読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

やりたい仕事を求めて転職するなら20代のうちに

f:id:ranmaru-24mensou:20170307103213j:plain

やりたい仕事がない、やりたい仕事に就きたいと、目的を「好きな仕事をやること」として転職する人がいます。

この考え方、ぼくは大好きです

ぼくが転職した理由も「おれはもっとできる」と、給与UPとやりがいを求めていました。

それも20代後半から30代にかけて。

その結果、すごく苦労したわけですが。

だからこそ思うことがあります。

それは「やりたい仕事」や「やりがい」を求めて転職するのは出来れば20代までにしておきましょう。

ということ。

 

 

やりたい仕事を求めると給与が下がる

好きな仕事がやりたくて転職を考える人は、転職に求める最優先事項が「好きな仕事」「やりたい仕事」になります。

次は「給与」や「休日」になるでしょう。

つまり、給与は少なくてもいいからやりたい仕事、やりがいのある仕事に就きたいと考えるわけです。

その結果。

やりたい仕事に転職できたとしても給与が下がります。

年収600万円近くもらっていた人が、ベンチャー企業に転職して400万円まで下がることも良くある話なのです。

25歳くらいで年収が下がる分にはさほど問題になりません。

転職したベンチャー企業が成長して、本人も出世して給与が増えるかもしれません。

経験を積んでから30歳になるまでにもう一度転職して、給与を増やすこともできますよね。

 

結婚すると優先順位が変わる

結婚をすると優先順位が嫌でも変わります。

共働きをしているときは仕事に好きや、やりがいを求めることもできますが、子供が生まれた瞬間から、最優先は子供になるのです。

そして、子育てをしている間奥さんが働けなくなり、生活費は旦那さんの給与で補うことになります。

となると、好きな仕事、やりがいのある仕事だけを求めることは出来なくなりますよね。

必然的に「高い給与」が最優先になってくるのです。

また、結婚すると子供や家族の将来について考えることが多くなります。

毎日の生活費もそうですが、将来の学費、成人式の費用、子供の結婚に向けた貯蓄。

親の介護費や自分たちの老後の費用、マイホームの資金や車などなど、とにかくお金のかかる話ばかりになってくるのです。

 

30代で収入が減ると元に戻すのが難しい

収入が下がる転職は20代までにしたい理由は、30代で収入が減る転職をすると、もとに戻すのが難しいからです。

最初に書いたように、好きや、やりがいを求めて転職を考えた場合、給与の優先順位が低くなります。

すると、100万円単位で年収が下がることも場合によってはあり得るのです。

将来出世して取り戻せるなら問題はない。

でも、本当に出世できる保証はどこにもありませんし、出世して給与が増える保証もありませんよね。

そして中途で入社した場合はその会社の給与テーブルが基準になります、当たり前ですが。

もし転職した先で昇給があったとしても数千円でしょう。

下がった年収分取り戻すのに何年かかるか分かりませんよね。

ネット上の意見を見てみても、「仕事は楽しいが給与は安い」か「仕事は辛いけど給与は高い」の2極化しています。

やりがいのある楽しい仕事は「働きたい!」と考える人が多い。

当然需要もありますから、給与は安い傾向があるのです。

結婚して子供が出来たのに給与が下がってしまっては、過去の転職を後悔することにもなりかねません。

 

やりたい仕事を求め続けるのも悪くはない

否定的なことばかり書いてきましたが、やりたいを求め続ける人生が嫌いなわけではありません。

将来結婚して子供も欲しいと考えているのなら、家族のために収入が下がる転職は20代までにしておいた方が良いよ。と言う話です。

やりたい仕事を求め続けるのも悪くありませんよ。

ぼく自身経理がやりたいと職業訓練校に通って、30代で経理に転職しましたから。

そして営業に戻されましたが(笑)

今も懲りずにやりたいことを仕事にしようとあがいています。

でも、将来の収入や家族のことを考えるのなら、収入が下がる転職はよほどの理由がない限りお勧めしません。

30代子持ちで家族を巻き込んで「旦那がやりたいことをやる」ための貧乏は、ちょっと洒落になりませんよ。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi