読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

仕事よりプライベート優先。でも連休中仕事をする人が50%もいる!

仕事よりプライベート優先

「プライベート優先派」が増えています。

仕事人間が多い日本でも、初めてプライベートを優先する人が仕事を優先する人を越えました。

これすごくいいことですよ!

 

仕事! 仕事!! 仕事!!! 

 

これじゃつまらないじゃないですか。

 

仕事をきちんとやっていればプライベート優先でいい

ぼくは去年までプライベートより仕事優先の毎日を送っていました。

 

夜は22時~23時まで会社にいるのが当たり前。

出張の前は資料を作成するために0時過ぎまで働くことも当たり前。

休みの日も当然のように休日出勤。

 

周りの社員からは

 

「会社のがお前の自宅だもんな」

「いつ来てもいますよね」

 

と冷やかされることも。

 

残業代がかなりついて収入は増えましたが、仕事が趣味のような毎日。

収入が増えても使う事はない。

 

でもそれも、ある事実に気がついた時、残業するのは辞めることにしました。

 

ある事実とは

 

残業で収入が増えても、基本給はほとんど増えない&評価もされない

 

ってこと。

 

そんな仕事だけをする生活よりは、定時までにきちんと仕事を終わらせて、プライベートを楽しむ時間も持つべきです。

 

結婚して子供が出来ればなおさらプライベート優先にすべきです。

大切なのは「今この時間は今しかない」と言うこと。

仕事に気を取られ子供の成長を見逃すと、見逃した成長は二度と見ることができません。

 

50%がゴールデンウィークも仕事をする!?

ばっかじゃねぇの。

 

「ゴールデンウイーク休暇中に仕事を行うことがあるか」を尋ねたところ、全体の50.3%が「仕事を行うことがある」と回答マイナビニュース

 

もう休みなのか仕事なのかわからくなりますね。

 

休日も仕事をさせるなら、初めから出勤にしておけばいいのに。

そして労働基準法違反で問題になればいいのに。

 

そうぼくの心の中の悪魔が囁いています。

 

家で仕事をするのも問題

問題はこれ。

家でも仕事が出来てしまうことです。

 

ぼくも経験がありますが、パソコンと携帯電話があれば会社じゃなくても仕事が出来てしまう。

特に営業はメール処理が多いので携帯だけでも仕事になります。

 

それが大問題。

 

休みは休みましょうよ。と言いたい。

わざわざ給料の出ない家で仕事をする必要も無いでしょう?

 

でも休めないその環境もわかります。

中には電波が届く限り、自分は仕事をしているから、と容赦なく連絡してくる人っているんですよ。

 

「あ、お休みのところすみません。」

 

悪いと思うならかけてくんな!

いやまじで。

 

電話が鳴ったらでてします。悲しき条件反射。

電波の届かない場所がどんどんなくなって、気が休まる場所が減っているんですよ。

 

一度だけ会社の携帯電話を壊したことがあります。

 

わざとじゃないですよ。

 

その時の解放感のすごいことすごいこと。

受信音のならないその解放感と言ったらもう。最高でした!

 

ただ残念なことに最近は携帯会社のサービスがとても良くて、解放感を味わえたのは1日だけ。

すぐに代替品を持ってきてくれました。

 

1カ月くらい壊れてて良かったのにな。

 

働くときは必死に働き、休む時は休め!

働くときは働く!

休むときは休む!

 

そのメリハリが社会人にとってとても大事なこと。

 

連休は休みと割り切って、携帯の電源を切って出来れば壊して思いっきり遊びましょう。

 

どうしても休みが取れないなら

あるんですよ。

休みが取れない会社って。

なぜかみんな暗黙の了解のように出社してくる。

 

休日出勤? うちは休日なんて無いんだよ。

 

そう言ったおバカな部長を見たことがあります。

えぇ、最悪でした。

 

たまーに休日出勤があるならまだしも、日常的に強制されるなら転職しましょう。

 

給料が出ても休みが無いと倒れます。

いやいややっていれば間違いなく鬱になります。

 

休みが無い = 人として扱われていない

 

と言うことなので、転職をお勧めします。

 

<関連記事>

※「働き方はライフスタイルで選ぼう。派遣社員と正社員、パート・アルバイト、契約社員の違い

※「仕事を辞めたいと思ったら読む記事。円満退職するには?

※「何も考えず勢いだけで退職。転職を繰り返して感じた良かった事、悪かった事。

 

転職エージェントの紹介

転職エージェントのお勧めはリクルートエージェント

取り扱っている求人数転職決定実績№1で、名実共に転職業界のトップ。

ジャンルや職種を問わず幅広い転職支援を行えますし、豊富な求人を揃えているので、キャリアチェンジや年収アップ、キャリア相談などの将来を見据えた相談を行うことができます。
これまでの実績と経験を元にした転職アドバイスは、参考になること間違いなし。

ただ、転職への意欲が低いとサポートの質が下がることも。

初回の面談時は転職への意欲が高いことを示すのが、質の高いサービスを受けるためにも必要かもしれません。

登録はこちら⇒【リクルートエージェント】

 

登録後、担当者からメールか電話で面談日程の連絡が入りますから、指示に従ってくださいね。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi