読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

コミュニケーション能力とは?コミュニケーションが失敗した本当の理由

コミュニケーション コミュニケーション-テクニック

コミュニケーション能力とは

同じ話をしても一生懸命聞いてくれる人と、聞いてくれない人がいます。私の事を解ってほしくて一生懸命話をしたのに、なぜかうまく伝わらない。何が原因なのか良く解らない。何か傷つけるような事をしたんでしょうか?

人の頭の中は常に色々な考えで一杯です。誰かの話を聞いているときでも違うことを考えています。過去の経験からくる習慣、先入観もコミュニケーションの邪魔をします。血液型で性格を判断するのが先入観のいい例じゃないでしょうか。

そして多くの人は自分中心の考えで相手の事を判断します。一生懸命話をしているのに聞いてくれない!と相手を責め、私はあなたのためを思って話しているの。と自分の都合を押し付けます。

物事を自分中心に考えるとコミュニケーションは上手くいきません。だから、コミュニケーションを妨げる本当の理由を知って、あぁそうだったのかと少しでも気持ちが楽になってくれれば嬉しいです。

 

先入観がコミュニケーションの邪魔をする

太っている人は優しい、痩せている人は神経質だと思っていないませんか?A型は几帳面、O型はおおらかで、B型は自分勝手だと決めつけていませんか?

そんな先入観がコミュニケーションの邪魔をします。痩せている人は神経質だと決めつけ、妙に気を使って話しかけ、B型は自分勝手だからとどんな話を聞いても、自分勝手な人だなと決めつけてしまう。

これではコミュニケーションが上手くいくわけがありません。色眼鏡をかけて相手を見ればコミュニケーションは難しくなります。相手が色眼鏡であなたを見ていてもおなじ、そしてこの色眼鏡を外すのはとても難しいんです。

 

頭の中は気になることで常に一杯

話を聞いているときに「この話が終わったら次は何を話そう」と考えたことはありませんか?

話を聞いているときに「今日の晩御飯は何かな?」と気にしたことがありませんか?

あなたが話をしている時、相手も同じように考えているかもしれません。そのくらい人の気持ちは移ろいやすく、集中力は切れやすいものです。

間違っても100%話を聞いてもらっていると思わないこと。あなたが話の最中に晩御飯の心配をするように、相手も週末のデートに着ていく洋服を考えているかもしれないからです。

そんな相手に話を聞いてもらうには、洋服よりももっと興味を引く話をしなければいけません。相手が黙って話を聞いているからと言って、理解してもらえたとは思わない事。

実際黙っているときは、ほとんど話を聞いていないんです。

話を理解してもらえた。このくらいのことは知っているはず、などと相手に期待するのもやめたほうがいいでしょう。それはすべてあなたの願望だから。

人の頭の中は色々な事で一杯になっています。そんな相手の興味を自分に向けてもらうのは意外と難しいもの。そして話を聞いてくれないからと相手を責めたとしても、コミュニケーションはとれません。

 

気持ちを表現しない

話をするときに自分の気持ちをひたすら隠していませんか?自分の気持ちを隠すのは、話すと何か悪いことが起こると警戒しているからでしょうか?

気持ちを隠しているせいか、質問をしても一言ぽつりと話すだけで会話が終わってしまったり、一言しか返してくれないから話も盛り上がらないんです。

そんな返答を繰り返していると周りに誰もいなくなります。

例えば友人との会話で思わず自分のプライベートな事を話してしまったとします。でもそれで何か痛い目にあったりしますか?その話をすることで、追い詰められることがありますか?

実際にそういった立場に立てばわかります。痛い目に合うことも、追い詰められることもないと。

プライベートな内容を知られるのはたしかに不安かもしれません。でも冷静に考えてみれば、いくらプライベートな事と言っても頑なに秘密にする必要はありませんよね。

会話をしている時はどうでしょう?少し考えてみてください。

なんでもオープンに話をするタイプですか?

秘密主義で自分の事は話さないタイプですか?

プライベートな話をするさじ加減は一人一人びっくりするほど違います。でもそのさじ加減1つでコミュニケーション力に大きな差がつきます。

 

原因は自分の内側にある

人の頭の中は常に色々な気持ちがぐるぐるとまわっています。あなたの話を聞いていなかったとしても、それはある意味仕方が無いかもしれません。

相手の注意を自分に向けてもらって、色眼鏡の無いところで純粋にコミュニケーションをとるのはとても難しいことです。コミュニケーションがうまくいかないからと、その理由を相手のせいにしてはいけません。

「話を聞かない相手が悪い」というのはあなたの考えだから。

相手の性格を変えようとしてもだめです。人は自分の思い通りには決してなりませんから。コミュニケーションが上手くいかない理由は自分の内側、つまり心の持ち方にあります。

そのことを理解しているかどうかでコミュニケーションの質は大きく変わってきます。

 

まとめ

先入観をなくして、相手の話を良く聞いて、心をオープンにすればコミュニケーションはたいてい上手くいきます。

でもそんなことが出来る人なんてそんなに多くありません。

当然、先入観がありますし、話を聞いていると飽きてきて集中力が切れてきます。それに心をオープンにすると言っても知られたくない事の1つや2つありますよね。

大切なのは、お互いにそういうものだと言うことを知ること。相手も同じように先入観があって、話に飽きたりするのだから、コミュニケーションが上手くいかない理由を、相手のせいにしても仕方がありません。

上手に付き合う方法を自分で考えて、行動する。それがコミュニケーションをとるための基本です。

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi