bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

36歳以上でも転職は無理じゃない!仕事探しのコツを紹介

36歳を超えても転職は無理じゃない

一昔前まで言われていた「35歳の壁」はすでに崩壊しました。

法改正で求人に年齢の上限を設けることが原則出来なくなり、30歳以上の転職希望者と求人企業の接する機会が多くなったのも理由の一つです。

また、大手企業では能力が高く仕事のできる人でも、55歳の役職定年で役職を外れ、年収が大幅に下がる方もいます。

60歳で定年を迎え雇用を延長しても年収が大幅に下がるケースがあるのです。

そんな将来を見据えて35歳後半から役職定年のない企業に転職する人も増えてきています。

結論を言えば36歳からでも転職のチャンスは広がっているのです。

 

 

35歳以上の人材に求められるもの

いまは36歳を超えても転職のチャンスがありますが「今までと違う仕事をやってみたい」「一度も転職したことが無いから転職してみたい」と言ったお気楽な考え方では、転職が成功することはありません。

20代前半であればそういった理由でも転職は出来ましたが、36歳歳を超えると求められる経験やスキルも厳しくなってきます。

即戦力

社会人として経験がある30代に即戦力が求められるのはいまさら言うまでもないかもしれません。

即戦力と言われると「同業種同職種」の経験があることだと考えがちですが、一言で即戦力と言っても「同業種同職種」で力を発揮できることだけではありません。

異業種異職種でも、営業で培った人脈や販売経路、あるいはマネジメントスキルが生かせるのなら即戦力として扱われます。つまり、自分の経験やスキルを活かすことが出来るのなら必ずしも同業種同業界でなくてもいいのです。

マネジメントスキル

30代後半になるとチームリーダー、もしくは管理職としてチームをまとめるマネジメントスキルが求められます。

まだプレイヤー全盛期で後輩の指導をしたことが無いと言う人もいますが、自身の可能性を狭める可能性があるのでチャンスがあれば後輩の育成、リームリーダーとしての仕事を経験するべきでしょう。

最近の転職市場では「マネジメントだけが出来る人」を求める企業が減ってきているようです。

求められる人材は自分で手足を動かして専門業務を遂行できる人。つまり「プレイングマネージャー」を求める傾向が強くなってきているのです。

柔軟性

転職者にありがちなのが「前の職場ではこうだった」と言う固定概念です。特に1つの会社しか経験していない人ほど、その会社独自の習慣も「常識」だと考えることが多い。

中小企業では1人が幅広く業務を請け負うことが多く、考え方が固定されている人は「扱いにくい」もしくは「馴染めない」と判断されてしまいます。

違う文化や考え方を受け入れる柔軟性も、転職するときには必要です。

 

キャリアの棚卸は必ず行う

具体的な転職活動を行う前に、キャリアの棚卸を行うようにしましょう。キャリアの棚卸を行う理由は、今まで社会人として経験してきたことを、自分の強みとして理解していない人が多いからです。

例えばマネジメントスキルの場合、対象となる層(女性・パート・派遣など)と規模が近ければ、マネジメントスキルを活かして未経験の業界に転職するチャンスがあります。自分が「常識」だと思っていた経験も、異業種から見ると貴重なスキルになるケースもあるのです。

キャリアの棚卸をする項目は次の7つ。

  • 経験してきた業務、プロジェクト
  • 社内での立場
  • 業務やプロジェクト、社内での立場で出せた成果
  • 成果を出すまでのプロセス
  • 仕事で学んだこと
  • スキルとして身に付いたこと
  • マネジメント経験(対象者の立場、人数)

キャリアの棚卸は出来るだけ細かく、時系列で具体的に行うことが大切。そして、定期的にキャリアの棚卸を行い更新していくことも大切なことです。

 

35歳以上だからこそ転職エージェントを利用する

35歳以上の転職では、経験やスキル活かして求人を探すことがとても大切になってきます。と言うのは、若年層と違いやる気だけの転職は出来ない年代になっているからです。

 

転職エージェントには「〇〇と言う経験を持った人材が1人ほしい」と言った、ある意味マニアックな求人が非公開として集まります。そんなマニアックな求人と求職者をマッチさせることが転職エージェントでは可能になるので、高額な費用を払ってでも利用する求職企業が存在するのです。

つまり転職エージェントは「強みのある求職者」と「ピンポイントで人材が欲しい企業」を結び付けてくれるサービスとも言えるでしょう。

転職エージェント最大手のリクルートエージェントは、求人の量が多く質も高いことで評判です。

担当になるキャリアコンサルタントにより対応に差が出てしまうのが玉に瑕ですが、大手ならではの経験と実績からくるアドバイスは、すごく参考になるので、利用者の多くが「満足した」と感じているようです。

また、求職者の経歴をしっかりと考え未経験の職種でも求人を紹介してくれるので、35歳以上の転職でもきっと力になってくれるはずです。

紹介してもらえる求人の質だけを考えても登録する価値がある転職エージェントです。

登録はこちら⇒リクルートエージェント

 

給与や肩書にこだわり過ぎると失敗する

35歳以上だと子供の教育費や住宅ローンがあり、どうしても給与にこだわりが出てくるものです。ですが、あまりにも給与にこだわると転職できなくなるケースもあるのです。肩書も同じですね。

この給与や肩書へのこだわりが、転職でよく言われる求職者と求人企業とのミスマッチになります。

肩書や給与は転職先で結果を出すことで取り戻すこともできますから、最低限必要な金額を下回る場合を除いてなるべく柔軟に考えてください。

世間体を気にするあまり肩書にこだわりすぎて転職のチャンスを逃す方もいるようですから、こだわり過ぎは失敗のもとと考え、ある程度柔軟に臨むことが大切です。

 

まとめ

36歳以上でも転職は出来まし、転職エージェント使えは36歳以上でないと巡り合えない求人に出会うこともあります。そして今まで社会人として働き、身に着けてきたスキルや経験を活かすことが出来れば、未経験の業界に転職することも可能なのです。

そのためには、キャリアの棚卸をきちんと行い、自分の強みを把握すること。転職エージェントを利用し、強みを生かした転職をすることが大切です。

ただし、36歳以上の転職は時間がかかりますので、在職中に転職活動することが重要なポイントになります。間違っても勢いだけで退職することの無いようにして下さい。

 

関連記事

※「30代の転職で未経験の仕事を目指す方法

※「30代で仕事を辞める前に考えてほしいこと

※「30代が転職で失敗しないためには準備が重要

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi