bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

30代の選択。30代で転職するメリット・デメリット

30代になると、仕事に疑問を感じ転職を考える人が増えてきます。

330代で転職するメリット・デメリット

「今の会社にいて自分は成長できているだろうか?」

「本当にやりたかった仕事と今やっている仕事は違う」

そんな気持ちを抱いたことはありませんか?

社会人になりたてでがむしゃらに働いていた20代を過ぎ、ふと、自分を振り返ることも多い30代で仕事を辞めたいと感じる方も少なくないことでしょう。

30代で今まで働いていた職場を辞めること。そこにはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

 

20代と比べた時の立場の違い

20代は組織の中でも部下や後輩として扱われていましたが、30代は小集団のリーダーからゆくゆくは管理職としての役割を期待されつつある年代と言えます。

 

「まだまだ勉強中」という言い訳が通用しなくなってくる年齢です。

また、管理職としてすでに部下を持っている同期も出始め、焦りを感じているという方も出てくる頃でしょう。

キャリアアップの道を邁進していた人と、安定した仕事の中でまったりと過ごしていた人の間で、同世代でも価値観に大きな差が出てきます。

 

また同じ30代でも「35歳が転職活動の限界」という言葉を耳にしたことは多いはずです。

実際には、35歳以上で転職を成功させる人もいますが、30代前半と30代後半では、転職に対するプレッシャーが変わってくるはずです。

 

また、働き方や転職への姿勢に大きな差が出る要因として、家庭を持つことが挙げられます。

 

30代は男女ともに結婚や子育てでライフステージも大きく変わり、多くの人が自分自身の生きる目的や意味について自問自答する時期と言えます。

 

特に女性は「結婚するかしないか」「出産するかしないか」という選択と、自分自身のキャリアの間で板挟みになり、悩みを持ちやすい時期と言えます。

 

また、出産を経験した女性も、子育てによって非常に得難い経験をする一方で、職場での冷遇や、仕事と家庭の両立、生活環境への疑問など、生き方と働き方をめぐる問題が、具体的な形で降りかかってくることも少なくありません。

 

総じて、30代は公私ともに責任を求められる機会が増えていくため、20代と異なり「生活を変える最後のチャンス」を意識する方が多くなると言えるでしょう。

 

家庭がある場合のリスク

日本人の平均初婚年齢は男性の場合は30歳前後、女性の場合は28歳前後です。つまり、30代では半数以上の人が自分の家庭を持っていることになります。

 

また、早めにお子さんが生まれた方は、すでにお子さんが小学生になり、教育費を使いながらも大学進学等の大きな出費に備えて貯めていくサイクルに入っている時期です。

転職に失敗して年収が下がった場合などのリスクを考慮して、守りに入るべきか否か、悩ましい時期に入っていると言えるでしょう。

 

また、共働き家庭の方が多くなっている昨今ですが、特にお子さんが小さいうちは女性がフルタイムで働くことが難しい現場も多いのが実情です。

また、結婚や出産を経た女性が転職で不利な条件を提示されることは少なくありません。

 

家庭がある場合の転職は男性にとっても女性にとっても、大きなリスクがあることは確かです。

 

しかし、家庭という指標を得たことで、収入や就業スタイルなど自分自身に必要な条件がみえてくる、ある意味では転職の好機でもあります。

 

「家族のために転職する」という志望動機は、時に「会社よりも家族のことを優先する」と捉えられて、面接時に不利になることもありますが、必ずしもネガティブなイメージを与えるものではありません。

「安定を求めて長く働いてくれそう」「家族を大切にする人は責任感も強いはずだ」と、好意的にポジティブなイメージで捉える人事担当者も大勢います。

 

いずれにしても、転職はそれまでの生活水準を維持できなくなるリスクもあります。当事者のみならず、家族も不安を感じるのは無理もないことです。

家族の理解を得られず、家庭内の関係が壊れてしまう転職では元も子もありません。

 

生活を支える基盤である家庭がうまくいっていない状況で、転職活動を成功させるのは非常に困難です。

まずはひとりよがりに舵を切らず、ご家族と転職についてよく相談をしましょう。

「転職活動、がんばろうね」と、家族に送り出してもらえることが、成功する転職の第一歩です。

 

30代の転職でキャリアアップできるのか

30代でキャリアアップするためには、前職でなんらかの実績を残していることや、特殊なスキルや資格を持っていることが必要であることは言うまでもありません。

しかし、最も重要なのは前の職場でリーダーシップを取っていた経験があるかどうかです。

 

「まずは仕事の基礎を覚えるために同じ職場で3年働くように」とはよく言われることですが、同業種での転職でキャリアアップを希望する場合は、さらに応用的な経験が求められる5から6年程度の経験は必要と考えた方が良いでしょう。

その程度の勤続年数になると、多くの職場ではなんらかのプロジェクトリーダーを任されたり、グループのリーダーを務めるという場面も出てくる頃です。

もしも、まだそのような実績がないという場合は、キャリアアップのための転職を考える前に現在の働き方を見直してみる必要があります。

 

まずは現在の職場で、自分自身がキャリアアップに値する仕事を任されているかを見つめ直しましょう。

 

30代で転職する魅力

夢や希望に溢れ、自分にどんな可能性があるかもわからないまま、体力と気力の赴くままに仕事をしてきた20代とは異なり、30代に入ると様々な面で自分の限界や特性を感じる機会も増えてきます。

また、過去の就職活動の結果、現在の職場に就いているという経験がある点が、20代との大きな違いです。

職業選択や企業選択の上で、成功体験も失敗体験も積んできた30代は、転職先を検討するにあたっての判断材料を持っています。

 

つまり、失敗から学ぶための経験があり、なおかつ転職のために行動するための体力もまだあるのが30代の強みです。

 

また、転職先の企業にとっても、30代の求職者には、即戦力として期待できる社員としての期待値があります。

若すぎても経験がないためすぐには使うことができず、逆にこれまでの在職年数が長くなりすぎると使い所が限られてしまい採用できる枠が狭まってしまいます。

 

アピールできる経歴や実力さえあれば、30代での転職は十分に魅力的な選択です。

人生の半ばで、これからのキャリア構築や、ファミリープランを練り直し、自分自身がどう生きていくかを考える機会として、30代の転職を捉えてみましょう。

 

30代で仕事を辞めるメリット

30代でそれまでの仕事を辞めるメリットには、どんなものがあるでしょうか。

 

メリットの一つは転職のマッチングが難しくなる40代になる前に転職活動を開始できることです。

 

30代で転職をせず、40代でキャリアアップを目指した転職をする場合、ヘッドハンティングや人材紹介エージェントを介しての転職になるケースが多いといえます。

 

在籍年数が長かった分、求職者自身のキャリアも特化型になっていますが、企業側の求める人物像も具体的になるため、30代だった時に比べて求職者と企業のマッチングは難しくなっている状況が予想されます。

 

40代に入ると30代にくらべて、体力も落ちていることがほとんどです。

そのような中で、厳しいマッチングを乗り越えて転職ができるかどうかを自分自身に問いかけてみましょう。

もし自信がないと感じたら、30代のうちに転職したほうがよいかどうかを検討する余地があるかもしれません。

 

もう一つのメリットは、ライフステージの変化に伴って将来を見据えた転職を成功させやすいことです。

 

転職を強く意識するライフイベントの一つが出産・育児です。

それまでは長時間勤務でキャリアを邁進することに重きを置いていた方が、ふと子どもと過ごす時間を増やしたいと強く願うこともありますし、収入や安定性よりもやりたい仕事を優先していた方が、将来の教育費や老後の自己資金に不安を覚えるパターンもあることでしょう。

 

子どもが生まれたタイミングで、実家のある地元にUターンしたり、都会から自然溢れる環境での育児に憧れてIターンして転職したいと考える方も少なくありません。

都会から地方へ転職した場合、収入はほとんどの場合減りますが、両親から子育てのサポートを受けられたり、金銭ではない部分でコストが減る部分もあります。

 

いずれにしても、現在の働き方に疑問がある場合、30代のうちに40代、50代以降の働き方や家族のあり方を考え、必要であれば現在の仕事を辞める選択も検討してみることは無駄ではないはずです。

 

30代で仕事を辞めるデメリット

同業種の場合は、人柄や熱意だけではなく、即戦力としての専門性やマネージメント力を問われる年代ですから、安易に自分自身の強みを把握していない状態で退職に踏み切ることは危険と言えます。

 

また、異業種の場合は、即戦力として見込めない状態での採用になりますので、収入が減ることも予想されます。

当面の赤字や、万が一再度の転職活動を始めることになってしまった場合に備えて、ある程度の貯金を準備することも大切です。

 

いずれにしても仕事を辞める前に、在職中からしっかりと情報収集をして十分な準備をしてから退職に臨みましょう。

 

また、特に女性にとって30代は結婚・出産などで大きく働き方が変わることが予想される年代です。

採用を見送ったり、重要なポストに就かせることをためらう企業は少なくないと言われています。

 

男性に比べ、キャリアダウンを余儀なくされる局面も覚悟の上で挑まざるを得ないのが、30代女性の転職と言えるでしょう。

 

これまで培ってきたスキルや自分自身の強みをしっかりと把握し、より良い条件で転職を成功させるように努めることはもちろんです。

しかしそれ以前に、そのリスクをとってまでも自分自身が転職したい理由にしっかりと向き合い、悔いのない転職活動に踏み切りましょう。

 

また、結婚や出産を機に退職する方は、職歴のブランクが次の就職に大きく響くケースが多いのが現状です。

可能であれば、ペースを落としてでも、就業を続けることを視野に入れておきましょう。

 

また、都会から地方へ移住した場合、収入が想像以上に減ることや、都会では必要とされていた専門的なポストの求人がないことにショックを受ける人もいます。

都会では必要のなかった自動車が、インフラの整っていない地方では必要になるなど、思わぬコストがかかることもありますので、移住に伴う転職を検討している方は、移住先の環境をよく調べ、それまでの生活習慣全てを見直すことも視野に入れて移住と転職を進めていきましょう。

 

転職か独立、どちらが良いのか

まずは自分自身を振り返り、本当に大切にしたいこと、優先すべきことは何かを明確にしましょう。

 

「どう生きていきたいか」という問いの先に、転職か独立かの選択肢はあります。

また、転職か独立かの二者択一にこだわらず、副業や社外での自主的な活動としてやりたいことをするという第三の道も考えてみましょう。

 

もしも独立するという判断になった場合には、独立起業して商売が軌道に乗るまでは今まで以上にハードに働くことが求められてきます。

サラリーマンとしての生活よりも、ゆったりとした生活を求めて独立を考えた場合、理想と現実のギャップに後悔する可能性もあります。

 

独立の道に対して理想を見過ぎていないかを確認するために、本格的に独立に踏み切る前に事業計画書を作ったり、先に独立している人がいれば話を聞いてみたりすることは役に立ちます。

 

とはいえ、転職と同様、体力的な問題もありますので、どうしても挑戦したい分野がある方は40代になる前に、30代で独立する選択は悪いものではないでしょう。

 

また、会社員としてはすでに後輩に仕事を教えるべき先輩という立場である30代ですが、経営者としてはまだ若者と名乗れる年齢でもあります。

 

20代から30代にかけては、国や自治体の起業・創業支援やクラウドファウンディングなども、40代以降に比べて受けやすい傾向があります。

 

起業して10年後に残っている会社は6%程度とも言われていますので、独立のリスク自体は高いものです。

しかし、リスクをとるのであれば、できる限り若いうちにとるという考え方も30代ではまだ有効と言えるのではないでしょうか。

 

転職を少しでも考えたらリクナビNEXTに登録

国内№1転職サイトリクナビNEXT は「転職を少しでも考えたらリクナビNEXT に登録する」と言う流れが出来ているほど、知名度の高い転職サイトです。

国内№1サイトと言われるだけあり、案件数や求人の質、スカウト機能が充実。

最初の登録の段階でレジュメ(職務経歴書)を入力して、スカウト機能を有効にするのがコツ。

スカウト機能を有効にすることで、あなたの経歴や年齢などを見て興味を持った企業からスカウトメールが届き、書類選考が免除されることも。

転職を少しでも考えたらリクナビNEXT に登録しましょう。

 

関連記事

※「30代の転職で未経験の仕事を目指す方法

※「30代で仕事を辞める前に考えてほしいこと

※「30代が転職で失敗しないためには準備が重要

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi