読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

求人の募集条件を満たしていなくても諦める必要はない

求人の募集条件を満たしていなくても諦める必要はない

求人の募集条件を見て、応募するのを諦めたことありませんか?

例えば経理なら、日商簿記2級以上、経験3年以上を求める求人が多くありますし、エンジニアならCAD経験者、金型設計経験者などがあります。

それ以外にも、びっくりするほど細かい条件が書かれていることもありますよね。

 

 求人の募集条件が自分に合っていないと、応募を諦めてしまうことがあります。

「CADは経験したことがあるけど、金型の設計は無いな。ほかの求人を探そう」

と言った具合に。

 

でも、求人の募集条件だけを見て応募を諦めるのはもったいない。

ダメもとでもいいから、ぜひチャレンジしてください。

ひょっとすると、人柄や可能性を見込まれて、採用されるかもしれませんよ。

 

 

募集条件は応募者を絞り込むために書かれている

求人票に書かれている募集条件は、半分ウソくらいに思っているのが丁度良いのです。

例えば営業経験5年以上という条件。

実際、同じ会社で働いている営業を想像してください。

経験2年の人と経験5年の人で、どれ程の違いがありますか?

場合によっては経験の少ない人の方が大きな売り上げを上げている事も珍しくないのです。

 

資格については、要は最低限の知識があることを確認するために設定している可能性もあるのです。

また、「その分野で知識を深めるために学ぶ姿勢がある」ことを確認したいのかもしれません。

 

特に最初に書いた経験年数を言葉通りに信じる必要はありません。

仕事のできない人は5年経験しても10年経験しても出来ませんし、出来る人は1年で出来るようになるかもしれないのです。

経験年数は「5年と書いておけば自信のない人は来ないだろう」くらいの意味だと思っても良いかもしれませんね。

 

応募してみないと分からない

実際に会社がどんな人を欲しがっているのかは、応募してみないと分かりません。

ハローワークなら、職員に「募集条件を満たしていませんが応募できますか?」と聞いてください。

本当にその条件の人が必要な会社なら、その場で教えてくれますし、可能性があれば会社に直接問い合わせてくれます。

 

転職サイトを利用しているのなら、とりあえず応募してみましょう。

ダメなら断られるだけです。

ただ、転職サイトは書類選考からスタートすることがほとんどなので、自分が適した人材であることを効果的にアピールする必要があります。

適当な文面で数打てば当たるだろうと申し込みしても、通ることは少ないでしょうね。

 

やりながら考える

求人は掲載期間が決まっていますから、気になった求人があったらとにかく応募することをお勧めします。

ハローワークの求人掲載期間は最長で2か月。

転職サイトの場合は2週間程度です。

悩んでいる間に、掲載期間が終わってしまうこともありますし、ギリギリで申し込むとすでにほかの人に決まっていることもあります。

 

それに、書類選考はなかなか通りません。

1社狙い撃ちで会心の出来栄えの先行書類を送付しても、落ちる確率の方が高い。

転職で1社内定がもらえるまでに必要な応募会社数は13社~20社だと言われています。

 

良くても13分の1でしか内定はもらえないのです。

だから募集条件を満たしていない求人に先行書類を送って落ちたとしても、気にする必要はありません。

落ちる確率の方が高いのですから。

 

とにかく応募することが大切

ぼくもそうでしたが、転職活動を行っているととにかく条件の良いところを探そうとします。

給与だけでなく、仕事内容、福利厚生など全てで80点以上を目指してしまうのです。

そしてやっと見つけた合格点の求人に半分受かったつもりで先行書類を送り、選考に落ちると「もうだめだ」すごく落ち込むのです。

 

先ほども書きましたが、1の1で採用されることの方が珍しいと思ってください。

ましてや条件の良い会社は大勢の人が申し込むので落ちて当然と言えば当然です。

 

それよりも、転職で譲れない事を1、2個決めて、それを満たす会社にどんどん応募するべきです。

 

落ちて当たり前、通ればラッキー

 

そのくらいの気持ちで進めた方が、良い結果が出るはずです。

 

求人情報はハローワークと転職サイトを利用して集める

転職サイトの求人情報には、ハローワークよりもはるかに細かく情報が掲載されています。

また、ハローワークには転職サイトを利用しない中小企業の求人が掲載されています。

つまり、この二つを利用すればほとんどの求人情報を集めることが出来るのです。

利用する転職サイトはリクナビNEXT

業界最大手のリクナビNEXT は掲載されている求人の量がとにかく豊富なので、求人情報を集めるのに最適です。

 

転職エージェントの利用も検討する

ハローワークや転職サイトだけではなく、転職エージェントも並行して活用すると、それだけ早く希望の職種に転職できる可能性が上がります。

転職エージェント最大手のリクルートエージェントは、求人の量が多く質も高いことで評判です。

担当になるキャリアコンサルタントにより対応に差が出てしまうのが玉に瑕ですが、大手ならではの経験と実績からくるアドバイスは、すごく参考になるので、利用者の多くが「満足した」と感じているようです。

また、求職者の経歴をしっかりと考え未経験の職種でも求人を紹介してくれるので、迷っている方には選択肢が広がって嬉しいですよね。

求人の質だけを考えても登録する価値がある転職エージェントです。

登録はこちら⇒リクルートエージェント

 

転職は、利用できるサービスは何でも利用するくらいの気持ちで丁度良いのです。

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi