読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

働き方を考えるブログ

「でも、だって、どうせ、ですが」を使うとネガティブな印象になる

雑記

でも、だって、どうせ、ですが

コミュニケーションを邪魔する言葉、「でも」「だって」「どうせ」「ですが」。会話中に使われるととても嫌な印象を持たれます。4Dと呼ばれるネガティブワードです。

なぜネガティブワードと言われるのか。それは否定する言葉だから。ネガティブワードから続く言葉を聞いていると、こっちの気分が滅入ってきます。

この言葉の後にはまず間違いなく否定的な言葉や相手を責める言葉が続きます。「でも、あなたが言ったことでしょ」とか「だって、知らなかったんだからしょうがないじゃん」とか。

この4つの言葉は「負け犬の口癖」「成功しない人の口癖」とも言われています。

 

相手の話を否定すると嫌われる

相手の話を否定してどうするんでしょうか?嫌われたいと思っているなら「でも」「だって」「どうせ」「だから」を連呼すればあっという間に嫌われますのでお試しあれ。

会話のすべて打ち消すことができますから、「でも」「だって」「どうせ」「ですが」を何度も言う人とは、誰も会話を続けたいとは思わないでしょう。それどころか喧嘩になることもありますので覚悟してください。

もし相手が間違ったことを言っていたとしても、4つのネガティブワードは使ってはいけません。面と向かって否定されればだれだって気分を害しますよね。

 

あなたの心にも悪影響

この4つのネガティブワードを使い続けていると、あなたの心にも悪影響があります。

「でも~ですよね」こんな表現で他人を否定し、言い負かしていると、なんとなく自分が賢くなったような気がしてくるものです。

「だって○○でしょ。そんなことも知らないの?」

「でもさ○○だから。□□なんだよ。」

私はあなたよりも賢い、いろいろ知っている、そんなことも知らないの?そんな心が透けて見えます。

言葉で相手の上を行くと少し気分が良くなりますよね。そこから自分は賢い、頭がいいと勘違いが始まります。繰り返しているうちに、人と話し合うことができない人になってしまうことも。

 

言い回しを変えましょう

もし4つのネガティブワードが口癖になっていて、その口癖を直したいと思うのなら、言い方を変えることを考えて話しましょう。

基本は人の話を否定しないことです。たとえ間違っていることでも一度受け入れる癖をつけてください。否定するときは一度受け入れた上で「なるほど、そういう考えもありますね。私はこう思いますがどうでしょう」と言うと相手の受け取り方が全然違ってきます。

 

まとめ

「でも」「だって」「どうせ」「ですが」は悪い印象しか持たれません。4Dとかネガティブワードと言われますが、結局は「人の言葉を否定しないこと」がすべてです。

「でも」「だって」「どうせ」「ですが」「いや」「しかし」「むり」などなど、否定する言葉は使わないようにしたいですね。


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項

Presented by bunoshi