bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

魅力的な「記事の導入文」を書くための5つの方法

魅力的な「記事の導入文」を書く

ブログの導入文が書けずに苦労していませんか?

ブログ記事の導入文はとても大切です。
魅力的な見出しで大勢の人が見に来てくれても、導入文がつまらなければ最後まで読んでもらえません。

それだけに導入部分には気を使いますよね。

でもいざ書こうとパソコンに向かっても、なかなか書き始めることができない。
こういった経験をした方も多いはず。

人の脳は車のエンジンのようなもので、温まるまで最高の性能を発揮することは難しいそうです。
そしてパソコンに向かってすぐに記事を書こうとすることは、温まっていないエンジンで上り坂を登るようなものです。

そこでこの記事では、脳を温め魅力的な導入文を書く5つの方法を紹介します。
この記事に書かれている方法を使えば、書き出せなくて困った時も、きっとすらすらと書けるはずですよ。

魅力的な導入文を書く5つの方法

導入文がどうしても書けない時に、脳を刺激し温める方法です。
この方法を使えば、きっと魅力的な導入文が書けますよ。

自分に言い聞かせて書き始める

記事を書き始めるには、脳に気合を入れる必要があります。

ボーっとパソコンに向かっていては、だらだらと時間が過ぎていくだけ。
無理やりにでもエンジンをかけて記事を書き始めましょう。

そのためには自分に暗示をかけるように、言い聞かせることが大切。
たとえば次のように言い聞かせます。

さぁこれからブログを書くぞ。
取りあえず何でもいいから書きだすんだ。
思いつきで書いても最初の数行は使わないかもしれない。
でも書いていくうちにきっと使える文章が書けるだろう。
俺は文章の天才だ、俺は文章の天才だ、俺は文章の天才だ
さぁいまだ!一気に書き始めろ!

鏡を見ながら自分に言い聞かせるのも効果的です。
なるべく大きな声で「俺は文章の天才だ!」を繰り返すと、効果が高くなります。

そして勢いを付けたら、そのまま文章を書き始めましょう!

記事の真ん中から書き始める

ブログの文章構成は「タイトル」→「導入文」→「中見出し」→「中見出しの説明文」→・・・「まとめ見出し」→「まとめ文」が基本でしょうか。
ネットで書き方を調べても、同じような構成が沢山見つかりますよね。

この知識が頭を固くしてしまい、文章を書きにくくしています。

文章の構成に沿って導入文から書く必要はありません。
書きやすいところから書き始めればいいのです。

たとえば、途中の見出しから書いてみてはどうでしょうか?

書きやすい所から書いていけば、少しずつ調子が上がってきます。
調子が出てくれば導入文も簡単にかけるようになるでしょう。

書けるところから書いていく。
逆転の発想ですが、意外と効果が高いですよ。

短い文をたくさん書いて編集する

編集が得意な人は、見出しが決まったらとにかく思いつくままに短い文をいくつも書き出し、後で編集してひとつの記事にする方法があります。

難しい事は考えずに、とにかく思いつく限りたくさん書きましょう。
使えない文章もあるかも知れませんが、気にしないこと。

この方法は常にメモ帳を持ち歩き、気になったことを全て書き出しておき、後で編集して記事にすることもできる便利な方法です。
もちろんセンスが必要なので、編集が得意な人向けの方法になります。

友達にメールを書くつもりで書く

友達にメールを書くつもりで書き始めることも効果があります。

「この方法はとてもいい、あいつもきっと知りたがるはずだ。メールを書いて教えてあげよう。」

そうやって友達に向けて書いた文章は熱意や情熱があり、とてもわかりやすい文章になります。
書き終わったら読み返して、表現のおかしいところを直せば立派な記事になるはずです。

さらにこの方法だと文章の表現が柔らかく、読みやすいものになります。

「この○○は~」で書き始める

冒頭部分を「この物語は~」「この方法は~」のように「この○○は~」で書き始め、後からその部分を削除する方法があります。

「この記事はブログを書き出せないとき、とても効果的な冒頭文を書く方法です。」と書いてから「この記事は」を削除します。

書き出しが決まれば残りは意外とすんなり文章が出てくるもの。
「この○○は~」で書き出すと、不思議と書きやすいものです。

とても効果的な方法なので、ぜひ試してください。

導入文で押さえるべきポイント

ブログの導入文では、押さえるべきポイントがいくつかあります。

  • 一行目に検索ユーザーが共感する文章を書く
  • ベネフィットを明確にする
  • 記事に書いてある結果を明確にする

この記事では一行目に「ブログの導入文が書けずに苦労していませんか?」と書いています。
「ブログの導入文を書く方法」なので、検索してくる方は「導入文が書けずに苦労している」と考えて、上記の文章にしています。

結果は「脳を温め魅力的な導入文を書く5つの方法を紹介する」ことです。
ベネフィットは「書き出せなくて困った時もきっとすらすらと書ける」ことです。

大切なのは「ユーザーに自分に向けた記事だと思ってもらうこと」
そして「得られる利益と結果」を明確にすることです。

まとめ

コピーライティングで使われている方法を5つご紹介しました。

  • 自分に言い聞かせて書き始める
  • 記事の真ん中から書き始める
  • 短い文をたくさんかいて編集する
  • 友達にメールを書くつもりで書く
  • 「この○○は~」で書き始める

この記事に書かれている方法を使えば、書き出せなくて困った時も、きっとすらすらと書けるはず。
ぜひ参考にしてみてくださいね。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi