど転職が厳しくなるのはみんな知っていること。

では、27歳で未経験の転職が厳しくなる理由は知っていますか?

年齢で転職が厳しくなると言われる理由

年齢と共に転職が厳しくなる。

これは昔から言われていることです。

今では25歳、27歳、30歳と節目になる年齢が都市伝説のように語られています。

なぜ、27歳という中途半端な年齢で転職が厳しくなるのか。

なぜ、30歳を超えると突然厳しくなるのか。

その理由を説明します。

 

既卒、第二新卒の就活が厳しい理由

今は人手不足もあり、新卒だけでは募集した人員が集まらない企業も沢山あります。

景気も回復に向かっているので、採用に積極的な企業も多いのです。

こんな時は、既卒・第二新卒の採用が活発になる傾向があります。

転職希望の優秀な人材は、すぐにほかの企業に採用されるので、「社会人として経験がなくてもいいから、既卒や第二新卒から採用しよう」と考える企業が多いのです。

と言っても、これは景気が良い時だけの話。

 

景気が悪くなると既卒・第二新卒の就活は、突然厳しくなります。

景気が悪くなると新卒だけで人員をまかなえてしまう企業が増えてきます。

即戦力がほしければ、経験豊富な人材を中途採用すればよいのです。

となると、新卒でもなく経験もない既卒・第二新卒の就活はどんどん厳しくなっていきます。

 

既卒・第二新卒の就活が厳しい理由は、「即戦力は中途採用」「若手は新卒」と言うくくりが出来てしまうからです。

 

27歳を超えると転職が厳しくなる理由

ある企業が工場を閉鎖することになった時、そこで働いていた従業員にはITのエンジニアとして働き続けてもらおうとある研修を行ったのです。

その研修で実施された確認テストの結果、27歳は26歳に比べて著しく点数が悪かったらしいのです。

このことから、未経験の分野に適応できる目安として27歳と言う年齢が、採用の現場で広がったそうです。

 

と言うことで、今までと同じ職種で転職するのであれば27歳と言う年齢は苦になりません。

ですが、未経験の職種にチャレンジしようと思ったとき、27歳が弊害となってきます。

未経験可の仕事が減ることから、27歳を超えると転職が厳しくなると言われています。

 

30歳を超えると転職が厳しくなる理由

30代になると、仕事の専門性を求められるようになります。

同時に、リーダーとして後輩の育成も期待される年齢になってくるのです。

そういった理由からか、30代を対象とした「未経験可」の求人はかなり少なくなります。

全体の割合でみた求人数もかなり減るのが30代です。

30歳を超えても、今まで積み上げてきた実績と経験を生かせる職種であれば、転職はそれほど難しくありません。

ですが、今まで営業だったけれどやっぱり経理がやりたいとか、別の職種を目指したくなるのもこの年齢です。

今までと違う職種への転職を考えれば、30歳を超えるとかなり厳しくなるでしょう。

また、年齢的なもので、20代後半よりも求人数は少なくなります。

そういったこともあり、30歳を超えると転職が厳しくなると言われています。

 

35歳を超えると転職が厳しくなる理由

35歳を超えると、未経験分野への転職は不可能ではありませんが、ほぼ無理でしょう。

採用する企業側としても、リーダーシップが取れ、専門的な知識と年齢に見合った経験を有している人材をほしがります。

今はベンチャー企業が増えていることもあって、プレイングマネージャーとして、35歳以上の管理職経験者をほしがる企業も沢山あります。

とは言え、20代の求人の多さと比べると、35歳以上の求人はかなり少ないものです。

一昔前は「転職する限界の年齢は35歳」と言われるほどだったことを思えば、その厳しさが想像できるはずです。

また、35歳以上に与えられる役職はそれほど多くありません。

多くの会社では、年上の管理職が台頭していて、若手はポストが空くのを待っている現状もあります。

そう考えると、35歳以上の人材を管理職候補で採用すること自体が難しいのです。

先ほども上げたベンチャー企業ならいざ知らず、それ以外の企業で35歳以上を募集する企業はさほど多くないでしょう。

 

そういった理由から、35歳以上の転職は厳しいと言われています。

 

40歳を超えると転職が厳しくなる理由

40歳を超えた転職は、転職希望者と企業とで内容がマッチしないことが多くなります。

40歳まで勤め上げれば、誰でも自分の経験に自信を持っているものです。

その自信をそのままに面接に向かっていくのですが、多くの場合企業が求めている人材像と合わないことがあります。

自分では「経験豊富」だと思っていても、企業側から見れば「ただ年数を重ねただけ」ととらえられることもあるのです。

自分を自分で見たときの市場価値と、世間から見たときの市場価値がかけ離れているケースですね。

 

当然ですが、40歳以上で未経験の職種を希望するのはかなり無理があります。

また、40歳以上未経験可の仕事はほとんど求人が出ていないのが現状です。

 

「自分自身の市場価値を勘違いしている」

ことから、転職が上手くいかないケースが多いのです。

 

最後に

年齢ごとに転職が厳しくなる理由があります。

どれも最もな理由で「転職は厳しい」と言っているのです。

 

とは言え、転職が成功するかどうかは本人の取り組み方も関係あります。

今の仕事でどのくらいの実績を残せるか、ほかの会社に行っても通用するスキルを身に着けることが出来るか。

これだけでも大きな差が出てくるものです。

 

将来転職を考えていなくても、突然の倒産やリストラで転職活動をせざるを得ない状況に置かれる可能性はあります。

今のうちに、どの会社に行っても通用するキャリア=稼げる力を身に着けてほしいと、思っています。

 

この記事が将来のキャリアを考えたとき、参考になれば幸いです。

 

転職を少しでも考えたらリクナビNEXTに登録

国内№1転職サイトリクナビNEXT は「転職を少しでも考えたらリクナビNEXT に登録する」と言う流れが出来ているほど、知名度の高い転職サイトです。

国内№1サイトと言われるだけあり、案件数や求人の質、スカウト機能が充実。

最初の登録の段階でレジュメ(職務経歴書)を入力して、スカウト機能を有効にするのがコツ。

スカウト機能を有効にすることで、あなたの経歴や年齢などを見て興味を持った企業からスカウトメールが届き、場合によっては書類選考が免除されることも。

転職を少しでも考えたらリクナビNEXT に登録しましょう。

 

<関連記事>

※「残業の少ない会社に転職する方法

※「仕事を辞めたいと思ったら読む記事。円満退職するには?

※「何も考えず勢いだけで退職。転職を繰り返して感じた良かった事、悪かった事。

 


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi