bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

ノルマや飛込み営業がある営業は辛い。適性が無いなら転職も考えよう

営業が辛いと感じる理由

営業は肉体的にも精神的にも辛い職業。新卒者の9割が「営業にはなりたくない」と言っているほどですから、相当厳しいイメージがあるのでしょう。

さて、営業は辛いと言いますが、具体的にどんなことが辛いのでしょうか。

 

 

飛込み営業が辛い

飛び込みに慣れず毎日転職を考えてしまう人は多いもの。「仕事だからやらなくちゃ」と心では分かっていても、どうしても企業の前で立ち止まってしまい逃げたくなるものです。

飛び込み営業で相手から怒られるのが怖いという気持ちと、おそらく相手が必要としていないものを紹介することに罪悪感を持ってしまうことが原因。もし扱っている商品に興味がないなら飛込み営業は辞めるべきです。嫌いなものを人に売り込むのは仕事だと分かっていても辛いものですから。

飛込営業が辛くなるのは「相手に怒られる、邪険にされる」ことへの恐怖と、「必要のないものを売ることに罪悪感を覚える」からです。

 

テレアポが辛い

営業の中には電話でアポイントをとる、テレアポと言う仕事があり、それを専門に仕事をしている人もいます。(テレフォンアポインター)

テレアポが辛いのは、突然怒られる、ガチャ切りされる、アポイントのノルマが達成できないからです。

1日にかける電話の量は少なくても100件、多ければ400件・500件はかけることになります。しかも、ひどい時には100件連続でガチャ切りされることもあるのです。

そして1日のノルマが達成できないと上司からきつい叱責を受けることもあります。

顔も見たことのない人に突然電話を掛けるのですから、テレアポは割り切ることが出来ないとすごく辛い仕事です。

 

売上・ノルマが辛い

営業が辛いと割れる代表が「ノルマ」です。

辛くなる理由はすごく簡単で、今月はノルマを達成しても来月はまたゼロ殻になることと、1度達成するとノルマが増えることです。つまり、どこまで行っても終わることのないノルマとのイタチごっこ、これがノルマのある営業の実態です。

もちろん、目標としてノルマを設定する営業も沢山ありますが、給与が歩合制の営業のほとんどが「ノルマとの闘い」になります。

歩合制の営業が離職率も高いですから、就職する前に仕事内容をしっかりと確認しましょう。

 

お客さんに嫌がられたり怒られたりする

営業なら一度は「挨拶をしただけで嫌われた」経験をしたことがありますよね。

人の印象は出会って10秒程度で決まると言われていますから、挨拶だけで嫌われても不思議はありません。

中には「お客様は神様」だと勘違いしている人もいて、ことあるごとに「客だから」と言い始める面倒な人や、ミスや不具合があると必要以上に怒るお客さんも大勢います。

ときにはあまりにも理不尽な内容で怒ったり、やり込めることを目的とした苦情を言ってくる人もいるのです。

お客様と直接接する職業だから「仕方がない」と諦めるしかないかもしれません。

 

アポイントを取るための電話やメール連絡が面倒

アポイントを取って会いに行くのは当たり前ですが、そのアポイントを取るのが面倒くさい。

お客さんに怒られたり嫌われたりしていると、アポイントなんて取りたくないと思いますよね。

営業はお客さんに会うことも大切な仕事、アポイントの連絡から逃れることは出来ません。

 

無理難題を言ってくる

無理難題を言ってくるお客様は想像以上に多いものです。なかには「言うだけなら無料」だと、とんでもないことを言い出すお客さんもいます。

しかも上から目線で「仕事を出してやるんだから何とかしろ」と言うオーラが出ているお客さんも現実に居るのです。

こういう場合は「無理です」って断るのが正解ですよね。

 

お客さんによって態度を変えることが出来ない

好きなお客さんも嫌いなお客さんも、同じ態度同じ笑顔で接しないといけません。

これが思っている以上に難しい。

無理難題を言ってきたり、あからさまに嫌な態度を取られたりしても、態度を変えることは許されないのです。

 

まとめ

営業が辛くなるのは「とにかく売ってこい。売れない奴はいらない」と言う姿勢がいまだにあるからでしょうね。

そして「売ってこいと言う割に教育がない」ことも原因です。

やり方が分からないのに売れと言われても売れるわけがありません。

※「営業を辞めたくなるのは教育が不十分だから

やり方を理解すれば営業はとてもクリエイティブでやりがいのある仕事なのです。そしてやりがいのある営業に就職するには、職場選びがとても大切なのです。

 

転職は転職エージェントに相談

転職エージェント最大手のリクルートエージェントは、求人の量が多く質も高いことで評判です。

担当になるキャリアコンサルタントにより対応に差が出てしまうのが玉に瑕ですが、大手ならではの経験と実績からくるアドバイスは、すごく参考になるので、利用者の多くが「満足した」と感じているようです。

また、求職者の経歴をしっかりと考え未経験の職種でも求人を紹介してくれるので、迷っている方には選択肢が広がって嬉しいですよね。

求人の質だけを考えても登録する価値がある転職エージェントです。

登録はこちら⇒リクルートエージェント


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi