bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

通勤時間は片道60分が限界。求人に応募をする前に通勤時間をチェックしよう

f:id:ranmaru-24mensou:20170217202415j:plain

通勤時間は短いほうが良い、これは間違いありません。

ぼくとしては片道15分か20分程度の距離がちょうどいいですね。

自動車で移動して大体10㎞~15㎞ほどの距離。

電車だと、一駅分くらいでしょうか。そのくらいの通勤距離が都合がいいのです。

さて、みんなは通勤時間にどのくらいかけているのかを調べたところ、都心に住む方は大変ですね。

東京・大阪は電車で通勤・通学している人の半数以上が片道1時間以上かけているそうです。

東京・大阪は電車で通勤している人の半数以上が片道1時間以上かけている

40分以上だと、およそ85%になります。

でも、電車に乗っている時間は30分だそうです。30分でも長いですよ。

仕事で都市部に行くことが結構ありますが、あの満員電車だけは耐えられません。

田舎育ちと言うのもあるかもしれませんが、すし詰めのように狭い電車に押し込まれて耐えるなんて。

あんな空間に30分も耐えるのかと思うと、それだけで気分が重くなってきますね。

 

そして片道1時間以上かけて学校や会社に行く。

これも辛いですね。

 

さて、田舎だと通勤時間は短いでしょ! と思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

自動車が当たり前の場所だと、渋滞にはまって片道1時間になることも。

人によっては近所に仕事が無くて、片道1時間以上かけて車で通っている人もいます。

職場まで距離があることもありますし、交通網が発展していないので、どうしても車通勤になるのも田舎の特徴ですね。

 

ぼく自身、朝は通勤1時間ですが、帰りは20分です。もちろん車で。

それでも、詰め込まれる電車に乗っているよりは、楽ですよ。

 

台風や大雪で家に帰れなくなる可能性もある

田舎ならね。

危ないけど車で家に帰ることは出来ます。

ただ、都会だと辛いですよね。

もし電車が止まってしまったら、片道1時間もかかる場所から帰る術が無くなります。

タクシーで帰るには遠いですし、バスはおそらく混むでしょう。

そうなると最悪会社に泊まるしかなくなります。

そしてそのまま翌日仕事をすることになったら、気分は最悪です。

 

往復2時間。2時間あれば色々出来る

一番気になるのはこれ。

通勤に2時間かけるのなら、2時間自分のために使いたいですよね。

電車の中で本を読むことももちろんできます。

これは電車通勤だからこそ、かもしれませんが、そもそも詰め込まれるなるほど混んでいたら本も読めません。

 

通勤時間を半分の1時間に出来たら。

1時間何に使いますか?

ゆっくりお風呂にも入れます、晩酌を楽しむこともできます、友人とディナーに出かけることだってできますよ。

 

往復2時間の通勤時間は長すぎです。

 

仕事を選ぶときは通勤時間も考えて

仕事を選ぶときに、職種や仕事内容、給与や福利厚生はしっかりとチェックするのに、意外と距離を考えていない人がいます。

「片道60分なら全然OK」

と、軽い気持ちで決めてしまって良いのでしょうか?

 

仕事は疲れるものですが、疲れた体で60分もかけて帰るのは、さらに疲れるものなのです。

「内定がもらえたから、少し遠くても我慢しよう」

「待遇が良いから、ここにしておこう」

通勤時間を軽く見ると、あとでものすごく公開することになります。

実際に、通勤がハードだとストレスや疲労感だけでなく、離職率も高くなるという調査結果があるのです。

 

出来れば、片道60分以内の仕事を選ぶようにしてください。

もしくは、60分を超えるような引っ越しを考えても良いのです。

 

せっかく見つけた仕事を変えるくらいなら、近くに引っ越しするくらい何てことないですよね。

 

転職を少しでも考えたらリクナビNEXTに登録

国内№1転職サイトリクナビNEXT は「転職を少しでも考えたらリクナビNEXT に登録する」と言う流れが出来ているほど、知名度の高い転職サイトです。

国内№1サイトと言われるだけあり、案件数や求人の質、スカウト機能が充実。

最初の登録の段階でレジュメ(職務経歴書)を入力して、スカウト機能を有効にするのがコツ。

スカウト機能を有効にすることで、あなたの経歴や年齢などを見て興味を持った企業からスカウトメールが届き、場合によっては書類選考が免除されることも。

転職を少しでも考えたらリクナビNEXT に登録しましょう。

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi