読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

お願い聞いてもらう方法!「~なので~させてください」は魔法のフレーズ。

コミュニケーション-会話術

お願いを聞いてもらう方法

お願い事をするのに、とても強力な一言!

それは、「~なので~させて(して)ください。」です。

なんだそれ?

と思ったあなた!

このフレーズは人の心理に働きかける、すごい威力を持った言葉なんです。

 

「理由を添えたお願い事」は断れない

想像してください。

友達と約束した場所に向かっている途中、思わぬアクシデントで電車がストップ。

やっと取り付けた約束だから、遅刻は許されそうにない。

仕方が無くタクシーで行こうとしたけど、同じことを考えているサラリーマンでタクシー乗り場には長蛇の列が!

時計を見るともう時間がないし、列に並んで待っていたら間違いなく遅刻してしまう。

頭の中に待ちぼうけをくらい怒っている友達の顔が浮かんでくる。

どうせ遅刻するならダメもとでお願いしてみよう!

開き直ったあなたはつかつかと列の先頭に行き声をかけた。

「すみません!タクシーに乗りたいので先にタクシー乗らせてください!」

あまりに急いでいたので何を言っているのか良く解らない。

急いでタクシーに乗りたいのはみんな同じ。

断られて終わるだろうな。と思ったら・・・。

なぜかすんなり順番を譲ってもらい、無事約束の時間に間にあった。

そんなことあるわけがない!

と思いましたか?

ところが、

そんなことがあるんです!

人は「~なので~させてください。」と言う頼まれ方をすると無条件に受け入れてしまう傾向があります。

有名なのが「コピーの実験」です。 

 

中身のないお願いでも通る!?

心理学者ランガーがコピーの行列を使い

  • 「お願いだけをした場合」
  • 「もっともな理由をつけてお願いした場合」
  • 「理由にならない理由を付けてお願いした場合」

それぞれの承諾率を調べる実験を行いました。

これが「コピーの実験」です。

 

もっともな理由を付けたお願いをA

A「急いでいるので先にコピーを取らせてください。」

理由にならない理由を付けたお願いをB

B「コピーを取りたいので先にコピーを取らせてください。」

 

とします。

Bのお願いは意味不明ですね。こんなお願いをされても「何言ってるの?」で終わると思いませんか?

ところが、実験結果で意外な数字が出たんです。

実験結果(お願いを承諾した確率)

  • 何も理由を付けずにお願いした場合:60%
  • Aのお願いをした場合:94%
  • Bのお願いをした場合:93%

なんと!

理由にならない理由でも93%もの人が承諾!

実験の結果から「~だから~させてください」の形になっていれば理由はなんでもいいことになります。

この「コピーの実験」のように、ある働きかけによって無条件に行動を起こすことを「カチッサー効果」と呼びます。 

 

重要なお願いをするときは、きちんとした理由を言おう

理由は何でもいいと言いましたが、それはお願いする内容が簡単な場合だけ。

「コピーを取りたいから、先に100枚コピーを取らせてください。」と言った場合、承諾してくれる確率は一気に下がります。

重要なお願いをするときはきちんと理由を伝えましょう。テクニックなどではなく、それが礼儀です。

 

恋愛のテクニックとして大きな効果がある

好きな人と出かけたい。

お昼を一緒に食べたい。

そんな時に「~だから~させてください。」はとても便利です。

「映画行こう」「お昼食べに行こう」

と誘うよりは

「君の好きな映画がやってたから一緒に行こう。」

「美味しいハンバーグのお店見つけたから一緒に行こう。」

「新しい帽子を買いたいから買い物に行こう」

と、理由を付けて誘えば一緒に行ってくれる確率が高くなります。

好きな食べ物や映画、音楽など、相手の好みがわかっているのなら、それを理由にして誘うとさらに効果があります。 

 

まとめ

簡単なお願いなら、意味が解らないもっともらしい理由でも効果がある、それが「カチッサー効果」の面白いところ。

ポイントは「~だから~させて(して)ください。」という表現です。

誰かをデートに誘う時も何か理由をつけて誘えば確率UP。

「明日天気がいいみたいだから一緒に買い物に行こう!」

「新しい洋服を買ったから映画でも見に行かない」

効果の高いこの方法。

是非覚えて、毎日を楽しく過ごしてください。


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi