bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

仕事の悩み、誰に相談する?上司?同僚?それとも友人?

仕事の悩み、誰に相談する?

仕事の悩み、誰に相談しますか?
業務上の悩みや人間関係の悩み、仕事の進めかたなど、「だれかに相談したい!」と思うことは沢山ありますよね。

マイナビウーマンによると、仕事の相談相手は先輩や上司が一番多いそうです。

  • 先輩・上司……4%
  • 同期……3%
  • 恋人……6%
  • 社外の友達……1%
  • 母親……4%

引用:マイナビウーマン「グチり相手と相談相手は別! 仕事の悩みを聞いてもらう相手とは?

女性はコミュニケーションが上手なので、相談も気軽にできるようです。
でも男性は、誰にも相談せず、自分の胸にしまう方が多いようですね。

仕事の悩みでも、ひとりで抱え込んでいるとだんだん苦しくなってくるもの。

そこでこの記事では、相談相手別で「相談していいこと」と「いけないこと」を考えていきます。
誰に相談しようか悩んだら、ぜひ参考にしてください。

上司に相談

仕事の経験も豊富で実績もある上司は、仕事の相談をするのに最適です。

相談していいこと

上司に相談するのは業務上の悩みや仕事の進め方について。
そもそも上司は仕事をスムーズに進めるために存在するようなもの。
部下の仕事の進捗も確認する必要がありますよね。

なのに肝心な部下が業務上の悩みや仕事の進め方を相談しなかったら、期日までに仕事が終わらない可能性もあります。

担当している仕事の負荷が高すぎるときも、何か問題が起こった時も迷わず上司に相談しましょう。
きっと豊富な経験から、適切なアドバイスをしてもらえます。

相談してはいけないこと

上司に相談してはいけないことは、転職と人間関係です。

転職を上司に相談すると、辞めざるを得ない環境になってしまうことがあります。
親身になって相談に乗ってくれますが、一度「辞めようと思っています」と言えば、「あいつは何かあったらやめるかもしれない」という印象が残るものです。

もし上司に転職を相談するのなら、辞める覚悟を決めてからにするべきです。

職場の人間関係も、上司に相談するのは最終手段にしてください。

ぼくの同僚で、人間関係の悩みを上司に相談した方がいます。
ですが上司の経験が不足していたため、解決どころか悪化させてしまいました。
結局その方は職場にいづらくなり、退職しています。

上司の経験値も関係するので、人間関係の悩みを上司に話すのは、最後の手段にするべきです。

先輩に相談

先輩は同じ職場で似たような悩みを経験している方も多く、相談しやすい相手です。

相談していいこと

先輩に相談するのは、業務上の悩みや仕事の進め方についてです。

年齢の近い先輩であれば、同じような悩みをもった方も多いはず
なのでよりリアルで、参考になるアドバイスを貰えることがあります。

また「人間関係」の相談も、先輩なら安心して話せますよね。
似たようなことを感じている可能性もあるので、相談しても良いかもしれません。

相談してはいけないこと

転職や人間関係の悩みを相談するときは、注意が必要です。

後輩の悩みを自分のことのように受け止め、良かれと思って上司に話してしまう方もいます。

また人間関係は、人によって感じ方が違うもの。
先輩が誰と仲良くしているのか、見極めてから話すことが大切です。

同僚に相談

同僚は同じ時期に入社していることも多く、話やすい相手です。

相談していいこと

同僚はある意味でライバルです。
なので相談をするのではなく、軽く愚痴を言い合ったり、今担当している仕事の話をする程度の関係がベスト。

「誰かに話を聞いてもらいたい」のなら、同期が一番話しやすいはず。
同じ職場で働いているからこそ、気持ちを共有できるでしょう。

相談してはいけないこと

仕事や転職、人間関係など、深い話をするのは避けましょう。
理由は次の3つです。

  • 経験が不足しているため解決できない
  • 役に立つアドバイスが望めない
  • 話が広まる可能性がある

相談するというより、話し相手と考えた方がいいかもしれません。

恋人(家族)

恋人は色々な相談をしやすい相手です。

相談していいこと

恋人は信頼できる相談相手です。
なので悩みがあるのなら、隠すことなく相談するべきでしょう。

相談してはいけないこと

相談してはいけないことは、特にありません。

ただ気を付けたいのは、恋人のやさしさに甘えて「愚痴」をこぼし過ぎないこと。

一緒にいるときはお互いに幸せな時間を共有したいですよね。
愚痴が多すぎると、幸せな時間を壊してしまうかもしれません。

社外の友達

友達はとても信頼できる相談相手です。

相談していいこと

仕事で悩みがあるのなら、何でも相談してみてください。
第三者の立場から、社内の人とは違う意見が聞けるはずです。

転職や人間関係についても、自分とは違う視点で考えてくれるため、きっと参考になります。
興味のある業界について、聞いてみても良いかもしれません。

相談してはいけないこと

相談してはいけないことは、特にありません。

ただ社外の友人は、会社の相談を理解してくれるのに少し時間が掛かるかもしれません
「同じ職場で働いていない」ので、なるべくわかりやすく話すことが大切です。

母親

母親に隠し事をする必要はありません。
相談したいことがあるのなら、どんどん話をしてください。

母親ですから子供の悩みには、親身になって相談に乗ってくれます。
また自分の経験から、役に立つアドバイスを貰えることでしょう。

ただ男性の場合はずらいですよね。
話しづらいのであれば、無理に話す必要はありません。

話を聞いてほしいだけなら女性に相談する

特に悩みがあるわけでもなく、誰かに話を聞いてもらいたいのなら、相手は女性がおすすめです。
なぜ女性がいいのか。
その理由は、女性は話を聞くことが上手だからです。

男性に相談すると、ほとんどの場合解決策を示されます。
ただ話を聞いてほしいだけでも、こうしたらいい、ああしたらいいと、とにかく解決したがるものです。
そして解決策を無視されると、「俺の話を無視した」と、機嫌が悪くなります。

相談することでストレスが溜まることも多いので、男性は避けるべきです。

最後に

仕事の悩みを相談するときに大切なポイントは、信頼できる人かどうかです。
深刻な悩みなら、尚更相手が信頼できるかどうかを判断してください。

適当に相談して職場中に話が広まってしまった。

こういう悩みを持つ方は、想像以上に大勢います。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi