読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

パートも社会保険に加入するようになります。

雑記 雑記-配偶者控除

f:id:ranmaru-24mensou:20150812144248p:plain

平成28年10月から従業員501人以上の企業でパートの社会保険加入条件が拡大されます。

現在でも週30時間以上働くパートの方は社会保険・厚生年金の加入対象ですが、平成28年10月から以下の条件を満たしたパートの方が対象に成ります。

1.1週間の所定労働時間が20時間以上

2.月額賃金88,000円以上(年106万円以上)

3.当該事務所に継続して1年以上働くことが見込まれる

4.従業員が501人以上

500 名以下の企業は、平成 31 年 9 月 30 日までに検討を加え、その結果に基づき必要な措 置を講ずるとされています。なので、平成 31 年 10 月より新ルールが適用される可能性があります。

 

130万円の壁が少しづつ崩れていく

130万円の壁がすこし崩れ出しています。幸い従業員500名で分かれていますので中小企業はしばらく関係なさそうです。

ですが、平成31年(今から4年後)に検討し措置を講ずるとのこと。安心はできません。きっと少子高齢化に伴い労働人口が減少していくことが関係しているのではないでしょうか。

つまり不足する動労人口を補うために、働き手として期待されるのが妻ではないかということです。

ただ現状妻に働いてほしいと考えても103万円、130万円の壁が邪魔をしている。それならばいっそのこと壁をなくしてしまえばもっと働いてもらえるだろうとの考えもある気がします。

 

これから人手不足の時代が来る

会社に就職しても一生働けるかどうかわからない時代になってきています。パートタイムの労働者をめぐる法改正はこれからもどんどん行われていくでしょう。

最近ではパートタイムも売り手市場になって生きているようです。新入社員の会社説明会でまるでバブル時代を思い出すようなことも起こっている様子。どの企業も人員の確保に必死になっているように思えます。

企業としても少子高齢化に伴う労働人口不足が現実味を帯びてきたのではないでしょうか?

 

2015年はバブルが来る!?

今期はトヨタ自動車が研究開発予算を1兆円で発表しました。日立や三菱自動車、マツダ、ホンダも研究開発費の増額を予定しています。一部ではリーマンショック前の水準まで戻るとの報道もあり、そうなれば関連会社の仕事量も相当なものになるはずです。

2015年はバブルが来ると期待する報道もあるように、お金の流れがよくなってきている印象を受けます。

また設備投資を行う企業も増え、原油安もプラスに働くと思われます。首都圏を中心とする東京五輪に向けた再開発案件の需要増加により、設備投資が増えていくはずです。

そして最近報道された賃金の上昇も良い話です。中小企業の賃上げはあまり聞こえてきませんが、大企業ではベースアップも行われました。

 

130万円の壁を砕くなら景気が良いときに

良い話だけを集めていくと本当にバブルが来そうな気もしてきます。130万円の壁を砕くのならこんな景気の良い時、家計へのダメージが少ない時に実施してほしいですね。


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi