bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

悩むのは時間の無駄?まぁ、考え方次第です。

悩むのは時間の無駄

「悩むことは時間の無駄」だと言われるけど、なぜ時間の無駄なのでしょう。

その理由は次の4つ。

  • 悩んでも解決しない
  • 起きたことはやり直せない
  • 未来に悩んでも意味がない
  • 「考える」と「悩む」は違う

この記事では4つの理由を中心に、悩むことがなぜ時間の無駄なのかを考えています。

悩んでも解決しない

時間を使って悩んでも、解決しないことがあります。
たとえば「天気」や「災害」などです。

「明日雨が降ったらどうしよう」と悩んでも、自分ではどうすることもできません。
「もしも寝ている間に地震がきたら」と言う悩みも同じです。

悩んだところで、雨を晴れにすることはできませんし、地震を止めることはできません。

もし今自分ではどうしにもできないことで悩んでいるのなら、悩みの原因を考えることが大切です。

「明日雨が降ったらどうしよう」→「なぜ雨だと困るのか」→「遊びに行けなくなる」→「雨でも遊べる別案を考える」

悩みの根本的な原因を考え、解決策を探せば、無駄に悩む必要もなくなります。

起きたことはやり直せない

「覆水盆に返らず」ということわざがあるように、過ぎた時間は戻すことができません。
でも「起きてしまったこと」に対する悩みは多いものです。

たとえばミスをすると、「なぜミスをしたのだろう」と悩みます。
「時間が戻ればいい」とか「あれはきっと夢だ」と現実から目を背け、悩んだことはあるはずです。

過ぎた時間が戻らないように、起きてしまったことはやり直せません。
どんなに時間をかけて悩んでも、何の解決にもならないのです。

それであれば反省し、失敗から学んで工夫するか、忘れる努力をしてください。

まだ起きていないことを悩んでも仕方がない

まだ起きていない未来のことを悩んでも、何の解決にもなりません。

  • この仕事で失敗したらどうしよう
  • 告白して振られたらどうしよう

やってもいないことを悩んでも、答えは永遠に出ませんよね。

未来は悩んでもどうにもなりませんが、いま努力することで変えることはできます。
それなら、「失敗したらどうしよう」と悩むよりも、「成功するためにどうするべきか」を考えるべきです。

まだ起きていない未来のことを悩むのは、時間の無駄でしかありません。

「考える」と「悩む」は違う

「考える」と「悩む」は違います。
ですが悩んでいる人は、得てして自分は考えていると思うものです。

考えるとは

知識や経験などに基づいて、筋道を立てて頭を働かせる。
関係する事柄や事情について、あれこれと思いをめぐらす。
工夫する。工夫してつくり出す。
引用:コトバンク

一方悩むとは

結論が出せなくて苦しむ。思いわずらう。
肉体的な苦痛で苦しむ。病む。
動作の進行がうまくいかなくて苦しむ。
引用:コトバンク

つまり考えるとは、「結論」を出すために行うことで、悩むとは、結論が出せず思考停止に陥っていることです。
そのため一度悩むと、どんなに思考を巡らせても結論に達することができず、時間だけが過ぎていきます。

使える時間は「今」しかない

過ぎてしまったことに悩んでも、やり直すことはできません。
未来に悩んでも、結論はでないでしょう。

一つだけ間違いないのは、過ぎた時間を取り戻すことは絶対にできないということです。

悩みは必ずありますし、悩まない人はいないでしょう。
でも長い時間悩むのは、時間の無駄です。
悩む時間があるのなら気持ちを切り替えて、行動に移すべきです。

行動してみれば「そんなに深く悩む必要はなかった」ということも、多いものです


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi