読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

今の会社で出世できるかを確認する方法。客観的に自分を見ることが大切

出世できるかを確認する方法

今の会社で出世できるかどうかを確認するには、自分を客観的に見る必要があります。

また、想像力を膨らませて、10年後20年後の自分がどうなっていそうかを考えることも大切なことです。

 

結婚して30代になり、子供が生まれると将来のことを考える機会が多くなってきます。

ぼくは、ものすごく多くなりました。

将来出世できるのか、昇給するのかは生活につながる大問題です。

では、出世できるかどうかは、どう確認すればいいでしょうか。

この記事では、ぼくが実際に行っている方法を紹介します。

 

 

自分を客観的に見る

まず、社内での自分のポジションを確認します。

一番確認しやすいのは成績ですね。特に営業だと自分がどの位置にいるのかすぐわかると思います。

もし、下から見た方が早いのであれば要注意。

何かあった時に、真っ先にリストラ候補になる可能性もあります。

 

方法は2つ。

転職して、もっと成績を上げやすい会社、つまり緩い会社に転職するか、今の職場で上位に食い込めるよう頑張るかです。

ただし現実問題として、今より緩い会社を探す方法がありません。

ハローワークや転職エージェントに「僕でも出世できる会社を紹介してください」と言えば、ひょっとしたら紹介してくれる…かもしれませんが、やっぱり現実的じゃありませんよね。

なので、覚悟を決めて転職するか、今の会社で頑張るかの2択になります。

 

ぼくは経理から営業に回されたとき、今の会社で頑張る方を選びました。

それこそ毎日残業休みなしで働き、上位に食い込んだのです。

 

客観的に自分の位置を見ることが出来れば、出世するために今何をすれば良いのかが分かりますよね。

 

社内にポジションがあるか考える

社内にポジションがあるかどうかも大切です。

会社によっては部長以上の役職や役員が、決まった大学の卒業生で構成されていることもあります。

あるいは同期と比べて成績では負けていないけど、学力で負けている場合も注意が必要です。

 

また、少子高齢化の影響もあって、上は人が余っているけれども下は少ない、と言うこともあります。

上が余っていると当然ポストに空きがありません。

すると、上に居る方々が退職するまで自分の順番が回ってこない可能性もあるのです。

 

ぼくの初めての転職は、上に上がれないことが分かったからです。

このまま勤めてももう一つ昇進したところで出世は止まる、そして給与も増えなくなることが明らかでした。

ここまでの分析は良かったのですが、若さゆえに馬鹿だったのでしょう、あとは勢いで退職してすごく苦労下のです。

 

経理から営業になった会社では、いつの間にかぼくと同年代の営業が退職や異動でいなくなっていました。

後輩はぼくよりも10歳近く年下、営業成績はぼくの方が上、そして上司は部長と課長の2人だけ。

2人とも50歳を超えていたので、あと10年程度で定年退職する可能性が大きい。

となるとあと数年で課長に、50歳までには部長になれるな。と言う未来が想像できました。

 

出世を考えたとき、社内にポジションがあるかどうかは大切なことです。

会社全体を見渡して、将来を想像してみてください。

 

「転職=出世」ではない

成績は優秀だけと社内にポジションが無い場合は転職も視野に入れましょう。

ただし、忘れてほしくないのは転職したからと言って、確実に出世できるわけではない、と言うことです。

 

転職することで手に入るのは「可能性」です。

今の会社では出世できる「可能性がない」から可能性を求めて転職するのです。

当然、そこにはリスクが伴います。

 

転職先では1から人間関係を築いていかないといけませんし、実績はゼロからのスタートです。

当然比較する同僚のレベルも違ってきます。

ひょっとすると、同僚のレベルが今よりもものすごく高いかもしれないのです。

 

「転職=出世」にならないことは、肝に銘じてください。

 

最後に

出世できるかどうかを考えるのは、すごく大切なことです。

それだけやる気がある、と言うことですから。

それに、出世できるかどうかを考え、自分を客観的に見ることで「今何をするべきか」が明確になってきます。

ぼくのように勢いだけで行動しなければ、キャリアアップにつなげることが出来るはずです。

 

もし、出世の可能性を客観的に見て、その結果今の会社に不満や不安があるのなら、早めに行動を起こした方がリスクを回避できる可能性は高くなります。

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi