読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

ラベリング・テクニックで人をコントロールできる

コミュニケーション コミュニケーション-テクニック

ラベリング・テクニック

人をコントロールする方法があったとしたら。

人の言葉によって自分の行動が変わってしまったことはありませんか?

 

「頼れる人だね」と言われて、頼れる人を演じてしまった。

「こんな事じゃ怒らないよね」と言われ怒っているのに怒れなかった。

 

それには理由があります。

知らないうちにあなたは「〇〇な人」と言うラベルを付けられ、その通りに行動していたんです。

このラベルを貼り人をコントロールするテクニックを「ラベリング・テクニック」といいます。

 

ラベリング・テクニックとは

もしもあなたが、親しい友達から「いつも気配りが出来てすごいね」と言われたらどうでしょう?

悪い気はしないでしょうし、嬉しくなりませんか?

一度言われただけなら「そうなのかな?」と思うだけで終わるかもしれません。

では、会うたびに何度も同じことを言われるとどうでしょう?

「私って気配りができるんだ。」そう思えてきませんか?

気配りが出来ると思いそう意識したことで、いつのまにか本当に気配りの出来る人として振る舞うようになっていきます。

同じことを何度も何度も言われると、本当にその言葉の通りに行動してしまうこと。

これが「ラベリング」です。

言葉によって「意識づけ」と言うラベルを張ることからラベリング・テクニックと呼ばれています。

 

人の性格さえも変えられる

子供を注意するときこんな風に言っていませんか?

 

「なんであなたは宿題もしないで遊んでばかりいるの!勉強もできないし、成績も悪い、本当にダメな子だね!」

 

同じ言葉を何度も子供に言うと、本当に遊んでばかりいて勉強のできない子供になってしまいます。

 

「僕は遊んでばかりいるんだ。」

「僕は勉強が出来ないんだ。」

「僕はダメな子なんだ。」

そう思い込みます。

 

親の言葉を疑うことなく信じ、遊んでばかりいる子、勉強ができない子、ダメな子、そんな子供になっていきます。

そして成績は下がり、また叱られる。まさに悪循環です。

 

このことを認識すれば、多くの人は間違った叱り方をしていると気が付くはずです。

子供にあなたが思っている通りに行動をしてほしいのなら、まずはあなたの言動を変えないといけません。

 

簡単な事です。

 

あなたが望む行動をしたら相手をほめる。たったこれだけ。

あなたが望む行動を言葉に入れながらほめる。これを繰り返すだけでいい。

 

手伝って貰った時に「珍しい。雨でも降るのかな?」なんて否定的な言い方をせず「すごく助かる。ありがとう。優しいね。」と言えば、「手伝いの出来る優しい人」に。

 

子供が勉強しているとき「いつも勉強頑張っているね」と声をかければ「勉強を頑張っている人」になります。

 

それを繰り返すことで、子供はその言葉を信じ、「手伝いの出来る優しい人」「いつも勉強を頑張る人」にどんどんなっていきます。

 

だれかを注意するときも同じ。

 

「あなたは本当は優しい人なのになぜこんなことをするの?」

「責任感のあるあなただから、次は最後まで出来るよね?」

 

相手を認める言葉を投げかけることで、あなたの望む人になってもらうこともできます。 

 

知らないうちにあなたもコントロールされている

あなたが恋人のプレゼントを買いに行ったとき、店員さんから「恋人へのプレゼントを買うなんで優しい方ですね。」「素敵な方ですね。」そんなことを言われたら嬉しくなりませんか?。

 

そこに続けて「こちらがお勧めです。」「プレゼントの一番人気はこちらです。」なんて言われたらいかがでしょうか?

 

あなたは「私は優しいから恋人のために買わないと」そう思い、ちょっと高くても買ってしまいそうになりませんか?

 

お店でも頻繁にラベリング・テクニックが使われています。そしてあなたはラベリング・テクニックで毎日コントロールされているかもしれません。

 

「優しい〇〇さんは、こんな事じゃ怒りませんよね?」

「信頼できる〇〇さんだから話すんです。」

「お前はしっかりした奴だから、〇〇みたいなことはするなよ。」

「いつもトイレをきれいにご利用いただき、ありがとうございます。」

 

どこかで聞いたり、見たことがありませんか?

そしてその言葉通りに行動していませんか? 

 

人をコントロールするときは、最初にラベルを貼る

何かをお願いするとき、最初に交渉が通りやすいラベルを貼りコントロールすることもできます。

 

「あなたは男らしくてとっても気さくな方ですね。明日のデート私の友達も連れて行っていい?」

「頼まれたら嫌と言えない、とても頼りになる方ですね。急に用事ができちゃって。残業変わってもらえませんか?」

 

最初に「優しい人」「頼れる人」と言われると、その通りに行動したくなるもの。

そこにすかさずお願い事をする。ずるいようですが、効果は絶大です。

 

「気前がいい」「頼れる」「気さく」「面倒見がいい」「頼まれたらいやと言えない」「優しい」など。

 

使える言葉は沢山あります。

どうしてもお願いしたい事がある時。試してみたらどうでしょうか?

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi