bunoshi

転職、働き方を考えるブログ

経理でミスをして仕事を辞めたくなる理由

経理がミスをして仕事を辞めたくなる理由

経理は正確な処理を求められ、ミスが発生すると大変なことになる。と言うイメージが強い職種です。

お金のやり取りや売上・利益管理、経費の計算などを専門に行う職種です。それだけに、ミスをすると精神的な負担が大きいようですね。

中には細かいミスを連発してしまい、辞めたいと思うことも。

でも、ミスをしたからと言って仕事を辞めてしまうのは、とてももったいないことなのです。

 

 

ミスは誰でもするもの

回数や程度に差があるものの、ミスをしたことが無い、と言う人はまずいないでしょう。

今は偉そうに指導してくる先輩や上司も、1度や2度のミスを経験しているはずです。

なので、ミスしたことを長く悔やむことは建設的ではありません。

経理とは少し違いますが、致命的なミスをしたのに解雇されなかった方の話をします。

 

2000万円の見積もりを200万円と書いた部長

2000万円の見積もりを200万円と書いて提出した業務部長がいます。これ実話です。

相見積もりだったようですが、当然どこよりも安く受注が確定しました。

その時気が付いて金額を訂正していれば、客先から注意を受ける程度で済んだかもしれません。他社より安くすることを求められたとしても、200万円と言う法外な価格で販売することはなかったはずです。

ですが、当の本人は200万円が正規の価格だと思い込んでいたのか、そのまま受注。納品後の原価計算でやっと価格間違いが発覚するという、なんともお粗末なことになりました。

当然本人は注意を受けましたが、それだけです。大して気にする様子もなく、普通に仕事をしています。

今はもう定年退職していますが、当時の適当な見積もりはいまだに尾を引いていて、同じ商品なのに30万円だったり3000円だったりで、大変な騒ぎになっています。

本来なら損害賠償を求めてもよさそうな内容ですけどね。

それでも、定年まで勤めた人もいるということです。

 

辞めたくなるのは周りが責めるから

ミスが辛くなり仕事を辞めたいとまで思うのは、周りが必要以上に責めることが原因です。

何か問題が起こると「きっとあいつだ」なんて言い出す人、周りに居ませんか?

そういった言葉がミスした人を必要以上に傷つけてしまうのです。

誰でもミスをすることはあります。経験を積んで少なくなったとしても、入社した当時は何かしらのミスをしたはずです。

1つのミスをいつまでも攻め続けるのは絶対に間違っています。もし、繰り返しミスをするようなら教育しなおせばいいのです。

それでもミスが無くならないのなら、別の部署へ異動させるか簡単な仕事しか任せなければいい。

ミスを攻め続けるのは、対応として間違っていますし、それが原因で辞めたくなる人もいるのです。

 

2度とミスをしない!と言う反省と改善が大切

だからと言ってミスを肯定する気はありません。

ミスはミス、周りや会社に迷惑をかけているのですから、同じミスを繰り返さないようにすることが大切。

反省してミスを修正して終わりにする方がいますが、それはミスを繰り返す原因になります。

大切なのは根本的な原因を突き止め、2度とミスを起さない方法を考え実行することです。

そのためには、上司に相談する必要があることもあります。先輩の意見を聞かないといけないかもしれません。

何故ミスが起こったのか、2度と起こさないためにはどうすればいいのか。

反省することも大切ですが、それ以上に対策をきちんととり、実行することが大切です。

 

ミスで辞めるのはもったいない

ミスしたから辞めるというのはすごくもったいない話です。

誰でもミスはしますし、ミスをして改善したからこそ成長できたという側面もあります。

何回もミスを繰り返すようなら、対応が対症療法になっていないかを確認してください。つまり、その時だけ修正しただけで根本的な改善になっていない可能性があるということです。

極端な例ですが、1+1を3と書いてしまい、消しゴムで消して2に直して終わりにするのは対症療法です。

何故1+1を3と書いてしまったのか、その原因を突き止め、次からは間違えない方法を考え実行するのが対策・改善になります。

そして、対策改善を繰り返すことで、ミスも減っていき成長出来るのです。

ミスをしたから仕事を辞めるというのは、非常にもったいない話です。

 

まとめ

ミスをやたらと責めて「辞めたい」とまで思わせてしまうのは、周りの人に原因があります。

ですが、ミスを繰り返して周りの人が責めたくなる環境を作ったのなら、ミスをした人に原因があります。

それでも、ミスしたから仕事を辞めるのはもったいないので、考え直してほしいものです。

ミスから学べることも多く、2度と繰り返さないため方法を考え実行出来れば、間違いなく成長できます。

「辞めたい」と思う前に、どうすれば繰り返さずに済むかを考えてください。

 

どうしても辞めたいのなら

どうしても仕事を辞めたいと思うのなら、転職活動を始めましょう。

いきなり退職すると生活費が苦しくなるケースが多いので、出来れば在職中に次の仕事を探してください。

 

転職活動は、転職エージェントに相談して進めます。

転職エージェント最大手のリクルートエージェントは、求人の量が多く質も高いことで評判です。

担当になるキャリアコンサルタントにより対応に差が出てしまうのが玉に瑕ですが、大手ならではの経験と実績からくるアドバイスは、すごく参考になるので、利用者の多くが「満足した」と感じているようです。

また、求職者の経歴をしっかりと考え未経験の職種でも求人を紹介してくれるので、迷っている方には選択肢が広がって嬉しいですよね。

求人の質だけを考えても登録する価値がある転職エージェントです。

登録はこちら⇒リクルートエージェント

 


免責事項 お問い合わせ

Presented by bunoshi