読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

母の日に祖母にプレゼントを贈り続けた理由。母の日の思い出。

雑記

f:id:ranmaru-24mensou:20150812144124p:plain

5月10日は母の日です。

日頃の感謝をこめて母親にありがとうと伝える日。

新社会人のみなさんは初任給で何かプレゼントでも贈ってみてはいかがでしょうか?

きっと喜んでくれますよ。

 

母の日に祖母にプレゼントを贈る

我が家では結婚してから毎年欠かさずにプレゼントを贈っています。

花だったり洋服だったり。

まぁ実際には妻がすべてやってくれるので、ぼくお礼の言葉をもらうだけですけど。

 

この母の日のプレゼント。

 

我が家ではなぜか、実家の母の母、つまりぼくのおばあちゃんにも送っているんです。

敬老の日ではなく、母の日に。

 

 

なぜ敬老の日にプレゼントを贈るのか?

 

きっかけは確か数年前の母の一言。

いつものように母の日のプレゼントを渡すと、「おばあちゃんが最近元気がないからそっちに送ってほしい」と言われたんです。

 

その当時おばあちゃんは体調を崩しがちでした。

 

きっと少しでも元気になってほしい。

孫やひ孫からプレゼントが届けば喜んでくれんじゃないか。

 

と言う母の思いやりだったんでしょう。

とくに断る理由もないのでおばあちゃんに母の日のプレゼントを贈りました。

 

毎年贈り続けてくれた妻

それから10年以上経ちますが、今でも敬老の日ではなく母の日におばあちゃんにプレゼントを贈っています。

 

ぼくが何も言わなくても祖母にプレゼントを送ってくれます。

花を贈ったり、スカーフを送ったり。

時には子供たちの手紙をプレゼントに添えてみたり。

 

気がきくとかそう言う話じゃ無く、優しさなんでしょうね。

 

数年前まではお礼の手紙が届いたり、電話が来たりしましたが、最近ではお嫁さんからお礼の電話が来るように。

 

もう90歳を越えたおばあちゃん、きっと体が思うように動かないんでしょう。

 

今年も母とおばあちゃんにプレゼントを贈る予定です。

もちろん妻がやってくれるんですが。

気がきく妻に感謝!そして母とおばあちゃんが毎日元気に過ごせるよう願っています。


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi