読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

母と祖母にプレゼントを送り続けた妻。母の日の思い出

母の日の思い出

5月14日は母の日です。日ごろお世話になっている母親に、感謝の気持ちを込めて何かプレゼントを送ってみてはいかがでしょうか?

きっと喜んでくれますよ。

この記事は、もう10年以上母の日に祖母にプレゼントを送り続けてくれたぼくの妻の話です。

 

 

母の日のプレゼント

ぼくの家では、結婚してから毎年欠かさずに母の日のプレゼントを贈っています。と言っても、ぼくは恥ずかしいので全て妻がやってくれるのです。

ハンカチや洋服、コーヒーカップなど、一緒に買い物に出かけたり、買ったものをプレゼントしたり。

母はちょっとした小物でもすごく喜んでくれます。

 

母の日に贈る祖母へのプレゼント

母の日に祖母にプレゼントを贈るのって、なんか変ですよね。でも我が家では毎年恒例の贈り物なのです。

きっかけはもう10年以上前、いつものように母の日のプレゼントを渡すと「最近おばあちゃんに元気がないからそっちに送ってほしい」と言われました。

その当時、祖母は体調を崩しがちでしたから、「少しでも元気になってほしい」「孫やひ孫からプレゼントが届けば喜んでくれるのではないか」と言う母の思いやりだったと思います。

ぼくたちとしても断る理由はありませんから、祖母に母の日のプレゼントを贈ったのです。

 

毎年贈り続けてくれた妻

それからもう10年以上経ちますが、妻は、ぼくが何も言わなくても祖母にプレゼントを贈ってくれます。花やスカーフ、時には子供たちの手紙を添えて。

数年前まではお礼の手紙が届いたり、電話がかかってきたりしましたが、最近ではお嫁さんから電話が来るようになりました。

もう90歳を超えていますから、きっと体が思うように動かないのかもしれません。

おばあちゃんにプレゼントを贈ると「今年も届いたよ」と、とても嬉しそうに母に電話をかけていたことを最近知りました。

そして、すこし痴呆症が出てきたことも。

 

気持ちを込めた贈り物を

母の日に祖母にプレゼントを贈るのって、なんか変ですよね。敬老の日に贈っても良いはずです。

でもね。

本当にちょっとしたものですが、妻は母の日と敬老の日、両方おばあちゃんにプレゼントを贈ってくれているのです。

その周りに感謝する気持ちが素晴らしいなと思っていますし、毎年続けてくれることにとても感謝しています。

ぼくのように「恥ずかしい」と思う人も、たまには日ごろの感謝を込めてプレゼントを贈ってみては如何でしょうか。

※「Amazon母の日ギフト


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi