bunoshi

転職と働き方を考えるブログ

私が思う子供の叱り方。本気で叱ると胸が痛くなり、泣きそうになります

泣く子供

子供を叱った後は胸が痛くなります。

「できれば叱りたくない」と、親であればだれもが思うことではないでしょうか。

それでも、悪いことは悪いと教えるために、きつく言うことがあります。

そしていつも叱った後は、「私もちゃんとしないとな」と身が引き締まる思いです

子供を叱りながら自分を見つめなおしている。

結局は親も子供に育てられているんですよね。

自分が出来ないことでは叱らない

子供を叱るとき、心がけている1つのルールがあります。

それは、自分が出来ないことは言わないこと。

なぜなら親が思っている以上に、子供は親のことを見ているからです。

たとえば道路を横断するときは横断歩道を渡る。

赤信号では渡らない。

当たり前のことですが、胸を張って子供を注意できるでしょうか。

子供には注意するけど自分は横断歩道がなくても渡っている。

赤信号でも車が来なければ横断している、という方多いですよね。

 

細かいことかもしれませんが、子供はちゃんと見ています。

自分ができないことを注意して、「パパも出来て無いじゃん」なんて言われたら恥ずかしいですよ。

なので自分ができないことでは子供を叱りません。

もし叱るのなら、自分でもやらないようにすること。

 

これが子供を叱るときのルールです。

 

怒ったり叩いたりはやめましょう

なかなか言うことを聞かない子供に腹が立ち、つい叩いてしまったことありませんか?

恥ずかしながらぼくはあります。

叩いたあとに「はっ」と我に返り、申し訳ないことをしたなと、反省しています。

 

叱ると怒るは違います。

怒ったらおとなしくするかもしれませんが、すぐ元に戻ります。

ましてや叩いてしまっては何にもなりません。

 

自分より体の小さい子供を叩いて言うことを聞かせるのは、犬や猫をしつけるのと同じです。

叩かれたことは長い間覚えているものです。

何度も何度も同じことをすれば、親を怖がるようになってしまいます。

叩くのはダメです。

他にもご飯を食べさせない、どこかに閉じ込めるなど、体罰はやってはいけません。

 

叩いた後で自己嫌悪に陥るのですから、叩かないようにします。

 

関係のない話は持ち出さない

叱りながら関係のない話しを持ち出すのもやめるべきです。

「あんたはまた忘れ物したの?そういえばこの前も、あの時も忘れ物したよね?だからあんたはテストの点が悪いのよ!」

こういう言い方は最悪です。

今日の忘れ物を注意すれば終わる話なのに、前に忘れ物をした話しまで引っ張り出して、挙句の果てに関係ないテストの話をしています。

このとき子供は「うるさい」としか思っていません。

 

もう終わったことをネチネチと言われているのですから、間違いなく反省はしません。

適当に答えるか謝って逃げてしまいます。

そしてまた同じことをするでしょう。

 

叱るとき子供に伝えるのは、「なぜだめで、どうすればいいのか」です。

そして大切なのは子供に考えさせることです。

 

「あんたはダメな子ね。この間も、この前も忘れ物をして、だからあんたは、ちょっと聞いてるの?そういえば部屋も汚れてるし。そんなことじゃロクな大人になれないね。私が子供のころは・・・・。なんで忘れ物するの?昨日言ったでしょう?たるんでるからじゃないの?全くこの子は・・・。」

 

こういった親が一方的にまくしたてる言い方は効果がありません。

自分のストレスを子供にぶつけているだけのような気もします。

何について叱っているのかを伝え、「なぜだめで、どうすればいいのか」を考えさせる事が大切です。

 

主語を「私」にしない

 

あなたが子供を叱るとき、

「私が困るからきちんとしなさい!」

「私が嫌だから片付けなさい!」

「私が嫌だから忘れ物をなくしなさい!」

といったように、主語が「私が」になっていませんか?

 

「あなたのために言っているのよ」と言って叱る内容の9割は、余計なお世話です。

私が困らないために子供を叱ると、子供は反発します。

あなたのためにと言いながら、私のためになることを押し付けるから子供は反発するのです。

 

自分は叱っているつもりでも、叱った後も感情が高ぶってイライラするときは間違いなく怒っています。

そもそも叱っているときに、感情が高ぶることはありません。

そして本気で叱った後は、本気で悩み、胸が痛くなります。

「私が」を主語にして怒るのをやめれば、子供を叱る必要さえほとんどないことに気がつくはずです。

 

親は親、子供は子供という当たり前の事

一番大切なことは、子供は親の所有物じゃないと言うこと。

子供には子供の考え方があって、親の考えとは違っていて当然です。

「何回言ってもわかってくれない」「何度注意しても直らない」のは、伝え方が悪いからです。

親は子供が間違った道に行かないように、手助けをするのが役目だと思っています。

子供が自分で出来ることには、手を出すべきではありません。

困った時にいつでも助けてあげられるよう準備をして、間違ったことをしない限り子供に任せるべきです。

親の考えを子供に押しつけることがないように、なるべく叱ることがないように。

子育ては本当に難しいですが、できる限り叱らずにいたいものです。


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi