bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

派遣の時給は1750円以下、派遣社員として働く理由とは。

派遣社員の時給は1750円以下。平均にすると1551円です。

それに対して正社員は2300円。

これだけ給与に差があるにもかかわらず、派遣社員として働くのはなぜなのでしょうか。

派遣社員として働く理由

日本人材派遣協会が発表した「派遣社員WEBアンケート調査」の結果によると、派遣社員の時給は1500円~1750円が最多でした。

引用:日本人材派遣協会「派遣社員WEBアンケート調査」

派遣社員の時給は1500円~1750円が最多

ただし東京都や愛知、大阪と言った都市部の時給です。

地方に行けば時給は下がるでしょうね。

物価が違いますから。

また、ITやクリエイティブ系の派遣は時給が高い傾向にありますが、事務や製造・軽作業は時給1200円前後とかなり低くなります。

平均でみると時給1551円。

事務や製造・軽作業は昨年と比べてもほとんど時給が上がっていません。

それだけ誰でも出来る仕事が多いということでしょうね。

 

また、なぜかIT・クリエイティブ系の仕事は時給が昨年より下がっています。

 

正社員の平均年収は442万円。時給にすると?

正社員の平均年収は442万円です、そして平均年間休日は120日。

1日8時間で時給を計算すると、時給2300円です。

平均で比べると派遣が1551円ですから、1時間800円近く差があることになります。

 

ちなみに、正社員の平均年収と時給はおおよそ次のようになります。

平均なので年間休日は120日で計算しています。

  • 20代:平均年収354万円 時給1806円
  • 30代:平均年収467万円 時給2382円
  • 40代:平均年収564万円 時給2877円
  • 50代:平均年収701万円 時給3576円

 

参考までに20歳の平均年収は260万円、平均時給1326円なので派遣社員よりも低くなります。

つまり、派遣社員は即戦力を求められるので、未経験者よりも時給は高く設定されています。

とは言え会社の中で経験を積んできた社員に比べた場合、教育を受けていない分時給が低くなっていきます。

 

言い方と変えれば、正社員は年齢と経験で給与が上がっていきますが、派遣社員は一定だということです。

 

3年未満では4人に1人しか給与が上がらない

派遣社員の給与はほとんど上がりません。

理由はすごく簡単。

教育や訓練を受けることが難しいのと、新しい仕事を任されることが無いからです。

 

派遣社員の良いところは、どの会社に行っても一定のレベルで仕事がこなせること。

逆に言えば、一定のレベルでしか仕事が出来ないのです。

 

となると、教育や訓練を受けるのが難しい派遣社員の給与が上がることはほとんどありません。

勤務年数3年未満では、4人に1人しか給与が上がっていないのです。

 

派遣社員がダメと言うわけではない

派遣社員として働く人の中には、ワーク・ライフ・バランスを重視している人や、勤務地・時間を自分で選びたいと考えている人も大勢います。

なぜ、派遣社員として働いているのかと言う質問に対する回答を見ても、それは明らかです。

派遣社員で働いている理由(上ほど該当者が多い)

  1. すぐに仕事に就けるため
  2. 働く時期や期間を自分で選べるため
  3. 勤務地を選べるため
  4. 働く時間や時間帯を自分で選べるため
  5. 残業のある職場やない職場を選べるため
  6. やりたい仕事を多数の中から選べるため
  7. 賃金が高いため
  8. 職場の人間関係や組織に拘束されないため
  9. 雇用保険・健康保険・厚生年金に加入できるため
  10. これまでの就業経験を活かせるため
  11. 就業条件の交渉などを派遣会社に任せられるため
  12. 担当する仕事の範囲が明確なため
  13. 有名企業・大企業で働けるため
  14. 長期間仕事をしていない期間(ブランク)があっても働けるため
  15. 就職活動のつなぎに働けるため
  16. 専門的スキルを活かせるため
  17. 派遣会社による教育訓練や研修を受けられるため

引用:日本人材派遣協会「派遣社員WEBアンケート調査」

 

正社員では難しい「働く時期や期間を自分で選ぶ」「勤務地を選ぶ」「残業がない職場を選ぶ」ことが出来るのも派遣社員の強みでしょう。

また、「人間関係に拘束されない」働き方は、人間関係で悩む人が多い正社員からするとうらやましいことかもしれません。

 

ライフ・ワーク・バランスを求めるなら派遣社員

ライフ・ワーク・バランスを考えたとき、派遣社員と言う選択は正しいとも言えます。

ですが、派遣社員の45.6%が賃金に不満を持っているのも事実なのです。

 

家事や子育てで働ける期間や時間が限られている。

趣味や副業をやりながら、空いた時間だけ派遣として働いている。

と言ったような、明確な理由があってこそ派遣と言う働き方は満足できるものかもしれません。

今後派遣社員から正社員になりたいと思っている人が、28.7%しかいないのもなんとなく納得できます。

 

今後は「働き方改革」「同一労働同一賃金」によって、派遣社員の働き方にも影響が出る可能性があります。

会社と言う組織で働くのではなく、個人として仕事を請け負う時代になるかもしれません。

派遣として色々な仕事を兼務しながら「稼ぐ力」を身に着けていくのも一つの選択肢。

 

正社員になれば安定はしますが、必ずしも正社員で働く必要のない時代になりつつあります。

とは言え、まだまだ正社員の方が優遇されているのは事実です。

 

転職を少しでも考えたらリクナビNEXTに登録

国内№1転職サイトリクナビNEXT は「転職を少しでも考えたらリクナビNEXT に登録する」と言う流れが出来ているほど、知名度の高い転職サイトです。

国内№1サイトと言われるだけあり、案件数や求人の質、スカウト機能が充実。

最初の登録の段階でレジュメ(職務経歴書)を入力して、スカウト機能を有効にするのがコツ。

スカウト機能を有効にすることで、あなたの経歴や年齢などを見て興味を持った起業からスカウトメールが届き、書類選考が免除されることも。

転職を少しでも考えたらリクナビNEXT に登録しましょう。

 

派遣から正社員になろうとおもったら、こちらの記事を参考にしてください。

<関連記事>

※「派遣社員は使い捨て?派遣社員を辞めて正社員を目指すべき理由

※「派遣から正社員は頑張ってもなれない!今すぐ派遣を辞め転職活動を始めよう!

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi