読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

会話力を鍛える。会話に乗ってもらう3つのコツ

コミュニケーション コミュニケーション-会話術

会話力を鍛える

会話は意見や考えを伝えるだけのものではなく、感情を伝えるための物でもあります。心の中から湧き上がってくる「嬉しい」や「楽しい」といった感情を上手に伝えられたらすごく素敵なことですよね。

会話をしているとき、私たちの心の中では「論理的な会話をしたい」気持ちと「自分の感情を発散させたい」気持ちが綱引きをしています。

例えば、相手のミスを指摘し、解決策を教え、次は失敗しないでねと注意するつもりが、ミスだけに意識が集中してしまい、気が付くと激しく叱ってしまい、ふと我に返った時、相手に申し訳ないという気持ちが働き「期待しているから強く言うんだぞ」とごまかしのように言ってしまったことがありませんか。

恋人と喧嘩をしてしまい、どうすれば仲直りできるか友達に相談していたのに、気が付けば恋人の愚痴とのろけ話を永遠としてしまったり。

何かを相手に伝えようとした時、考えを整然と並べ、論理的に話すだけでは相手は退屈してしまいます。かといって感情だけが表に出ても聞いてる相手は何の話なのか良く解らないでしょう。

会話力を鍛えるには、どうすれば相手が話を聞いてくれるのか、どうすればきちんと伝えられるのかを考えなくてはいけません。ここでは会話に乗ってもらうための3つのコツをご紹介します。

 

会話に乗ってもらうための3つの方法 

目的を告げてから話す。

いきなり次の質問をされたら、あなたはどう答えますか?

「年収はいくら?」

おそらく「なんで?」と聞き返すでしょう。

電話セースルではこんな質問を突然されることがあります。

「お住まいは持家ですか?賃貸ですか?」「お小遣い制ですか?」「お小遣いは月3万円くらいですか?」

この質問にもおそらく「なぜですか?」と聞き返すでしょう。うっかり答えてしまうと個人情報が漏れることになります。

何かを質問するときに、なぜその情報が必要なのかを省いて質問すると不信感を持たれやすくなります。突然「恋人はいますか?」なんて聞かれるとびっくりしますよね。だから質問をする前に目的を伝える必要があります。

例えば「週末何しているの?」と突然聞くよりは、先に目的を伝えると相手もすごくこたえやすくなります。

「一緒に買い物に行きたいんだけど週末何しているの?」

この質問ならYES・NOが言いやすくなりますね。

 

相手の気持ちを尊重する

感情のすれ違いから誤解が生まれることは沢山あります。誤解が生まれるほとんどの原因は相手の気持ちを尊重しなかったから。

例えば子供は出かけている時に突然「もう帰る!」と言いだします。お店でそんな光景を見た事がありませんか?お母さんが必死になって「もう少しだから」と説得していますよね。そんな時あなたならどんな言葉を子供にかけますか?

子供が駄々をこねてどうしようもなくなるのは、理由を聞こうともせず、頭ごなしに怒ること。力づくで言うことを聞かせようとすると子供も反発し、泣きだして手に負えなくなります。そうなると周りの目も気になって段々とお互いに嫌な気持ちになってしまいます。

どんな小さな子供でも話をすることができるなら、自分の気持ちを伝える事が出来ますし、伝えようとしてくれます。気持ちを尊重しきちんと聞いてあげれば、余計な反発が生まれることはありません。

聞き方、話の仕方であなたが相手をどう思っているかが必ず伝わります。相手の気持ちを尊重するようにしましょう。

 

話す言葉には必ず意味がある

話をしている時に的外れな質問をされると「あれ?聞いてないのかな?」と思ってしまいますよね。でも一見脈絡のない質問でも、相手にとってはすごく意味のある事なのかもしれません。

そんなすれ違いが起こる理由は、同じ話題で話をしていても頭の中では全然別の事を考えているからです。

よくお笑い芸人のコントに、お互い全く知らない間柄なのに知人と間違えて挨拶をしてしまい、何となく会話をしているとなぜか話がかみ合ってしまう。と言うのがあります。

観客としてそのコントを見ていると、微妙なずれがおかしくて仕方が無いんですが、実際の会話でもそれと似たような事はおこるんです。

会話の途中で突然話が飛んでしまう。音楽の話をしていたのが突然映画の話になり、なぜか相手の昔話になることもあります。

私たちは必要のない事をわざわざ話したりしません。話が飛ぶのも微妙にずれるのも、話したい事があったり、もっと仲良くなりたいと思っているからかもしれません。

出来れば、本題とは関係の無い話しにも耳を傾け、唐突な話題変換にもついていってください。そうすることで相手が何を考えているのか、より深く知ることが出来ます。

 

まとめ

話をするときは、話の目的を先に伝えるとお互いに話しやすくなります。質問をするなら先に答えを伝えてから質問するのも手です。答えが分かっていれば相手も話しやすくなります。

相手を尊重するのは当たり前の事。名前を名乗るときは自分から名乗りますよね。ところが相手が子供になると、なぜか名乗らずに「お名前は」と聞いてしまいます。大人同士ならそんな失礼な事はしませんよね。

話が途中で脱線しても、怒らず最後まで聞いてあげましょう。きっと満足してあなたの事を好きになってくれます。

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi