読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

話を聞く姿勢になってる? きちんと話を聞けば、皆から必要とされる人になれる。

コミュニケーション コミュニケーション-会話術

f:id:ranmaru-24mensou:20150811192342p:plain

話を聞くと言うことは、話を通じて相手の事を分かろうとすること。

と言うことは、話し手のことを分かろうとする姿勢で聞く必要があります。

話を聞くときについ「私のほうが詳しい」とか「そんな話より私の話を聞いて」とか、自分の考えを相手に押し付けがち。

 

でも人によって考え方は違いますし、価値観も違います。

自分の考えを全面に出していては、話をきちんと聞くことはできません。

きちんと話を聞かない人は、なかなか人から信頼されないものです。

話を聞くときは相手が「どんな考えで、どんな思いを抱いていて、何を伝えようとしているのか」と言うことをよく考えながら聞くことが大切です。

 

相手のことが分かるとは?

会話を通じて相手の事を分かろうとすることは、

「何を伝えたいのか」

「何を考えているのか」

「なぜそんな言い方をするのか」

を聞くことで理解することです。

 

相手の話していることが常にその人の「本当に伝えたい事」であるとは限りません。

 

例えば仕事を頼んだ時に「私はやりたくありません!」と答えた人も、本当は「私には出来ないかもしれない」「失敗して周りに迷惑をかけたくない」そう思っているかもしれないのです。

 

周りの人に気を遣いすぎて、自分の気持ちが正直に言えないこともあります。

 

そんな「本当の気持ち」をつかむには、聞く側が相手の本当の気持ちを理解しようとしているか、聞く姿勢が出来ているかどうかで、どこまで相手の気持ちが分かるかが決まります。

 

聞く姿勢が大切

会話をしているとき黙っていては、「本当に聞いているのかな?」と不安になります

話を聞くときは次のことに気を付けて聞くようにしましょう。

 

相手の話しに集中する

話を聞いているのに全然違うことを考えたりしていませんか?

まずは相手の話に自分の気持ちと身体を100%向けて聞くことを心がけましょう。

気持ちを向けるとは、意識を相手に集中すると言うこと。

身体を向けるとは、身体の向きを相手に向けると言うことです。

 

目は話をしている人を見ていますか?

身体は? 違う方を向いていませんか?

 

話しをしている人はこの事を敏感に感じ取ります。

意識と身体を相手に向けるのは、とても大切な事です。

 

「ながら」聞きはやめる

パソコンを打ちながら、スマホをいじりながら話を聞いていませんか?

 

仕事が忙しいからをよそ見をして話しを聞いたり。

テレビが面白いからと、軽く聞き流したり。

 

これ、すごく失礼ですよ。

 

何かをしながらは話しを聞くのは、聞いていないのと同じ。

たとえ作業中であっても話しかけられたら手を止めて、聞くようにしましょう。

 

「聞いているよ」とサインを送る

話しは聞いているけど、相づちもうたずボーっと聞いているように見える。

これでは話している相手も面白くありません。

相づちを打ったり、アゴを大きく動かしてうなずいたり。

 

ちゃんと聞いているよ!

 

そう相手にサインを送りましょう。

 

アゴを大きく動かすのはかなり効果的ですし、一緒に笑ったり怒ったりするのもいいですね。

 

「なるほど」「そうなんだ」「わかるよ」

 

と言った相槌も必ず入れてくださいね。

 

話をさえぎらない

相手の言葉に自分の言葉をかぶせたり、話の途中なのに「わかった!」と遮って話し始めたりすると、とても気分を害することになります。

特に自分が詳しい分野の話だと、ついつい口をはさみたくなるもの。

我慢するのは大変ですが、口をはさまず最後ま聞いてあげることが大切です。

 

質問をしよう

話の中で解らない事があったら、続きを聞きたいと言う気持ちを込めて質問をしましょう。

会話を弾ませるのに質問はすごく効果があります。

 

「それからどうなったの?」

「なるほど、それから」

 

など続きを話すように促すのも効果的です。

 

オウム返しをしよう

相手の言ったことの一部をそのまま返すオウム返し。

会話を弾ませるにはかなりの効果があります。

といっても、適当にオウム返しをしていると怪訝な表情をされるもの。

 

効果的なオウム返しをするには、相手の話を注意深く聞く必要があります。

 

話しを聞いているよ、こう言ったんだよね。

 

そう確認する意味も含めて、オウム返しもすごく効果的です。

 

まとめ

聞くと言うことは相手のことを分かろう、理解しようとすることです。

 

話をきちんと聞ける人は自然と周りから信頼され、必要とされます。

きちんと聞くことでとても強い信頼関係、絆を結ぶことも出来ます。

 

何で話しを聞くだけで信頼されるのか。

 

それは、話しをきちんと聞くのって実はすごく大変なことだから。

 

大変だからこそ。

 

きちんと話を聞ける人は信頼されるんでしょうね。

 


----- カテゴリ -----
転職 30代の転職 働き方コラム 派遣から正社員 ニートから正社員 転職サイト 転職エージェント 雑記

転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi