bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

転職活動で感じる不安を解消する方法

転職活動で感じる不安を解消する方法

「会社を辞めよう」と転職を決意したとき、ほとんどの人が期待よりも不安を感じます。

初めて退職した当時のぼくは「世界中の企業が私をほしがるはずだ」と壮絶な勘違いをしていましたが、うまくいかない転職活動に大きな不安を感じました。

そんな経験から転職活動で感じる不安とその解消法を紹介します。

結論を先に言うと「悩んでもなるようにしかならない」ことを理解することが、不安を解消する一番の方法です。

 

転職を決意し行動に移すまでに感じる不安

転職しようと決意し、行動に移すまでに感じる不安があります。

そのほとんどが「本当に転職していいのだろうか」と言うもの。

そもそも転職を考えるきっかけは「人間関係が上手くいかない」「仕事がきつい」「評価してもらえない」と言ったネガティブなものがほとんど。

「本当に転職していいのだろうか」と考えてしまうのは、「今上手くいっていないものが、転職したら上手くいくのか」と言う気持ちがあるからです。

 

この不安を解消するには、今より悪くなるはずがないと考えること

そして「もっとみんなと仲良く仕事がしたい」「もっと楽しく仕事がしたい」と、転職に前向きな考えを持つことです。

 

ネガティブな理由で転職を考えた場合、前向きになれと言われてもなかなか難しいですよね。

なので、まずは「転職しても今より悪くなることはない」と考え、少しずつ前向きな考えに切り替えていきましょう。

 

転職活動中に感じる3つの不安

転職活動を始めると襲ってくる不安が3つあります。

それは「自分に合った仕事が見つかるのか」「採用してもらえるのか」「新しい職場で活躍できるのか」と言ったもの。

結果が出ない限りこれらの不安は付きまといます。

だから活動中に悩んでも仕方がないのですが、見えない未来はやっぱり不安ですよね。

 

自分に合った仕事が見つかるだろうか

その仕事が自分に合っているかどうかは、実際に働いてみないと分かりません。

「この仕事良いな」

そう思って応募しても、採用されないかもしれませんし、想像と違う可能性もあるのです。

まずは自分がどんな仕事をしたいのか、きちんと考えましょう。

最初に営業、事務、製造と言った大きな枠で考え、そこからさらに絞り込んでいきます。

営業がやりたいのなら、個人か法人か、扱う商品は何が良いのか。と言った具合に。

自分に合った仕事を探すより、やりたい仕事を探した方が結果に満足できるはずです。

 

採用してもらえるのだろうか

これ、気になりますよね。

面接までにどんなにしっかり準備をしても、結果が出るまで不安なものです。

せめて後悔しないように、出来る準備はすべてやるようにしてください。

  • 履歴書や職務経歴書に書く内容は、申し込む企業に合わせて内容を書き換えていますか?
  • 想定される質問を考え、面接対策はやりましたか?
  • 可能な限り企業の情報を集め、どんな企業なのか理解しましたか?
  • 自分の強みは何なのか。入社したらどんな仕事で貢献できそうか考えましたか?

他にも出来ることは沢山あります。

「採用されるだろうか」と悩むのは、やれることを全てやりきってからにしましょう。

 

新しい職場で活躍できるだろうか

もし友人に「転職したら、新しい職場で活躍できるかな?」と聞かれたら「きっと大丈夫」だと答えます。

活躍したいと思っているならきっと大丈夫、活躍できます。

そのためにも上で書いたことをぜひやってください。

仕事は「合っている」仕事より「やりたい」仕事の方が、やる気が出るはずです。

やりたい仕事が向いている仕事だとは限りません。

でも、やりたいという思いがあれば、今まで以上に頑張れますよね。

 

履歴書や職務経歴書、面接対策を全力でやってください。

そして徹底的にその企業を調べるのです。

本気で取り組めば、企業を調べているときか面接のときに、自分に合っているかどうかがなんとなくわかります。

会社の雰囲気や考え方が自分に合っている職場に転職できれば、きっと活躍できるはずです。

 

内定が出てから感じる2つの不安

内定が出てから感じる不安は主に2つです。

これもやっぱり結果が出ないと分からないのですが、不安にある気持ちはよくわかります。

 

自分の選択は正しかったのか

「前の仕事を辞めて本当に良かったのか、自分の選択は間違っていないだろうか」

前の会社を退職し次の仕事が始まるまでの期間、こんなことを考えてしまいます。

確かにつらいことや面白くないこともあったけれど、やっぱり名残惜しいという気持ちもあるのでしょう。

 

でも、もう退職したのだから戻ることは出来ません。

前に進むしか道はないのです。

 

「自分の選択は正しい」と信じ、勇気をもって前に煤でください。

もし有休を消化しているのなら、小旅行にでも行ってリフレッシュすると良いかもしれませんよ。

 

新しい職場で上手くやっていけるだろうか

この不安は痛いほどわかります。

ぼく自身、前職で辛い目に遭った後の転職は「上手くやっていけるだろうか」と言う不安でいっぱいでした。

実際に上手くやっていけるかどうかは自分次第ですが、次のことは気を付けてほしいと思います。

  • 明るく大きな声で挨拶をする
  • 自分のことを隠さない
  • 自分から話しかける

あとは、人間関係に馴染むまで、休憩は意識してみんなと一緒に取ってください。

話しかけられたら体ごと相手の方を向く、そして笑顔で返事をすること。

挨拶は自分から、これも大切なことです。

上手くやっていけるかどうかと悩むより、うまくやっていくための方法を考えた方が、心が軽くなるかもしれませんよ。

 

転職活動中の不安を消すには転職エージェントを利用する

転職活動中の不安は、プロに相談することである程度解消することがあります。

そこで、利用してほしいサービスが転職エージェントです。

転職エージェントは転職活動のプロですから、転職の要望を伝えればそれに沿った求人を紹介してもらえます。

もちろん100%ではありませんから、合っていないと思ったら断っても良いのです。

登録は無料のところが多いので、利用しない手はありません。

 

転職エージェントのお勧めはリクルートエージェント

取り扱っている求人数転職決定実績№1で、名実共に転職業界のトップ。

ジャンルや職種を問わず幅広い転職支援を行えますし、豊富な求人を揃えているので、キャリアチェンジや年収アップ、キャリア相談などの将来を見据えた相談を行うことができます。
これまでの実績と経験を元にした転職アドバイスは、参考になること間違いなし。

ただ、転職への意欲が低いとサポートの質が下がることも。

初回の面談時は転職への意欲が高いことを示すのが、質の高いサービスを受けるためにも必要かもしれません。

登録はこちら⇒【リクルートエージェント】

 

登録後、担当者からメールか電話で面談日程の連絡が入りますから、指示に従ってくださいね。

 

最後に

転職は今までの生活を180度変えてしまうほどのインパクトがあります。

なので不安になって当たり前なのです。

 

大切なのは不安な気持ちに負けない事。

この記事が不安を少しでも軽くする手助けになったのなら、これほど嬉しいことはありません。

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi