読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

どうしても仕事を辞めたい時に。引き留められにくい退職理由

仕事を辞めたい

どうしても仕事を辞めたい

「ノルマのプレッシャーがきつい」「給与が歩合制で最低ラインでは生活できない」「毎日の帰宅時間が遅い」「土日も仕事で休むことが出来ない」「頑張っているのに成果が出ない」と言ったストレスが2つ以上重なると、どうしても仕事を辞めたいと思ってしまうもの。

ストレスが1つならまだ我慢できるし、解決するために頑張ろうとも思えます。成果が出ないだけなら成果が出るまで頑張ればいいのですから。

でも、成果が出ないために上司から毎日プレッシャーをかけられ、しかも給与も少なく生活も厳しい。その上帰宅時間が遅くて土日も出勤しているとなったら、どうして良いのかわからなくなりますよね。

下手をすると、ちょっとしたことで家族に八つ当たりをしてしまうかもしれません。

こんな状況になってしまうと、ストレスの原因を1つ1つ解決していくのは難しい。解決する前に心が壊れてしまうかもしれないのです。

解決するには転職するのが一番早い。

この記事では、仕事を辞めるときに止められにくい退職理由と、仕事を探す方法を書いています。

 

 

辞めやすい退職理由

退職したいことを伝えると、辞められると次の従業員がなかなか来ないので、色々と理由をつけて引き留められることがあります。

どうしても仕事を辞めたいと思っているのに、引き留められても困りますよね。

なので、引き留めにくい退職理由を3つ紹介します。

家庭の事情

  • 親が病気になり看病する必要がある。
  • 介護のため実家に帰る

と言った家庭の事情を理由にすると、引き留められることはほとんどありません。

非常識な上に失礼に当たるので「嘘だよね」とか「親が病気でも働けるでしょ」と言ってくる人はいないはず。

引き留められない退職理由です。

 

体調不良

  • 体調不良で働けなくなった
  • 医師から止められている

これも止めることが出来ない退職理由になります。

「どうしても辞めたい」と思うほど追い詰められているのですから、心療内科に通えば診断書が貰えるはずです。

診断書とセットで退職届を提出すれば、止めてくる会社はまずないでしょう。

もし「休職にしないか」と言われたら、原因が仕事にあることを伝えれば問題なく辞められます。

 

どうしてもやりたいことがある

独立します!でも大丈夫です。

今の仕事以外にどうしてもやりたいことがあると伝われば、止められる可能性は低くなります。

例えば

「かなり前から趣味としてインターネットで仕事をしていました。それが段々と成長してきて生活に困らないレベルになったので、独立しようと思っています。」

で、辞められます。

副業禁止の会社だとうるさいので「趣味で稼げるところまできた」と言えば止められることはほとんどありません。

「安定しないぞ」とか「失敗したらどうするんだ」と言われたら、「大丈夫です」と答えましょう。

 

もし会社に止められたら?

正直に退職理由を話したことで「待遇を改善する」と言われることもあるでしょう。

「1年は最低でも働くように」「今抜けられると困るから変わりが来るまで働くこと」と言った理由で止められたり、退職日を伸ばされたりすることがありますが、従う必要はありません。

また「損害賠償を請求する」「期間の定めなしで契約しているから契約違反」と言った理由で引き留める会社もありますが、法的根拠は一切ありません。

 

円満退職したいと思ったり、今までのプレッシャーから上司に逆らえなかったりするかもしれませんが、勇気を出して断ってください。

引き留めがきつい会社を退職するには、「辞めたい」と言う確固たる意志が必要です。

 

在職中の転職活動は転職エージェントに相談して進める

転職活動は出来れば在職中に進めるのが理想です。

収入が途切れることが無ければ、生活に不安を感じることも無くなります。

とは言え、どうしても辞めたいと思っている会社に長く勤めるのも大変ですよね。

なので、短期間で次の仕事を見つけるために、転職サイトと転職エージェントを利用してください。

本当はハローワークも頼りたいのですが…。

働いていると相談に行く時間が作りにくく、また退職時期がはっきりしていないと求人紹介を受けられない可能性がありますので、在職中は少し頼りにくいのです。

 

転職サイトはピタジョブ リクナビNEXT に登録し、職務経歴までしっかりと入力します。

職務経歴を入力することで、求人企業からスカウトメールが届くからです。

ただ、転職サイトは受け身で利用していると、中々転職することが出来ません。

興味のある求人には積極的に申し込むようにししてください。

 

転職エージェントはリクルートエージェントを利用します。

転職エージェントは転職に関わるほぼすべてのことをサポートしてくれますが、キャリアコンサルタントとの相性が意外と重要なのです。

もし、サポートを断られたり合わないなと感じたら、マイナビエージェント ワークポート にも相談してみてください。

 

退職後転職活動は、ハローワークを同時に利用する

退職後の転職活動は、ハローワークも同時に利用します。

ハローワークには、転職サイトやエージェントに出てない中小企業の求人が多く出ています。

また、職業適性検査をうけたり、職業訓練校の受講を希望することもできます。

履歴書の書き方や面接対策を相談することもできますので、退職後に転職活動では頼りになる存在です。

 

ただし、ハローワークは受け身で利用していると転職が上手くいきません。

やってほしいことや知りたいことがあったら、積極的に自分から働きかけるようにしてください。

 

まとめ

「どうしても仕事を辞めたい」

そう思うほど追い詰められているのなら、1日でも早くやめましょう。

退職するときの引き留めが怖いのなら、「家庭の事情」「体調不良」「やりたいことがある」と言った引き留められにくい理由を伝えてください。

それでも引き留められた場合は、「絶対にやめる」と言う確固たる意志をもって「辞めます」と言うことが大切です。

転職活動は転職サイト。転職エージェント、ハローワークと言ったサービスを利用して進めます。

心が傷ついているときはしばらく休むべきかもしれませんが、生活費も心配なので仕事を見つけてから休むようにしたいですね。

 


転職30代の転職派遣から正社員ニート・フリーターから正社員働き方コラム転職サイト転職エージェント雑記ブログ運営
免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi